悪徳クリニックに騙されないために~女性の薄毛治療専門クリニックの正しい選び方-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 女性の薄毛 > 悪徳クリニックに騙されないために~女性の薄毛治療専門クリニックの正しい選び方
akutoku
悪徳クリニックに騙されないために~女性の薄毛治療専門クリニックの正しい選び方
  • facebook
  • twitter
  • LINE
悪徳クリニックに騙されないための基礎知識!

女性のための薄毛治療専門クリニックは年々増えていますから、ずい分行きやすくなりました。
しかしそうなると出てくるのが悪徳クリニック
皮膚疾患などの病気以外の薄毛治療は保険対象外なので、やろうと思えばいくらでもぼったくれるのです。

でも、「この治療をすれば、とても効果が出るんですよ!」と迫られると、なかなか嫌とは言えなくなってしまいますよね。

そこで、このコラムでは悪徳クリニックの見分け方をご紹介します。
女性の薄毛治療専門クリニックの正しい選び方を事前に知っておくだけでも、悪徳クリニックの毒牙にかかる確率がぐっと低くなりますよ。

女性の薄毛治療専門クリニックを受診する前に

kisochishiki

女性の薄毛治療専門クリニックを受診する前に、基礎知識を頭に入れておきましょう。

女性の薄毛治療専門のクリニックって何?

現在ある女性用の専門クリニックの多くは医療機関の一つで、皮膚科や形成外科などの医師が常駐しています。
薄毛治療専門のクリニックもあれば、皮膚科や美容形成外科などを併設しているところもありますが、一般的な皮膚科とは大きな違いがあります。

薄毛治療専門クリニックは頭皮や髪の毛について医学的な知識を豊富に持っており、最新設備の機器や治療法を揃えているところが多くあります。
患者一人一人に合った治療法を提案し、女性の薄毛を改善する効果が期待できます。

それと比較すると、一般的な皮膚科は肌のトラブル全般を治療していますが、一般的な薄毛は病気とは考えられていないため、治療に関して知識不足のことが多いのです。

また、薄毛に効果があると認可されている医薬品を処方してくれることはありますが、その副作用などの知識にも乏しく、最初に使用者の体調や体質を調べるために必要な血液検査も行わないところが多いのがデメリットです。

しかし、東京や大阪など大都会とその周辺には女性の薄毛治療専門クリニックが多いのですが、それ以外の地域になると内科や皮膚科が兼ねている場合もたくさんあります。
そういった病院では専門クリニックと同じ保険対象外の薬を処方しても、専門クリニックより安く済む場合もあります。

とはいえ、薄毛の治療は専門クリニックでの治療でも1~2か月に1回の通院というところがほとんどです。
より専門的・効果的な治療を受けたいのであれば、交通費などを考えても女性の薄毛治療専門クリニックのほうが、トータルコストでは安くなるかもしれません。

なお、専門のクリニックとは別に「育毛サロン」「増毛サロン」があります。
これは主に頭皮環境の改善を目指すもので、医師が常駐している場合もありますが、基本的にはヘッドスパに育毛剤をプラスしたもので、エステと同レベルです。

シャンプーやマッサージを念入りに行ない、育毛剤を塗布して浸透させる、という程度のところが多いようです。
また、ウィッグメーカーが行なっていることも多く、育毛よりウィッグを推してくる場合もよくあります。

患者が増える一方で様々なトラブルも多発している

患者が増えれば増えるほどクリニックも増え、トラブルに会う患者も増えています。
最初に聞いた金額より大幅に高かった、ゆっくり話を聞いてもらえない、他の患者と鉢合わせした、他人のカウンセリングの声が丸聞こえだった…。

患者を金儲けのためのターゲットとしか考えていない、あるいは女性への気遣いがないクリニックも増えているのです。

女性の薄毛治療専門クリニックの治療内容

chiryou

治療してほしいけれど、保険対象外となるとかなり勇気が要りますよね。
どんなことをしてくれるのか、大体の流れを説明しましょう。

クリニックではどんな治療が受けられるの?その効果は?

各専門クリニックで多少は違いますが、治療は概ね以下の順番で行われます。

①受付・問診票記入、血圧測定
②医師による問診
③機器による頭皮チェック、カウンセリング
④血液検査・写真撮影
⑤治療
⑥薬の処方
⑦1~2か月ごとに来院、⑤⑥の繰り返し

大手の専門クリニックでは③または④までは無料でやってくれるところが多いようです。

治療は各クリニックで違うものの、代表的なものには以下があります。

・クリニックオリジナルの発毛用飲み薬や塗り薬処方

女性用の場合、女性ホルモンバランスの乱れを整える医薬品成分などを配合したものが多く、そのほかビタミンやミネラルなど頭皮環境を整える成分が含まれています。

・海外からの輸入医薬飲み薬「パントガール」や、日本皮膚科学会で認定した有効薬「ミノキシジル」などの処方

「パントガール」はドイツ製の女性用育毛剤で、3か月で70%の使用者に改善が見られたという高い育毛率を持つ医薬品です。
「ミノキシジル」は米国のファイザー社が開発した、元々高血圧患者の血管を拡張させるための成分です。

副作用として発毛効果が見られたことから、塗り薬や飲み薬が医薬品として使用されています。
これを配合した一般用医薬品に大正製薬のリアップやリアップレディがあります。

日本ではどちらも医療用医薬品としては販売されていませんが、各クリニックが独自に個人輸入しています。

・独自調合によるカクテルの注射やレーザーによる頭皮注入(メソセラピー)

頭皮に直接薬剤を注射やレーザーで注入し浸透させる方法で、塗り薬や飲み薬より作用が高くなり、効果が出やすくなります。

多くは皮膚細胞から抽出された成長因子やミノキシジルなどを主成分にし、各クリニック独自のビタミンやプラセンタ、麻酔薬などをプラスしたものです。
注射といっても非常に細い針なので、ほとんど痛みはありません。

・日本で開発されたHARGカクテルの頭皮注入(HARG療法)

メソセラピーの一種で、日本医療毛髪再生研究会が開発した治療方法です。
メソセラピーは各クリニックによって成分が違いますが、HARG療法では成分が決まっています。
脂肪幹細胞から抽出された成長因子、アミノ酸、ビタミン類などをカクテルにして注入することによって、ヘアサイクルを正常にする方法です。

・自毛の植毛

抜け毛が目立たない後頭部の一部から頭皮ごと、又は1本ずつ毛根から切り取り、薄毛の部分に移植する方法です。
毛穴と髪を採取し、それを植毛器具で1本ずつ薄毛の部分に植えていきます。

すべて手で行なう方法やロボットによる方法がありますが、手で行なった場合定着率は非常に高くなるようです。

これらの治療法のほかにも、独自の治療法を開発しているクリニックもあります。
効果の出方は人によって全く違い、飲み薬だけで効果が出る人もいれば、数か月治療しても効果が見られず、メソセラピーやHARG療法、自毛植毛に移行する人もいます。

効果が出るまでに掛かる時間や費用の目安は?

通常、これらの治療で実感できるほどの効果が出るまでには、最低でも3か月はかかります。
まだ生えていない髪の毛母細胞に働きかけるため、それが髪となって生えてくるまでには数週間、変化が実感できる長さになるまでにはさらに数か月かかるのです。

また、最初の頃は各薬剤の助けで生えてきている状態なので、あまり早く止めてしまうと細胞がまた力を失い、髪の成長が遅くなってしまいます。
各クリニックでは最低でも半年、できれば1年間の治療を勧めています。

気になる費用ですが、自由診療のため各クリニックによってかなり違いがあります。
目安としては、以下の金額になります。

メニュー 金 額
初診料(治療をする場合のみ) 3,000~5,000円
再診料 無料~2,000円/回
血液検査 無料~10,000円/回
オリジナル発毛薬 内服薬 6,000~25,000円/月
外用薬 10,000~15,000円/月
HARG療法 80,000円/回~
メソセラピー 20,000~80,000円/回
輸入医薬品パントガール 7,000~12,000円/月
自毛植毛 基本料金 250,000円~
植毛 100,000円~/回

半年として最低なら5万円、治療や処方薬によっては50万円を超えることもあります。
オリジナル処方の飲み薬や塗り薬、メソセラピーなどは各クリニック独自となるので、料金だけでは判断できません。

また、頭皮の状態によっても効果の出具合は違いますので、あまり費用だけにとらわれないようにしましょう。

悪徳なクリニックによくみられる傾向

akutoku

女性の美しさを大きく左右する髪のことだけに、クリニックで色々言われると心が揺れてしまいますし、判断能力が失われてしまうことがあります。
そうならないよう、悪徳クリニックの傾向をいくつかご紹介します。

効果の有無やリスクについての説明を行わない

患者の状態が違うのですから、薄毛治療の効果が100%と言えないのは当然ですが、医薬品の処方の場合必ず副作用が考えられますから、効果の有無やリスクの説明をしてほしいと思うのも当然のことですよね。

しかし、残念ながら現在のところ「医師や薬剤師はどんな副作用についても患者に説明する必要がある」という法律はありません。

「重篤な副作用がある場合は、発症の可能性がどれだけ少ない場合でも服薬上の留意点を具体的に指導する必要がある」という裁判例は1996年にあります。

しかし、1999年~2000年に日本RAD-AR協議会が行なった「医薬品および医療に関する意識調査」によると、実際に医師から得た回答として、「医薬品の投与時に薬効や副作用について患者に説明するか」の問いに対してこんな結果が出ています。

「医薬品の投与時に薬効や副作用について患者に説明するか」

「簡単に説明」というのがどの程度かまではわかりませんが、多くの医師は詳しく説明すると治療に差しさわりが出やすいと考えているようです。
そのためか、患者への医薬品の説明時間は1分~5分程度が62%、1分未満が29%という結果も出ています。

また、副作用について事前に知らせるべきかどうか、アンケートの結果はこうです。
これは女性の薄毛治療専門クリニックに特定したアンケートではありませんが、一応の目安にはなります。

「医薬品の副作用について、あらかじめ患者にどの程度知らせるべきか」

医師の考える「重篤な副作用」と患者が感じる副作用の度合いが同じとは限りません。
だからこそ、これまでにあった副作用の症例や製薬会社からの報告はできるだけ教えてほしいと考えるのは、患者側からすれば当然のことです。

一時的な腫れや痛みもリスクであり、何も知らされないまま自宅に帰ってそんな症状が出たら、とても不安になりますよね。

効果やリスクについて詳しく説明しないクリニックは、患者の立場に立っていない、気持ちを理解していないということですから、問題アリです。

様々なオプションや高額な治療を無理に勧めてくる

よくあるのが、治療薬のほかに育毛シャンプーやビタミン・ミネラルのサプリメントを売りつけられることです。

また、「この治療法をプラスするともっと早く効果が出る」「この治療をしないとあなたの薄毛は治療できない」と様々なオプションや高額な治療を促されることがあります。
しかも、それがなぜ必要なのか、どういった治療法なのかの詳しい説明はなく、その治療をすれば薄毛は改善される、といった美辞麗句を並べるだけです。

あるいはやたらと専門用語を連発し、煙に巻くというやり方をする医師もいます。
安めの治療法について質問しても、簡単な説明しかしなかったり、効果が低いので勧めない、といった言い方でごまかされてしまったりします。

確かに女性の薄毛治療技術はどんどん進歩しており、大手クリニックの中には独自の治療法をいくつも開発しているところがあります。
しかし女性の薄毛は男性と違い、最新技術を駆使しなければ治療効果が上がらないということはあまりありませんので、たとえ医師の勧めでも鵜呑みにしないほうが良いでしょう。

また、女性に多い瀰漫(びまん)性脱毛症にはほとんど効果がないといわれる、AGA(男性型脱毛症)治療薬まで処方しようとするクリニックもあります。
これはフィナステリドやデュタステリドという成分を主に配合した薬で、「フィナステリド」「プロペシア」「ザガーロ」などの名称です。

この薬は、妊娠を望む女性は触れてもいけないとまでいわれている副作用があります。
触るだけで皮膚から体内に吸収され、胎児奇形などの発症の可能性があることが研究で明らかになっています。
それ以外にもホルモンバランスを崩したり、うつ病、肝臓病などを発症したりする危険性がありますから、非常に慎重に処方しなければいけない薬なのです。

たとえ男性ホルモンが通常より多く、AGAの女性版であるFAGA(女性男性型脱毛症)だと診断されたとしても、この薬を処方するようなら悪徳クリニックを疑うべきです。

何かしらの理由を付けて即日での施術を勧めてくる

これもよくある話です。
カウンセリングでは非常に細かく丁寧な説明をしてくれ、患者側の緊張が解けて信頼感が生まれてきたあたりで、段々会話の内容が変化してきます。

聞いてもいないのに高い治療の対費用効果を説明したり、「今日ならキャンペーン価格」などと、契約を迫ってきたりします。
最初は高い金額を告げ、患者側が躊躇すると段々価格を下げてくる、ということもあります。

また、「かなりひどい状態だから、今日から治療を始めたほうが良い」などと患者の危機感をあおり、即日契約・施術を勧めてくるところもあります。

中には、最初の無料カウンセリングの予約を入れた時点で、当日身分証明書と印鑑を持ってくるよう指示するクリニックまであります。
医療ローンを組ませる気満々ですので、かなり注意しないといけませんね。

医師の対応が雑であったり時間が極端に短い

女医だから良いということはありませんが、クリニックによっては男性と女性の薄毛治療を同時に行なっており、医師が男性の場合もあります。
男性医師だと何となく話しづらい、と考える人もいれば、かえって気楽、という人もいますので一概にはいえませんが、自分はどちらが良いか考えて選ぶことが大切です。

また、医師が男性か女性かに関わらず、患者への気遣いがなく事務的な対応しかしなかったり、専門的な内容をかみ砕いて説明してくれず上から目線だったりする場合はNGです。

医師にとってはこれまで何百回と説明したことかもしれませんが、患者側は初めてで不安感でいっぱいなのですから、その気持ちをほぐす気配りがないようでは医者として失格ですよね。
さらに、カウンセリングを医師ではなく受付やスタッフが行なうところも要注意です。

また、治療に入ると前回との比較と処方箋の受け渡しが主になりますから、機械的にされると5~10分もあれば済んでしまいます。
親身になってくれるクリニックなら、前回と今回の状況の比較をしながら、注意点や改善点なども教えてくれます。

「女性ならでは」の第六感でも悪徳クリニックか判断できる

dairokkan

女性の第六感を働かせるだけでも、悪徳クリニックかどうかある程度判断できますよ。
以下の3ポイントをチェックしましょう。

①クリニックが清潔か

女性なら誰でも、衛生管理ができていないクリニックで治療を受けたいと思いませんよね。
そこで、カウンセリングを予約したら少し早めに行って、医院内をチェックしましょう。

床の隅や観葉植物の葉、トイレなどにほこりが溜まっているようなら、衛生教育ができていない可能性が高いです。
スタッフの制服や医師の白衣の汚れ方からも、衛生管理度をチェックできます。

②スタッフや医師の態度

受付の患者への対応ぶりや、医師とスタッフとの会話からもそのクリニックの程度を測ることができます。
何だか素っ気ない、バタバタしていて落ち着けない、受付嬢が厚化粧で軽薄な感じ、医師やスタッフ同士の会話が感じ良くない、声をかけにくい・質問しづらいなど、女性ならではの第六感をフル回転して判断の材料にしましょう。

カウンセリングの予約も、今はネットで簡単にできますが、できれば電話で応答者の対応をチェックしましょう。
言葉遣い一つでも、敬語が板についていない、語尾を伸ばす、タメ口をきく、いかにも営業電話のような独特な話し方をするなど、結構判断材料になりますよ。

③クリニックの場所や内装

クリニックがやたら高級な地区やビルの中にある、または内部が無駄に豪華な場合も要チェック。
異常に高い賃貸料や内装費は治療費に反映するからです。
利便性を考えて駅近くにクリニックを構えると、その分賃貸料が高くなるのは仕方ありませんが、その分内装を簡素にしても清潔感がある病院はたくさんあります。

自分がこれまでにかかった病院と比較して、あまりに内装が豪華で高級エステや美容院のようなクリニックは避けたほうが無難です。

悪徳クリニックに騙されないために

damasarenai

事前には判断できず、カウンセリングまで進んでしまうこともありますよね。
そんな時にも焦らず、冷静な判断ができるようにしましょう。

施術内容をしっかりと確認し、冷静な状態で検討する

事前に複数のクリニックのホームページをチェックし、薄毛治療の大体の流れを把握しておきましょう。

女性の薄毛治療は塗り薬と飲み薬の処方がメインで、それでも効果が出なかった時にメソセラピーやHARG療法、それでもダメな場合に最後の手段として自毛植毛などをすることが多いです。
最初から高額な治療を勧められても、最初は飲み薬や塗り薬での治療をお願いしましょう。

自分の予算を決めておき、カウンセリングの際にはっきりそのことを伝えてください。
良いクリニックであれば、その額でどこまでできるか説明してくれますし、無理な場合はなぜ無理なのかも教えてくれます。

即日の施術は避け、複数のクリニックを受診する

悪徳クリニックの中にはカウンセリング中に患者を洗脳し、そのまま施術を受けさせようと目論んでいるところもあります。
カウンセリングを予約する時点で、当日はカウンセリングだけであることを伝えておきましょう。

また、「今日から治療すれば半額」といわれても、ぐっとこらえましょう。
もしかしたら、別のクリニックの定価と同じような額かもしれません。
最初に書いたように薄毛治療は自由診療ですから、同じ処方でも好きに額を決められるのです。

たとえば、女性の薄毛に効果が高いと評判のパントガールという輸入医薬品がありますが、クリニックによって1か月分が7,000~12,000円前後と、2倍近い差があります。

目先のディスカウントにとらわれず、複数のクリニックのカウンセリングを受けて最終的に判断しましょう。
クリニックによっては、他クリニックの見積書を持っていくと適正かどうか説明してくれるところもあります。

各クリニックのホームページもしっかり確認する

多くの女性薄毛治療専門クリニックではホームページを開設しており、治療法や費用について詳しく書かれていますので、複数のクリニックのページを見比べてみましょう。

治療法について詳しく書かれているか、リスクや副作用についての記載があるか、普段のケア方法など治療以外の情報もあるか、をチェックしましょう。
患者のためを思って作られているのか、クリニックの儲けのための都合の良い作りなのか、複数の専門クリニックのページを見ていると何となくつかめてきますよ。

また、契約や費用に関してもチェックしましょう。
「カウンセリングの際に治療をお勧めすることはありません」とか、「ローン契約は扱っておりません」「1回ごとの支払いになります」などの情報があれば、最低限安心です。

心配な場合はその部分をプリントアウトして持参すれば、万が一カウンセリング時に勧められた時に強く出られます。

なお、口コミは斜め読み程度にしましょう。
大手の専門クリニックほど治療法がどんどん変化しますし、医師と患者との相性によって印象が大きく違ってしまうこともあるからです。
また、ライバルクリニックによるニセのネガティブな口コミがないとはいえません。

女性の薄毛治療を専門クリニックで行なう場合、治療終了までに数十万単位の出費は覚悟しなくてはいけません。
それだからこそ、1か所でのカウンセリングだけで治療を開始せず、複数のクリニックを受診し、自分で納得してから治療を受けましょう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント