片側だけに生える白髪が気になる人必見!白髪が生える場所と脳の意外な関係とは!?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪の場所と原因 > 片側だけに生える白髪が気になる人必見!白髪が生える場所と脳の意外な関係とは!?
nou
片側だけに生える白髪が気になる人必見!白髪が生える場所と脳の意外な関係とは!?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
片側だけに生える白髪の問題点とは?

白髪の生える位置は人によって違います。
全体的に生える人もいれば、ある一部分だけの人、そして片側だけに生える人もいます。
染めるという点で考えれば、片側だけというのは楽でいいな、という気がしますが、「片側だけ」というのは身体がいびつだということにつながります。

例えば、肩こりでも片方がより凝っていることが多いですよね。
白髪が片側だけ、というのも何か問題があるのでしょうか。

白髪の原因とメカニズム

まずは、白髪が生えてくるメカニズムをおさらいしましょう。
「加齢」とはよくいいますが、20代で生えてくる人もいますから、他にも原因があるはずです。

黒髪を白髪へと変えてしまう主な原因

髪の研究はまだ歴史が浅く、さらに白髪となると盛んになってきたのはこの10~20年です。
そのためまだまだ不明な点が多いのですが、現在主な原因と考えられているのは以下のことです。

①加齢

karei

年を取るにつれどうしても細胞は老化してきますから、髪の色素を作り髪に供給するメラノサイトという細胞の働きが悪くなり、白髪が増えてきます。
ただしこれは人によってかなり年齢差があり、平均すると34~35歳位が白髪発生年齢とされていますが、50歳を過ぎてもほとんど黒髪の人もいます。

②遺伝

特に若白髪は遺伝が大きいといわれています。
元々メラニン色素が作られにくかったり、作ってもメラノサイトが髪に供給できなかったり、といった体質が遺伝する可能性があると考えられています。

しかし、例え全く同じ遺伝子を持つ一卵性双生児でも、環境が違うと白髪の発生年齢も違うことがわかっており、遺伝がすべての原因ではありません。

③食生活

最も大きい原因の一つが、食の偏りです。
髪はタンパク質でできていますが、食事から摂取したタンパク質は一度アミノ酸に分解され、その後髪に適したタンパク質に再合成されます。

髪のタンパク質はケラチンタンパク質といい、18種類のアミノ酸からできています。
このうち1種類でも不足すると、髪の毛を作ることができません。
また、ビタミンやミネラルが不足していると、いくら多くのタンパク質を摂ってもケラチンタンパク質に変化させることができないため、薄毛の原因となります。

さらに、細胞自体がタンパク質でできているため、アミノ酸やビタミン、ミネラルが不足するとメラノサイト細胞が正常な働きをできなくなるため、白髪が生えてきてしまいます。

五大栄養素の炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルはそれぞれが独立している訳ではなく、渾然一体となって健康を維持するために使われています。

また、特にビタミンやミネラルはストレスに対処したりアルコール毒素を排出したりするために、大量に消費されてしまいます。
栄養素が不足すると末端組織である髪の毛や爪の成長に必要な分の栄養素が回ってこなくなるため、白髪の原因になるのです。

④生活習慣

inshu

生活習慣で最も白髪の原因となるのは、過剰飲酒と喫煙です。
少量のアルコールは副交感神経を活発化し、血流をよくする働きがありますから、白髪予防には効果的だといわれています。

しかし、酔うほどに飲むと酔いが覚めた時に交感神経が優位になり、眠りが浅くなったり不眠になったりするため、内臓の疲労が取れず段々全身に栄養をうまく送れなくなってくるため、メラノサイトが機能不全を起こします。

次の項で説明しますが、睡眠時に分泌される成長ホルモンの量が少なくなるため、髪の成長にも影響を及ぼします。

また、喫煙もニコチンが交感神経を活発化させるといわれています。
交感神経が活発化すると全身が緊張し、血管が収縮するため血行が悪くなり、白髪の原因になると考えられています。

⑤ストレス

ストレスは生きている限りなくならないものですが、これが白髪の大きな原因となります。
人間はストレスに会った時、交感神経を活発化させてストレスと闘おうとする本能があります。

すると全身が緊張状態になり、血管も収縮するため血行が悪くなり、メラノサイトや毛母細胞に栄養素や酸素が届きにくくなります。
栄養不足の上に酸欠状態になるため、細胞にも大きな影響が出てしまうのです。

白髪の原因が一つだけということはあまりなく、例えば遺伝に生活習慣や食生活、ストレスなどの問題が重なることで白髪になりやすくなります。

白髪が生える基本的なメカニズム

白髪が生える直接のメカニズムは、以下の4つが主なものです。

①メラニン色素の原料不足

メラニン色素は、チロシンというアミノ酸から作られます。
非必須アミノ酸なのですが、必須アミノ酸のフェニルアラニンから作られるため、フェニルアラニンが不足すれば必然的にチロシンも不足します。
すると髪の色素の素がなくなるので、色がつかないまま髪が生えてくるのです。

②メラニン色素の活動の場であるメラノサイトの活動不全

メラノサイトは色素形成細胞で、この細胞の中でメラニン色素は作られ、毛母細胞と呼ばれる髪の素に色素を提供しています。

しかしこのメラノサイトが加齢や栄養不足などによって正常に働かなくなると、チロシンをメラニン色素に変化させる酵素のチロシナーゼが減ってしまう、あるいはメラニン色素が作られていても毛母細胞に供給できなくなるため、やはり白髪で生えてきてしまいます。

③成長ホルモンの分泌不足

成長ホルモンは子供のためだけにあるホルモンではなく、成長後も少ないながら分泌されています。
このホルモンには新陳代謝を促す働きがあり、髪や皮膚の健康を維持するために大切なものです。

しかし成長ホルモンは分泌される時間帯が決まっています。
夜入眠後すぐにノンレム睡眠に入り、熟睡している3時間ほどの間に多く分泌されることがわかっています。
そのため、寝つきが悪かったり眠りが浅かったりすると十分な成長ホルモンが分泌されないため、毛母細胞やメラノサイトの新陳代謝がうまくできず、白髪の原因となります。

④過酸化水素(ブリーチ剤)の頭皮蓄積

過酸化水素が白髪の原因であるというのは、英国のブラッドフォード大学生物医学部による研究で2009年に発表され、以来メラノサイトやメラニン色素の活動不全と同様の原因と考えられるようになりました。
参考:http://www.fasebj.org/content/23/7/2065.abstract

過酸化水素とは、いわゆる酸素系漂白剤のことです。
ヘアカラーの2剤にはこの過酸化水素が配合されていて、白髪を染める時に元の髪の色を脱色します。

白髪染めにブリーチ剤が入っているというと驚く方が多いのですが、染まった白髪と元の髪の色の段差が出ないよう、少し脱色することが必要なのです。
ブリーチ剤は明るい色ほど大量に入っているので、それだけ蓄積されやすくなります。

また、過酸化水素は「活性酸素」の一種です。
食品の場合、紅茶やウーロン茶、コーヒーを摂取すると過酸化水素が多く発生します。

さらに、日本では過酸化水素を食品に使用する場合、必ず販売前には100%除去しなくてはいけないという法律がありますが、海外ではまだ使用している国があります。
それを日常的に摂取していると、過酸化水素が体内にどんどん蓄積してしまいます。

白髪の場所と脳の関係性

nou

このような一般的な原因は白髪全般に対していえることですが、それだけでは説明がつかないことがあります。

「片側の白髪ばかり増える」「一か所に固まって生えている」という場合、その場所だけメラノサイトやメラニン色素の活動が不全になったり栄養不足になったりするということは、何かほかの原因がなくては考えにくいですね。

そこで最近いわれるようになったのが、脳の使い方と白髪の関係です。

脳を使うと白髪が増える?

「脳を使うと白髪が増える」という理論は、荒唐無稽なようで実は的を得ています。
脳を使うということは血流が増え活性化することですから、白髪とは縁がないようにも感じます。

ところが、脳を使うには酸素が必要です。
脳に十分に送り込むには運動で酸素を取り込むことが必要ですが、最近は多くの人が運動不足の上、呼吸が浅くなっています。

少ない酸素を脳が使ってしまうため、頭皮の細胞は酸欠状態になり栄養が不足して、白髪になりやすいのです。

また、脳を使うということはストレスにつながります。
眠っている間でさえレム睡眠時は脳は起きていますから、疲労も溜まりやすくなっています。
すると血行が悪くなるため、毛母細胞やメラノサイトに栄養が届きにくくなるのです。

脳の使い方によって白髪が生える場所が変わる!?

全く意識していませんが、私たちの脳は左右が同じ働きをしている訳ではありません。
左脳の役割は理論・分析・計算力などを司り、右脳は五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)による感性や知覚を司るといわれます。

例えば、右脳で目の前にあるものを捉え、それを左脳で分析する、といったことを私たちは毎日無意識のうちにやっているのです。
そのため、どちらか片方の脳をより多く働かせると、頭部に回って来た栄養が脳に使われてしまい、そちら側の頭皮や髪に栄養が回らなくなる、という説があります。

一般的には右側に白髪が生える人が多い

一般的には、左側より右側に白髪が生える人が多いといわれています。
普段の生活の中でより多く使われるのが右脳といわれており、そのため右側に白髪が生える人が多いと考えられます。

ただしこれには医学的根拠はないため、正しいかどうかはわかっていません。
脳科学の常識で考えると、左脳と右脳は連結しているため、どちらか片方だけ多く使うということはあり得ない、という意見もあります。

片側に白髪が生える脳の使い方以外の原因

脳と白髪が関係ないとしたら、他に考えられる原因は何でしょうか。

無意識に同じ場所を触ってしまうクセ

kuse

考え事をしている時に無意識に髪の中に指を入れてしまったり、同じ場所を触ってしまったりするクセはありませんか?
またはつい髪がじゃまで、かき上げるクセがありませんか?

手との摩擦が刺激になったり、汚れた指で頭皮に触れていると炎症を起こしたりして、それが原因で白髪ができることがあります。

あるいは、ストレスを抱えていると人間はつい髪に対して乱暴になりがちです。
軽く触る程度なら良いのですが、引っ張ったりかきむしったり。
そういった行為は大体において毎回同じ場所にしてしまうので、その部分の頭皮が常に引っ張られることになりますから、頭皮や細胞にダメージを与える場合があるのです。

長時間の車の運転等による紫外線の影響

車を長時間運転していると、日が当たるほうの腕だけ焼けて、冬になると粉が吹くほど乾燥するという人は多いものです。
この時、実は髪の毛もかなり日焼けをしています。

特に紫外線のUVAは窓を透過して髪や頭皮にまで届いてしまうため、右ハンドルの場合は右、左ハンドルの場合は左側の髪や頭皮が紫外線の影響を直接受けてしまいます。

紫外線は髪や頭皮のアミノ酸を破壊してしまい、タンパク質を変質させてしまいます。
すると髪内部のメラニン色素が分解され、髪が赤茶けたり白っぽくなったりしてきます。
また細胞をじわじわと老化させてしまうため、メラノサイトや毛母細胞が正常な働きをできなくなり、髪に色がつかなくなったり抜け毛の原因となるのです。

腎臓の不調や病気が原因という可能性も

byouki

髪の毛を作るのはタンパク質ですが、実は腎臓と大きな関係があります。
腎臓には血液の老廃物を排出したり造血刺激ホルモンを分泌したりする働きがあります。
ところが腎臓が不調になるとこれらの働きが弱まるため、血液が老廃物まみれになる、あるいは貧血を引き起こす原因となります。

老廃物まみれの血液はドロドロになり、血管の壁にへばりつくためどんどん血流が悪くなってしまいます。
また、造血されなければ血液の量自体が減ってしまう「腎性貧血」になります。
これは普通の貧血とは違うため、鉄剤を摂取しても効果はありません。

しかも、心臓はその少ない血液を全身に回すためにフル回転しますから、心臓にも負担がかかってしまいます。
さらに、髪の毛は生命の維持には必要のないものですから、血液をなかなか回してもらえなくなります。
これらによって、白髪や抜け毛が増えてしまうのです。

また、白髪を引き起こす病気はほかにもあります。
甲状腺ホルモンの分泌が低下する甲状腺機能低下症の場合、代謝能力が衰えることから細胞の新陳代謝が低下し、白髪や抜け毛の原因となることがあります。

また、葉酸やビタミンB12の不足によって起こる「巨赤芽球性貧血」「悪性貧血」でも白髪が増えることがあります。
これは、葉酸やビタミンB12がメラノサイトを活発化させたり血液を作ったりする働きがあるからです。

さらに、先天的あるいは後天的な「白斑」という疾病があります。
皮膚にメラニン色素がうまく定着できなくなる病気で、それが頭皮に起こると髪も白くなってしまいます。

身体の歪みによる血流の悪化には要注意!

これらのことに思い当たることがない場合、身体が歪んでいないかチェックしてみてください。
大抵の場合、左右で手足の長さは若干違いますし、いつも同じほうの肩にショルダーバッグを掛けている、頬杖をつくのはいつも左側など、その人ごとのクセがあります。
一回ごとは短時間でも、それを毎日にように続けているといつの間にか身体は歪んできます。

鏡の前で自然に立ってみると、片方の肩が上がっていたり、左右どちらかに微妙に傾いたりしていませんか?
また女性は構造上骨盤が歪みやすくなっています。
こうしたちょっとしたことが、血流を悪くすることがあります。

身体や骨が歪むと、回りの筋肉が緊張しやすくなります。
すると血管を圧迫したり血管自体も緊張して硬くなったりしてしまうため、血流が悪くなってしまうのです。

さらに、筋肉は動くことで血液を全身に回す働きをしているため、筋肉が固まると血液も動きにくくなってしまい、緊張している側が白髪になりやすくなります。

また、肩こりも身体の歪みの一種です。
デスクワークやスマホの操作などで頭は常に前のめりになり、背骨が歪んで猫背になっています。
頭の重さは5キロ前後あるといわれていますが、それを首で支えなくてはならないため、肩にまで負担がかかってきて肩こりになるのです。

あるいは、スマホなどでゲームをする時、片方の手でずっとスマホを押さえていませんか?
するとそちら側の腕から肩の筋肉がずっと緊張しているため硬くなり、肩こりが起こるだけでなく血液が頭部に流れにくくなってしまいます。

こういったちょっとしたことの積み重ねが、白髪を引き起こす原因になる場合もあります。

白髪自体は細胞の老化という原因があるため、完全に避けることはほぼ不可能です。
しかし片側だけに生える場合、老化というより生活習慣や食生活の乱れによる機能不全が原因の場合が多いものです。

片側に白髪があまりないのであれば、まだ改善の余地はあります。
脳の働きを自分でコントロールすることはできませんが、日々の生活習慣を見直すだけでも変化が期待できますよ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント