薄い分け目に悩む若い女性が急増中!自分で髪の毛を増やすにはどうすればいい?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 女性の薄毛 > 薄い分け目に悩む若い女性が急増中!自分で髪の毛を増やすにはどうすればいい?
fueteiru
薄い分け目に悩む若い女性が急増中!自分で髪の毛を増やすにはどうすればいい?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
薄い分け目の原因と改善方法について解説!

何となく分け目が薄いような気がする…そんなことはありませんか?
よく見ると、本当に髪の毛がなくなっている場合もあれば、あるけれど根元がかなり細く、地肌が透け加減で薄くなっていることもあります。

これが40代50代で起こるなら加齢が原因と納得もできますが、20代30代だとショックですよね。
しかし、そんな悩みを持つ若い女性が増えているのです。

薄い分け目の原因と、その対処方法を解説します。

薄毛に悩む若い女性が増えています!

fueteiru

20歳前後ですでに薄毛が気になる女性が多くなっているようです。
そういえば、昔はヘアスタイリング剤というのは多い髪をまとめるタイプのものが主流でしたが、最近はふんわりボリュームアップできるものが増えています。

美容院でも、若い女性からボリュームアップできるヘアスタイルをお願いされることが非常に増えているといいます。

分け目部分の地肌が目立っていませんか?

「髪の毛が薄い」というのは、実際にはどういう症状でしょうか。
人によって違いますが、若い女性に多いのが髪の量はそれほど減っていないけれど、全体的に細くなっており、分け目部分が特に目立つ状態です。

あるいは、まだ太さはそれほど変化がないけれど、以前と比べてハリやコシがなくなってぺしゃんこになってしまい、分け目の地肌が広がって見える場合もあります。

また、普段髪の毛を結んでいる女性の場合は、本当に分け目部分の髪の毛が減って地肌が目立ってしまっていることもあります。

このどれも、そのままにしておくと薄毛が進行してしまう危険性があるのです。

若い女性の分け目が薄くなる原因

分け目が薄くなると、どうしてもその部分が注目されてしまいますし、顔の正面部分ですから顔全体のイメージにも影響が出てしまいます。
貧相・老けて見える・ケアしていないなど、良いイメージは全くありませんから、まずは原因を知って、対策を取るようにしましょう。

何故、まだ若いのに分け目の髪が薄くなるの?

分け目の髪が薄い状態になる原因は、大きく分けて2つあります。
髪に元気がなくなって抜けたり細くなったりして薄くなる場合と、力が加わって無理矢理抜かれてしまう場合です。
一つずつ見てみましょう。

①ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあり、髪の毛の健康に関わっているのは主にエストロゲンです。
髪の成長を助け、健康を維持して寿命を長くする作用があります。

ところが、女性ホルモンはダイエットやストレスなど肉体的・精神的なことが影響しやすいホルモンで、分泌量が安定していません。

何らかの原因でエストロゲンの分泌量が減ってしまうと、髪の毛の健康が損なわれてしまい、抜け毛や薄毛、ハリ・コシのない髪になってしまうのです。
女性に多い、全体的に薄毛になる「びまん性脱毛症」の原因の一つとされています。

また、まれに「FAGA(女性男性型脱毛症)」という、男性の脱毛症AGA(男性型脱毛症)の女性版の場合もあります。
女性にも男性ホルモンが少々分泌されているのですが、これは状況に関わらず分泌量がほぼ一定です。
そのため、女性ホルモンが減ると男性ホルモンの働きが強くなる場合があります。

男性ホルモンの一種に脱毛作用の強いものがあり、頭頂部や前頭部に多く存在するため男性の多くはその部分が薄くなりますが、女性にも同じことが起こるのです。
元々男性ホルモンが多い場合や、エストロゲンの減少が激しい場合、特に頭頂部や前頭部の分け目が薄くなることがあります。

②偏食やダイエットによる栄養不足

daietto

若い女性の場合、栄養不足がびまん性脱毛症の原因になることもよくあります。
髪の毛は食べたものが変化して作られています。
食事で摂った栄養素が血液になり、それが全身を回るのですが、偏食やダイエットで摂取する栄養素が減ると、生命維持に必要な臓器に最初に回されてしまい、髪にまで届かなくなります。

特に偏食やダイエットで髪の材料となるタンパク質を制限したり、タンパク質を髪のケラチンというタンパク質に変化させるビタミンやミネラルが不足したりすると、健康な髪は作られなくなってしまうのです。

③運動不足

女性の多くが貧血や血行不良気味ですが、これは栄養バランスの悪さのほか、筋肉が少ないことも関係しています。

筋肉には動かすことで熱を生み出す働きがあるのですが、女性は男性に比べると筋肉が少なめです。
さらにデスクワークや家事など普段あまり筋肉を使わない生活をしていると、筋肉はますます衰えてしまい、熱を生み出さなくなります。

身体にとって熱は体温を維持するために大切なものですから、熱不足になると身体の中心に集まり、末端まで温まらなくなります。
すると血液の流れも悪くなり、頭皮に十分な血液が行かなくなるため、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまうのです。

④ストレス

ストレスが冷え性や血行不良の原因になることをご存知でしょうか。
私たちはストレスを感じると身体が緊張します。
これは自律神経の一つ、交感神経の働きによるもので、ストレスに対抗しようとする本能によって筋肉が緊張するのですが、その時に筋肉のそばにある血管まで硬く収縮してしまうのです。

通常であれば交感神経は日中に活発になり、18時前後からは副交感神経が優位になります。
しかしストレスがあると夜になっても交感神経の働きが抑制されず、筋肉が硬くなっているため熱を生み出すことができず、冷えから血行不良を引き起こします。
同時に血管が収縮したままになってしまうため、頭部に栄養が届かなくなるのです。

⑤睡眠不足

suimin

就寝中には成長ホルモンが多く分泌されます。
成長ホルモンには細胞の修復や新陳代謝促進作用があり、昼間紫外線や外的刺激でダメージを受けた頭皮や髪は眠っている間にメンテナンスされ、正常な成長機能を維持しています。

しかし、成長ホルモンは熟睡中以外はあまり分泌されません。
そのため、眠りが浅かったり夜中何度も目が覚めたりするようでは頭皮と髪のダメージが回復せず、抜けたり細くなったりしやすいのです。

⑥間違ったヘアケア

頭皮には適度に水分と油分があり、これが皮膚バリアを形成して紫外線や外的刺激から頭皮を守っています。

しかし、洗浄力や脱脂力の強いシャンプーを毎日使用していると、皮膚バリアが再生することができません。
そのため頭皮が乾燥して頭皮が硬くなり、その下の毛細血管も潰されてしまい、血流が悪くなってしまうことがあります。

また、身体には皮脂が不足すると過剰分泌させる防御作用があります。
過剰分泌された皮脂が紫外線に当たると酸化し、それが毛穴から浸透して髪を作る毛母細胞を劣化させ、抜け毛や薄毛を引き起こすこともあります。
特に分け目は一年中紫外線を浴びている部分なので、劣化しやすいのです。

⑦常に髪を結んでいる・同じところで分けている

髪をいつも結んでいると、根元が常に引っ張られることになるため、抜けやすくなります。
これを「けん引性脱毛症」といい、女性に非常に多い脱毛症です。

井上真央さんの場合、子供の頃からおでこは広めでしたが、現在かなり後退しており、典型的なけん引性脱毛症といえます。

また、いつも同じ部分で分けていると、その部分がずっと紫外線や冷暖房の温度差などの刺激を受けることになるため、他の部分より劣化が早くなり、分け目が薄い状態になりがちです。

さらに、エクステも自毛の一部につけ毛を装着するため、きっちり分け目を作った後で分け目近くにエクステをつけると、その部分に負担がかかるため抜けやすくなります。
特にサロンで施術してもらうタイプのものは一度やってもらうと1ヶ月以上そのままなので、頭皮への負担もかなり大きくなるのです。

自分で出来る!分け目薄毛改善対策

taisaku

まだ若いうちなら、自分で分け目の薄毛を改善させることも不可能ではありません。
地道な努力が必要になりますが、できることから少しずつ始めていきましょう。

パーマ、カラー、紫外線等によるダメージを減らす

紫外線が頭皮にダメージを与えることはすでに書きましたが、それ以上に、たった一度で頭皮に深刻なダメージを与えかねないのがパーマやカラーです。

パーマ液やカラー剤にはアルカリ剤と過酸化水素が含まれています。
アルカリ剤は髪を柔らかくしてキューティクルを開くことで、薬剤の浸透を促進させる働きがあります。

また過酸化水素はカールを作ったり髪を脱色したりする作用があります。
パーマにもカラーにも必要な成分ですが、どちらにも皮膚細胞や髪のケラチンタンパク質を変質させてしまう働きがあります。

特にアルカリ剤は浸透性が高く、施術後2~3週間は髪や頭皮に残留するため、その間ずっとダメージを受け続けてしまうのです。
これを繰り返すことで髪を作る毛母細胞のDNAが傷つき、髪が細くなったり抜けたりしやすくなり、薄い分け目の原因となります。

これを避けるためには、パーマやカラーをしないことが一番ですが、それが無理ならできるだけ髪の根元には薬剤をつけないようにすることです。
パーマはレイヤーを入れて毛先だけにかけることでも十分ボリュームアップが可能ですし、カラーはメッシュやハイライト・ローライトを髪の内側に入れるようにすれば、ダメージが目立ちません。

なお、薄毛が気になり出したら、これらの施術は必ず美容院でやってもらうようにしましょう。
市販品は髪質問わず完成度を高めるために、薬剤の濃度が非常に高くなっています。
残留度も高くなりますし、髪や頭皮への影響が非常に強くなってしまうのです。

定期的に分け目を変え、負担が掛からない髪型に

髪の分け目を定期的にずらし、同じ部分ばかり紫外線を浴びないようにしましょう。
髪はつむじを中心に流れがあるため、意識して分け目を変えないといつの間にか元の位置に戻ってしまいます。
髪が濡れた状態で新しい分け目を作り、ドライヤーの冷風を当ててしっかりその位置で固定させましょう。

また、分け目をなくし前髪を作るのもお勧めです。
長め・多めにすると薄毛をカバーできますし、逆に短めにすると「短いから少なく見えるだけ」と錯覚をうまく利用することができます。

出典:https://hair.cm/

出典:https://hair.cm/

長さは、できるだけ結ばなくても邪魔にならない程度にするのがお勧めです。
ロングヘアが好きな場合は、自宅にいる時だけでも結ばない工夫をしましょう。

シャンプーやスタイリング等、ヘアケア全般を見直す

洗浄力や脱脂力が強い高級アルコール系シャンプーを使用している場合は、弱酸性のアミノ酸系シャンプーに切り替えることをお勧めします。
すると皮膚バリアを形成するのに必要な分量の皮脂は残るので紫外線の害を抑制してくれますし、頭皮が柔軟になれば下の血管にも十分な血液が流れるようになります。

脂性肌でフケが出やすい、という場合でも、本当に脂性なのではなく、頭皮が乾燥したために皮脂が過剰分泌されてべたついている場合が多くあります。
頭皮が脂っぽいタイプの人は、洗浄力や脱脂力が穏やかなシャンプーを1ヶ月程度使用してみて、フケやかゆみが減るかどうか試してみてください。

また、ヘアスタイルにスタイリング剤は欠かせない、という女性は多いものですが、特に寝ぐせ直しなど髪の根元に使用するものはできるだけ控えましょう。
合成ポリマーが配合されており、使用量によっては毛穴を塞いでしまうことがあります。

製品の使用上の注意を読むと、赤み、腫れ、かゆみ、刺激などの異常が起こる危険性があることもわかります。
皮膚に異常が起きるということは、毛穴から入り込んで毛根部にダメージを与えてしまう可能性も充分考えられるのです。

喫煙、飲酒、夜更かし等の悪習慣を止める

いわゆる「悪習慣」といわれるものは、すべて交感神経を活発化させるという共通点があります。
喫煙や飲酒は、直後は副交感神経が活発になって全身がリラックスするのですが、その後反動で交感神経が優位になってしまいます。

また、夜更かしをする原因がスマホやPC、テレビなどによるものの場合、脳が興奮しているのでやはり交感神経が活発に働いています。

すると血管が収縮してしまうため、頭部に栄養が届きにくくなります。
また、喫煙は一酸化炭素の影響で酸欠状態を引き起こし、細胞の新陳代謝を滞らせてしまいますし、お酒の場合は利尿作用によって夜熟睡できなくなります。

浅い睡眠のままだと疲労が取れず、それが積み重なると内臓の機能が低下し、栄養をしっかり消化吸収することもできなくなってきます。

このように、ほかのことに気を使っても交感神経が常に優位なままでいると髪はもちろん、健康にも悪影響を及ぼします。

喫煙や飲酒はできるだけ量を減らすことを心がけましょう。
また、美容のためにも7~8時間睡眠を取れるよう、逆算して就寝する時間を決め、その前の2~3時間は脳を興奮させないよう、スマホやPCの使用を控えましょう。

その時間帯にお勧めなのが入浴です。
15分程度湯船に浸かることで副交感神経が優位になり、血管が広がり全身がリラックスします。
するとメラトニンという睡眠ホルモンが分泌されやすくなり、入浴後1~2時間後に自然に眠くなってきます。

その時点で入眠すると成長ホルモンの分泌が多くなり、頭皮や髪のダメージが修復されますし、内臓もゆっくり休めるので消化吸収力がアップし、血液の質も良くなります。
入浴でゆっくり湯船に浸かることは、いいことづくめなのです。

適度な運動を習慣にし、健康的な生活を送る

意識して筋肉を動かすようにすると血行が良くなるので、頭皮と髪にとても良い影響を与え、薄い分け目の改善をサポートしてくれます。
また、ウォーキングやサイクリング、水泳など、少し呼吸が上がる程度の有酸素運動は体内に新鮮な空気を取り込むので、細胞の活性化につながります。

なお、息がかなり荒くなるような運動は、髪の毛の成長には良くありません。
酸素には2%の活性酸素が含まれているといわれ、呼吸が荒くなればなるほど活性酸素も取り込んでしまうのです。

一駅多めに歩く、エレベーターを使用しない、早足で歩くなど毎日無理せずできる運動を続けるようにしましょう。

偏食や過度なダイエットを止め、充分に栄養を摂る

身体にとって、髪の毛は生命維持という点からすれば無意味です。
そのため、栄養が不足すると最初に影響が出やすくなります。
髪の分け目が薄い、細い、抜け毛が増えたと感じたら、栄養不足になっていないかチェックしましょう。

五大栄養素のうち炭水化物と脂質は特に摂取不足を心配する必要はありませんが、タンパク質、ビタミン、ミネラルは意識して摂るようにしましょう。

タンパク質・ビタミン・ミネラルすべてが豊富なのが、大豆製品です。
また、大豆には女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をするイソフラボンが含まれているので、エストロゲンの減少によって分け目が薄い、抜け毛が増えたといった症状が出た時に効果を発揮します。
ダイエットにも最適なので、毎日豆腐や納豆など、摂りやすいものを食べるようにしましょう。

ビタミンは、サラダより煮野菜や茹で野菜を多く摂りましょう。
緑黄色野菜や、火を通してもビタミンCが壊れにくいじゃがいもがお勧めです。
ミネラルは、特に髪に良いといわれる亜鉛や鉄を多く含むレバーや卵(卵黄)、牛肉などを積極的に食べると良いのですが、苦手な場合はサプリメントで摂取するようにしましょう。

もっと早く確実に薄毛を改善したいなら

kaizen

分け目が薄いとかなり目立ちますよね。
しかし、忙しいとなかなか生活の中で改善させることは難しいものです。

とはいうものの、女性の薄い分け目の原因には女性ホルモンの減少という、加齢とともに避けられない原因が含まれています。
そのため、早めに手を打っておかないと改善に時間がかかるようになってしまいます。

女性ホルモンは30歳前後から徐々に分泌量が減り始めるので、それ以降も髪の分け目が薄い状態にならないようにするために、今から育毛剤の使用を検討しましょう。

女性用育毛剤と頭皮マッサージで頭皮に活力を!

育毛剤というと、ハゲを恐れる男性陣のためのもの、というイメージがありますよね。
しかし実際には、薄い髪に悩む女性の間で女性用育毛剤が大ヒットになっています。
特に「ベルタ育毛剤」「ミューノアージュ」「長春毛精」「マイナチュレ」などはおなじみの女性用製品で、どれも高い効果で人気です。

女性用育毛剤は、女性の薄毛の原因をホルモンバランスの乱れやストレス、栄養不足などから来る頭皮環境の悪化や血行不良であると捉えています。
そのため、頭皮を保湿したり、過剰な皮脂による雑菌の繁殖を抑えたり、血行を促進する成分が配合されています。

また、「育毛剤」という名前がつけられるのは医薬品か医薬部外品で、厚生労働省で効果が認められた成分が何種類も入っているのです。

さらに、無添加や天然由来成分にこだわった製品もあります。
養毛や育毛はヘアサイクルの関係から3~6か月はかかるといわれているので、女性の敏感な肌でも長期間安心して使用できるよう、徹底的に刺激物を排除しているのです。

こういった効果の高い女性用育毛剤を使用する時には、頭皮マッサージもセットで行ないましょう。
マッサージをすると頭皮の血管に直接刺激を与えることができますし、栄養たっぷりの育毛剤の成分をより早く浸透させることができます。

もちろん、育毛剤を塗布する時だけでなく、1日何度行なっても良いのです。
頭皮の新陳代謝が良くなるので髪の成長が良くなりますし、リラックス効果があるのでストレスの軽減にもなります。
アデランスでは、1日2~3回、1回5分程度続けることを勧めています。

決まった方法というのはありませんが、簡単にできるのがこんな方法です。

・手のひらを頭部に当てて包み込むようにし、円を描くように回す。
・指の腹を頭皮に固定し、頭皮を上下左右に動かす。動きにくい場所は小さな円を描くようにする。
・下から上、横から後ろに向かって軽く叩く。

爪を立てず、あまり力を入れないように注意しながら行いましょう。

女性の薄毛は治りやすいといわれていますが、それでも放置すればするほど回復に時間がかかってしまいます。
無駄に時間やお金をかけないためにも、できることを少しずつでも始めましょう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント