同じ場所に生えてくる白髪は不調のサイン?部位別の原因を解説-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪の場所と原因 > 同じ場所に生えてくる白髪は不調のサイン?部位別の原因を解説
2016101015
同じ場所に生えてくる白髪は不調のサイン?部位別の原因を解説
  • facebook
  • twitter
  • LINE
まとまって生える白髪を発見したら・・・

白髪を見つけて抜いたら、その後また同じような場所に白髪発見ということ、結構ありますよね。「抜くと増えるって本当なのね」と考えがちですが、実は抜くと増えるというのは俗説で、何の根拠もありません。

では、なぜ?
徹底調査しました。

同じ場所に白髪が生える原因

生命の維持に関わらない髪の毛に関しては非常に研究が遅れており、絶対的な原因はまだ見つかっていません。
ただ白髪が生えるメカニズムから、いくつかの原因が有力とされています。

①一部分の色素細胞の能力が低下

髪の毛の元は「毛母細胞」と呼ばれる、毛の根元にある組織です。
毛母細胞は「毛乳頭」の周りを囲んでおり、毛乳頭は毛細血管から栄養をもらい、それを毛母細胞に与えています。

髪に色を付けるのが「メラノサイト」と呼ばれる色素形成細胞で、毛母細胞の間に存在しています。
メラノサイト内ではチロシナーゼなどの酵素やタンパク質が集まりメラニンを生成しており、メラノサイトがアメーバのように形を変えつつ、毛母細胞にメラニンを供給します。

メラニンは紫外線を防御する作用があるのですが、メラノサイト自体は紫外線の影響を非常に受けやすいことがわかっています。
紫外線は活性酸素を生み肌の老化を促進させるのですが、通常はメラニンが活性酸素を中和しています。

しかし、髪の分け目のように一年中直接紫外線を浴びている部位はメラニンの紫外線防御作用が追いつかず、メラノサイトを損傷させてしまいます。
すると色素を作る能力が衰え、白髪が生えやすくなると考えられています。

②免疫系の異常

メラノサイトが何らかの原因で消滅あるいは機能を停止する「尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)」という皮膚疾患があります。
マイケル・ジャクソンが罹っていた皮膚疾患ですが、これが頭皮の一部分に起こると、その部分の髪が白髪になることがあります。

原因は不明ですが、自己免疫疾患、遺伝、環境要因が組み合わさって発症することが多いとされています。

③メラニンがうまく毛母細胞に供給されない

メラノサイトでメラニン色素が作られると、それをメラノソームという貯蔵庫に入れて毛母細胞に受け渡します。
ところが、何らかの原因でこの受け渡しがうまく行かず、メラニンがあるにも関わらず髪に色がつかなくなることがあります。

「メラノレギュリン」という成分が、メラノソームを毛母細胞から引き離してしまうことがわかっており、同じ毛母細胞が分裂してできた毛髪はすべて白髪になる可能性があります。

現在東北大学を中心にこのメカニズムと治療法を研究中ですが、なぜメラノレギュリンが発生するか、は現在のところわかっていません。

④白髪を抜くと、同じ毛穴からはまた白髪が生える可能性が高い

健康な場合、1つの毛穴からは3~4本の髪が生えます。
髪の毛1本1本に毛乳頭・毛母細胞・メラノサイトがあり、1本の髪が白髪でも、隣の毛に直接影響はありません。
しかし実際に調べると、白髪を抜くと同じ毛穴からはまた白髪が生えやすいようです。

これは、抜くことによって回りの毛の毛母細胞や毛乳頭まで傷つけてしまうためではないかと考えられています。
特に白髪はメラノサイトやメラニンには問題があっても、毛母細胞自体は健康であることが多く、回りの細胞としっかりつながっています。
それを無理矢理抜いてしまうと、回りの毛乳頭やメラノサイトを傷つけてしまい、メラニンを作る機能が衰えてしまうからでしょう。

まとまった白髪は不調のサイン?部位別一覧表

このように、同じ場所に白髪が生えて来る直接の原因は、細胞に何らかのトラブルが発生していることによるものです、

そして、白髪の生える位置と体調を確認すると、位置によって同じような不調があることがわかってきました。

白髪の位置 不調の部位・症状
頭頂部 消化器系(胃潰瘍、消化不良)
頭頂部左 肝臓
頭頂部右 腎臓(むくみなど)
つむじ 肺・心臓
前頭部 肛門(痔・便秘)
額・こめかみ 目(眼精疲労)
耳の周り 歯・歯茎(虫歯・歯肉炎・歯槽膿漏)
後頭部 生殖器系(生理不順・不妊・精力減退など)

また、東洋医学の頭のツボはこのようになっており、ツボの位置と不調の臓器は上の表とかなり近いことがわかります。

頭のツボ1頭のツボ2

必ず関連性があるとは限りませんが、思い当たることはありませんか?

右脳派、左脳派?職業による生え方の違い

白髪が生えている人の位置を確認すると、職業によってどちらに多く生えるか、という傾向があります。

白髪の位置 脳の働き 職業
右脳側 ・視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚(五感)
・直観力、空間認知力
・総合的
音楽家・デザイナーなど
(芸術関係)
左脳側 ・視覚・聴覚
・分析力、言語力、推理力、計算力
・論理的
税理士・会計士・経理など
(数字を扱う仕事)

このことから、普段よく使っている方の脳側が白髪になりやすいことがわかります。

最近の研究では、脳細胞は刺激を受けている限り減らない、衰えないとされていて、この結果を見る限りではその理論と合わないことになります。

考えられることは、元々の脳の働きを酷使することによって、ストレスが溜まっているのが原因ではないかということです。
職業を見ると専門性の高いものばかりですから、脳細胞にかなりストレスが溜まり、右脳または左脳の頭皮の血行が悪くなっていることが想像できます

頭頂部に白髪が多い場合は紫外線の受けすぎも

頭頂部や分け目部分は、一年中紫外線を浴びています。
紫外線によって、まず乳頭細胞に栄養を与えている毛細血管が充血します。
そのまま浴びていると毛細血管が傷つき、血管が破れてしまいます。

また、同時に活性酸素が発生し、皮膚細胞のDNAを損傷し、真皮内にあるコラーゲンやエラスチンといった保湿作用のある成分も破壊してしまいます。
DNAが損傷すると、メラノサイトが記憶している髪色情報が壊されたり、メラニンが異常を起こしたりすることで、白髪になりやすくなるのです。
これを「光老化」といい、皮膚の老化現象です。

 

同じ場所に生える白髪の対処法

同じ場所に生える白髪は嫌なものではありますが、考えようによっては不調な部位がわかったり隠しやすかったりと、それなりに手の打ちようがあります。
その方法をまとめました。

白髪が生える場所別の対応方法

同じ場所に白髪が生える場合は、体調管理と髪型の両方から攻めましょう。

 

①栄養を摂って体調管理を

白髪の原因の多くは、栄養不足からです。
各臓器に十分な栄養が届き正常な働きができるようになれば、白髪の防止が期待できます。

  • 頭頂部(消化器系)

    胃腸が疲れている時は、消化の良いものを食べましょう。発酵食品はすでにタンパク質が分解されているため、消化吸収が楽で胃腸に負担がかかりません。また、消化器は冷たいものが苦手です。できるだけ温めて食べるようにすると消化力があがります。
    <お勧めの食材>
    ヨーグルト、味噌、納豆、豆腐

  • 頭頂部左(肝臓)

    肝臓は心臓と並んで最も重要な臓器といわれ、一日中負担がかかっています。そんな肝臓を正常に働かせるには、ビタミンA・C・E、亜鉛、セレン、タンパク質を十分摂りましょう。
    <お勧めの食材>
    (ビタミンA・βカロテン)レバー、うなぎ、ニンジン、かぼちゃなど
    (ビタミンC)じゃがいも、さつまいも、菜の花、カリフラワー、赤ピーマン、レモン、アセロラなど
    (ビタミンE)ナッツ類、植物油、うなぎ、あゆ、はまち、かぼちゃ、卵など
    (亜鉛)牡蠣、ほたて、蟹、レバー、牛肉、納豆、卵など
    (セレン)ほたて、うに、わかさぎ、かつお、いわし、ネギなど
    (タンパク質)肉類、大豆製品、卵、乳製品など

  • 頭頂部右(腎臓)

    腎臓は血液をろ過し、老廃物や有害物質を尿として排出する働きがあります。機能が衰えるとむくみがちになり、そのままにしていると毒素が体内に溜まり、尿毒症を引き起こします。塩分やカリウムの摂り過ぎは腎臓に負担をかけますので、ジャンクフードは控えましょう。利尿効果のあるカリウムを多く含むものがお勧めです。
    <お勧めの食材>
    シジミ、イワシ、かつお、ブリ、牡蠣、昆布、ヒジキ、ゴマ、キャベツ、豆類、ほうれん草

  • 前頭部(肛門)

    痔や便秘に良いのは、食物繊維と腸の善玉菌を増やすもの。便秘薬は常習性があり効き目が段々弱くなるので、使わないようにしてください。
    <お勧めの食材>
    海藻類、根菜、ヨーグルト、チーズ、納豆、味噌、プルーン、バナナ、オリーブオイル

  • 額・こめかみ(目)

    パソコンやスマホなどで、目は一日中酷使されています。眼精疲労やドライアイは全身の不調につながりますので、できるだけ目を休める時間を作りましょう。ビタミンA・B群、ビタミンE、亜鉛、アントシアニンを含むものを積極的に摂りましょう。
    <お勧めの食材>
    カシス、ブルーベリー、レバー、うなぎ、豚肉、鶏肉、大豆、ごま、卵、チーズ、ナッツ類、植物油など

  • 耳の周り(歯)

    歯を健康にする秘訣の一つは、よく噛んで食べることです。唾液には超初期の虫歯を修復する作用がありますし、よく噛むことで歯茎に刺激が行き、血行がよくなります。ビタミンCには歯茎の出血を予防する働きがあり、カルシウムは歯を健康に保ちます。炭酸飲料は歯を溶かしばい菌を増殖させてしまいますので、炭酸飲料を飲んだ時はすぐ歯を磨くようにしましょう。
    <お勧めの食材>
    ミカン、オレンジ、りんご、ミルク、チーズなど

  • 後頭部(生殖器系)

    女性特有の悩みに最もお勧めなのが、イソフラボンです。女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があるため、生理不順や生理痛に効果が期待できます。また、女性の生殖器系はその配置から元々血行が悪くなりがちです。体が温まる食材を摂るようにしてください。
    <お勧めの食材>
    大豆製品(味噌、豆腐、納豆、油揚げ、きなこなど)、乾燥(粉末)生姜、旬の根菜など

食事と併せて、白髪の多い部分を指圧すると良いでしょう。
その部分が不調のある内臓のツボでもありますから、指圧によって内臓の働きが正常になり、さらに白髪が減ることが期待できます。

 

②髪型でうまく隠す

白髪対策には栄養をしっかり摂ることが一番ですが、すぐには効果が出ないもの。
それまでの間は髪型でうまく隠しましょう。

・頭頂部・つむじ
つむじ部分の毛をふんわり持ち上げて、つむじや頭頂部をさりげなく隠す方法や、横の毛を流して白髪部分が見えないようにする髪型なら目立ちません。

・前頭部・額・こめかみ
前髪を多めに取って、さりげなく隠すのがお勧め。
重くならないよう、梳いてもらうと柔らかさも出ます。

白髪は、実はパーマをかけたほうがごまかしやすいのです。光が乱反射するので白髪がはっきり見えなくなりますし、髪が絡み合う状態になるので白髪がピンと立ちにくくなるからです。

しかし、パーマ液が白髪の原因になることもありますので、かける時は根元からかけず、中間からかけるようにしましょう。

また、カラーリングしてしまうのも手です。
髪が傷まないトリートメントタイプのものなら安心ですし、シャンプーの後すぐ使用できるので手軽です。

分け目は定期的に変えて頭皮の負担を軽減

いつも同じ分け目にしている方が多いと思いますが、同じ場所がずっと紫外線を浴びていると、その部分がダメージを受けてしまいます。
分け目は定期的に変えて、一部だけに負担がかからないようにしましょう。

紫外線は夏と思いがちですが、実際には5月から9月頃までがピークです。
また、曇りの日でも快晴時の6割程度の量があるため、油断大敵です。
特にピークの時期は日傘や帽子で頭皮を紫外線から守りましょう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント