白髪染めをしてもすぐに目立つ根元や生え際の白髪にはカラートリートメントがお勧め!-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染め > 白髪染めをしてもすぐに目立つ根元や生え際の白髪にはカラートリートメントがお勧め!
nayami
白髪染めをしてもすぐに目立つ根元や生え際の白髪にはカラートリートメントがお勧め!
  • facebook
  • twitter
  • LINE
根元や生え際の白髪にはカラートリートメント!

白髪染めをしたあと、最初に白髪が目立ってくるのが顔の回りの生え際や髪の分け目の根元ですよね。
白髪といえど髪は生きているのですから、伸びてくるのは仕方ないとはいえ、「なんで伸びてくるの!」と腹立たしくなってしまいます。
しかし白髪染めで染め直すことを繰り返すと、髪にも頭皮にも良くありません。

カラートリートメントでリタッチしませんか?

白髪染めの手間に悩んでいませんか?

nayami

髪を染めるのは本当に手間がかかります。
ファッションカラーなら染める楽しみがありますから我慢できますが、白髪染めとなると面倒だという気持ちのほうが大きくなってしまいますよね。
でも染めないでいるともっと気分が悪いし、本当に悩ましい問題です。

根元や生え際の白髪は2週間程度で目立ち始める

髪は1日に約0.3~0.5ミリ伸びるといわれていますから、2週間もすると4~7ミリ白い部分が根元から出ることになります。
隠れている部分はまだしも、分け目や顔の回りは人の目につきやすいだけに、とても目立ってしまいます。

しかも分け目の場合、左右それぞれが5ミリ白髪だとしたら、見た目1センチ白髪になることになりますから、とてもはっきりしてしまいます。

さらに顔の回りは毎日何度も行なう洗顔で染料が落ちやすいので、ほかの部分以上に退色も進んでしまうのです。

髪や頭皮への影響を考えると頻繁には染められない

白髪が目立ってきたからといって、あまり頻繁に染めるのは良くありません。
生えてきたばかりの白髪は、色はついていないとはいえとても健康で、キューティクルがしっかり閉じています。

しかし白髪染めはそのキューティクルをアルカリ剤でわざわざこじ開けて染毛料をしみ込ませ、過酸化水素(ブリーチ剤)で残っている黒髪のメラニン色素を破壊して染めますから、一度染めただけでかなりダメージを受けます。

しかもリタッチの場合、根元の白髪部分だけをきっちり塗ることはできませんから、すでに傷んだ部分に再度塗ることになります。
過酸化水素は髪を酸化させる働きが強く、使用を続けるとさらに髪の内部が損傷を受けてしまいます。

また、1か月もすると段々染めた部分が退色し始めます。
これは、2剤式の白髪染めやファッションカラーに使われている酸化染料が、紫外線によって少しずつ分解するという性質があるからです。

そうなると1~2か月に一度は再度全部分の染め直しをしなくてはいけませんから、髪はボロボロになってしまい、最後には髪が溶けてしまうこともあるのです。

さらに、頭皮にも深刻な影響が出ます。
染毛剤を塗って、頭皮がちょっとひりついたりかゆみを覚えたりしたことは誰にでもあると思います。
これは、成分のアルカリ剤、酸化染料、過酸化水素が肌に刺激を与える成分だからです。

頭皮は弱酸性ですから、アルカリ剤は刺激物です。
特に最近主流になってきた刺激臭のないヘアカラー剤は、このアルカリ剤にアンモニアではなくモノエタノールアミンを使用していますが、モノエタノールアミンはアンモニア以上に髪に残留しやすく、頭皮にずっと刺激を与え続けます。

酸化染料はアレルギーを起こしやすい成分で、特にどの白髪染めにも必ず配合されるパラフェニレンジアミンという染料は発がん性もあることがわかっており、EU諸国ではすでに使用が禁止されているほどです。
日本でも旧表示指定成分になっていて、毛穴から入り込んでアレルゲンとなります。

ある日突然頭皮がただれたり炎症を起こしたり、ひどい場合は呼吸困難や昏睡状態になり、アナフィラキシーショックで死亡した例も確認されています。

過酸化水素は3%前後に薄めたものがオキシドールとして販売されていますが、皮膚に炎症を起こさせたり水分を奪ってしまったりする薬剤です。
6%以上の濃度は劇物指定されているほど危険ですが、白髪染めにはブリーチ剤として配合されており、色が明るくなると6%に限りなく近い濃度配合されているといいます。

こんな薬剤を髪と頭皮に塗って20~30分も放置するのですから、何度も使用していると頭皮にも大変なダメージを与えてしまうのです。

一般的な根元や生え際の白髪対策のメリットとデメリット

meritto-demeritto

これほど危険な成分オンパレードの2剤式白髪染めは、できるだけ使用回数を減らすに越したことはありません。
しかし、代わりにどうしたらいいかというと、なかなか良いものが見つかりません。

美容院でのリタッチは綺麗になるがお金が掛かる

市販の白髪染めはどんな髪質でもきれいに染まるよう、各薬剤を強力にしてあります。
健康な髪、太くて多い髪でもしっかり染まりますが、その分髪と頭皮が傷みやすくなります。

その点、美容院ならその人ごとの髪質や傷み具合をチェックして薬剤の調合を変えてくれるので、市販製品で染めるよりははるかにダメージが少なくなります。
色が入りやすい部分と入りにくい部分で濃度や配合を変え、塗る順番も染まりにくい部分から始めるなどのテクニックがあるので、染まりやすく傷みも最小限に抑えられるのです。

しかし、問題は料金です。
美容院によって違いますが、通常シャンプーやブロー料金が加わり、全部染め直す場合8,000円前後、根元から数ミリのリタッチでも5,000円以上するところが多いようです。
全染めとリタッチで月1万円以上というのは大きいですよね。

白髪隠しは簡単だが白髪が染まらず色落ちも心配

次回染めるまでの間は白髪隠しでごまかす、という手もあります。
以前は口紅タイプやマスカラタイプばかりでしたが、最近はフェルトペンタイプ、筆タイプ、おしろいタイプなどタイプが増え、とても使いやすくなっています。

しかし、これらのほとんどは一時的に白髪をコーティングするだけですから、染まる訳ではありません。
シャンプーで落ちることがメリットのように書かれているのですが、白髪を染める者にとっては、染まってくれないというのはデメリットでしかありませんよね。

また、シャンプーで簡単に落ちるということは髪への吸着力も弱いということで、汗や雨で色落ちして服が染まってしまう、黒っぽい汗が垂れて来たといったことが起こります。

さらに、容量が少ない割に値段が高く、根元部分だけに使用するとはいえ使い続けるのは厳しい製品です。

根元や生え際の白髪対策にカラートリートメントがお勧めな理由

osusume

白髪を染めるという分野に新しく登場したのが、ヘアカラートリートメントです。
最初のカラートリートメントである利尻ヘアカラートリートメントが発売されたのが2009年ですから、白髪染めが100年以上の歴史があるのに比べると約10分の1です。

しかし、現在カラートリートメント市場は大盛況で、50種類以上も販売されています。
その人気の秘密は何でしょうか。

地肌に付いても安全なので塗り難い場所でも安心して塗れる

カラートリートメントは、2剤式白髪染めで髪や頭皮を傷めた人やアレルギーを発症してしまった人から徐々に人気が広まりました。
最初の頃は白髪染めに比べるとかなり染まりが悪く色落ちも早かったのですが、それでも二度と白髪を染められないと悩んでいた人にとっては救世主でした。

その後各社とも研究を重ね、現在人気のある製品はどれもかなりよく染まるようになりました。
現在ほとんどのカラートリートメントが使用しているのはHC染料と塩基性染料というもので、2剤式白髪染めの酸化染料に比べるとはるかに刺激が弱くなっています。

その分一度ではしっかり染まらないというデメリットもありますが、時間を長く置くほどよく染まります。
カラートリートメントは刺激性の高いアルカリ剤や過酸化水素も配合していないので、1時間以上放置しても安心なのです。

また、白髪を自分で染めるとどうしてもうまく塗れない部分があり、液の量も全体を均一にするのは難しいです。
特に顔の回りや根元が目立つ分け目にはたっぷり塗りたいものですが、安全性の高い成分で作られているので、厚塗りになってしまっても心配する必要はありません。

さらに、髪と頭皮への成分も強化されています。
痩せてしまった髪を補強する、あるいは剥がれたキューティクルの代わりに髪を保護する成分や、頭皮の血行を良くしたり皮脂量をコントロールしたりする成分が配合されているものがたくさんありますから、髪と頭皮の健康をサポートしてくれます。

リタッチでも全体染めでもどちらにでも使える

カラートリートメントは2剤式白髪染めと違い薬剤を混ぜる必要がなく、チューブやボトルからクリームを出して塗るだけ。
全体染めにもリタッチにも両方使用できますし、余ったら次回使用できるので、無駄がありません。

さらに、酸化染料のように紫外線による退色が激しいと、薄くなるというより色が褪せるため、白髪部分だけのリタッチ部分と微妙に色合いが違ってしまい、不自然です。
しかしカラートリートメントはシャンプーによる自然な退色と、白髪部分の自然な染め上がりがマッチし、違和感がほとんど出ません。

シャンプー後に使うタイプであれば、週1~2回シャンプー後にトリートメントとして5~15分使用すれば、ずっと同じ色合いをキープできるのです。

美容院や白髪隠しよりもコストパフォーマンスが高い

技術のある美容師に施術してもらえば、髪をあまり傷めずとてもきれいに染めることは可能です。
しかしどれほど技術があっても、まだ生えていない白髪までは染めてくれませんよね。
ということは、2~3週間もすればまた白髪が目立ち、染めてもらわなければならなくなりますから、結構な額がかかります。

安く上げるにはヘアカラー専門店がありますが、その分デメリットも多くなります。
きちんとした専門店であれば薬剤の質は悪くありませんが、安く上げるために手が空いた美容師が何人もかかって一人の客の髪を染めるところが大半です。

施術者が全員同じ技術レベルということはないので、ある人が塗った部分は色落ちしたり傷んだりしやすい、といったことが起こりがちなのです。

一方、白髪隠しは1,000~3,000円前後するものが多く、たまに使うのであればとても便利ですが、毎日使用するとなると1か月持たないものがほとんどなので、コスパがあまり良くありません。
しかも自分で塗れる部分しか隠せないので、後頭部の白髪が丸見えといったことがありがちです。

カラートリートメントの場合、1本が2,000~3,000円前後しますが、平均して1本で1.5~2か月使用できます。

良質なものは色持ちが良いので染める回数が少なくなりますし、キャンペーンやまとめ買い・定期購入割引などがあり、例えば利尻ヘアカラートリートメントなら月間コストが1,100円程度です。
それで白髪すべてが目立たなくなるので、美容院や白髪隠しよりずっとお得です。

カラートリートメントで根元や生え際を綺麗に染めるコツ

someru

カラートリートメントに限りませんが、根元や生え際はうまく染まらないことが多いですね。
実は、この位置は染まりやすく染まりにくいという微妙な場所なのです。

染まりやすいというのは
・肌に触れている部分なので毛先より温度が高く、キューティクルが開きやすいため染料が入り込みやすい
という性質があるからで、

染まりにくいというのは
・生えたばかりなのでダメージが少なく、キューティクルがしっかり閉じていて染料が入り込みにくい
・顔や頭皮の脂が付きやすい位置なので、染料を弾いてしまう
からなのです。

また、これは人によりますが、老眼が進んでくると細かい部分が見えにくくなって髪と肌の境がよくわからなくなるため、塗り残しが出やすいというのもあります。
さらに、きれいに染まっても顔を洗う際に洗顔料がつきやすく、かつすすぎ残しやすい場所なので、色持ちも一番悪い場所なのです。

こういうやっかいな場所をきれいに染めるためには、ちょっとした工夫が必要です。

シャンプー後ではなく乾いた髪に使用する

カラートリートメントにはシャンプー後専用のものもありますが、特に最初は染まりにくいので、できればシャンプー前の乾いた髪に使用できるものを選びましょう。

髪のキューティクルは暖まったり水分を含んだりすると開くという働きがあるので、シャンプー後の髪は染料が入りやすくなっています。
しかし髪に残った水分や汗が染料を薄めてしまったり垂れやすくなったりするので、かなりしっかりタオルドライしないと一度ではきれいに染まりません。

シャンプー前の髪はキューティクルは閉じていますが、染料が薄まらないので濃く染めることができます。
また、髪が乾いていると塗ったか塗らないかが手触りではっきりわかるので、塗り残しやムラが出にくくなります。

手で直接塗るのではなくクシやブラシを使う

カラートリートメントは、直接手で髪に塗るのが基本です。
しかし手で塗ると全体に塗れるのは良いのですが、根元や生え際をしっかり塗るには不向きです。
クシやブラシを使用し、塗り残しのないよう丁寧に伸ばしてください。

盛るような気持ちでたっぷり塗る

ちょっと贅沢な方法ですが、根元や生え際をクシやブラシで塗った後、さらに上からトリートメントを盛るようにすると完璧です。
生え際の短い毛はどうしてもツンと立ってしまうことが多く染料が十分つかないことがあるので、髪の毛が見えなくなるくらいたっぷり塗るとしっかり染まります。

放置時間を長くするか、塗った状態で温める

初めての場合は、説明書に書かれている時間より長めに放置しましょう。
これまで白髪染めでしっかり染めるのに時間がかかったという人は、カラートリートメントではさらに染まりにくいことが多いようです。

染めるのに時間がかかる髪というのはキューティクルの層が厚い、またはしっかり閉じている健康な髪であることが多く、染料が入り込みにくいので時間がかかるのです。
30分と書かれていたら、45分~1時間程度放置してみましょう。

また、キューティクルを開いて染料が入り込みやすくしてあげましょう。
塗布した後シャワーキャップのほか保温キャップ、蒸しタオル、ドライヤーなどで髪を温めることでキューティクルが良く開き、染料が入り込みやすくなりますので、より早くしっかり染まります。

まとめ

白髪は、根元までしっかり染めないと老けた感じを与えたり、生活感がにじみ出てしまったりします。
いつまでも若く美しくありたい女性は、根元や生え際にこそこだわるべきです。

髪や頭皮にダメージを与えないことを最優先に

yuusen

髪が伸び続ける限り白髪も伸びますから、できるだけ手軽で経済的な方法を取りたいものです。
市販の2剤式白髪染めの中には500円以下で買えるものもあり、ドラッグストアで見つけるとついつい買いたくなってしまいますよね。

しかしそれで髪や頭皮にダメージを与えてしまっては、髪が生えなくなったり細くなったりしてしまい、地肌が見えてより老けた感じを与えてしまいます。

信頼のおけるメーカーのヘアトリートメントなら、髪と頭皮にダメージを与えないだけでなく、頭皮環境を改善するための成分がたっぷり配合されています。
使用し続けているうちに髪にハリやコシがよみがえり、根元が見えにくくなって白髪を染める回数が減った人も大勢います。

とはいえ、カラートリートメントを数回使用し、2剤式の白髪染めのようにしっかり染まらないことに不満を感じ、また以前の白髪染めに戻ってしまう人も少なからずいます。
残念ながら現在のカラーリング技術では、しっかり染めることと髪と頭皮にやさしいことは両立できません。

しかし、2剤式の白髪染めはどんな高いテクニックを持った美容師に施術してもらっても、刺激を抑えた薬剤を使用しても、絶対に髪と頭皮にダメージを与えます。
その点、カラートリートメントは色持ちこそ白髪染めにはかないませんが、コツをつかめば白髪染めとほぼ変わらない程度までしっかり染めることも可能で、しかも髪と頭皮に刺激を与えません。

いつまでも美しく健康な髪と頭皮をキープできるよう、ぜひカラートリートメントを試していただきたいと思います。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント