出産後に白髪が増えた!!これって元に戻る?どう対処すればいいの?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 出産と白髪 > 出産後に白髪が増えた!!これって元に戻る?どう対処すればいいの?
ninsin
出産後に白髪が増えた!!これって元に戻る?どう対処すればいいの?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
出産後の白髪に悩んでいる方は必見です!!

出産後子育てに朝から晩まで忙殺されて、ふと鏡に映った自分を見ると、白髪がそこかしこに…そんな経験はありませんか?

以前は抜け毛が多かったのですが、最近は産後白髪に悩む人が増えているそうです。
育児疲れの上、貧弱に、あるいは白髪が目立っていく髪を見ると、自分がボロボロであるのを再確認してしまうようで、とてもショックですよね。

この白髪、どうして?元に戻るの?治す方法は?
そんな疑問にお答えします。

産後白髪の原因

ninsin

「白髪」のメカニズムや対処方法はまだ研究され始めたばかりの分野で、解明されないことも多くあります。
しかし産後白髪の場合、原因がある程度わかっています。

焦らなくても大丈夫♪産後の白髪は元に戻せます

原因がわかっても治せなければどうしようもありません。
しかし、産後白髪はその前後の身体内部やその作用が大きく変化しているため、その変化が終わる、あるいは以前と同じ状態になれば、元の黒髪に戻る可能性が大きいのです。
実際、何もしなくても多くの方が1年前後で白髪が減っています。

産後は毛髪を育成するホルモンが減少してしまう

産前産後で、女性の体内は大きく変化しますが、その筆頭が女性ホルモンの分泌量です。
女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。

エストロゲンは主に妊娠しやすくなるよう卵胞を成熟させ、子宮内膜を厚くする作用があります。
妊娠後は子宮を大きくしたり、乳腺を発達させ母乳を作る準備をしたりするため、出産までは増え続けます。

エストロゲンにはそのほか、肌や頭皮を健康に保つ働きがあります。
女性が男性と違い高齢になってもハゲることがないのは、この女性ホルモンによるものだと考えられています。

しかし、エストロゲンは出産後一気に減少します。

というか妊娠前の量に戻るのですが、分泌量が非常に多かった妊娠中は、本来であれば抜けたり白くなったりする髪がエストロゲンの作用でヘアサイクルが伸び、何とか現状維持していました。

ところが分泌量が減ったため現状維持ができなくなり、白髪や抜け毛となって現れるのです。
出産後白髪が増えたと感じるのは、実は妊娠中の9か月分の白髪が出産後どんどん生えてきている現象なのです。

またあまり言及されていませんが、男性ホルモンの影響も多少はあるでしょう。
男児を妊娠した場合、生殖器の発達のために男性ホルモンも一気に増え、16週あたりがピークとなり、それから一気に減っていきます。

男性ホルモンというと男性型脱毛症の原因のように考えられていますが、実は男性の抜け毛は男性ホルモンが減少した際にできるホルモンが原因で、男性ホルモン自体は頭皮を潤し髪の毛を太くする作用があります。
出産後2か月程度はまた分泌が増えるのですが、4か月を過ぎると元の量に戻ります。

この時期と白髪や抜け毛が始まる時期が大体重なることから、男性ホルモンによってしっかりしていた髪質が細くなり、頭皮の乾燥から髪の色素細胞メラノサイトにも悪影響を与え、白髪を引き起こすという可能性もあります。

しかしいずれ妊娠前と同じホルモン分泌量に戻りますから、心配する必要はありません。
ただしもし1年以上経っても白髪が減らない場合、ほかの原因も考えられます。

母乳は自分の身体から栄養を排出しているのと同じ

母乳栄養を行なっていると、母体の多くの栄養素が赤ちゃんに送られます。

たとえば髪の健康を保つ成分である亜鉛は、赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素です。
元々日本人女性は亜鉛の摂取量が少ない上に赤ちゃんに送られてしまうため、メラノサイトがその影響でメラニン色素を作れなくなり、白髪の原因となります。

鉄分も、赤ちゃんに多くの酸素を運ぶために非常に重要な成分です。
しかし鉄は元々非常に吸収されにくい栄養素であり、それが赤ちゃんに行ってしまうと貧血状態が続きます。
髪を黒くしっかり成長させるためには酸素も必要なので、不足することで白髪が増える可能性があります。

葉酸を含むビタミンB群も赤血球の形成を助け、成長を促進する働きがあるため、赤ちゃんの健全な発育のために使われ、母体には不足しがちな成分です。
ビタミンB12、葉酸などは白髪予防に最も必要な成分の一つであるため、不足すると白髪の原因となるのです。

出産後は赤ちゃんのお世話で一日中戦争ですから、自分の食事に気を配るのはなかなかできることではありません。

多くの新米ママさんは、店屋物やスーパーの総菜、一品料理などをかきこむように食べるのが精いっぱい。
それでは白髪防止に必要な栄養素をしっかり摂れませんし、よく噛まずに飲み込んでしまうため胃腸に負担がかかり、しっかり消化吸収ができなくなってしまいます。
そういった諸々のことが積み重なり、白髪を増やしてしまうのです。

産後にはストレスを発生させる要因がたくさん

sutoresu

白髪が減らないどころか、どんどん増えていく…そんな場合はストレスが原因であることが多いといわれます。

産後ストレスには以下のようなものがあります。

・夜泣きで眠れない
・一人で完璧に子育てしようとした
・マニュアル通りに行かず、悩んでパニックに
・回りのママとの育児の違い
・(兄弟がいる場合)上の子の赤ちゃん返り
・自分の時間がないことによるいらだち
・夫の非協力的な態度
・首が座らないうちはおんぶもできず、家事に集中できない

などなど、数え上げればきりがありません。
最近はイクメンが流行ってはいますが、痒い所に手が届くようなダンナ様はまだ少数。
結局女性側が多くを被ることになり、ストレスがどんどん溜まってしまいます。

ストレスは白髪の大きな原因となります。
ストレスは自律神経を乱し、常に交感神経が優位になります。
交感神経は血管を収縮させる働きがあるため血行が悪くなり、心臓から遠い頭部には十分な栄養と酸素が届かなくなるのです。

さらに、筋肉も収縮されてしまいます。
筋肉には心臓を助けて血液を全身に巡らせる働きがありますが、筋肉が緊張して硬くなるとその作用がうまく働かなくなります。
しかも体内の老廃物を排出するリンパ液は、筋肉が動かないと運ばれません。

出産後は栄養不足なのに加え、血行は悪くなる、老廃物は排出されない、では白髪が増えるのも仕方がないのです。

夜泣き、授乳、悩み事・・・睡眠が不足すると・・・

nayami

ストレスが白髪の原因になる理由は、もう一つあります。
交感神経が優位になると、精神が興奮状態になっているためなかなか眠ることができなくなってしまうのです。

ただでさえ夜泣きでしょっちゅう起こされて熟睡しにくいのに、ストレスが重なるとますます良い睡眠が取れなくなります。

人間には熟睡すると成長ホルモンが大量に分泌される仕組みがあります。
これによって1日の疲労を回復し、細胞の新陳代謝が促されるのです。

しかし睡眠不足や浅い眠りが続くと、成長ホルモンがほとんど分泌されなくなります。
すると髪の色素形成細胞メラノサイトが新陳代謝できなくなり、古い細胞は色を生成する機能が衰えているため、白髪が増えてしまうのです。

さらに睡眠不足が続けば、当然内臓も疲労します。
食事をしても消化吸収がうまくできなくなり、多くの栄養素が無駄になることも。
すると少ない栄養素は生命維持に必要な臓器や組織に優先的に回されるため、命に関係ない髪に必要な栄養素はほとんど回されなくなってしまうのです。

産後白髪への対処法

このように、出産後の白髪はある程度避けられないことと考えましょう。
女性ホルモンが主原因の場合、多くはだんだん元の黒髪に戻っていきます。

しかし、女性ホルモンの分泌量がそのまま減ってしまったり、次から次へと新しいストレスが生まれたりすることが多く、そのまま戻らないという女性が増えています。
そうならないために、しっかり対処法を実践しましょう。

体力の回復に努め、リラックス出来る環境を整えること

relax

何より体力の回復に努めましょう。
芸能人ではないのですから、産後ダイエットはほどほどに。
なかなか食事する時間がないのはわかりますが、そこで炭水化物やストレス解消のためにと甘いものばかり食べていると、体力が失われます。

糖質は瞬発力のエネルギーにはなりますが、持続性が弱いのです。
持続性をつけるには、タンパク質が一番。
食事する時間があまりないのであれば、体力をつける配合のプロテインドリンクを飲む、サプリメントを随時摂取するなどして、栄養のバランスを整えるようにしてください。

またそれとは逆に、時々は思い切り好きなものを食べたり買ったりするというのが、ストレス解消になります。
今はネットで有名なスイーツを手に入れることもできますし、赤ちゃんのかわいい服をチェックするのも癒されます。

育児にはお金がかかりますから、どうしても自分の身の回りのものを購入するのに躊躇してしまいがちですが、ママが元気でなければ家庭は回りません。

ストレスが溜まったままでいると、女性ホルモンの分泌が乱れてしまいます。
よく精神が不安定だったりストレスが溜まったりすると生理が止まるといいますが、これは自律神経が子宮の伸縮をコントロールしているからです。

もともとエストロゲンには交感神経を優位にさせて子宮を収縮させる働きがあります。
ところがストレスによってさらに交感神経が優位になると、子宮は広がることができません。
これが長く続くと子宮はそのまま働きを止めてしまい、卵巣からのエストロゲン分泌も少なくなってしまうのです。

そしてそれらが白髪の原因となってしまいます。
下腹部がよく痛む、子宮がきゅっと締まるような感じが続く場合は、その可能性があります。

ですから、女性ホルモンのエストロゲンをたっぷり分泌させるには、何よりストレスを解消することが大切なのです。

無理は禁物。積極的に夫や身内の手を借りましょう

昔のような大家族ならともかく、今はなかなかそばに助けてくれる人がいないかもしれません。
そんな場合はご主人に大変なことを具体的に説明して理解させ、たまには育児をさせて自分は美容院に行く、友人と会うなど、ストレスを解消する時間を必ず持ちましょう。
実家が近くであれば、実家に赤ちゃんを預けて外出することもお勧めです。

また、そういったことが無理でも、行政サービスが少しずつ充実してきています。
「子育てタウン」というサイトは育児を応援する行政サービスガイドで、全国の行政サービスをチェックすることができます。

こういったものも、どんどん利用しましょう。
悩みを聞いてもらえるだけでも、随分心が軽くなりますよ。

あまりに動かないのもダメ。適度に運動しましょう

最近は産婦人科で妊婦の体重増加に厳しくなっていますが、それでも出産後なかなか元の体重に戻らないという悩みを持つ女性は多いものです。
しかし、特に授乳中はしっかり栄養を摂らなければいけませんから、食事制限はNGです。

しかし、産後3か月は運動をしないほうが良いといわれています。
自身の身体の回復のためにもしばらくの休息は必要ですし、何より運動によって母乳が出なくなる危険性があるからです。

母乳で育つと免疫力がつくといいますが、その免疫力は生後3か月程度でかなりアップするため、運動はそれ以降にするとよいのです。

それまでの間は、散歩や軽いウォーキングで十分です。
というのも、授乳中はカロリー消費が普段より多くなるため、350~500kcal、ケーキ1~2個分消費していることになるからです。

とはいえ授乳中は空腹を感じることが多くなりますから、ダラダラ食べているとせっかくの消費カロリーがチャラになってしまいます。
外に出て散歩することでカロリーの消費を助けてくれますし、外の風景は脳を刺激し、神経伝達物質のドーパミンやアドレナリンが分泌されます。

これらには食欲を抑制する働きがあるため、さらに効果的なのです。

また、筋肉をつけるために自宅でダンベルなどの簡単な筋トレも行なうと、さらに良い運動になります。
利き腕は赤ちゃんを抱っこするので自然と筋肉がつきますから、反対側の腕を中心に筋トレしましょう。
筋肉がつくと基礎代謝力が上がりますから運動の効果がアップしますし、食べても太りにくくなります。

授乳中は刺激の強い白髪染めを使用しないで!

junyuu

さて、肝心の白髪ですが、かなり気になるようならしばらくは染めてみるのも良いでしょう。
しかし授乳中は、市販のホームカラーや美容院の普通のヘアダイ、いわゆる「アルカリカラー」はしないように気を付けましょう。

この点については、雑誌などに「問題ない」と書かれていることもありますが、これはこれまでのところ「ヘアカラー剤が母乳に与える害について、医学的な根拠がない」からです。

アメリカのサイト「baby center」では同じ問題に関し、同様に「動物実験でも問題は出なかったし、実際問題として妊娠中にヘアカラーする女性は多いが、特に問題は起きていない」と一旦回答しています。

しかし、その次に「それでも、ヘアダイ(アクリルカラー)は化学物質なのです」と続けています。
そして、この件に関してはまだ研究中であり、今後どのような悪影響が見つかるかわからない、と結んでいます。
参考:http://www.babycenter.com/404_is-it-safe-to-dye-my-hair-during-pregnancy_3273.bc

染毛の元となったのは1800年代のヨーロッパでの発見によるもので、1883年に現在と同様の化学物質(パラフェニレンジアミン+過酸化水素)によるアクリルカラーがフランスで完成し、特許を取得しています。
しかし、その後130年以上、その有害性について全く研究されていませんでした。

最近になって、アクリルカラーを髪に塗布した後にアナフィラキシーショックを起こし、死亡した人が何人もいることが明らかになり、アレルギーの原因となることがわかってきたのです。

アクリルカラーに使用されている化学物質が経皮吸収され続け、母乳から赤ちゃんの体内に入った場合、どのような影響が出るのかはまだわかっていません。
しかし、使用者本人にアレルギーが起こる危険性があることを考えると、懸念材料となるアクリルカラーは使用しないほうが良いのではないでしょうか。

最近はヘアカラートリートメントで手軽に髪を染められるようになりました。
化学物質も多少使用されていますが安全性が認められており、天然成分が多く配合されているので、少なくともアクリルカラーより安心して使用できます。

染まり具合がアクリルカラーに比べて良くないという評判ですが、現在の技術では染まり具合を完全にするためには、アレルギーを引き起こすとされる化学物質を使用しない限り不可能とされています。

ヘアカラートリートメントでも、乾いた髪にたっぷり塗って保温をしっかりすれば、アクリルカラーに近い染め上がりになります。
ラップやヘアキャップ、タオル、ドライヤーなどで保温をすることが必要ですから面倒かもしれませんが、何より赤ちゃんへの影響を考えてカラー剤を選ぶことをお勧めします。

出産後の白髪は多くの原因があり、そのすべてを解決することは大変です。
しかし、若々しいお母さんは子供にとってとても嬉しく、自慢の一つになります。
大切なお子さんのためにも、今からできることを少しずつ行なってくださいね。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント