白髪染めはいつから使うべき?白髪染めを始めるタイミングと白髪染めの方法まとめ-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染め > 白髪染めはいつから使うべき?白髪染めを始めるタイミングと白髪染めの方法まとめ
taimingu
白髪染めはいつから使うべき?白髪染めを始めるタイミングと白髪染めの方法まとめ
  • facebook
  • twitter
  • LINE
白髪染めを始めるタイミングを詳しく解説!!

白髪染めを初めて使おうとする時には、決心が要りますよね。
若い頃から染めている人でも、「白髪染め」には抵抗があるようです。
しかし、そのまま放置しておくと人から指摘されることがありますし、何より鏡を見るのが嫌になってしまいます。

一般的に何歳くらいから、どんなタイミングで白髪染めを始めるのでしょうか。

白髪が生える平均年齢

heikin

白髪がいつから生えたか、という正式な統計はありません
本人が気づいていないだけで生えている場合もありますし、10センチくらい伸びているのを見つけたとしたら、1年ほど前から生えていることになります。
ですから、ここでの数字はあくまで参考にしてください。

白髪が生える平均年齢はいつ?男女差はあるの?

日本人の場合、男性が平均34歳、女性は35歳からといわれています。
しかし特に明確な根拠はないようです、というか、調べようがないですよね。
アメリカでの研究では、白人は30代半ば、アジア人は30代後半、アフリカ系アメリカ人(黒人)は40代半ば頃に白髪が生え始めるという結果になっています。
参考:http://www.webmd.com/beauty/features/abcs-premature-graying#1

女性の場合大体30歳が女性ホルモン分泌のピークで、そこから徐々に減ってきます。
女性ホルモンのエストロゲンには髪の健康を維持する働きがあるため、減少することによって白髪が増えやすくなります。

女性ホルモンは卵巣から作られますが、同時に作られているのが卵子です。
卵子は35歳頃から一気に量が減ってくることがわかっており、女性ホルモンの生成能力も同時に衰えてきます。

ここから考えても、女性の白髪は35歳前後からというのは正しいでしょう。

男性の場合、このような明確な原因と思われるものはありません。
しかし、仕事のストレスや食生活の乱れなどが重なることや、男性の体力や精力のピークは20代前半といわれていますから、生活が乱れているほど早く白髪が生えることは確かです。

近年は白髪の低年齢化が進んでいる!?

近年、10代どころか幼稚園児でも白髪が生えることがあるそうです。
この原因として考えられているのが、栄養不足です。
飽食の時代で好きなものをどんどん食べられるという状態が、栄養を無視した食生活につながっているといわれています。

髪は、毛穴の奥にある毛乳頭という部分が毛細血管から栄養を得ることによって作られていきます。
そのため、栄養が不足していると毛乳頭の機能が低下し、髪の毛の素となる毛母細胞や色素形成細胞メラノサイトにも十分な栄養が供給されなくなります。

その他、環境汚染やストレス、運動不足など、活性酸素を増加させ細胞を老化させる要素が現代にはあふれているのです。

白髪染め始めるタイミングはいつ?

男性は、薄毛は気にしても白髪に対してはそれほど意識が行かないようですが、女性の場合は大問題ですよね。

でも、「白髪染めを使う」というのは自分が老けたことを認めるようで、なかなか踏ん切りがつかないのも事実です。
多くの女性が白髪染めを始めるタイミングは、いつ頃なのでしょうか。

美容業界で白髪染めを使う目安とされているのは・・・

美容業界では、大体白髪が全体の30%程度になったら白髪染めを勧めることが多いようです。
もちろん、元の髪の色と白髪の色の差や生えている位置などにもよりますが、髪の色が元々明るい場合はヘアカラーでもそれほど違和感がありませんし、グラデーションやメッシュでカバーできることもあります。

逆に髪が黒くて直毛、ロングヘアの場合はどうしても目立ちやすくヘアカラーでは対処しきれないため、少なくても白髪染めを勧めることがあるようです。

基本的に気になり始めた時が白髪染めのタイミング

taimingu

リクルート(Beauty総研)が2014年に調査したところによると、白髪が気になり始めた年齢は女性が平均38.3歳、男性は37.4歳ですが、実際に白髪ケアを始めたのは女性が40.9歳、男性は40.6歳となっています。

また、ナガセビューティケアが2011年に調査したところでは、30代では髪の悩みの中で白髪は第4位、約34.0%ですが、40代になると62.0%、50代では69.0%とダントツトップになっています。

この結果から判断すると、30代後半になると白髪が気になり出すけれど、40代に入るまでは何とかがまんし、その後染め始める、という人が多いようです。

30代後半というと主婦は子育てが一段落し始めていますが、子供の学校との付き合いなどでなかなか自分のために時間を取れないのかもしれません。
会社員であればある程度責任のある立場にいますから、もう少し早くから染め始める人もいるようです。

気にしながらも2年近くケアしないということは、白髪染めをするまでにはある種の葛藤があるということなのでしょう。
しかし染めたほうが見た目が若くなりますから、気になり始めたら染めるのが良いタイミングといえます。

まだ少ないうちは普通のヘアカラーでも大丈夫

いきなり白髪染めは嫌だという場合、白髪が少なければヘアカラーでも十分対応できます。
ただヘアカラーでは白髪はあまり染まらないので、アッシュ系で白髪が目立たないようにするか、メッシュやグラデーションでごまかしてしまうのが一番良い方法です。

また、逆に全体を明るい色に染めると、白髪との差がわかりにくくなります。
栗色系なら白髪染めにもありますから、ヘアカラーから移行する時も違和感がありません。

ただ、ヘアカラーは白髪染め以上に髪が傷みます。
ブリーチ剤が多いため、髪や頭皮のタンパク質を溶かしてしまうのです。
しかし、白髪染めはブリーチ剤は少ないものの、逆に酸化染料が増えるため、髪へのダメージ以上に頭皮から経皮吸収されやすく、アレルギーの原因となります。

どちらも一長一短ですが、美容院で染めるようにすればダメージを最小限にすることが可能ですよ。

どのような白髪染めを使えばいいの?

gimon

いざ白髪を染める決心がついたら、今度はどんな風に白髪を染めるか、を考えなくてはいけません。
最近は普通の白髪染めやヘアカラーのほか、酸性カラー、ヘアマニキュア、ヘアカラートリートメントなどがあります。
それぞれの特徴をしっかり把握し、自分が一番良いと思う方法を選びましょう。

髪や頭皮を傷つけないことを最優先に考える

「白髪を染める」というと、白髪がわからないようになるのが一番だと考えがちです。
しかし、きれいに染まる代わりに白髪が増えたり、頭皮を傷つけ髪が生えなくなってきたりしたらどうでしょう。
髪が枝毛だらけになり、ツヤもなく、はたから見て疲れたような感じになったらどうでしょうか。

白髪が加齢とともに生えてくるのは自然なことだ、というのは誰でもわかっています。
しかし、髪が傷んだり変色したり、頭皮が炎症で赤くなったりするのは「自然なこと」ではありませんから、回りからも注目されてしまいます。

40代に入ると、女性の髪の悩みは「白髪が増える」「ハリ、コシがない」「髪の毛の量が減る」「ぱさつく」「くせ毛が出てくる」「髪がぺたんとする」「抜け毛が増える」「髪が細くなる」「ツヤがなくなる」など、髪が元気でなくなってきた、ということを実感するようになります。

髪の問題のように見えますが、実はほとんどが頭皮環境や細胞がダメージを受けることが大きな原因です。
ダメージの原因は、白髪染めやヘアカラーにあるのです。

元々髪の毛は身体にとっては「おまけ」のようなもの。
なくても命に別状はないため、栄養が回って来るのは最後ですし、特に耳から上の血管は細く、さらに栄養が届きにくくなっています。

しかも、すぐ下には一番大切な「脳」の存在があるのですから、髪の細胞のための栄養は頭部に回って来た血液が脳に十分に行き届いた後のあまりだけです。
そのため、中国では「髪は血の余り」というのです。

このように、元々髪には栄養が不足しがちです。
その中で髪の素となる毛母細胞やメラニン色素を形成するメラノサイト細胞は、必死に働いています。

しかし、これから述べる白髪染めやヘアカラーの成分によって、毛母細胞やメラノサイトはどんどんダメージを受けてしまいます。
すると栄養があってもそれを受け取ることができなくなり、髪のハリやコシがなくなってぺしゃんこになり、メラニン色素を作れなくなって髪に色がつかなくなってしまうのです。

白髪染めやヘアカラーに潜む危険性について

kiken

手軽にきれいに染まることで人気の白髪染めやヘアカラーですが、簡単に染まるということがどういうことか、一度考えてみる必要があります。

私たちの髪の性質は一人ひとり違います。
特に健康で太い髪ほど染まりにくいのですが、そういった髪でも一度で染めるには、薬剤を強くしなければなりません。

髪が健康で太いというのは、髪の表面のキューティクルのうろこ状の層の重なりが多く、しっかり閉じていることです。
しかし、髪の表面にしか色がつかないとシャンプーや摩擦で落ちやすいため、キューティクルをアルカリ剤でこじ開けるのです。

そして、元の髪色がなくならないときれいに発色しないため、過酸化水素というブリーチ剤で髪のメラニン色素を破壊し、同時に酸化染料で髪を染めるのです。

一度アルカリ剤でこじ開けられたキューティクルは変質してしまい、しっかり閉じることができなくなります。
すると髪の内部にあるタンパク質や水分、脂質が隙間からどんどん抜けてしまい、髪がスカスカ、パサパサになり、切れ毛や枝毛の原因になります。

また、ほとんどの白髪染めやヘアカラーに使用されているパラフェニレンジアミンという酸化染料は、アレルギー性皮膚炎を起こすことが古くからわかっており、旧表示指定成分になっている成分です。
独立行政法人労働者健康安全機構の調査によると、理美容師の74.5%がパラフェニレンジアミンのパッチテストで陽性だったという結果が出ています。

私たちは彼らのように毎日パラフェニレンジアミンに接触している訳ではありませんが、シャンプーや過酸化水素、パーマ液などでの陽性率に比べると圧倒的に高いことからして、この酸化染料がアレルギーを引き起こしやすいことがわかります。

白髪染めやヘアカラーの説明書に必ず2度のパッチテストをするよう書かれているのは、一度アレルゲンとなった場合、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性があるからです。
これは、ほかの酸化染料も同様だといわれています。
また、ヨーロッパでは発がん性も疑われています。

過酸化水素は漂白剤の一種で、濃度によっては肌や髪を溶かすことがあり、6%以上の水溶液は劇物指定されていますが、特に明るい色に染めるヘアカラーは6%ギリギリまで配合されているといわれます。
洗濯用の液体漂白剤は3%程度ですので、それで肌荒れする人は、それ以上の濃度が配合されている白髪染めやヘアカラーを15分~30分頭皮につけるのは大変危険です。

また過酸化水素は活性酸素の一種で、活性酸素の中で最も酸化力が強いといわれています。
最近の研究で、過酸化水素によって髪の色素を作るメラノサイト細胞が機能不全となり、白髪の原因となることが明らかになっています。

このように危険な化学物質が主成分ですから、美容専門家は2~3か月に一度以下の使用に留めることを推奨しています。

一刻も早く白髪を何とかしたいならヘアマニキュア

白髪染めやヘアカラーが危険なのはわかったけれど、急いで染めたいという場合に便利なのが、ヘアマニキュアです。

ヘアマニキュアとは、その名の通り髪の毛をマニキュアするものです。
爪のマニキュアと違って若干透明度があるため、白髪染めほどには完全に染まらない場合もありますが、ほとんど目立たなくなります。

また、髪をコーティングしてくれるのでダメージがあってもカバーしてくれますし、コーティング剤の働きでツヤも出ます。

ただ、タンパク質と結合する力が非常に強いので、頭皮につくとなかなか落ちません。
そのため、市販の製品は根元から染めないよう特殊なブラシがついています。
ヘアマニキュアの染料はタール色素で、発がん性が疑われている色もあるのですが、頭皮につかないように染めるのでそれほど心配する必要はありません。

しかし根元から塗れないので、最初から数ミリ白髪部分が残ります。
色持ち自体は2~3週間あるのですが、伸びてきた白髪が目立つのが早くなるというデメリットがあります。

ただし黒髪部分に染料がついても、色は目立たず光の加減でわかる程度です。
脱色をしていないので、元の髪色より明るく染めることはできないと考えてください。

また、白髪染めと違って色の選択が重要になります。
元の髪色より明るい色を選んでしまうと、白髪はその色に染まりますがそれ以外は元の色のままということになり、結局白髪を染めていることがわかってしまいます。

もう一つのデメリットは、コーティング力が非常に強いために、次に染める時に薬剤が髪に浸透しにくくなることです。
そのため、カラーチェンジをしたい時や他のカラーリング剤を使用したい場合は、しばらく間を空けてからにしなくてはなりません。

このようにいくつかのデメリットもありますが、色選びさえ間違えなければ1回で白髪が染まり、酸化染料や過酸化水素を使用していないので頭皮も髪も傷めにくくなっています。

髪や頭皮を守るなら白髪用トリートメントがお勧め

mamoru

髪や頭皮に一番優しいカラーリング剤といえば、ヘアカラートリートメントです。
染毛料に酸化染料やタール色素などの危険な化学物質を使用していないので、ダメージを受けにくいのです。

ヘアカラートリートメントで主に使用しているのは非常に分子の小さいHC染料と、分子が大きくプラスイオンを帯びている塩基性染料です。
HC染料はその小さな分子サイズでキューティクルを開かずとも髪に浸透し、塩基性染料は大きな分子で髪の表面のマイナスイオンと結合します。

ヘアマニキュアほどの吸着力はないため、色持ちは2週間程度ですし、染まり方が穏やかで1回で染まることはありません。

しかし頭皮にダメージを与えにくい成分なので、ヘアマニキュアのように根元まで塗れないということはありません。
また、しっかりとは染まらず退色が早めなのも、白髪が伸びてきても退色部分との色合いが自然なので、あまり目立たないというメリットにもなります。

さらに、ほとんどのヘアカラートリートメントは頭皮環境を改善したり、髪のダメージを保護したり改善したりする成分が配合されています。
例えば利尻ヘアカラートリートメントの場合、保湿作用の高い昆布の成分や皮脂の過剰分泌を抑え消炎作用のあるオドリコソウ、血行促進作用の高いローズマリーなどが配合されています。

上で書いたように、頭皮は栄養が届きにくく、しかも血管が細いため血行不良になりがちです。
栄養不足で血液の成分が十分でなかったり、血流が悪くて届かなかったりした場合、髪の素となる毛母細胞やメラニン色素を作るメラノサイト細胞は正常に機能しなくなってしまいます。
そのため、血行を促進することは白髪防止のために非常に大切なのです。

数回使用しなくては染まりにくいことや、退色が早めでしょっちゅう染めなくてはいけないことは面倒ですが、それが白髪の改善につながり、健康な髪を取り戻す助けになるのです。
まだ使用したことがない方は、白髪を染めることを考えた時にはぜひ購入して、1本使ってみることをお勧めします。

白髪を染めるというのは、決心がいるものです。
しかし最近は市販のものでも質が良いヘアカラートリートメントが販売されています。

多くのヘアカラートリートメントは通販で購入することができますから気軽ですし、初回に割引や送料無料などの特典がありますからお得です。
白髪は、気になった時が染め時ですよ!

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント