お酢がフケや抜け毛に効くって本当!?酢シャンプーがもたらす驚くべき効果とは?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 髪と頭皮の雑学 > お酢がフケや抜け毛に効くって本当!?酢シャンプーがもたらす驚くべき効果とは?
osu
お酢がフケや抜け毛に効くって本当!?酢シャンプーがもたらす驚くべき効果とは?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
お酢の成分は、頭皮に良い影響を与えてくれます。

お酢と聞いただけで、あのツーンとしたにおいを想像してしまいます。
酸っぱいにおいは汗を連想させることはあっても、とても髪に良いとは思えないのでは?

しかし、最近は石鹸シャンプーの後、酢でリンスする人が増えていますし、ドイツでは日本で流行るずっと前から酢リンスが白髪予防のために使われてきたそうです。(八木あきこ 「ドイツ婦人の家庭学」より:新潮文庫)

そして今、さらに「酢シャンプー」が注目を浴びています。
お酢の成分は、頭皮にとても良い影響を与えてくれるからです。
お酢で髪を洗うなんて最初はちょっと勇気がいりますが、フケや抜け毛に悩む方は試す価値がありますよ。

酢シャンプーとは?

osu

「酢」と一言でいっても、実は色々な種類があります。
穀物酢には米酢、玄米酢、黒酢、香酢、きび酢など、果実酢はワインビネガー、バルサミコ酢、リンゴ酢、梅酢などがあります。

原料は色々ありますが、どれにも酢酸(さくさん)やアミノ酸が含まれており、これが頭皮に良い影響を与えてくれるのです。

髪や頭皮をお酢で洗う!酢シャンプーとは?

酢シャンプーとは、通常のシャンプーの代わりにお酢で髪を洗うこと。
既に多くの人が実践している酢リンスは石鹸シャンプーの後に使用し、アルカリ性に傾いた髪や頭皮を弱酸性に戻すために使いますが、お酢をシャンプーに使用するとそれ以上の効果・効能があります。

よくない作用に関しては、お酢は穀物や果物から作られるため、若干たんぱく質が残っていてアレルギー反応を起こす可能性がない訳ではありません。

ですがシャンプーで使用するのはかなり薄めたものですから、ほとんど心配することはないといわれています。
一般のシャンプーを使用したくない人や敏感肌の人は一度試してみてはいかがでしょうか。

市販のシャンプーは様々なトラブル発生の原因

shanpuu

酢シャンプー・リンスが流行している背景には、市販の製品でトラブルを起こす人が増えているということがあります。

以前はイメージだけで購入していたシャンプーの成分に有害物質が含まれていると知って、「あのかゆみはそういう原因だったのかも」「丁寧に洗っているのに夜にはべたっとしてしまう理由はシャンプーのあの成分のせいかも」という知識が消費者側についてきたのですね。

シャンプーには主に高級アルコール系シャンプーとアミノ酸系シャンプーがあり、それぞれメリットとデメリットがあります。

①高級アルコール系シャンプー

一番問題とされているのが、洗浄力を高めるために使用される合成界面活性剤です。
「高級アルコール系」という名称で知られ、「高級」という文字につい良いイメージを抱いていた人が多いと思いますが、これには高価とか優秀といった意味は全くありません。

アルコール分子の中に炭素が6個以上含まれているものを英語で「higher (carbon)
alcohol」、それ以下のものを「lower (carbon) alcohol」と呼んでいますから、言ってみれば「多炭素アルコール」とでも名付けるべきもので、低級アルコールとは性質が違うというだけのことです。

低級アルコールが親水性なのに対し高級アルコールは親油性で、頭皮の脂質成分をよく落とし泡立ちもよくなります。

しかも安価で製造できるため多くの市販シャンプーに使用されています。
原料には石油化合物から生成される合成アルコールのほか、ヤシ油、クジラ油、菜種油、ラノリンなどの天然油脂が使用されています。

しかし洗浄力が高いということは、頭皮の皮脂を取り過ぎてしまう危険性があります。
皮脂には保湿や殺菌作用があるため、欠乏によって乾燥や肌荒れ、かゆみ、フケの原因となるのです。
皮脂の多い人や毎日シャンプーをしない人には合いますが、肌の調子が生理周期によって変化しやすい女性にはあまり向かないといえるでしょう。

特に洗浄力が強いのが「ラウリル硫酸ナトリウム」で、分子が非常に小さいため毛穴から浸透してしまい、頭皮や細胞を傷めやすい成分です。

これを多少弱めたものが現在の主流となっている「ラウレス硫酸ナトリウム」で、ラウリル硫酸ナトリウムの分子を大きくし、肌に浸透しづらくなるようになっています。
それでも肌への刺激がゼロになった訳ではありません。

そのほか保存料や合成香料、合成着色料が含まれているため、色や香りは良いのですが皮膚への刺激となることがあります。

また強すぎる洗浄力をカバーするため、ほとんどの高級アルコール系シャンプーにはシリコンが含まれています。
シリコンが毛穴を塞ぐということはないとされていますが、実際には肌荒れやかゆみ、湿疹が出ることもありますから注意が必要です。

②アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系とはアミノ酸を界面活性剤に含むタイプのシャンプーのこと。

頭皮や髪と同様弱酸性なので刺激が少ないとされていますが、洗浄成分が高級アルコール系ほど強くないわりに頭皮に残りやすく、これがトラブルの原因になることもあります。
アミノ酸系といえどもグルタミン酸とヤシ油などを化学合成させたものですから、何らかの刺激があるのです。

アミノ酸系シャンプーを絶賛する人もいますが、保湿性が高い分髪がべっとりしやすく、過剰な皮脂が取り切れないことで菌が繁殖しやすくなり、かゆみや脂性フケの原因になることもあります。

確かに高級アルコール系シャンプーに比べれば刺激が少なく危険度も低いとはいえ、洗浄力が弱いため二度洗いや量を増やして使用しがちです。
それでは刺激も危険度も高くなってしまいますから、美容師の中にはこの2つの危険度は同じという人もいるほどです。

酢シャンプーの効果

危険な高級アルコール系シャンプーは使いたくないけれど、アミノ酸系シャンプーは高いし…とお悩みの方に試していただきたいのが、酢シャンプーです。

殺菌・消臭・消炎効果で頭皮環境を良好に

酢シャンプーは、お酢の成分である「酢酸」の殺菌力・消臭力・消炎力を利用したものです。

しばらく前から流行っている「湯シャン」はお湯のみで髪を洗う方法ですが、お湯だけで髪や頭皮の汚れの70%は落ちるといわれています。
そこにお酢を加えることで、シャンプーのように頭皮に刺激を与えず頭皮を清潔にし、環境を非常に良くするのです。

するとかゆみや臭い、フケなどのトラブルが改善されます。
また、脂漏性皮膚炎や脱毛症、アトピー性皮膚炎にも効果が期待できます。

アルカリ性の頭皮を弱酸性の状態に

頭皮は元々は弱酸性ですが、皮脂や真菌、シャンプーなどでアルカリ性に傾きがちです。
特に真菌(マラセチア菌)は元々皮膚に存在する菌ですが、皮脂が多いと異常発生し、かゆみやフケの原因となります。
お酢は弱酸性のため、頭皮を正常な状態に戻してくれ、マラセチア菌を減らしてくれるのです。

皮脂の分泌量を正常に戻し、乾燥を防ぐ

酢酸には頭皮の汚れや毛穴につまった皮脂を取り除く作用があります。
しかし作用は穏やかなので、過剰な皮脂はなくなりますが必要な量は残り、乾燥を防いでくれます。

湯シャンだけの場合、お湯の温度を42℃以上にしないと皮脂が残りがちでちょっとべたべたした感じが残りますが、お酢を使用すると髪の毛の適温といわれる38℃前後でも過剰な分は取り除き、しかも必要な皮脂までは落としません。

皮脂には元々肌の保護作用があるため、除去し過ぎると皮脂を出すようにとの指令が脳から出ます。
それが繰り返されるとどんどん皮脂の分泌量が増え、それを取り去るために高級アルコール系シャンプーを使用すると頭皮環境を悪くし、さらに皮脂が増えるという悪循環に陥ります。
いくらシャンプーしてもすぐに髪や頭皮が脂っぽくなる人は、皮脂を取り過ぎている可能性が高いです。

また、普段からあまり脂分を摂取していない場合や紫外線などで頭皮が損傷している場合、頭皮の皮脂を取り過ぎるとすぐに乾燥し、乾性フケの原因になってしまいます。
乾燥気味の場合は、酢の濃度を薄くして酢シャンプーすると良いでしょう。

頭皮を柔らかくし、血行を促進する

酢酸は皮膚軟化薬としても使用されている成分で、皮膚に水分を与え肌を柔らかくする働きがあります。
頭皮は肩や首と同様、血行が悪くなると凝り固まってしまいます。

頭皮は元々血液が流れにくい部位であることや紫外線を年中浴びていることが原因となり、とても硬くなりやすいのです。
すると毛細血管に栄養素や酸素がうまく運ばれなくなるため、ますます頭皮が固くなっていき、頭皮環境が非常に悪くなります。

そこでお酢で頭皮を柔らかくすると血行が良くなり、髪や頭皮に栄養がたっぷり行き渡るので、白髪や抜け毛、フケの防止になります。

傷んでいる髪の毛も艶々サラサラに

kaminoke

髪の毛は濡れると表面にあるうろこ状のキューティクルが開き、シャンプーなどでごしごしこするような刺激を受けるとうろこが剥がれやすくなります。
すると中の水分が蒸発しやすくなり、髪がパサパサに乾燥してしまいます。

お酢にはキューティクルを一瞬にして閉じさせる働きがあるため、水分が十分に保たれ、滑らかでサラサラの髪になるのです。

またお酢にはたんぱく質を柔らかくする働きがあるため、髪の毛のケラチンたんぱく質に作用して硬い髪を柔らかくし、くせが出にくくなります。
また、お酢のアミノ酸はキューティクルの成分でもあるので、枝毛や切れ毛などの損傷を補修してくれます。

酢シャンプーのやり方

では、酢シャンプーのやり方をご説明しましょう。
酢さえあればできるので、あとはバスルームににおいがこもらないよう、換気扇を回すだけです。

手軽で簡単!酢シャンプーのやり方

酢シャンプーの方法はとても簡単です。

①38℃前後のお湯で髪と頭皮全体をしっかり湯シャンし、汚れをできるだけ洗い流す
②小さじ1杯の酢を洗面器に半分ほど入れたお湯に垂らし撹拌する
③洗面器に髪と頭皮を浸し、頭皮を数分マッサージする
④髪にはやさしくなじませるようにする
⑤最後に洗い流す

リンス効果もあるので、それ以外に何かする必要はありません。
最初にご紹介したドイツでの酢リンスは、何と「洗い流してはダメ」とされているそうですが、すすいでも効果は十分あります。

酢シャンプーのポイントは、最初の予洗をしっかり行うことです。
通常のシャンプーのような洗浄成分がありませんから、お湯でできるだけ汚れや皮脂を落としておかないと、特に皮脂が多い場合は酢シャンプーをしてもすぐにべったりしてしまいます。

また、髪の毛となじませる時は絶対にゴシゴシこすらないようにしてください。
いくら酢でキューティクルが締まるとはいえ、こするとうろこ状のキューティクルが剥がれてしまう可能性があります。

酢シャンプーの注意点

chuuiten

とても簡単な酢シャンプーですが、いくつか注意点がありますのでしっかり覚えましょう。

作り置きはしないこと

酢自体には殺菌作用がありますが、それを水で薄めたものは効力が弱くなっています。
そのため、作り置きはしないでその都度酢シャンプーを作るようにしてください。

必ずお湯で薄めてから使用すること

お酢の原液は強い酸性で、肌荒れを引き起こす可能性があります。
ピーリング剤として原液をそのまま顔に塗り、シミやそばかすを除去している人もいますが、原液は肌の正常なターンオーバーを早めることになり、頭皮が弱く薄くなってしまいます。

また、髪の毛も弱酸性が最も理想的なpHで、酸性が強すぎるとキューティクルが固く締まるため、髪が硬くなりすぎてごわついてしまいます。
酢には脱色作用もあるため、あまり濃いものを使用すると茶色っぽくなる場合があります。

酢シャンプーのお酢の量は小さじ1杯~大さじ2杯といわれていますが、髪質や量によって、あるいはお酢の種類によって違いますから、まずは洗面器一杯のお湯に小さじ1杯のお酢から始めましょう。

砂糖等が含まれていない米酢や穀物酢がお勧め

お酢の中には砂糖や塩が入った香酢やすし酢などがありますが、髪や頭皮がべたつく原因となりますので使用しないでください。

また、フケにはリンゴ酢が最も効果があるといわれていますが、果実酢は穀物酢に比べるとアミノ酸が少なくなります。
アミノ酸が最も多いのが黒酢、きび酢、もろみ酢で0.5%以上、米酢や玄米酢、バルサミコ酢は0.1~0.5%、穀物酢、リンゴ酢、ワインビネガーは0.1%以下含まれています。

高価な黒酢などを利用するのも良いのですが、手頃な価格の米酢や穀物酢を2倍使用したほうがコストパフォーマンスが高いのでお勧めです。

人によっては効果が出るまでに時間が掛かることも

どんな髪質の人にも合うといわれる酢シャンプーですが、最初のうちは髪がぱさついたりサラサラ感が出ない、頭皮がかゆくなったりフケが多く出るといった症状が起こる場合があります。

石鹸シャンプーや湯シャンも同様ですが、それまで化学合成されたシャンプーの成分で表面的に落ち着いていた髪や頭皮がそれらからの保護を失い、反動が出るためです。
いわゆる好転反応といわれるもので一時的なものですが、それまで使用していた成分が強いほど反応の期間は長くなり、長ければ2~3か月かかります。

どうしても我慢できなければ髪をコーティングするためにトリートメント剤やコンディショナーを使用する、または通常のシャンプーと酢シャンプーを交代で使うという方法もあります。
ただし、その分髪や頭皮の環境がよくなるには時間がかかるかもしれません。

酢の臭い対策

nioi

お酢といえば、どうしてもにおいが心配になると思いますので、その対策方法をご説明しましょう。

お酢独特のツンとする臭いは本当に大丈夫?

お酢はアルカリを中和する作用があります。
そのため、髪や頭皮がアルカリに傾いているほど中和し、においが弱くなります。

石鹸シャンプーを使用すると髪や頭皮がアルカリ性に傾くため、中和作用が働ききちんとすすげばそれほど強いにおいはしません。
とはいえそれでもにおいが気になる人はいますから、酢シャンプーだけの場合は慣れるまでちょっときついかもしれません。

しかしお酢は揮発性のため、ドライヤーを使用すれば乾く頃にはほとんど気にならない程度になっていますから、しっかり乾かすようにしましょう。
翌朝には完全に消えているはずです。
ただし自然乾燥の場合、においが残りやすいようです。

ドライヤーで完全に乾かしてもにおいが残っている場合はお酢の濃度が高すぎの可能性が高いので、次からはもう少し薄くするか、最後のすすぎの回数を増やすようにしましょう。

そのほか、お酢のにおい対策としては次のような方法があります。

①リンゴ酢を使う

アミノ酸の量が少なめですが、フルーティーで弱い香りなので気になりません。
また、アップルサイダービネガーなら炭酸が含まれているので、毛穴の皮脂をしっかり取り除いてくれます。

②エッセンシャルオイルを入れる

ローズマリーやセージ、ラベンダーなど好みのエッセンシャルオイルを1~2滴お湯に垂らすと、酢のにおいが弱まります。

その他、酢に近い効果が期待でき、かつ無臭のクエン酸やレモン汁を使用してみても良いと思います。
通常は石鹸シャンプー後のリンスとして使用されていますが、クエン酸は酢酸が体内に入って変化したものですし、レモン汁の酸味もクエン酸です。

ただ、リンスとして使用した場合クエン酸は酢酸に比べ若干効果は弱まるようですから、シャンプーとして使った場合も同様でしょう。

いかがでしたか?
慣れるまではお風呂場が酸っぱいにおいで充満するのがきついかもしれませんが、数か月もすれば間違いなく髪も頭皮もより健康になっています。
すると育毛効果も上がり、白髪や抜け毛を予防することができますよ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント