【毎日実践】手軽に始められて育毛効果抜群の頭皮マッサージのやり方教えます-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 女性の薄毛 > 【毎日実践】手軽に始められて育毛効果抜群の頭皮マッサージのやり方教えます
yarikata
【毎日実践】手軽に始められて育毛効果抜群の頭皮マッサージのやり方教えます
  • facebook
  • twitter
  • LINE
頭皮マッサージが効果的な理由について解説!

薄毛や抜け毛に悩む女性が増えていますが、実のところ何をしたら良いかわからないでいる人が多いようです。
薄毛治療専門のクリニックもありますが、効果は期待できるもののかなりお金がかかってしまい、なかなか続けられません。

そんな女性に、今回は一円もかからず頭皮環境を良くし、育毛効果抜群の頭皮マッサージについてご紹介しましょう。

頭皮の血行と髪の毛の関係

kankei

マッサージの効果で最も知られているのが血行促進効果です。
頭皮の血行促進が髪の健康にどうつながっているのでしょうか。

抜け毛や薄毛の予防改善には血行促進が必須

血液は食べた物の栄養が凝縮されたものですから、髪の毛を育てるために必要不可欠なものです。
また、血液には体内に滞留している老廃物や二酸化炭素を運び、最終的に排出する働きを助けているため、血液が届かないと不要物がずっと頭皮に留まることになります。

さらに、酸素を全身に送る、ウイルスや細菌、毒素から身体を守る、出血を止めるといった作用もあります。

頭皮に血液が十分に届くことで栄養を補給することができ、さらに老廃物を取り去って雑菌の繁殖を防ぎ、頭皮環境を良くすることができますから、血液が常に流れていることは、抜け毛や薄毛の予防改善対策に必須なのです。

頭皮の血行を悪化させる主な原因は何?

このように大切な血液ですが、実は頭皮には届きにくいという難点があります。
その理由には以下のことが挙げられます。

・心臓から遠く、重力に逆らって送らなくてはいけない

血液は心臓のポンプ力によって全身を回りますが、心臓も筋肉でできているため、筋肉の力が弱ければポンプ力も弱くなり、血流が悪くなります。
さらに、頭部には重力に逆らって送ることになるため、どうしても届きにくくなるのです。

・耳の上あたりからは血管が枝分かれして毛細血管のみになる

首を通りいくつもの動脈が通っていますが、耳のあたりで枝分かれし、毛細血管だけになってしまいます。
毛細血管は細いものは髪の毛の10分の1の太さしかないため詰まりやすく、その先の部分が消滅してしまうこともあります。
そのため上に行けば行くほど血行が悪くなり、薄毛や抜け毛が起こりやすくなります。

・頭頂部には筋肉がなく、熱を生み出しにくい

筋肉は熱を生み出す大切な組織で、血液が熱を運ぶことで体温を上げることができます。
しかし頭頂部は帽状腱膜という膜しかなく、前後左右にある前頭筋、後頭筋、側頭筋に引っ張られている状態です。

さらにそれらの筋肉自体それほど動かすことはないため、上に行けば行くほど体温が下がり、冷えによって血行が悪くなってしまいます。
頭頂部の体温を測ると、健康な人でも2~3℃低く、冷え性の場合30℃を切ってしまうこともあり、血管が収縮して栄養が届かなくなってしまうのです。

・首や肩のこりによって血管が収縮しやすい

パソコン・スマホの使用や家事などで、現代人はどうしても前かがみ、あるいは肩を固定した姿勢を取りがちです。
するとその部分の筋肉が固まり、そばを通る血管も同時に収縮してしまいます。
そのため首から上に血液が行きにくくなり、髪に栄養が届かなくなってしまうのです。

このようなことから、意識して血行を促進させないと髪は正常な育毛ができなくなり、薄毛や抜け毛が起こりやすいのです。

・食生活の乱れで血液がドロドロになる

毛細血管は栄養の受け取りと老廃物の受け渡しを行なうとても大切な組織ですが、非常に細く赤血球が形を変えて何とか流れている状態です。
そのため、少しでも赤血球の柔軟性が失われると、毛細血管に入り込むことができなくなってしまいます。

この柔軟性を失わせるのがコレステロールや中性脂肪で、赤血球に付着して血液をドロドロにしてしまうのです。
さらに、コレステロールや中性脂肪は血管壁にも付着するため、血管が細くなってさらに血流が悪くなってしまいます。

このように、頭皮の血行を悪くする原因はいくらでもあり、それから逃れることはほぼ不可能といえるでしょう。

頭皮マッサージが効果的な理由

riyuu

ここでは、頭皮マッサージが薄毛や抜け毛に効果的な理由をいくつかご紹介しましょう。

毛細血管を刺激して頭皮の血行を促進出来る

上に挙げたように、頭皮の血行は非常に悪くなりやすいのです。
さらに、血液が運ぶ栄養素は身体全体にとっても生命維持のためになくてはならないものですから、内臓に優先的に回されてしまいます。

そのままにしておくと薄毛や抜け毛が進行してしまいますから、毛細血管を刺激し、血液が送り込まれやすいようにしてあげることが大切なのです。

リンパの流れを改善し、老廃物の排出を促すことが出来る

耳の回りや髪の生え際にはリンパ管が多く集まっています。
頭部のリンパ管を同時にマッサージすることにより、体内の老廃物や細菌を含んだリンパ液をスムーズに流し、最終的に排出することができます。

リンパは血液と違い心臓ポンプで移動することができず、筋肉の動きや呼吸の振動で流れているため、運動不足になるとリンパが溜まりやすくなります。
頭皮マッサージでこの流れを促進することで、頭部に溜まる老廃物をうまく排出するサポートができるのです。

硬くなってしまった頭皮を柔らかく出来る

赤ちゃんの頃は誰でも頭皮が非常に柔らかいのですが、大人で同じような柔らかさを保持している人はほとんどいません。
その原因には以下のことが考えられます。

・デスクワークなど、長時間同じ姿勢を取ることで血行が悪くなる
・空調などで頭皮が冷えて硬くなる
・空調などで頭皮が乾燥する
・紫外線によって頭皮が乾燥する
・シャンプーの洗浄力が強すぎて頭皮が乾燥する

頭皮は全身の中で最も紫外線を浴びているため、非常に乾燥しています。
その上に空調で乾燥した空気の中にいると、水分がどんどん蒸発するため、ますます頭皮が乾燥してしまいます。

さらに、シャンプーの洗浄力が強すぎると必要な皮脂まで取り去ってしまい、やはり乾燥の原因となります。

乾燥した頭皮は硬くなり、その下を通る毛細血管を圧迫してしまうため血流が悪くなってしまいます。
そこで頭皮マッサージをすることで頭皮が柔らかくなると、毛細血管が伸縮することができるようになるため、十分栄養が届くようになるのです。

また、頭皮が硬くなると毛穴も不自然に歪んでしまうことがあります。
すると伸びてくる髪にクセやうねりが出てしまうのです。
日本人の92%は直毛という説もあり、いつの間にかクセが出て来たという場合は毛穴の歪みの可能性があります。

こんな場合も、頭皮マッサージで頭皮に柔軟性が出てくると毛穴の形が元に戻り、髪の毛も真っすぐになってきます。

毛穴に詰まった皮脂を取り除くことが出来る

毛穴からは常に皮脂が分泌されていて、量が多いとどうしても詰まりがちになります。
皮脂は42~43℃で溶け出すといわれていますが、シャンプーの時に推奨される湯温は38~40℃程度です。
これは、高温になるほど髪のキューティクルが開き、中のタンパク質や脂質が流出しやすくなるからです。

そこで、シャンプー前に頭皮マッサージをすると頭皮が温まることで毛穴が広がり、皮脂が取り除きやすくなるのです。
特に洗浄力が穏やかなアミノ酸系のシャンプーを使用している場合は、頭皮マッサージをするかどうかで頭皮のすっきり感が違ってきます。

リラックス効果によってストレス解消になる

マッサージにはストレス解消効果もあります。
マッサージをすると筋肉が解きほぐされ血行が良くなるため、副交感神経が優位な状態になってきます。
副交感神経には心身をリラックスさせる作用があるため、ストレスが解消されやすくなるのです。

さらに、中国医学ではおでこの生え際あたりが性ホルモンのツボだと考えられています。
女性の薄毛や抜け毛には女性ホルモンの分泌量低下が大きな原因となるため、その部分をやさしく刺激してあげることで分泌量が増え、髪の毛の健康につながります。

頭皮マッサージの前に

mae

ここまで読んで、頭皮マッサージをしたくなった方、その前にしていただきたいワンステップがあります。
これを行なうことでマッサージの効果がさらにアップしますよ。

肩や首(頚動脈)周りをマッサージしましょう

頭皮を触って硬いと感じた場合、ほぼ間違いなく肩や首もこっているはずです。
上に書いたように、頭部の頭頂部以外には筋肉があり、それらは首や肩の筋肉とつながっています。

頭皮が硬くなっているということは、それにつながる筋肉も硬くなっているということです。
特にデスクワークで長時間同じ姿勢を取っていたり、パソコンやスマホの見過ぎで眼精疲労を起こしたりすると、肩や首、目の回りの筋肉が硬くなり、その部分の血行が悪くなってしまいます。

その部分の血行が悪いままで頭皮をマッサージしても効果が半減してしまいますので、まずは首や肩、目の回りをほぐしましょう。

血行を促進する効果があるツボを押しましょう

血行を促進するツボを押しておくと、さらにマッサージの効果がアップします。
頭部の血行促進に効果があるといわれているツボを3つ紹介します。

・百会(ひゃくえ)

百会は頭頂部中心にあるツボで、両耳を結ぶ線ととおでこの中心線が交わったところにあります。
万能のツボと呼ばれ、どんな症状の時にも何はともあれ押せ、というくらい卓効があります。
その中でも特に頭部の血行促進に効果があるので、頭部マッサージの前に数回押しておきましょう。

・翳風(えいふう)

耳たぶの後ろにあり、骨の下あたりにある少し引っ込んだところです。
気(エネルギー)の流れを調整し、血行を良くして水分代謝を高めるといわれています。

・角孫(かくそん)

耳の一番高い部分が触れる頭皮側にあります。
首は肩のこりをほぐし、頭部全体の血行を良くする効果があります。
また、眼精疲労を緩和する働きもあるので、スマホやPCの使い過ぎから来るこめかみやおでこの薄毛・抜け毛にも良いとされています。

これらの場所に親指や人差し指を置き、気持ちいい程度の力で押します。
1回3~5秒、息を吐きながら押し、吸いながら指を離すことを10回程度繰り返しましょう。

これだけでも十分血行が良くなり、薄毛や抜け毛の予防改善効果が期待できます。
時間がない時や職場で目が疲れた、肩がこったという時にさっとすれば血行が良くなりこりが軽減するので、習慣にしてしまいましょう。

正しい頭皮マッサージのやり方

yarikata

頭皮マッサージには様々な方法があり、どれも効果があるとされています。
しかし、実際には血液やリンパの流れ、筋肉の動きなどを考慮して行なわないと、後々逆効果になることがあります。

一時大流行した「造顔マッサージ」も、下手にやると毛細血管が切れて栄養が行かなくなってしまい、無理な力で皮膚を引っ張ることでたるみやしわの原因となる、と皮膚科医が警鐘を鳴らしています。

ここでは無理な力を入れず、それでいて十分な効果が期待できるマッサージをご紹介しましょう。
一般社団法人国際ホリスティック・ヘッドケア協会が行なっている、インド伝承医学アーユルヴェーダに基づいた頭皮ケアで、無理な力を入れることなく頭皮の健康にアプローチしてくれます。

毎日実践!正しい頭皮マッサージのやり方

①手のひらをこすり、十分温める。

②両手のひらを下に向け、頭頂部を包むように置き、深呼吸する。

③側頭部の筋肉をマッサージ。
人差し指、中指、薬指の指の腹を耳の上の頭皮に置き、上下に6回ほどゆっくり動かす。
指を上にずらし、3か所ほど同じようにマッサージする。

④前頭部の筋肉をマッサージ。
おでこの生え際に人差し指、中指、薬指を置き、上下に6回ほどゆっくり動かす。
指を横にずらし、こめかみの生え際、耳の上の3か所でも同じようにマッサージする。

⑤こめかみをマッサージ。
こめかみに手のひら部分を当て、引き上げ気味に8回程度回す。
この時、親指側に力を入れて4回、下側に力を入れて4回回してみて、一番気持ちが良いポイントを探すと良い。

⑥頭皮全体を刺激。
指を5本すべて使い、頭全体をやさしく叩く。
左右同時に叩いても交互に叩いても良い。

⑦生え際から後頭部をマッサージ。
片方の指4本を軽く爪を立てておでこの生え際に置き、後頭部に向かってブラッシングするように移動させる。
左右の手で交互に10回程度行なう。

⑧頭頂部に両手を置き、3回深呼吸する。

「いつでも、どこでも!セルフヘッドマッサージで快眠・育毛・リフトアップ!」

こんなに簡単で力を入れなくていいの?と思うくらいソフトなマッサージですが、インドでは古くから伝えられてきたヘッドマッサージの一つです。

考えてみれば、インドは日本とは比較にならないほど紫外線が強く空気が乾燥している地域が多いのに、インド女性の髪はとても豊かですよね。
この頭皮マッサージを続けることで、彼女たちのように美しく豊かな髪に近づけますよ。

育毛剤もオススメです

osusume

頭皮マッサージだけでも十分効果が期待できますが、すでに薄毛や抜け毛で悩んでいる女性には育毛剤の使用もお勧めします。

育毛剤を併用すれば更に効果が期待できます

頭皮マッサージは血行を促進するので、血行不良のために頭皮環境が悪くなって薄毛や抜け毛になっている場合は非常に有効です。
しかし、血液自体が栄養不足の場合、いくら頭皮まで届いても育毛効果までは期待できない可能性があります。

そこで、特に食生活が乱れがちな人、ダイエットや偏食で栄養不足になりがちな女性は、女性用育毛剤を併せて使用するほうが良いかもしれません。

育毛剤には頭皮環境を改善する保湿成分や血行促進成分が配合されていますし、そのほかにも、髪の主成分であるアミノ酸や髪の成長を助ける女性ホルモンに似た作用をする大豆イソフラボン、ビタミンやミネラルを多く含む成分などが入っています。

髪の成長にはアミノ酸が結合したケラチンタンパク質やビタミン、ミネラルが必要ですが、食事から摂取しても頭皮にまで届くとは限りません。
しかし育毛剤なら直接頭皮に浸透するので、健康な髪を育てるサポートをしてくれるのです。

さらに、女性用育毛剤に使用される天然由来成分の多くは、自分の身を守るため抗酸化作用や細胞修復作用を持っています。
その作用が頭皮に浸透することで、髪を作る毛母細胞が活性化し、薄毛や抜け毛の予防改善にパワーを与えてくれるのです。

薄毛や抜け毛が気になり始めたら、まずは毎日数分の頭皮マッサージやツボ押しを習慣にしましょう。
面白いもので、頭皮マッサージの効果はまずシャンプー後の髪の乾き具合に現れます。
血行が良くなると頭皮の体温が上がるので、ドライヤーをかける前にすでに根元がかなり乾いているのです。

頭皮マッサージだけでももちろんOKですが、そこで育毛剤を使用すると、頭皮環境がすでに改善され始めているのでとてもよく浸透し、効果が倍増しますよ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント