【必読】有害な紫外線から頭皮と髪を守る為に・・・紫外線対策完全マニュアル-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 頭皮の健康 > 【必読】有害な紫外線から頭皮と髪を守る為に・・・紫外線対策完全マニュアル
shigaisen
【必読】有害な紫外線から頭皮と髪を守る為に・・・紫外線対策完全マニュアル
  • facebook
  • twitter
  • LINE
頭皮と髪を紫外線から守るために必要なことは?

紫外線は目に見えないだけにやっかいですよね。
夏に多いのは知っているけれど、日傘はじゃまになるし帽子は蒸れるし…。
しかも日傘や帽子を使用している人の多くは、頭皮や髪ではなく顔を守るため

頭皮や髪の紫外線対策をしっかり取らないと、後で後悔することになってしまうかも。
そこで、頭皮と髪を紫外線から守るマニュアルを作りました。

紫外線を浴びると・・・

shigaisen

白人は紫外線に対する防護力が少なく、皮膚がんになる確率が高くなるため、オーストラリアのように国を挙げて取り組んでいるところもあります。
しかし、黄色人種の日本人は紫外線の影響だけで皮膚がんになることは少ないとされているせいもあり、国としての対策はおざなりですし、私たち自身ついつい手を抜いてしまいがち。

ただし、皮膚がんにはならなくても紫外線の影響は大きく、肌老化の原因のほとんどは紫外線によるものとされています。

頭皮は顔の約○倍もの紫外線を浴びている!!

頭皮が浴びる紫外線の量は、顔の3倍とも5倍ともいわれています。
この紫外線はA波(UVA)とB波(UVA)のことで、B波は髪と皮膚の角質層あたりまでですが、A波は真皮まで届き、細胞を劣化させてしまいます。

また、紫外線を浴びると活性酸素が発生するといわれますが、この活性酸素は紫外線を有害なものと見なし、酸化させることで退治するために発生するのです。
紫外線の量が少量、短期間であればむしろ活性酸素は有用です。

しかし、常に紫外線を浴びていると活性酸素がどんどん増え、有害でない体内細胞まで攻撃するようになってしまうのです。

紫外線を浴びると頭皮や髪はどんな影響を受ける?

髪が紫外線を浴びると、まず影響が出るのが髪のキューティクルです。
紫外線によって乾燥する上、髪のタンパク質構成物質のシスチンを破壊し、システインという物質に変化させてしまいます。

シスチンはシステインが2つ結合してできたもので、髪のハリやコシはシスチンの形にならないと生まれません。

また、シスチンでできたキューティクルが損傷するため、内部のコルテックスに含まれるたんぱく質や水分、脂質が逃げ出してしまいます。
そのため髪がパサつき、枝毛や切れ毛になりやすくなるのです。

また、コルテックス内には髪の色を作っているメラニン色素があります。
これが紫外線の影響で劣化することで、髪の色が赤茶けてしまいます。
これはヘアカラーなどで染めた場合も同様で、染毛料が劣化して退色させてしまうのです。

頭皮が受ける影響は、すぐには表れないものの後々抜け毛や白髪という形で出てきます。
まず、頭皮表面が日焼けすると乾燥し、ターンオーバーのサイクルが崩れてしまいます。
すると新陳代謝がスムーズにできなくなるため古い角質が蓄積し、頭皮が厚く、柔軟性がなくなってきます。

また、その下にある毛細血管もその影響を受け、だんだん硬くなります。
そうなると血液が毛細血管をうまく通ることができなくなり、血行不良を起こして髪を作る毛母細胞や色素形成細胞メラノサイトに栄養が届かなくなってしまうのです。

ちなみに紫外線のうちA波は、真皮層にある毛母細胞やメラノサイト細胞を直接変質させる力を持っていますので、栄養が届いていても毛母細胞が細胞分裂できなくなるため、髪が伸びなくなります。
メラノサイトが機能不全になると、メラニン色素を作ることができなくなったり、毛母細胞に色素を提供する働きが失われたりするため、髪が白いままになってしまいます。

紫外線の予防方法とUVカットスプレーの選び方

紫外線を完全に防ぐことは不可能ですが、近年は紫外線の脅威にさらされることが増えてきたため多くの予防方法が考案され、その被害を最小限に食い止めることができるようになりました。

帽子やUVカット使用の日傘を使用する

higasa

一番簡単で、顔と髪・頭皮すべてを紫外線から守るのが帽子や日傘です。
黒が一番紫外線吸収率が高いため、特に紫外線の強い夏には黒めの帽子や日傘が一番です。
しかし紫外線を吸収するというのは太陽光線を吸収することですから、どうしても暑く、蒸れてしまいますよね。

そこで、おしゃれを楽しみながら紫外線をカットできるのが、UVカット素材を使用したものです。
UVカットしてある製品であれば、色や素材に関係なく紫外線を遮断してくれます。
商品によってカット率が違うので、きちんとその率が書かれているものを選びましょう。

また、帽子の場合はできるだけツバが広いものがお勧め。
10センチのツバで70%ほど紫外線をカットできるといわれています。

なお、紫外線防止効果には寿命があります。
素材そのものに効果がある場合は良いのですが、できた製品を加工したものは寿命が2~3年程度といわれています。
特に日傘は日差しで生地が劣化しやすいので、何年も同じものを使わないようにしましょう。

髪の毛の分け目を変えたり、髪型をアップにする

分け目がいつも同じ位置だと、その部分だけ紫外線を直接浴びてしまいます。
するとほかの部分より頭皮や細胞がダメージを受けてしまい、白髪や抜け毛の原因となります。
こまめに分け目を変えるようにしましょう。

日傘も帽子もない時にロングヘアの人にお勧めなのが、髪を小さくまとめることです。
紫外線を浴びる面積を少しでも少なくしましょう。

UVカットスプレーは目的に合ったタイプを選びましょう

まず、UVカット化粧品の効果についてご説明しましょう。
UVカット製品によく書かれているのが、「SPF20」「PA++」といった表示です。
「SPF」はSun Protection Factorの略で、B波のカット力を表す数値です。

20分素肌のままの状態と比較して、日焼けし始めるまでの時間を表したもので、たとえばSPF20の場合20分×20倍で400分(6時間40分)は日焼けしにくくなるということです。

しかしこの数値はあくまで「時間」に対してのもので、強さには対応していません。
紫外線は平地から高いほど、また空気が清浄なほど強くなります。

平地ではSPF20で十分な場合でも、海や山では不十分です。
数値が大きいからとSPF50を使用しても、紫外線防御時間が長くなるだけで強力になる訳ではありません。
そのため紫外線が強い場所に行く際には、ほかにも防止対策を取る必要があります。

また、塗布量にも気をつけなくてはいけません。
SPFの数値は「皮膚1平方センチに2mg塗布した場合」なので、顔全体の場合500円玉程度の量を使用して初めて表示通りの効果が出ます。

調査によると日本人の半数以上が3分の1程度しか使用していないという結果が出ており、その分効果が短くなってしまいます。
さらに、ムラ塗りになると部分焼けしてしまうこともあります。

「PA」はProtection Grade of UVAの略で、A波をどのくらい防御できるかを+の数で示しています。
一番強いのが++++ですが、これはSPFと逆で紫外線防止力はわかっても、その効果が続く時間はわかりません。

また、日本のUVカット商品の多くは、紫外線を吸収するタイプです。
サラッとしていてSPF値を高くできるため多く使用されていますが、皮膚への負担が高いといわれています。
紫外線が日本の5倍といわれるオーストラリアでは紫外線散乱タイプがほとんどで、SPFは30程度まで、しかも白浮きやべとつきが強いものが多いのですが、肌への負担が弱いのが特徴です。

紫外線散乱タイプのほうがA波・B波を跳ね返す力が強いので、海や山など紫外線が強いところに長時間いる場合は、使用感が悪くこまめに塗らなくてはいけなくても、散乱タイプをお勧めします。

さて、髪の毛へのスプレーですが、SPF表示は皮膚に対する数値なので、髪への効果が皮膚と全く同じであるとは限りませんし、スプレーの場合「1平方センチに2mg」というのがどの程度か、判断できません。
しかし、メーカーから販売されている商品の多くはSPF表示がされていますので、大体の目安にすると良いでしょう。

髪専用のものも販売されていますが、どうせなら顔にも使用できるもののほうが一度で済むので便利ですね。
ウォータープルーフ、香り重視、無添加など色々なタイプがありますので、好みで選びましょう。

しかしスプレー式は便利ですが、どうしてもムラになりやすいというデメリットがあります。
また、髪はいつも一定の部分だけ出ている訳ではないので、動くことを考えると髪の奥にもスプレーしたほうが良いということになり、かなりの量を使用しなくてはいけません。
できるだけ髪はコンパクトにまとめたほうが良いでしょう。

なお、日常生活ではSPF15~20、PA++程度で十分とされています。
それ以上のものは頭皮や髪への負担が大きくなるため、弱めのものを2時間程度おきにスプレーしたほうが安心です。

注意:UVカットスプレー使用後はしっかりと洗い流すこと

shawa

UVカットスプレーには紫外線吸収剤や散乱剤が含まれています。
特に日本で多く使用されている吸収剤には、A波を吸収するt-ブチルメトキシジベンゾイルメタンとB波を吸収するメトキシケイヒ酸エチルヘキシル、A・B波両方を吸収するオキシベンゾン-3などが配合されています。

このうちメトキシケイヒ酸エチルヘキシルとオキシベンゾン-3は環境ホルモン作用が疑われています。
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンは今のところ特に問題はないようですが、化学物質ですから肌の刺激となることがあります。

これらの化学物質が頭皮や髪につきっぱなしになると炎症を起こす可能性があるので、使用後は必ずシャンプーでしっかり洗い流すようにしましょう。

頭皮が日焼けしてしまったら・・・

いくらUVスプレーをしていても、汗や水で流れ落ちてしまったり、つい長時間日光を浴びてしまったりして頭皮が日焼けした場合には、次のことを試してください。

まずは冷たいタオルやシャワーで冷やす

日焼けは「やけど」ですから、何を置いても冷やすことが大切です。
とはいえさすがに氷を頭皮に長時間つけることはできませんので、冷水に浸して絞ったタオルを乗せたり、水シャワーで冷やしたりしましょう。

また、冷却グッズのクールマットや氷枕をタオルで包んで、頭皮に当てるのもいいですね。

頭皮を傷めないよう低刺激のシャンプーで洗う

熱を持っている頭皮には、できるだけ刺激を与えないようにしなければいけません。
スプレーなどをかけていない、海水やプールで髪を濡らしていない、という状態なら、ぬるま湯だけの湯シャンが一番です。

シャンプーする場合は、ベビーシャンプーやアミノ酸系のものを使用し、爪を立てないようにやさしく洗ってください。

乾かす際には、しっかりタオルドライした後に低温ドライヤーをかけましょう。
炎症を起こしている場合は、扇風機の風で乾かすのもお勧めです。
髪の中に指を入れ、できるだけ早く乾かすようにしましょう。

頭皮や髪の毛の保湿や栄養補給を忘れずに

keshousui

頭皮も髪も水分を失っている状態なので、必ず保湿しましょう。
頭皮には手持ちの化粧水や乳液でも大丈夫ですが、頭皮専用の保湿ローションもあります。

また、頭皮と髪に栄養を与える椿油、オリーブオイル、ホホバオイル、アルガンオイルを薄く塗ると、回復を早めることができます。

なお、シャンプー後の保湿や髪の保護にトリートメントする場合は、頭皮につかないよう注意が必要ですが、髪も日焼けしているので、髪にはたっぷりトリートメント剤をつけ、蒸しタオルで包むようにするとより浸透しやすくなります。

ビタミンE、A、B群、亜鉛を積極的に摂取しましょう

日焼けした時に積極的に摂りたいのが、ビタミンE、A、B群、亜鉛です。
それぞれが違う角度から頭皮のダメージを修復してくれます。

<抗酸化作用のあるビタミンE>

髪自体のケアは食事ではできませんが、頭皮のケアは身体の内部からすることができます。
というのは、紫外線のダメージといわれるものは、実際には紫外線を浴びることによって生まれた活性酸素が原因だからです。
活性酸素は細胞を酸化させることによって正常な働きを狂わせてしまいます。

元々体内にはSOD酵素という活性酸素を排除する酵素がありますが、加齢とともに減少していきます。
しかし抗酸化作用のある食物を摂取することによって、活性酸素の害を食い止めることができるのです。

抗酸化作用がある成分の代表的なものがビタミンEで、「若返りのビタミン」と呼ばれるほど強力に活性酸素を排除します。
血管や細胞の酸化を防ぐ上に血流改善作用もあるので、紫外線による白髪や抜け毛を防ぐ助けとなります。

ビタミンEは植物油、魚貝類、ナッツ類などに多く含まれており不足することはあまりありませんが、日焼けによる活性酸素除去のためには積極的に摂るようにしましょう。
なお、ビタミンEほどではありませんが、ビタミンCにも高い抗酸化作用があります。

<ビタミンAは皮膚のうるおいに欠かせない>

ビタミンAとは、動物性のレチノールや緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンのことです。
どちらも粘膜や皮膚の健康に欠かせない成分で、不足すると肌が乾燥してしまいます。
日焼けによって頭皮は乾燥しているので、ビタミンAをしっかり摂りましょう。

なお、動物性ビタミンAのレチノールは過剰摂取によって脱毛を引き起こすことがあるので、ニンジン、ほうれん草、春菊、かぼちゃなどの野菜から摂るようにしましょう。

<ビタミンB群は協力して皮膚の健康を守る>

ビタミンB群にはB1・B2・B6・B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンがありますが、それぞれが協力しあって皮膚の健康を守っています。
その中でもビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビオチンは皮膚や粘膜の健康維持に大切な成分です。

特にビオチンが不足すると白髪になりやすく、ナイアシン欠乏によって細胞の新陳代謝がうまく行かなくなります。
またパントテン酸はビタミンCの働きを促進し、頭皮や髪のコラーゲンの合成を促進する作用があるため、不足すると頭皮や髪のうるおいがなくなってしまいます。

それぞれの成分はこういった食品に多く含まれています。

成 分 多く含まれる食品
ビタミンB2 豚・牛・鶏レバー、うなぎ、納豆、卵、チーズ など
ナイアシン たらこ、まぐろ、明太子、かつお、レバー、鶏肉 など
パントテン酸 豚・牛・鶏レバー、卵、たらこ、納豆、鶏肉 など
ビオチン 牛レバー、鮭、ニシン、大豆、卵、牛乳、ほうれん草 など

<亜鉛は皮膚の再生を早める作用あり>

亜鉛は、細胞分裂のために必要な成分です。
日焼けした頭皮の細胞の新陳代謝を促進し、ダメージを受けた細胞を新しい細胞に入れ替えるために重要な役割を果たします。

亜鉛が不足すると皮膚炎や脱毛、傷の治りが遅くなることが確認されています。
亜鉛は非常に不足しやすい上に吸収率が1~3割と低いため、魚貝類やレバー、牛肉、卵などを多く食べるようにしましょう。

充分な睡眠には新陳代謝を促進させる効果あり

頭皮の日焼けを回復するには、睡眠もとても大切です。
睡眠中に分泌される成長ホルモンは、細胞や皮膚の新陳代謝を促進する作用があります。
充分睡眠を取った翌朝は肌が生き生きしていますが、これが成長ホルモンの働きです。

また成長ホルモンには細胞修復作用もあるので、日焼けでダメージを受けた頭皮細胞の修復を早めてくれます。

さらに質の良い睡眠は副交感神経を活発化し、これがダメージの回復を促進させると考えられています。
交感神経が常に優位になっている人は、傷の治りが悪いといわれます。
交感神経には白血球を増やす働きがあり、白血球の中の顆粒球には組織の破壊や炎症を抑える役割があるのですが、増えすぎると逆に組織を破壊します。

副交感神経は白血球の中のリンパ球の司令塔で、リンパ球は免疫力をアップする働きがあるため、熟睡して副交感神経が優位になると日焼けも治りやすくなると考えられます。

男性も油断は禁物です!

dansei

紫外線ケアは女性だけがするもののように考えられがちですが、当然男性も紫外線を受けますから、油断は禁物です。

意外!?実は男性の方が紫外線の影響を受けやすい!

男性は女性ほど紫外線ケアをしません。
しかも短髪の人が多いため、頭皮が紫外線の影響を直接受けやすくなっています。
さらにアウトドアスポーツ、レジャーなどで炎天下に長時間いることも女性以上です。

男性には「色が黒いほうが男らしい」という思いがあることが多く、日焼けをむしろ好むところもあり、日焼けサロンに行ってまで肌を焼こうとする人もいます。
しかし、日焼けは皮膚表面だけでなく奥の細胞にもダメージを与えるため、加齢とともに一気にその弊害が出てきてしまいます。

また、男性のほうが脂性肌が多く、頭皮も皮脂過剰になっていることが多いものです。
その肌が紫外線を浴びると皮脂が酸化し、臭いの原因となります。
また、酸化した皮脂は粘着力が高くなり、汚れやほこりが付着しやすくなりますし、角質層が自然には剥がれにくくなるため、大きなフケを発生させることもあります。

また、紫外線によって活性酸素が発生するため毛母細胞がダメージを受け、抜け毛になりやすくなるのです。

紫外線でダメージを受けた頭皮に育毛剤をつけても、あまり効果は期待できません。
抜け毛を防ぐためには、紫外線から頭皮を守ることもとても重要なのです。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント