染めてもすぐに目立ってくる分け目や生え際の白髪隠しはどうするのが正解なのか?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪が目立たない髪型 > 染めてもすぐに目立ってくる分け目や生え際の白髪隠しはどうするのが正解なのか?
haegiwa
染めてもすぐに目立ってくる分け目や生え際の白髪隠しはどうするのが正解なのか?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
分け目や生え際の白髪の対処法をご紹介します!

一度染め始めたら、永遠に続けなければいけないのが分け目や生え際です。
特に顔の回りは、隠しようがないですよね。
元の髪色が黒ければ黒いほど、白髪との色の差が目立ちますから、ほんの数ミリでも本人は気になってしまいます。

ここでは、その対処法についてまとめました。

生え際の白髪への対処法

haegiwa

生え際や分け目の白髪対策、どうしていますか?
髪の成長が早い人だと一度染めても1か月経たないうちにかなり目立ってしまいます。
月1回は美容院、半月に一回は自分でその部分だけ染めるという人が多いようです。

美容院では「市販の白髪染めやヘアカラーは髪を傷めるし、退色が早いですよ」と言われますが、髪を傷めなくても退色が遅くても、根元の白髪が伸びてしまうことに変わりありませんよね。

でも、自分でやると特に生え際は染まりにくく、顔に染毛剤がついてしまうこともあり、悩むところです。

白髪染めの多用は髪や頭皮に大きなダメージを与えます

白髪染め、特に市販の大手メーカー商品はとてもよく染まりますが、美容師が言うように髪や頭皮を傷めます。
それは、使用している薬剤を「どんな髪質の人がやってもきれいに染まる」ことを前提に配合して作られているためかなり強力で、肌に刺激を与えやすいのです。

対して優良な染め剤を使用し、技術がある美容師が染めてくれれば、客の髪質や髪の状態から薬剤を調合し、さらに根元と毛先の調合を変えるなどしてくれますから、市販製品よりは頭皮や髪にダメージを与えにくいのです。

とはいえ、それは程度の差であって、美容院で白髪染めをすれば全く傷まないということはありません。

通常使用される白髪染のカラー剤は、美容院でも市販の白髪染めも同じ「アルカリ性酸化カラー」です。
「ジアミン系」と呼ばれるパラフェニレンジアミン、メタフェニレンジアミン、フェニレンジアミンなどの酸化染毛料は色持ちがよく色落ちしにくいことと、色の種類が豊富だというメリットがあります。

その反面、髪や頭皮を傷めやすいというデメリットがあります。
アレルギー反応が出て、頭皮が赤く腫れあがったり粉が吹いたり強烈なかゆみが出たりすることがあり、しかも一度そのような状態になったら同じ薬剤を使用するたびに反応が出てしまいます。

アレルギー反応は少しずつ出て来るとは限らず、ある日突然発症することもあります。
しかし最初の反応がそれほど強くないと「染料が残っていたのだろう」と深く考えず使い続けてしまうため、どんどん悪化してしまいます。

すると染料が付着していない部分にもかゆみや炎症、かぶれなどが広がることもあり、最も重篤な場合はアナフィラキシーショックを起こすことさえあるとされています。
実際、2011年に英国の17歳の少女が自宅でヘアカラーをした20分後にアナフィラキシーショックを起こし、死亡しています。
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2048515/Tabatha-McCourt-17-dies-agony-extreme-reaction-hair-dye.html

また、小さなお子さんをお持ちの場合、万が一お母さんの染料剤の付着した髪を舐めると、最悪の場合呼吸困難になり死亡する可能性もあるといわれています。
妊娠中の使用も、胎児の発達に影響が出る場合があることがわかっています。

パラフェニレンジアミンはEU諸国では発がん性があることが立証されたとして使用禁止になっていますが、日本では使われ続けています。
そんな成分を何度も頭皮に塗るのですから、塗布する回数が多いほど命を危険にさらしていることになりますね。

ですから、できるだけ白髪染めの回数は減らしたほうが良いのです。

髪を結んだり帽子を被るという手もありますが・・・

では、染める代わりに髪を結んだり帽子を被るのはどうでしょうか。
対策としてよく取られている方法をいくつか見てみましょう。

①髪を結ぶ

musubu

髪を結ぶのはお勧めしません。
実際に結んでみると、結構短い白髪がピンと立ってかえって目立ってしまいませんか?

また、「牽引性(けんいんせい)脱毛症」という症状があるくらい、髪を結んで引っ張ることは頭皮細胞に負荷をかけます。
すると色素形成細胞のメラノサイトの働きが悪くなり、白髪の原因となることがあります。

また、髪を結ぶことでその部分全体の頭皮が緊張状態になるため、血管が収縮し血行が悪くなります。
これも白髪の原因となります。

②帽子を被る

boushi

白髪隠しに帽子を被る女性が増えていますが、素材やフィット感によっては白髪を増やしてしまう危険性があります。
風に飛ばされないようにと、伸縮性のない生地の帽子をきっちり被った場合、血行が悪くなることがあります。

また、風通しの悪い素材だと蒸れて、これも頭皮環境に良くありません。
紫外線を防止できる素材のものをゆったり被ることをお勧めします。

③ヘアバンドやターバンをつける

最近白髪隠しで流行っているのが太めのヘアバンドやターバンです。
ニット系なのでそれほど締め付け感がないこと、似合った色や太さならとてもおしゃれに見えることが人気の秘密。

夏はちょっとつらいかもしれませんが、それ以外の時期なら結構使える手だと思います。
高級感のあるベロア素材なら、改まった席でも違和感がありません。

④ヘアウィッグを被る

白髪染めに疲れてくると、ウィッグという選択を取る人もいます。
価格はピンキリで、ショッピングモールなどでは数千円からありますし、オーダーになれば10万円を超えるものもあります。

人工毛か人毛か、ハンドメイドが機械製作か、一部か全体か、長いか短いか、などで価格も持ちも違いますが、毎月白髪染めすることを考えたらずっと楽で安上がりかもしれません。

ただし頭皮全体を覆うかつら(フルウィッグ)は蒸れやすいので、ハーフやポイントのウィッグにしたほうがよさそうです。
蒸れや汗も頭皮を不衛生にするため、白髪の原因となってしまいます。

分け目や生え際の白髪には白髪隠しが最も有効

分け目や生え際を簡単に隠すなら、白髪隠しが一番です。
今はファンデーションタイプ、スティックタイプ、ブラシタイプなどたくさん種類があり、中には使い続けることで少しずつ染まっていくタイプもあります。

白髪隠しのメリットとデメリット

白髪隠しのメリットは、さっと塗って使えることと、頭皮や髪にダメージを与えないことでしょう。
しかし、デメリットも多いです。

1.染まりが悪く、何度も塗らないと白髪が隠れない
2.雨や汗で色が落ちる
3.乾かす手間がかかる
4.色が不自然で目立つ
5.乾くとそこだけ硬くなり、ベタッとして見える
6.乾いていても、その部分を触ると手や爪が黒くなる
7.白髪染めより高い

頭皮や髪にダメージを与えなくても、その分染まりが悪くて服を汚したり、汗が黒くなったり手を汚したりと、使い心地は必ずしもよくないようです。
また、白髪隠しを使用する人は「できればそのまま染まってほしい」と考える人がほとんどですが、そういった商品はまだ少ないようです。

白髪隠しの選び方と注意点

erabikata

白髪隠しはかなりの商品が出ています。
以下の点を公式サイトや口コミでしっかり調べてから購入しましょう。

1.商品が使いやすいか

頭頂部が塗りにくくないか、顔の回りにつきやすくないか、など

2.使用感はどうか

香りはどうか、見た目が自然か、頭皮に刺激を感じないか、乾燥を待たなければいけないのか、その場合時間はどのくらいかかるか、など

3.白髪がきれいに隠れるか

何度塗ればうまく白髪が隠れるか、頭皮にばかり色がついて白髪が染まらないということはないか、など

4.色落ちするか

汗や雨で濡れた時に色落ちするか、触ると指につくか、など

5.価格と回数

価格と回数を合わせて考えた時に安いか、など

自分に合ったタイプの白髪隠しを選びましょう

商品には大きく分けて7種類ありますので、それぞれの特徴を把握し、一番自分が使いやすいものを選びましょう。

・スティックタイプ

口紅タイプでサイズが小さく、持ち運びが簡単。気になった時にさっと取り出して塗れ、手が汚れにくい。

・ファンデーションタイプ

パウダータイプとクリームタイプがあり、どちらもひと塗りで白髪が隠れるのがポイント。パウダータイプは定着スプレーで粉を固定。

・マスカラタイプ

生え際や分け目など細かい部分を染めるのに向く。それほど白髪の本数がない人にお勧め。手や地肌に染料がつきやすい。塗布後のごわつきがある。

・ブラシタイプ

筆タイプともう少し太目のブラシタイプがある。細かい部分より頭頂部やつむじなど大きい範囲に向く。ブラシで伸ばすので、ごわつきがない。

・マーカータイプ・フェルトペンタイプ

こちらも大きい範囲向き。使いやすく一度で広範囲を塗ることができる。

・スプレータイプ

一気に広範囲を染めることができるので、手間がかからない。回りや服にかからないよう注意が必要。

・泡タイプ

広範囲に一度で塗れるので便利だが、泡の量の調整が必要。

髪や頭皮に刺激を与える添加物には要注意!

chuui

2016年ある有名女性雑誌に「マッキーというコクヨのマジックペンで白髪を塗ると、白髪染めの回数が減る」という記事が、実際にヘアメイクさんが使用している方法として紹介されました。
あわてたコクヨ側が「もし何らかの被害が起きても当社では補償できない」と公式ページで発表し、女性雑誌側が謝罪するという事態になりました。

この場合は髪に使用することなど想定していないのですから当然ですが、たとえ白髪を染める目的で作られていても有効成分だけで製造されている訳ではありません。

たとえば「変性アルコール」は殺菌効果がありますが、皮脂のターンオーバーを早めてしまうという作用もあり、肌が弱い場合はかゆみ、炎症、湿疹などが出ることがあります。
乳化剤として使用される「セテアリルグリコシド」にはまれにアレルギー反応が出る場合があります。

「4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール」は白髪染めに多く使用されている染料で、一般的な染料に比べると毒性は少ないものの、敏感肌の人には刺激になります。

各商品の成分を確認し、実際に使用する前に口コミをよくチェックするようにしましょう。

オススメの白髪隠しを紹介します♪

たくさんの白髪隠しの中から、白髪の隠れ方、使いやすさ、使用感などを総合的にチェックし、お勧めの商品をいくつかご紹介します。

①利尻 白髪かくし

筆タイプの白髪隠しで、22種類の植物エキスが配合されているため、白髪を染めるだけでなく頭皮や髪に栄養を与えてくれます。
また、染料の色素が小さく、髪の内部にも少し入るため、使用していると徐々に色がついてくるという特徴があります。

無添加・ノンシリコンなので、肌の弱い人でも安心して使用できます。
トリートメント効果で、使用していると髪が柔らかくなってきます。
ベタつきがなくふわっと仕上がりますが、その分少し定着が弱いのが残念。

ノック式で筆に少しずつ染料が出て来るので、慣れると非常に簡単に好みの量を出すことができます。

公式ページから購入すると、全3色20gで通常価格3,066円が初回1,986円、まとめ買いならもっとお得です。

②シエロ コーミングカバー

塗り口が櫛とフェルトペンのダブルになっており液だれせず、とても使いやすいタイプです。
白髪も一度塗りで目立たなくなり、乾いてもごわつかず、ツヤ感があります。
スタイリング剤が配合されているので、髪がまとまりやすくなります。
染料の定着度もまあまあで、乾けば手につくもともありませんし、多少の汗や水なら色落ちしないです。

ただ、アルコール性なので肌の弱い方には刺激になることと、価格は安いのですがその分量も少なく、それほど使用できないのがデメリットです。

4色あり、9ml入りで参考価格は754円です。

③レフィーネ ヘアファンデーション

こってりタイプのコンパクトファンデーションで、8種類の美髪成分を配合し、髪にも頭皮にも栄養を与えてくれます。
スポンジを使用して白髪に塗りますが、簡単に色がつくので分け目や頭頂など目立つ部分を一気にカバーするにはとても便利な商品です。

塗る時はこってりタイプですが、仕上がりはべたつかず、サラッとします。
指につきづらく、少しの汗や雨なら大丈夫です。

現在ダークブラウン1色しかないのと、1個2,916円というのがちょっとネックですが、レフィル1,836円もあり、ケースなしでも使用できるようになっています。

④ドクターシーラボ 簡単ひと塗り白髪カバー

皮膚の専門家が監修しているだけあり、無添加、植物由来の着色成分、美容成分で頭皮にも髪にもやさしく、安心して使えます。
マーカータイプで地肌に色がつきにくく、ピンポイントで使用できます。
仕上がりは自然で、乾燥すれば手につきませんが、濡れると少し色落ちする可能性があります。

また、乾燥する前に触ってしまうとなかなか落ちないので注意が必要です。
使い続けていると少しずつ髪に色がつくので、白髪染めの回数を減らすことができます。

色はダークブラウンとソフトブラックの2色で、定期購入すると1本1,555円で40回程度使用できる(生え際2~3センチ)のでコスパもいいです。

いかがでしたか?
白髪は悩ましいものですが、それで行動範囲が狭くなったり落ち込んだりするより、カバーする方法を考えたほうがずっと建設的です。
お気に入りの方法を見つけて、毎日をアクティブに過ごしてくださいね。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント