急に白髪が増える主な原因は4つ!その原因と対策法について解説します-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪の原因 > 急に白髪が増える主な原因は4つ!その原因と対策法について解説します
kidokumachigairl_tp_v
急に白髪が増える主な原因は4つ!その原因と対策法について解説します
  • facebook
  • twitter
  • LINE
しっかり理由を知ることで、対策は可能です!

女性の大敵、白髪。
不思議なもので、白髪があるだけで女性のイメージは下がります。
「苦労していそう」
「実年齢より老けてみえる」
「隠しもしないなんて、だらしない感じ」
男性ならロマンスグレーなんて言われるのに、理不尽ですよね…。
でも、嘆いていても始まりません。
白髪の原因と対策を知って、いつまでも若々しい女性でありましょう。

加齢による老化現象

4つの原因の中で、最も避けることができないのが「加齢」です。
加齢とは、具体的にはどのようなことなのでしょうか。

真っ先に疑うべきなのは“加齢による老化現象”

「加齢」の原因とされる主なものは、ホルモンの減少です。
「成長ホルモン」「女性ホルモン」が加齢と共に分泌量が減るため、その恩恵が受けられなくなってくるのです。
一つずつ詳しく見ていきましょう。

①成長ホルモン

成長ホルモンというと大人には関係ないと思われがちですが、細胞のダメージを修復し、新陳代謝を高める働きのあるホルモンで、肌や髪に非常に大切なものです
この成長ホルモンは入眠後3時間の間に大量に分泌されることがわかっています。
また睡眠の深さに応じて量が決まるため、浅い睡眠だと肌や髪の修復がうまく行われません。

人間は加齢とともに眠りが浅くなり、さらに中途覚醒しやすくなります。
そのため成長ホルモンが十分分泌されにくくなり、白髪や抜け毛が増えてくるのです。

さて、この成長ホルモンですが、分泌量のピークは20歳前。
後は一気に急降下し、30代ですでにピークの3分の1ほどに減ってしまいます
すると、成長ホルモンは成長維持に必要な部分に優先的に使われ、髪や肌にまで成長ホルモンが回ってこなくなります。

元々分泌量が減る上に睡眠が浅くなってくるため、年と共に白髪が増えてくるのです。

②女性ホルモン

女性ホルモンのエストロゲンには、髪の毛の成長を促進する働きがあります。
また血管拡張作用があるため、栄養が届きやすく白髪になりにくいのです。

ところが、女性ホルモンも35歳前後から徐々に減ってきます
すると成長ホルモンと同様髪や肌は後回しにされてしまうため、髪の毛の成長が衰えてきます。
さらに血管拡張作用が弱まることで栄養が頭皮に届きにくくなり、白髪になるのです。

老化の予防には、まず食生活の見直しから

老化を防ぐ食材が色々注目されていますが、何より栄養バランスが大切です。
ついつい買ってしまう惣菜やファストフード、スナック菓子は栄養バランスが悪いだけでなく、食品添加物が大量に使用されています。
ある調べでは1人当たり年間3.5Kgもの添加物を摂取しているとの結果が出ており、せっかくの栄養素と結合して有害化、あるいは排出させてしまうのです。
たとえば、髪の毛に大切な成分である亜鉛は、ファストフードやスナック菓子に多く含まれるリン酸塩によって吸収が阻害されてしまいます。
できるだけ天然の調味料を使用し、手作りの食生活を心がけましょう。

その上で、積極的に摂ってほしいのがこんな効果のある食品です。

①抗酸化作用

「活性酸素」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは元々はウイルスや細菌が体内に入り込むと攻撃してくれる物質です。
ところが活性酸素は紫外線、環境汚染、呼吸などで非常に発生しやすく、外敵がいないと健康な細胞を攻撃してしまうのです。
髪の場合、髪の元となる毛母細胞や髪の色素を形成するメラノサイト細胞が攻撃され、白髪や抜け毛の原因となります。

そこで活性酸素を抑制してくれるのが「抗酸化」食材です。

  • ビタミンC・E
  • ポリフェノール
  • ミネラル(セレン、亜鉛など)
  • 酵素

などにその作用があり、野菜・果物・発酵食品から摂取できます。

  • バナナ
  • アボカド
  • キャベツ
  • アーモンド
  • 海藻類
  • 納豆
  • 味噌

など手軽に摂れるものばかりなので、毎日の食卓に並べるようにしましょう。

②便通促進作用

便は約60%の水分、約30%の死んだ細胞、腸内細菌、体内毒素などが含まれており、できるだけスムーズに排出しなければなりません。
便秘になると体調が悪くなるのは、便が体内に再吸収されて全身を回り、不要物や毒素が体内にまき散らされるからです。

便通を促進する最も手軽なものが、食物繊維です。
上に挙げた抗酸化作用のある食材すべてにたっぷり含まれています。
また、
プルーンヨーグルト・チーズなどの乳酸菌、オリーブオイルなどにも高い効果があります。
わざわざ緩下剤を買うより、こういった食材で美味しく便秘を解消しましょう。

③抗糖化作用

「糖化」とは、血中の糖がタンパク質と結合し細胞を攻撃する作用のことです。
攻撃された細胞は機能が低下し、老化の原因となります。
これを防ぐためには、糖の代謝を促進し消費するもの、糖の吸収を抑えるもの、糖化を阻止するものを摂取することが必要です。

  • 糖の代謝を促進…豚肉、うなぎ、鯛
  • 糖の吸収を抑える…食物繊維(海藻、キノコ、納豆、ごぼうなど)
  • 糖化を阻止…生姜、黒コショウ、ニンニク、緑茶、レモン

なお、糖化は焼いて茶色になったものによっても促進されますので、できるだけ焦げ目をつけない、茹でたり蒸したりする、といった調理方法を選びましょう。

適度な運動で血行の促進と新陳代謝が活発に

img_6479

頭皮は心臓から遠い上に細い毛細血管しかないため、血行が悪くなると最も栄養や酸素が届きにくくなります。
そこでお勧めするのが適度な運動です。

適度な運動によって、心臓、肺、血管などの機能が高まります。
すると血液を送り出す心臓のポンプがよく作用し、体の隅々にまで血液が行き渡るようになるのです。

また、成長ホルモンの分泌を促進させることもわかっており、細胞の新陳代謝を活発にすることで老化を遅らせることができます。

さらに、運動はやる気やリフレッシュ作用のあるセロトニンやエンドルフィンなどの神経伝達物質を活性化させ、ストレスを解消する効果があります。

ストレスは血管を収縮させて血行を悪くするため、白髪の原因になります
毎日の早歩き程度でも十分健康効果があがるので、通勤や通学、買い物の時間を有効に利用しましょう。

ストレス

「ストレスが原因で、全ての髪が一晩で白髪になる」というのは都市伝説ですが、ストレスが白髪の大きな原因であることは間違いありません
ストレスは交感神経を活性化させ、血管を収縮させるため、頭皮の毛乳頭に栄養や酸素が届きにくくなります。
毛乳頭は毛細血管を通して栄養を得、さらに髪の毛の元となる毛母細胞が毛乳頭から栄養をもらうことで細胞分裂を繰り返して髪の毛が成長していきます。
栄養が足りないと細胞分裂がうまく行かず、髪が生えなかったり生えても白髪だったりするのです。

こめかみの白髪はストレスが原因の可能性大

特にストレスが原因となる白髪が、こめかみです。
人間はストレスで全身が緊張すると、顔の筋肉、特に眉間のあたりに力が入ります。
こめかみに触れながら眉を寄せるとわかるのですが、こめかみ部分の筋肉もぐっと眉側に寄せられ、硬くなります。
そのためこめかみ部分に血液が行かなくなってしまうのです。

また、頭皮の血管は耳のあたりから枝分かれし、細い毛細血管になります。
元々血液が回りにくい構造になっている上にストレスで血管が収縮すると、ますます栄養が届かなくなり、白髪の原因になります。

パソコンやスマホなどで目を使いすぎることも、こめかみの白髪の原因です
視神経や眼球神経を酷使すると肩こりが起こり、肩から首にかけての血管の伸縮性が悪くなります。
すると血行が悪くなるため頭皮の細胞の栄養不足が起こり、白髪や脱毛を引き起こすのです。

さらにニューヨーク大学での研究で、ストレスがメラノサイト細胞を消滅させることがわかったそうです。
紫外線などの刺激によってメラノサイトがメラニン色素を作るのですが、ストレスが刺激となってメラノサイトが異常に活発化し、通常より早くその働きが衰え消滅してしまうことがあるのです。

ストレスとは上手に付き合っていくことを考えましょう

wellness-589776_1280

ストレスは人間を老化させる最も大きな原因の一つですが、他人と生活している以上ストレスをなくすことはできません。

しかし、加齢以外の原因の白髪は、その原因が解消すれば再び黒い髪が生える可能性があります。
というのは、ストレスによって一時的に頭皮に栄養が行かなくなったために色素形成細胞であるメラノサイトが働かなくなった場合、また栄養が十分にいけば活性化するからです。
ですからストレスを完全になくすことはできなくても、上手に付き合っていくことを考えましょう。

毎日のちょっとしたこんなことでも、ストレスは解消しやすくなります。

①入浴

入浴すると疲れが取れるというのは、全身に血液が回るようになることで栄養や酸素が行き届き、さらに疲労物質や有害物質が排出されやすくなるからです。
また、血液がスムーズに流れるようになると全身のストレスが解け、副交感神経が活発になります。
すると自然と入眠しやすくなり、しかも熟睡できるようになります。

②好きな音楽を聴く

いわゆるリラックス音楽が良いとは限りません。
静かな音楽は、人によっては色々と考えるスキを与えることになり、さらにイライラが増すことがあるのです。
音楽で興奮すると交感神経が活発になりそうですが、実は「好きなことをする」ことで副交感神経が活発になるのです。
交感神経は「闘争と逃走の神経」といわれ、何らかの「立ち向かうべきもの」がある時に優位になりますが、好きな音楽なら闘争も逃走も関係ありませんね。

ですから、リラックス音楽を聴いて効果がない時には、ロックでも絶叫型でも好きなものを聴いてみましょう。

③太陽の光を浴びる

紫外線の強くない時間帯を選び、公園などでぼーっとしてみませんか?
それができなければ、窓辺ごしでもかまいません。
太陽の光には、セロトニンという心身を安定させる作用のある神経伝達物質を作り出す作用があり、ストレスの解消に大変効果があります。

また、セロトニンが分泌されると睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンも並行して増えるため、夜ぐっすり眠れるようになります。

セロトニンが不足すると心身の疲労が抜けないため、老化が早くなるといわれていますので、紫外線を怖がり過ぎることなく、10分~20分程度は浴びるようにしましょう。

身体や心のメンテナンスには充分な睡眠が必須

実は、髪に最も良くないといわれているのが「夜更かし」です。
精神的にも肉体的にも、頭皮や髪に非常に大きなストレスがかかっているのです。

最初に成長ホルモンのお話をしましたが、このホルモンは副交感神経が優位になり全身がリラックスしていないと十分分泌されません。
ぼーっと夜更かしというのはあまりないことで、パソコンやスマホでゲームをしたり昼間できなかった仕事や家事をしたりすることがほとんどです。
すると脳が興奮状態になるため、本来なら副交感神経が優位になるはずの時間帯に交感神経が活発になり、全身が緊張状態になります。
交感神経が優位な間は細胞がフル活動しており、新陳代謝を行うことはほとんどありません。

本来、午後9時頃から副交感神経が活発になり始め、0時頃がピークです
ところがその頃まで交感神経が活発な状態にあると、そこから副交感神経が活発になってもピークは夜中の3時頃ということになります。
しかし本来3時頃は交感神経が増えだす時間でもあり、このような生活が続くことで交感神経と副交感神経が正常に働かなくなってしまいます。
これを「自律神経の乱れ」といい、成長ホルモンの分泌が抑制されてしまうため、白髪や肌の衰えにつながってしまうのです。

病気や身体の異常

白髪で病気がわかるというと、驚かれるかもしれません。
しかしいつも同じ場所に白髪が見つかるというのは、おかしなことだと思いませんか?
東洋医学に当てはめて考えると、白髪の部位と身体の各部位には密接な関係があるのです。

特定の部位の白髪は病気や身体の異常のサインかも!?

東洋医学では、頭にはこれだけのツボがあると考えられており、白髪と内臓の不調にはこのような関係があります。

 

白髪の位置 不調を疑われる内臓
頭頂部 胃、十二指腸、小腸、大腸、耳・鼻
頭頂部左 肝臓、副腎、胆のう
頭頂部右 腎臓、脾臓、副腎、胆のう
つむじ 肺、心臓、循環器
前頭部 肛門、直腸
額・こめかみ 視神経、ホルモン系統
耳の周り

思い当たるフシがある場合は早めに病院へ

もし白髪と不調が合致するようであれば、一度病院で診察を受けることをお勧めします。
頭皮や髪は栄養や酸素が後回しになるとお話しましたね。
ということは、内臓への栄養は不足しがちとはいえ優先的に送られていますから、まだそれほど危険な状態にはなっていないと考えられます。
悪化する前に、早めに診察を受けましょう。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れというのは、ここまでに書いた加齢・ストレス・病気や身体の異常すべてに関わってくることです。
都市型の生活を送っているとどうしても生活習慣が乱れがちですが、それが老化を早め、ストレスを生み、病気になりやすくなるのです。

生活習慣の乱れは、頭皮や髪への栄養が滞る原因に

生活習慣の乱れというと色々ありますが、運動不足過剰飲酒喫煙が代表的なものでしょう。

①運動不足

運動不足が白髪の原因となるのは、頭皮が血行不良になるためです。
細い毛細血管しかない頭皮の上部は、元々栄養や酸素が届きづらい場所です。
しかも加齢と共に血液がドロドロになってくることが多いため、ますます頭皮の毛母細胞やメラノサイトに届きにくくなるため、働きが弱くなってしまのです。

適度な運動によって中性脂肪やコレステロール値が下がり血液がサラサラになれば、頭皮にもより血液が届くようになり、メラノサイトが正常に働くようになります。
運動といっても、歩く時間を増やす、少し早足にするといったことだけでも十分です。
毎日の生活に取り入れるようにしましょう。

②過剰飲酒

平均的な日本人の「適量」はビール500ml、日本酒1合、ウイスキーダブル60ml、ワイン200ml程度です。
量にかかわらずほろ酔い程度であればよいのですが、それ以上になると交感神経が活発になり、血管が収縮してしまいます。

また、アルコールを処理するために肝臓がフル作動しており、髪の生育に必要な亜鉛などを大量消費してしまいます。
さらにアルコールの利尿効果で亜鉛のほかメラニン色素に必要なカルシウムまで排出されてしまうのです。

③喫煙

タバコに含まれるニコチンは交感神経を活発にする働きがあります。
また一酸化炭素が取り込まれることで赤血球と結びつき、赤血球の本来の役割である酸素を運ぶことができなくなってしまいます。
すると血行不良の上に酸欠状態となり、メラノサイトが正常に働かなくなるため、白髪の原因となります。

狂った体内時計はリセットしましょう

体内時計とは生まれつき備わっていると考えられる、時間測定のしくみです。
脳の視交叉上核(しこうさじょうかく)という部位が中心となって、体のほとんどの臓器の体内時計に指令を出しています。
この作用によって自律神経やホルモンの分泌も調節されています。

体内時計は夜間に多く分泌されるメラトニンという睡眠ホルモンによって覚醒と睡眠を切り替えることから、メラトニンの分泌が十分でないと体内時計が狂ってしまいます。

このメラトニンは光によって調節されるので、夜にスマホやパソコンなどから発せられるブルーライトを浴びると体内時計が昼と勘違いしてしまい、メラトニンがあまり分泌されなくなります。

すると睡眠が浅くなったり睡眠時間が少なくなり、成長ホルモンの分泌も抑えられてしまいます。

この働きは毎日朝日を浴びることでリセットされます。

  • 朝起きたら光を浴びる
  • 毎日同じ時間に起きる

この2つを実行し、体内時計の乱れを整えましょう。

さらに体内時計を整えるのに欠かせないのが朝食です。
体温や血圧は睡眠中に最も低くなり、目覚めと同時に上がり始めるようにセットされています。
ところが朝食を食べないとエネルギー源が不足し、体温も血圧も上がりません。
すると朝日を浴びても体内時計がうまくリセットされず、どんどん狂ってしまうのです。

全臓器の体内時計をうまく働かせるためにはタンパク質と糖質(炭水化物)、ビタミンが必要とされていますので、朝は早く起きてしっかり食べましょう。

過度な負担が掛かるダイエットや健康法には要注意

女性と切り離せないのがダイエットですが、間違った方法や負担がかかるダイエットは逆に白髪を増やす原因となります。

ダイエット中でも五大栄養素といわれる「タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル」は満遍なく摂取しなければいけません。
ところが自己流のダイエットで栄養が不足すると、生命維持に必要な部位から優先され、頭皮や髪の毛には回らなくなります。
そのため、毛母細胞やメラノサイトに栄養が届かなくなり、白髪の原因となるのです。

また、負担が強いダイエットや健康法はストレスになりますから、交感神経が活発になり血管を収縮してしまいます。

さらに、カルシウムはメラニン色素を増やす作用があるのですが、同時に神経の伝達を正常に働かせる機能があり、ストレスを受けることで大量に消費されます。
するとメラニン色素が減り、白髪の原因になってしまうのです。

すべてをすぐ改善することはできなくても、朝散歩をする、しっかり食事を摂る、夜はゆっくり入浴してから就寝するなどできることから始め、白髪の増加をできるだけ抑えましょう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント