白髪染めにはちょっと抵抗が・・・やっぱりヘアカラーで白髪は染まらないの?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染め > 白髪染めにはちょっと抵抗が・・・やっぱりヘアカラーで白髪は染まらないの?
haircolor
白髪染めにはちょっと抵抗が・・・やっぱりヘアカラーで白髪は染まらないの?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
ヘアカラーで白髪は染められるのか検証します!

いくらパッケージがおしゃれになっても、やっぱり全然違う白髪染めと「ファッションカラー」とも呼ばれるヘアカラー
大体、モデルさんからして片や落ち着いた年代の女性、もう片方は10~20代の少女っぽさが残る若いモデルさんですから、若い人ほど白髪染めを購入するのは抵抗がありますよね。

そこで、今回は「ヘアカラーは白髪染めの代わりになるか」検証します。

ヘアカラーは白髪染めとして使えるのか

haircolor

もしヘアカラーを白髪染めと同様に使えるのであれば、わざわざ種類を分ける必要はありませんよね。
種類が分かれているということは、やはり何かが違うということ。
ヘアカラーでは白髪は染まらないのでしょうか。

ヘアカラーで白髪を染めるとどうなるの?

試したことのある人はご存知だと思いますが、ヘアカラーで白髪を染めてもあまり染まりません。
ほんのり色づく程度で、黒髪の部分との差はそれほど縮まらないのです。
これは明るい色のヘアカラーを使用するほど顕著です。

ヘアカラーと白髪染めは基本的な仕組みは同じですが・・

なぜ白髪部分があまり染まらないかというと、成分の違いにあるのです。
白髪染めもヘアカラーも成分はあまり変わりませんが、各成分の配合量が全く違うのです。

白髪染めは、白い部分を染めることと、元の髪色との差が出ないように若干ブリーチすることが目的です。
白髪をブリーチする必要はないので、過酸化水素と呼ばれるブリーチ剤の配合量は少なめです。

ブリーチ剤は黒に近づくほど量が減り、逆に明るめの色はブリーチ剤が増えますが、白髪染めは元々それほど明るい色がないので、やはり少なめです。
白髪染めの成分の多くは染料のほうで、ヘアカラーに比べると非常に濃度が高くなっています。

それに対して、ヘアカラーは黒髪を脱色し、染料の発色を良くするのが目的です。
そのためブリーチ剤の配合量が多くなり、その分染料の量が減ります。

ブリーチがきれいにできれば、染料が少なくてもきれいに色が入るからです。
こちらも、明るい色ほどブリーチ剤の配合量が増えます。
金髪に近くなると、元の髪の色がほぼなくなるほどブリーチ剤が多くなります。

これでおわかりのように、ヘアカラーはブリーチが主体なので元の髪色は変化しますが、染料が少なめなので染める力が弱いのです。

ここで疑問に思うのが、染料が少ないなら脱色した髪もうまく染まらなくてもおかしくないのに、なぜ白髪だけうまく染まらないか、ということです。

これの理由の一つが、一般的なブラウン系のヘアカラーの場合、脱色するといっても明るい茶色系になる程度で真っ白になる訳ではないため、その上に染めるのと真っ白な白髪を染めるのとでは染まり具合に違いが出てしまうからです。

緑や紫など茶色系以外の色に染める場合は、非常にブリーチ力が強いので、白髪もそれなりに染まるはずです。

また、白髪は黒髪より太いことが資生堂などの研究でわかっています。
太いというのはキューティクルの層の重なり合っている部分が多いということで、染料が奥まで入り込みにくいのです。

さらに根元の白髪は毛先などに比べたらずっと健康ですから、キューティクルがしっかり閉じているため、やはりブリーチしにくいのです。

白髪染めでは明るい髪色に出来ない!?

akarui-kami

何となく原理はわかりましたでしょうか。
でも、白髪染めというと黒いというイメージがありますよね。
白髪染めで明るく染めることはできないのでしょうか。

未だに根強い「白髪染め」=黒くなる」という風潮

kurokami

確かに昔は白髪染め=黒でした。
茶髪を良しとしない時代背景がありましたから、黒ければ黒いほど良い、美しいという感覚があったのです。

しかし最近は白髪染めといってもかなり色が豊富になりました。
市販のものはブラウン系に限定されてしまいますが、明るめの栗色などもあり、カラーレベルも7~8段階になっていますから、ヘアカラーとそれほど変わらないほどの染め上がりが期待できるようになっています。

白髪まで綺麗に染めたいのなら白髪染めを

白髪を完全にわからなくさせたいのであれば、やはり白髪染めのほうをお勧めします。
ヘアカラーの場合、色が濃い目でも白髪染めほどは染料の濃度が高くないため、どうしても境目が出来たり白髪だけが薄くなったりして、目立ってしまうのです。

白髪染めの特徴は市販製品でもムラになりにくいことと、あまりきちんと塗れていない部分でもそれなりに染まることです。
塗布量が少ない部分はどうしても色落ちが早くなりますが、その部分だけがはっきりわかるほどではありません。

出来ればヘアカラーで何とかしたいんだけど・・・

tamesu

やっぱり白髪染めは恥ずかしい、ヘアカラーで何とかしたいという場合は、こんな方法を試してみてください。

チラホラ程度の白髪なら目立たなくすることは可能

白髪が全体の30%以下であれば、ヘアカラーでも大丈夫だという美容師もいますから、不可能ではありません。
しかし自分で染める場合は、髪型を工夫したり、アッシュ系を選んだりするテクニックが必要です。
アッシュ系は退色しても白髪が目立ちにくいので、美容院ではよく勧めています。

また、市販品の場合色が濃いほどブリーチ剤の配合量が減るので、出来るだけ濃いめのヘアカラーを使用するという方法もあります。
髪や頭皮のダメージを無視するのなら、白髪の部分だけ1~2週間に一度リタッチするようにすれば、白髪も気にならない程度にまで染まってきます。

髪の毛全体を明るくしたり、ハイライトという手も

白髪が目立つのは、回りの色が暗いからです。
そこから発想の転換をして、全体を明るめに染めるという手もあります。
ただ、中途半端な明るさだと白髪が目立たなくなるほどにはならない可能性もありますので、白髪が細い人や白髪の色が真っ白ではない人にお勧めします。

もう一つの方法として、元の髪色を変えるのではなく、グラデーションやハイライトで明るい色を差し色にするというテクニックがあります。
髪に透明感と動きが出て若々しく見える上、白髪が全く目立たなくなります。

外側にたっぷりめのハイライトを取ると、外側にかなり白髪があっても目立ちません。

こちらは、細めのハイライトを髪の内側にも入れています。どんな角度からも白髪が目立たなくなるので安心です。

こちらは、グラデーションとハイライトを両方入れたタイプです。

ハイライトは自分で入れることもできますが、量や位置の配分が難しいので、できれば美容院でやってもらいましょう。

髪や頭皮の保護を最優先に

白髪染めかヘアカラーか、で悩む気持ちはとてもよくわかります。
しかし髪や頭皮の傷み具合を考えると、どっちもどっち、どちらもダメージを与えることに変わりはありません。

ヘアカラーや白髪染めが髪や頭皮に与える影響

まず、髪の構造をご説明しましょう。
髪は三層に分かれていて、一番外側がキューティクル、真ん中がコルテックス、一番奥がメデュラといいます。

キューティクルは透明でうろこ状の層になっており、中のコルテックスを保護しています。
健康な髪ほどうろこの層が厚く、重なっている部分が多くなります。
逆に傷んでいると、開いたり剥がれたりしてしまいます。

真ん中のコルテックスは髪の90%近くを占めるケラチンタンパク質の集合体で、メラニン色素、水分、脂質などを含んでいます。
髪の色はコルテックスにあるメラニン色素の量や色合いによって決まります。

また、この部分の水分量が髪のしなやかさや太さ、強さなどを決めるため、水分が少ないとパサついたりゴワゴワになったり、細毛や切れ毛などの原因となります。

一番奥のメデュラは空気を含んだ細胞の集まりです。

髪を染める時には、アルカリ剤、酸化染料、過酸化水素(ブリーチ剤)を使用します。
アルカリ剤は髪を守っている表面のキューティクルを開かせる働きがあります。
その作用によって、酸化染料やブリーチ剤の浸透を良くするのです。

過酸化水素はコルテックスの内部にあるメラニン色素を破壊する役割があります。
それによって髪が漂白されます。
染める色が明るいほど過酸化水素の量が増え、多くのメラニン色素を破壊します。

酸化染料は、破壊されたメラニン色素の代わりとなって髪に色をつける成分です。
一つ一つの分子は小さいのですが、発色すると分子同士が結合し、キューティクルの隙間から出られなくなるため、色が定着します。

ここで問題になるのは、一度アルカリ剤で無理矢理開いたキューティクルは変質してしまい、染毛後きちんと閉じないということです。
閉じなければコルテックスに含まれる水分や脂質、タンパク質がどんどん逃げてしまいます。

白髪染めやヘアカラーで髪を染めると髪がダメージを受けるのは、キューティクルの変質が大きな原因なのです。

また、過酸化水素はいわゆるオキシドールや洗濯用漂白剤のことで、皮膚や髪のタンパク質を溶かす性質があるため、6%以上の配合は劇薬に指定されています。
そのため、ブリーチ力の強い明るめのヘアカラーでも6%ギリギリまでの配合ですが、長時間触れていれば皮膚への刺激は強くなります。

髪を染めている時にかゆみが出る原因の一つは、タンパク質が刺激を受けて接触性皮膚炎を起こしているからです。

また2009年には、過酸化水素が白髪を増やす大きな原因であるということが海外の研究でわかり、公表されました。

白髪染めやヘアカラーによって少しずつ体内に蓄積され、色素形成細胞のメラノサイトの機能を衰えさせ、メラニン色素を作れなくしてしまいます。
そのため、髪を染めれば染めるほど白髪を増やす結果になるのです。

そして最も問題なのが、酸化染料です。
酸化染料は一度で髪をきれいに染める力があるので大変便利なのですが、肌への影響が大変強いのです。
特に多くの白髪染めやヘアカラーに配合されているのは「パラフェニレンジアミン」で、これは旧表示指定成分になっている、アレルギーの原因となることが古くから知られている成分です。

白髪染めやヘアカラーの説明書に「必ずパッチテストを行ない、30分後と48時間後の2回チェックすること」と書かれていることからも、その危険性がわかります。
なぜ2回チェックするかというと、酸化染料は遅延型アレルギーを引き起こしやすく、特に塗布後48時間前後に最も発症しやすいからです。

またパラフェニレンジアミンのアレルギー作用は強く、海外ではアナフィラキシーショックで死亡した例もいくつか報告されています。
さらにEUでは発がん性が認められたとして、使用が禁止されています。

パラフェニレンジアミンは1863年にドイツ人によって発見され、日本には1907年に導入されました。
しかし日本人の髪は欧米人に比べるとキューティクルの層が薄く、コルテックスの量も少ないため比較的染まりやすく、パラフェニレンジアミンでは作用が強すぎるのです。

美容院ではこれらの染料や過酸化水素の配合を調整し、極力髪を傷めないよう努力していますが、市販の製品は誰がどうやってもうまく染まることが最重要ですから、薬剤が強くなります。
しかも白髪染めはヘアカラーに比べると酸化染料の濃度が高くなっているため、アレルギーを発症する可能性が高くなるのです。

パラフェニレンジアミン・アレルギーで最もやっかいなのは、分子構造が似たほかの化学物質に対しても反応が起きる「交叉(交差)反応」があることです。
その一つにゴムの老化防止剤がありますが、これはエスカレーターの手摺、接着剤、タイヤ、輪ゴム、手袋、球技用ボールなど至る所で使用されています。

またタール色素の一部とも交叉反応があり、それが配合された化粧品を使用して顔が膨れ上がったり水泡ができたりする危険性もあります。

パラフェニレンジアミンに一度でもアレルギー反応を起こしたら、白髪染めもヘアカラーも二度と使用できませんし、それ以外でも生活に非常に制限が出てしまいます。
これまでは何も問題がなかったとしても、一生起きないとは限りません。

このように、白髪染めやヘアカラーには高い危険性があるため、できるだけ使用は控えたほうが良いのです。

髪や頭皮を守るにはカラートリートメントがお勧めです

osusume

白髪は染めたいけれど、髪を傷めたりアレルギーになったりするのは嫌だと考えるなら、ヘアカラートリートメントの使用が一番です。

ヘアカラートリートメントは酸化染料ではなくHC染料と塩基性染料が使用されており、キューティクルを無理に開くアルカリ剤は配合されていません。
また過酸化水素も含まれていないので、ブリーチはできませんが接触性皮膚炎になる危険性がありませんし、白髪を増やす原因となることもありません。

元々、ヘアカラートリートメントは利尻ヘアカラートリートメントを製造販売する株式会社ピュールの社長である田中和江氏が、自身の肌が弱く白髪染めが使用できないことから研究を重ねて開発されたものです。
その後多くのメーカーが追従するようになりましたが、どれも髪や頭皮に優しいということをメインのコンセプトにしています。

メーカーによっては刺激性のある成分を若干配合しているものもありますが、白髪染めやヘアカラーほどではありません。

ただ、酸化染料を使用していないのでしっかり染まるとはいえませんし、色持ちも2~3週間で、白髪の伸び具合によっては週1~2回染めないといけません。
これまで白髪染めできれいに染まっていた人の中には、がっかりしてまた白髪染めに戻ってしまう人もいます。

また、ヘアカラートリートメントのHC染料はキューティクルの隙間に入り込んで分子の力で中に接着し、塩基性染料は髪の表面にプラスイオンで吸着します。

単に張り付いているだけなので、毎回のシャンプーで色落ちしますし、発色もそれほど良い訳ではありません。
元の髪色より明るくするには頻繁に染めなくてはならず、面倒なところもあります。

ですから、髪や頭皮を大切にし、アレルギーの危険性をできるだけ回避するならヘアカラートリートメント、とにかく早くきれいに染めたいという時には白髪染め、多少白髪が目立っても明るい色に染めたい時にはヘアカラーと使い分けると良いでしょう。

髪の毛や頭皮の健康はとても大切ですが、同様に髪の毛の色も女性にとっては重要です。
2~3か月に一度はしっかり染めて、リタッチはヘアカラートリートメントでカバーするなど、自分にとって一番良い方法を見つけてくださいね。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント