【年代別】女性の髪トラブルや薄毛を発生させる原因と、おすすめの女性用育毛剤-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 女性の薄毛 > 【年代別】女性の髪トラブルや薄毛を発生させる原因と、おすすめの女性用育毛剤
60dai
【年代別】女性の髪トラブルや薄毛を発生させる原因と、おすすめの女性用育毛剤
  • facebook
  • twitter
  • LINE
おすすめの女性用育毛剤を年代別にご紹介

女性の大半が、髪に悩みを持っているといわれます。
40代以降の加齢による白髪や薄毛だけではなく、10代20代でも様々な悩みで困っている女性が増えているのです。
そのままにしていると抜け毛や薄毛につながってしまう可能性があるので、早い段階で対処しましょう。

今回は、年代別の髪トラブルの原因と、おすすめの育毛剤について解説します。

女性の髪トラブルは何故起こる?

naze

加齢による髪トラブルはお肌と同様、避けることはできません。
しかし、10代~20代で起こる髪の悩みは加齢ではなく、日頃の生活習慣やヘアケアによる場合も多いのです。

ヘアサイクルの乱れが様々な髪トラブルを生む!

髪には「ヘアサイクル」と呼ばれる寿命があります。
女性の場合、1本の髪が生まれてから抜けるまでに4~6年の寿命があるといわれています。

髪の一生のほとんどは髪が伸びる「成長期」で、その後数週間の「退行期」と「休止期」を経て抜けて行きます。
休止期には新しい髪が毛穴奥で作られ始め、最終的にその髪が古い髪を押し出すことで新しい髪と入れ替わります。

退行期や休止期に入っている髪は10%前後といわれます。
日本人の髪の本数は6~14万本、平均で10万本程度といわれ、毎日50~100本は寿命を迎えた髪が抜けていきます。

また、秋口は抜け毛が増えるといわれ、多い人では1日300本程度抜けることもありますが、一過的なもので特に心配することはありません。

しかし、何らかの原因でヘアサイクルが乱れると、成長期が短くなり、場合によっては生えてから数か月~1年程度で退行期に入ってしまい、短く細い未成長な状態のままで抜けてしまうことがあります。

これには多くの原因がありますが、30代前は生活習慣の乱れや間違ったヘアケアがヘアサイクルを乱してしまっていることが多く、30代後半からは女性ホルモンの減少や加齢による細胞老化が大きいとされています。

「髪質の変化⇒抜け毛⇒薄毛」にならない為に

髪質は遺伝が影響することが多く、成長とともに親の髪質に似てきたりすることはあります。
しかし、髪が増えたと思っていたら実は髪が傷んで広がりやすくなった、まとまりが良くなったと思ったら栄養不足で細い髪になっていたなど、変化を勘違いしていることも多くあります。

悩んでいた髪トラブルが収まったと思いそのままにしていると、ある日薄毛を指摘されてショックなどということになりかねません。
また、他人から見てはっきりわかるほど薄毛になっていると、その時からケアを始めても回復するまでに半年~1年以上かかってしまうかもしれません。

そうなる前に、髪質の変化を感じた時からケアを始めましょう。

10代~20代女性の髪トラブルの原因とおすすめの育毛剤

20dai

10代~20代女性の髪トラブルとその原因、それを解決するためのおすすめ育毛剤をご紹介します。

10代~20代女性の髪トラブルや薄毛の原因

Beauty総研(リクルート)が2014年に調査したところによると、20代の女性の髪トラブルの中で多いのは、以下のことです。

1位:髪がパサつく
2位:髪がくせ毛である
3位:髪が広がりやすい
4位:髪にツヤがない
5位:枝毛・切れ毛が多い

これ以降、抜け毛が多い、ハリ・コシがない、細いといった悩みが続くのですが、10代~20代女性の髪トラブルは髪表面に対するものが多いことが伺えます。
この原因の多くは、生活習慣の乱れや間違ったケアによるものです。

若い女性に最も多いのが、ダイエットや偏食による栄養不足です。
髪の毛が生えてくることは当たり前のように感じてしまいがちですが、髪はタンパク質からできていて、食事で摂るタンパク質が不足すると髪の毛は不健康になりがちです。

また、食べ物のタンパク質はそのままではなく、体内で一旦アミノ酸に分解され、その後必要とされる全身の各部位にあったタンパク質に再合成されます。

髪の場合ケラチンと呼ばれるタンパク質になるのですが、その再合成の際にはビタミンやミネラルが必要です。
そのため、タンパク質、ビタミン、ミネラルのどれが不足しても髪は健康を保つことができず、パサパサになったりツヤがなくなったり、枝毛・切れ毛を起こしやすくなったりするのです。

また、スマホや夜遊びなどで10代~20代はどうしても睡眠不足になりがちです。
まだ若いので回復力はあるものの、それが頻繁になると段々内臓が疲労してしまいます。
内臓が疲労すれば食欲不振になりやすくなり、また食べた物をしっかり消化吸収できなくなるため、その影響が髪に出やすくなるのです。

また、このお年頃は髪のケアにも力を入れることが多いのですが、それが間違った方法に行ってしまっていることが多いのです。
多くのCMや雑誌で紹介している有名メーカーのシャンプーは、洗浄力や脱脂力が非常に強いため、髪と頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

皮脂は天然のコーティング剤といわれ、髪の表面にあるキューティクルを保護して髪にツヤを出す働きがあります。
また、頭皮を紫外線や外的刺激から守る作用もあり、雑菌が異常繁殖させないようにもしています。
しかし、皮脂がすべて取り除かれるとそれらの作用が失われてしまいます。

キューティクルがめくれやすくなると、中のケラチンタンパク質や水分、脂質がどんどん抜け出してしまうため、それが20代の髪トラブルであるパサつき、広がり、ツヤ不足、枝毛・切れ毛を生み出してしまいます。
また、フケやかゆみ、臭いといった頭皮のトラブルも起こりやすくなるのです。

もう一つ問題なのが、パーマやヘアカラー、ブリーチなどです。
これらが髪の毛に非常にダメージを与えることは皆さんご存知だと思います。
美容院で施術してもらえばその時は美髪になりますが、自分でケアするとパサつきやツヤ不足、枝毛・切れ毛などがどんどんひどくなりますよね。

これは、パーマ液やカラー剤、ブリーチ剤は髪の健康を崩してしまうものばかりが成分だからです。
また、髪と頭皮、細胞などは同じタンパク質からできているため、髪と同じようにダメージを受けてしまいます。

髪は一度ダメージを受けたら二度と元に戻りませんし、頭皮や細胞は新陳代謝するとはいえ、その新陳代謝機能自体がダメージを受けるため、なかなか健康な状態に戻りません。
戻る前にまた施術してしまうと、頭皮や細胞はどんどん機能を失い、最悪の場合髪が生えて来なくなってしまうこともあり得ます。

10代~20代女性におすすめの女性用育毛剤

10代~20代の場合は、生活習慣の乱れやヘアケアによる頭皮環境の悪化が、薄毛や髪トラブルの大きな原因になっています。
シャンプーやパーマ、ヘアカラーなどでダメージを受けた頭皮は乾燥しがちなので、保湿成分がたっぷり含まれているものが良いでしょう。

また、ダイエットをよくしている場合は血行不良になりやすいので、冷え性気味の場合は血行促進作用のある成分が配合されているものもおすすめです。

そのほか、特に生理前などに皮脂分泌が過剰になりやすい人は、皮脂の分泌を抑え抗菌作用のある成分が入っているものも良いでしょう。

さらに、食事の偏りで栄養が不足している場合もよくあるので、食事制限をしている場合はアミノ酸など髪の栄養補給ができるものを中心に選びましょう。

・ベルタ育毛剤

保湿、血行促進、抗炎症、皮脂分泌抑制、抗酸化作用のある成分が配合されているので、どんな髪トラブルにも対応できます。
また、アミノ酸が配合されているので、髪に不足しがちなタンパク質の補給もしてくれます。
また、16種類の無添加なので、妊娠中や授乳中でも使用できます。

・ミューノアージュ

保湿、血行促進、抗炎症、皮脂分泌抑制、抗菌成分が配合されており、特に皮脂分泌が多めの人に向くドクターズコスメです。
髪の細胞を根本から活性化させる成分も配合されています。

2剤式で面倒と感じる人もいますが、その分溶剤であるアルコール無添加となっており、ヘアカラーが色落ちしにくくなっています。

・マイナチュレ

マイナチュレはベルタ育毛剤と同様多くの成分が配合されているので、どんな髪トラブルにも対応できます。
アミノ酸10種類配合なので、栄養不足になりがちなダイエット世代にぴったりです。
また、刺激性のある成分11種類無添加なので安心です。

30代~40代女性の髪トラブルの原因とおすすめの育毛剤

40dai

30代以降は、それまでとは違った髪トラブルが起こりやすくなります。
育毛剤も、20代までとは違った観点から選ぶことが大切です。

30代~40代女性の髪トラブルや薄毛の原因

Beauty総研(リクルート)が2014年に調査したところによると、30代と40代の髪トラブルは以下のものが主流になってきます。

30代の髪トラブル 40代の髪トラブル
1位 髪がパサつく 37.2 白髪が目立つ 44.4
2位 髪がくせ毛である 29.3 髪がパサつく 32.9
3位 髪が広がりやすい 24.2 髪がくせ毛である 28.9
4位 白髪が目立つ 21.0 髪にハリ・コシがない 22.8
5位 抜け毛が多い 19.7 髪にツヤがない 21.2
6位 髪にツヤがない 19.3 髪が広がりやすい 21.2
7位 髪にハリ・コシがない 18.0 抜け毛が多い 18.8
8位 髪がまとまりにくい 15.8 髪にボリュームがない 17.9
9位 髪にボリュームがない 14.2 髪が痩せて来た 17.1
10位 枝毛・切れ毛が多い 12.4 髪がまとまりにくい 16.3

現在ほどシャンプーやパーマ、ヘアカラーなどの成分に関する知識が一般に広がっていなかった世代ですから、髪のパサつきや広がり、ツヤなどはその影響を強く受けていると考えられます。

さらに、30代に入ると女性ホルモンの分泌量が減ってきます。
女性ホルモンは卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンがあり、特にエストロゲンには髪の健康を維持し、寿命を長くする働きがあります。

しかし、女性ホルモンは加齢によって卵巣の機能が低下すると分泌量が減ってくるため、髪の毛にも悪影響が出てくるのです。

パーマやカラーリングはあまりした経験がない、20代は髪が健康だったという場合でも、パサつきやハリ・コシ減少、抜け毛、ボリューム減少などが目立つようになった場合は、女性ホルモンの減少が大きな原因となっている可能性があります。

これらに加え、ストレスも重なってきます。
30代~40代になると20代の頃と違いストレス発散する機会が減ってきますし、家事や子育て、近所づきあい、義両親との関係などストレス自体が複雑になってきます。

ストレスは自律神経を乱す原因となりますが、女性ホルモンは自律神経の不調に影響を受けやすいため、エストロゲンの分泌量が減り、髪の毛に影響を及ぼすのです。
また、自律神経には血管を収縮させてしまう作用があるため、頭部に栄養が届きにくくなり、これも髪トラブルや薄毛の原因となります。

30代~40代女性におすすめの女性用育毛剤

この年代になると皮脂分泌量が減ってくるため、頭皮がかなり乾燥しやすくなります。
さらにストレスで血管が収縮している場合が多くなります。
そのため、保湿成分や血行改善成分がたっぷり入っているものを選びましょう。
さらに女性ホルモンの分泌を促す成分や、女性ホルモン様成分が入っているものがおすすめです。

・ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤には保湿、血行促進成分のほか、女性ホルモン様成分と、女性用育毛剤にはまだ少ない「抗糖化成分」が配合されています。

糖化とは、食べ物から摂った糖質とタンパク質が結合して細胞を老化させてしまうことです。
加齢とともに糖化が進んでしまうと頭皮が弾力性を失ってしまったり、髪のハリ・ツヤがなくなったりしてしまうのです。
ベルタ育毛剤はこれらを防ぐので、頭皮のアンチエイジングケアにぴったりです。

・薬用ナノインパクト100レディ

男性用育毛剤ナノインパクトの女性版で、保湿、血行促進、皮脂分泌抑制、抗菌、抗酸化などあらゆる髪トラブルに対応している製品といえます。
女性ホルモンを補う成分が配合されており、さらに成分をナノ化しているので非常に浸透力が良くなっています。

・デルメッドヘアエッセンス

女性ホルモン様成分に加え、女性ホルモンが減少すると同時に減るタンパク質を増やす特殊成分を配合してあります。
また、抗糖化作用のある成分も配合されているので、加齢による糖化にも効果が期待できます。

若干添加物が配合されているので授乳中や肌の弱い人には向きませんが、製薬会社の製品だけに育毛や頭皮環境改善効果は期待できそうです。

・花蘭咲

花蘭咲には女性ホルモン様、あるいは女性ホルモン分泌促進成分は配合されていませんが、エビネ蘭から採れるエキスは頭皮環境を整える働きが強く、血行を促進し頭皮の細胞を活性化させる働きがあり、13か国で特許を取得しています。
パッチテスト済で安全性が高いので、安心して使用できます。

50代~女性の髪トラブルの原因とおすすめの育毛剤

60dai

50代に入ると更年期と重なり、あらゆる髪のトラブルが出やすくなります。
また、原因の特定も難しくなってくるため、育毛剤の効果に時間がかかるようになってしまいます。

50代~女性の髪トラブルや薄毛の原因

1位:白髪が目立つ
2位:髪にハリ・コシがない
3位:髪にボリュームがない
4位:髪がパサつく
5位:髪が痩せて来た

そのほか、分け目が気になる、抜け毛が多いといった回答も増えてきます。
若い頃は現在ほどヘアケア製品の質が良くありませんでしたし、情報も一般には公開されていなかったため、髪も頭皮もかなりダメージを受けている人が目立ちます。
さらに女性ホルモンがほとんど分泌されなくなってくるため、髪の健康も衰えてきます。

細胞も老化してくるので新陳代謝に非常に時間がかかるようになり、頭皮の場合2か月~3か月以上かかるといわれています。
そのため、育毛剤の効果もすぐには出ないため、半年~1年は継続使用する必要があります。

50代~女性におすすめの女性用育毛剤

50代以降になると多くの原因が深く関わり合うようになります。
そのため、できるだけ多くの効能・効果が期待できるよう多くの成分が配合されているものか、この年代に最も薄毛の原因となる女性ホルモン減少をケアしてくれるものをおすすめします。

・ベルタ育毛剤
・マイナチュレ
・薬用ナノインパクト100レディ
・デルメッドヘアエッセンス

ベルタ育毛剤とマイナチュレはオールラウンド型といえるので、50代の様々な頭皮トラブルをトータルで改善してくれます。
ナノインパクトとデルメッドは女性ホルモン減少にフォーカスした成分が配合されているので、更年期障害が出やすいタイプにおすすめです。

女性の髪は元に戻せます

kami

女性の薄毛は男性に比べて治しやすいといわれています。
これは、女性ホルモンの量が減少するとはいえゼロにはならないことや、様々な要因が重なって薄毛になるため、その要因をある程度改善することで髪の健康を取り戻しやすいからです。

出来るだけ早く対処することが改善の鍵です

ここまで女性の薄毛や髪トラブルの原因について簡単に書いてきましたが、一度まとめてみましょう。

・加齢
・遺伝
・女性ホルモンのバランスの乱れ
・ダイエットや偏食による栄養不足
・運動不足
・睡眠不足
・ストレス
・紫外線
・間違ったヘアケアやパーマ・カラーリングなど

これらは別々の原因のようでいて、つながっていることがかなりあります。
たとえばストレスによって女性ホルモンのバランスが乱れて生理が止まったり、睡眠不足を引き起こしたりしますよね。

睡眠不足になると胃腸の調子が悪くなって食べた物を吸収できなくなり、女性ホルモンが作られなくなったり、イライラしやすくなってストレスを引き起こしたりと、悪循環になってしまいます。

また、ダイエットは精神的にかなりストレスになりますから、栄養不足に加えて自律神経の乱れから血行が悪くなり、頭皮へ届く栄養がほとんどなくなってしまうことも起こります。

そのほか、間違ったヘアケアやパーマ・カラーリングなどをし続けると頭皮が異常に乾燥し、紫外線の影響を直接受けてしまいます。
紫外線による活性酸素は細胞のDNAを損傷してしまうため、新陳代謝ができなくなって髪の成長を止めてしまったり、細胞の情報をうまくコピーできなくなるため髪質が変質してしまったりするのです。

このように、女性の薄毛や髪トラブルの原因はちょっとした生活習慣の乱れや知識不足などから始まり、それが負の連鎖を引き起こしてしまいます。
20代でも不摂生を重ねていると、こまめなケアをしていた50代より頭皮が老化しているかもしれないのです。

しかし、ちょっとした正しいケアの積み重ねによって、薄皮を剥ぐようにトラブルが少しずつ減っていくという可能性もあります。
実際、女性用育毛剤で多くの女性が薄毛や髪トラブルが改善されています。

1日1~2回頭皮全体に薄く塗って、さらに頭皮マッサージも行なえば、滞りがちだった血液が送られるようになり、頭皮が柔軟性を取り戻して髪を生み育てる機能が回復してきます。
人によって効果を実感するまでには長い期間かかることもありますが、あきらめず毎日の習慣にしましょう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント