薄毛女性の髪型の悩みをスッキリ解決!薄毛女性に似合う髪型と対処法まとめ-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 女性の薄毛 > 薄毛女性の髪型の悩みをスッキリ解決!薄毛女性に似合う髪型と対処法まとめ
point
薄毛女性の髪型の悩みをスッキリ解決!薄毛女性に似合う髪型と対処法まとめ
  • facebook
  • twitter
  • LINE
髪型に悩んでいる薄毛女性の方は必見です!!

薄毛に悩む女性はかなり多いものです。
50代60代だけでなく、最近は10代でも髪の毛の薄さに悪戦苦闘している女性が増えています。
そんな時、生活習慣を見直したり育毛サプリメントや育毛剤を使用したりするのはとても大切なこと。

しかし、効果が実感できるまでに半年程度かかりますから、それまでの間どうしますか?
じっとガマンするより、ヘアスタイルを変えて、毎日を明るく過ごしませんか?

女性の薄毛とストレスの関係性

sutoresu

女性にとって、髪の毛が少ないのは大きな悩みとなります。
ベリーショートにしてしまえばあまり目立たないですが、やはり色々なヘアスタイルを楽しみたいのが女心ですよね。

薄毛による髪の悩みがストレスになっていませんか?

薄毛でヘアスタイルが決まらない、毎日鏡に映った自分を見てうんざりする、という女性が増えています。
たかが髪型、といわれても、髪はその人の印象を決めるとても大きなパーツです。
ふんわり柔らかで風をまとったようなシルエットの服にぺしゃんこの髪というのは、どう考えても似合いませんよね。

あるいは、スーツにまとめ髪でシャープに決めたくても、地肌が透けて見えると突然ダサく見えてしまうものです。

そういう人をこれまで見て来たからこそ、自分がその立場になるとものすごくストレスになります。
お気に入りの服が似合わなくなった、ブティックで試着したら全然イメージが違ってしまった、なんてことが多くなると、オシャレが全然楽しめなくなってしまいます。

しかも、トップ部分がぺしゃんこになるとなぜかすごく老けて見えるんですよね。
女性はいくつになっても若く見られたいものなのに、髪のせいでおばさんに見られたらたまりません。
そんなこんなで、段々外出するのが苦痛になって来てしまうのです。

でも、それはとてももったいないことです。
薄毛の改善のためにケアするのは大切ですが、その結果が出てくるまでの間はヘアスタイルでカバーして、毎日を明るく過ごしましょう。

女性の薄毛が目立つ髪型

顔の形やパーツの位置によってイメージは違ってくるものの、薄毛が目立つ髪型というのがいくつかあります。

貴女は大丈夫?薄毛が目立ってしまう髪型はコレ!

ズバリ、分け目がはっきりしていて顔の回りがストレートかそれに近い髪。
トップに短い部分がなく、さらにおでこ全開。
これはかなり目立ちます。

また、短くてもおでこを多めに出していたり、髪を耳にかけたりして顔の比率が多いと、やはり少なく見えてしまいます。

この広末さんのようにストレートで、さらに髪を耳にかけて顔の輪郭がはっきり出てしまうと、顔の肌色が膨張色、髪の黒が収縮色なので、顔が大きく見えるだけでなく髪が少ないという印象を与えてしまうのです。

薄毛に悩む女性に似合う髪型

薄毛でも細毛でも、髪にハリやコシがあればぺしゃんこにはならないため、それほど薄毛感はありません。
問題は薄毛が髪のハリやコシのなさから来ている場合です。

そんな場合は、分け目の位置をずらし目に入りにくい場所にするか分け目を作らない、または前髪を作りましょう。
髪が見える部分が多ければ、それだけで全然違ってきます。

また、毛先に軽くパーマをかける、あるいは髪を明るめの色にすると広がりが出て、ボリュームアップします。

薄毛に悩む女性に似合う髪型【ショートヘア編】

重くならない程度に前髪を作り、分け目を中央にしないことで目立たせなくします。
さらにゆるめのパーマで顔の回りにふくらみを持たせることで、かなりボリュームアップできます。

ボーイッシュなショートの場合は、顔の回りにボリュームを持たせることができません。
そんな時には思い切って横の顔回りの髪を少なくして、トップのボリューム感を引き立たせましょう。
毛先に軽くパーマをかけてふんわり感をアップ。

全体的に丸みをつけるのも、薄毛が目立たなくなるのでお勧めです。
ひし形シルエットにして、さらにワックスなどでエアリーな感じを出しましょう。
前髪は、全部下ろすと重めになるので、少しおでこを出すように。

薄毛に悩む女性に似合う髪型【ミディアムヘア編】

スライドカットでひし形シルエットを作り、さらに毛先中心にゆるふわパーマをかけて広がりを出します。
前髪は眉あたりでカットし、横から長めの髪をふわっと被せるととても広がりが出ます。

あまり段差をつけたくない場合は、毛先はローレイヤー、顔の回りだけ別にレイヤーを少し入れて、ゆるめにパーマをかけます。
前髪は多めに取り、はっきり分け目をつけないようにします。

まずひし形シルエットになるよう肩の高さにカットし、さりげなく外側にはねるようにします。
さらに中間からパーマをかけ、毛先が軽く動きが出るように。
頭頂部はワックスなどで立ち上げましょう。
髪が長くなると重めに見えるので、ハイライトを入れるのもお勧め。

薄毛に悩む女性に似合う髪型【ロングヘア編】

薄毛の女性にはロングヘアはお勧めしません。
どうしても、という場合は明るめのカラーリングをして、全体的にレイヤーを入れ、特に顔の回りのレイヤーを多くして動きを出します。
前髪は分け目を作らないようにして、無造作に流す感じを出しましょう。

レイヤーを入れたくない、という場合は前髪を強調しましょう。
分け目をつけず、多めに取ります。
前髪以外はストレートにして広がりを抑えることで、より前髪の量が多く見えます。
毛先だけ軽くレイヤーを入れパーマをかけると軽やかな印象になります。

パーマやカラーリングをすると薄毛が目立たなくなりますが、その分髪も傷みやすくなってしまいます。
パーマは毛先だけにかける、カラーリングはハイライトで一部だけ染毛するなど、できるだけダメージが少ない方法を美容師に相談しましょう。

また、技術のある美容師なら髪質を見極めて最適なカットをしてくれるので、パーマをかけなくてもボリュームアップできます。
カットの評判が良いお店を探しましょう。

女性の薄毛を目立たせなくするポイント

point

髪の毛は伸びるものですから、パーマやカットをしても段々重みで髪が広がらなくなり、薄毛が目立ってきてしまいます。
パーマはあまりこまめにかけないほうが良いので、少しでもテクニックを覚えて髪をボリュームアップしましょう。

ワンパターンはダメ!分け目は定期的に変える

いつも同じ分け目にしていると、重みがその部分に集中してかかるため、髪が抜けやすくなり、どんどん薄毛が広がってしまいます。

また、紫外線がその部分にずっと当たっているのも、頭皮や細胞にダメージを与えてしまうため、やはり薄毛の原因になります。
1~2か月に一度は分け目を変えるようにしましょう。

髪のボリュームを出すドライヤーの使い方

doraiya

髪の頭頂部にボリュームを出すには、まずはできるだけレイヤーを入れて短くしましょう。
長いと重みでぺしゃんこになりがちですし、細くてコシがないとスタイリング剤を使用してもいつの間にかつぶれてしまいます。

ドライヤーでボリュームを出すには、いつもの分け目をそのまま上からドライヤーをかけるのはNG。
まず髪を濡らしてスタイリング剤をなじませたら、下から上に向かってドライヤーの風を当てます。
髪を持ち上げ、つむじ側に向かって横から根元にかけるようにします。

右側の髪は左手でかき上げ、右手でドライヤーを持って根元にかけるとうまく行きます。
左側の髪はその逆です。

頭頂部は、髪を持ち上げて後ろからドライヤーをかけるようにします。
そのまま後頭部も髪を持ち上げ、下から上に風を当てます。
または、下を向いて髪を斜め上に持ち上げ、その状態で根元にドライヤーをかけるのも簡単です。

また、サイドをふんわりさせたい場合は下からドライヤーを当てて、根元が立ち上がるようにします。

YouTube:

前髪を左右どちらかに流したい場合は、流したい方向と逆方向に髪を流してドライヤーを当てます。
その後流したい方向に髪を戻し、軽く風を当てるようにするとふんわり立ち上がります。

ドライヤーで髪をふんわりさせる時のコツは、乾いた髪ではなく、少し濡らした髪にスタイリング剤をなじませ、低い温度でスタイリングすることです。
髪の毛は冷える際にくせがつくので、入浴後のドライヤーは8割程度乾いてから冷風に切り替え、くせをつけましょう。

ウィッグやヘアアクセサリーを活用してお洒落上級者に

ウィッグを利用するという手もあります。
トップピースという頭頂部のみのものからフルウィッグまで色々ありますので、好みで選びましょう。
特に、白髪が気になる人は急な外出時の白髪隠しにもなりますから、一つ持っていて損はありません。

スカーフやニット帽などを利用して、髪を隠しながらファッショナブルに見せるという方法もお勧めです。
服はシンプルに、スカーフなどの柄をファッションのメインにするのも良し、服と色を合わせてシックにまとめるのもステキですね。

これ以上薄毛を悪化させたくない!

ドライヤーのかけ方でトップにふんわり感は出せますが、毎朝忙しい時間にやるのは大変です。
また、ウィッグや帽子は便利ですが多少蒸れますし、あまり長時間つけたいものではありませんよね。
やはりここは一念発起して、薄毛改善のために生活を見直しませんか?

毎日の【食事】【生活習慣】【頭皮ケア】を見直そう

女性の薄毛の原因の多くは、栄養バランスの悪い食事や不摂生、間違った頭皮ケアによるものです。
一度に全部見直すのは無理でも、できることから始めましょう。

<食事>

「平成27年国民健康・栄養調査結果」によると、炭水化物、タンパク質、脂質に関しては日本女性の20歳以上の平均値は必要摂取量をクリアしています。
しかしビタミンとミネラルは不足しがちという結果が出ています。

ビタミンとミネラルは、摂取したタンパク質が髪のケラチンタンパク質に再合成される時に必要な成分なので、これらが不足するとタンパク質を摂っても健康な髪が育ちません。

また、髪の成長に不可欠といわれる亜鉛やビタミンCは、ストレスやアルコール分解のために大量消費されてしまうため、現代人は必要目安量以上に摂取する必要があります。

ビタミンやミネラルは大豆製品や卵に豊富に含まれていますが、サプリメントを利用するのも手軽です。
マルチビタミン・ミネラルのサプリが各社から販売されているので、そういったものを賢く利用しましょう。

<生活習慣>

seikatsushuukan

女性の髪の健康に大切なのは、血行と女性ホルモン・成長ホルモンです。
どれも髪や髪を作る毛母細胞を育て、修復し、新陳代謝を促す作用があります。
しかし、これらは自律神経のバランスが崩れると量が減ってしまうため、「自律神経のバランスを崩さない生活」がとても大切になります。

しかし、自律神経は簡単なことで崩れてしまいます。
ストレスやタバコ、アルコールによって脳が興奮状態になると交感神経が常に活動してしまい、血管が収縮して血流が悪くなるので、頭皮に届く量が減ってしまいます。

また、本来夜活発になる副交感神経が働かなくなり自律神経のバランスが崩れると、女性ホルモンの分泌量も減ってしまうため髪の成長が悪くなり、細くなったり抜けやすくなったりするのです。

さらに、成長ホルモンは入眠後すぐに深い眠りに入らないとあまり分泌されません。
なかなか寝つけなかったり、夜中に目が覚めてしまうような質の悪い睡眠だったりすると、髪の毛もどんどん弱ってしまうのです。

できるだけストレスを溜めず、タバコやアルコールを控えることが大切です。
さらに、ゆっくり入浴することを心がけましょう。

全身がリラックスすると副交感神経が優位になるので女性ホルモンの分泌が促され、血管が広がって血液が頭部に届くようになり、さらに眠りやすくなるので成長ホルモンの分泌量も多くなります。
入浴は自律神経も血流もホルモンバランスも正常になるので、いいことづくめなのです。

<頭皮ケア>

毎日のシャンプーにも気を使いましょう。
薄毛に悩む女性の多くは、洗浄力が強すぎるシャンプーのせいで頭皮が乾燥しています。
すると皮膚バリアが失われ、紫外線の影響を強く受けて毛母細胞のDNAが破壊され、髪が育たなくなってしまうのです。

有名メーカーのシャンプーの大部分が高級アルコール系で、非常に強い洗浄力と脱脂力があるため、それを毎日使用していると頭皮が乾燥してしまいます。
洗浄力が穏やかで刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを使用するようにしましょう。

また血行が不良になりがちな女性は、頭皮マッサージで頭皮の血液の流れを良くしてあげることも大切です。
乾燥した頭皮は硬くなり、その下にある血管の動きを止めてしまいます。

頭皮マッサージで頭皮を柔らかくすると血流が良くなり、髪を作る毛母細胞に十分な栄養が届くようになるのです。

女性用の育毛剤や育毛サプリメントもお勧め

sapuri

食事のところでサプリメントについて書きましたが、育毛サプリもお勧めです。
女性の薄毛の原因を研究して必要な成分を配合してあるので、マルチビタミンやミネラルのサプリより高い効果が期待できます。

また、頭皮マッサージの際に女性用の育毛剤を塗ると、薄毛の改善効果がさらにアップします。
女性用の育毛剤は医薬部外品で、厚生労働省に発毛・育毛効果が認められた成分が配合されていますし、頭皮マッサージで血行が良くなったところに塗布すると吸収がさらに良くなりますから、お勧めです。

薄毛が目立たない髪型やアレンジをしながら、生活習慣を少しずつ見直し、育毛剤やサプリ、頭皮マッサージなどで頭皮環境を良くして行けば、髪の悩みは少しずつ解消されていきますよ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント