分け目の薄毛が気になる女性必読!分け目薄毛の改善ポイントと女性用育毛剤のススメ-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 女性の薄毛 > 分け目の薄毛が気になる女性必読!分け目薄毛の改善ポイントと女性用育毛剤のススメ
osusume
分け目の薄毛が気になる女性必読!分け目薄毛の改善ポイントと女性用育毛剤のススメ
  • facebook
  • twitter
  • LINE
分け目薄毛の改善ポイントを徹底解説!!

いつも同じ場所に分け目を作っている女性は多いですよね。
見慣れているだけに気づきにくいのですが、実はその分け目の幅は少しずつ広がっているのです。
最近何となく分け目あたりの髪の立ち上がりが悪い、ぺしゃんこになってしまう、という場合、もしかしたら分け目が薄毛になっているからかもしれません。

女性の薄毛は治りやすいといわれます。
その改善ポイントは様々ありますので、一つずつ見ていきましょう。

女性の分け目薄毛の真実

wakeme

分け目の位置を自分で決めている人もいますが、普通はつむじを起点に髪が自然に別れ、そこが分け目になるものです。
それが一番髪の流れに沿っているのですが、そのまま同じ分け目にし続けるとどんどんその部分が薄毛になってしまうのです。

分け目の薄毛は見た目年齢に大きく影響する

たかが分け目、されど分け目です。
老けて見られる髪型には色々あり、人によっても印象は変わるものの、必ず老けてみられるのがトップにボリュームがないスタイルです。

分け目が薄くなるとその部分の髪がしっかり立ち上がらなくなりますし、そうなるとその下の髪も潰れてしまいます。
すると全体的に縦長の長方形、という髪型になり、見た目年齢がぐっと上がってしまうのです。

老けて見えない髪型というのは、必ずトップがふんわり持ちあがり、自然なボリューム感があるものです。
分け目がきっちりあり、しかも地肌がかなり見えてしまうようなら、老けイメージ一直線です。

女性の分け目の薄毛は治りやすいってホント?

女性の薄毛は男性と違い、比較的治りやすいといわれています。
特に分け目の薄毛は加齢以外の原因が多いので、その原因を回避すればまたふんわり立ち上がる髪が生えてくる可能性が高いのです。

分け目が薄くなるということは、その延長である前髪も薄くなることが多いです。
前髪が薄いのも老けて見える原因の一つですから、分け目の薄毛を放置しているとどんどん老け顔になってしまいます。

特に最近は前髪をあまり梳かないヘアスタイルが主流で、流行に乗っていないだけでも老け顔に見られがちです。

分け目の薄毛に気づいた時点ですぐ手を打ちましょう。

女性の分け目薄毛を引き起こす主な原因

genin

女性の分け目の薄毛はなぜ起こるのでしょうか。
もちろん、加齢とともに髪の成長は遅くなりますし、細胞が老化しますから髪が細くなったり生えにくくなったりするのは仕方がありません。
しかし、それ以外の原因のほうがずっと多いのです。

年齢のせいだけじゃない!分け目薄毛の原因とは

①紫外線を浴び続けている

全身の中で紫外線を一番浴びるのが頭頂部です。
その量、何と顔の3~5倍といわれます。
しかし、顔にはUVケアを怠らない女性でも、髪にその3倍気を配る人はいるでしょうか?

最近は夏になると日傘や帽子で日差しを遮る女性が増えてきましたが、何のケアもしていない人がまだまだたくさんいます。

髪が紫外線を浴びると傷む、ということは知られていますが、実は頭皮やその奥の細胞までダメージを受けてしまいます。
紫外線にはUVAとUVBがあり、UVBは日焼けの原因となる紫外線で、髪を赤茶けさせたり、乾燥させてパサパサにしてしまったりします。

しかし本当に恐ろしいのはUVAのほうで、髪の毛根がある真皮にまで届き、髪を作る毛母細胞にダメージを与えてしまうのです。
さらに、その毛母細胞に栄養を与えているのは毛細血管からの血液ですが、紫外線は毛細血管の細胞まで傷つけてしまい、発生した活性酸素によってこれらの細胞のDNAを破壊してしまいます。

すると毛母細胞に十分な栄養が届かなくなったり、毛母細胞が髪の毛を作るメカニズムが壊れてしまい、髪が生えなくなったり薄毛になったりしてしまうのです。

髪の分け目には髪という防護がありません。
黒髪は紫外線を吸収し、多少なりとも頭皮を守っていますが、分け目にはUVAもUVBもダイレクトに届いてしまうため、特に薄毛になりやすいのです。

②同じ部分に負担がかかり過ぎている

髪をブラッシングした時、一番負担になるのは髪の根元です。
特に毛先が絡んで力任せにブラッシングすると、根元にはかなりの力がかかっています。
元々紫外線などの影響で頭皮が弱っていると、髪をしっかりホールドする力がなくなっているため、特に分け目部分が抜けやすくなるのです。

③牽引性脱毛症

②に似ていますが、特に髪を結ぶ人やエクステをつけている人に起こりやすい、髪を無理に引っ張っている時間が長い場合に起こる脱毛症です。

本来、髪は1本で100円玉10個(50g)の力に耐えるといわれています。
しかし、それ以下の力でも毎日長時間引っ張られていると、少しずつ毛根部がダメージを受けてしまいます。

髪の根元にある毛乳頭は毛母細胞に栄養を与えるタンクのような役割があり、毛細血管から送られた血液を貯蔵しています。
しかし髪が常に引っ張られていると毛細血管と毛乳頭に力がかかり、血管が切れたり細胞の働きが低下したりして、どんどん弱くなってしまいます。

そのため、分け目を中心に髪を分けてまとめていると、少しずつ髪への負荷が溜まっていき、分け目部分の髪が抜けてしまうのです。

④脂漏性脱毛症

脂漏(しろう)性脱毛症とは、皮脂が過剰に分泌されることでその部分の毛穴に皮脂が詰まり、毛根部にダメージを与えることで起こるものです。

分け目は常に紫外線を浴びていて非常に乾燥しやすくなっていますが、その状態を回避しようと、皮脂が過剰に分泌されることがあります。
あるいは、元々脂っこいものが好きな場合も、頭皮に皮脂が多くなります。

皮脂が紫外線を浴びると過酸化脂質という物質に変化し、回りの細胞をどんどん酸化させてしまいます。
酸化した毛母細胞は正常な機能を失い、髪が細くなったり抜けやすくなったりしてしまうのです。

⑤FAGA(女性男性型脱毛症)

また、FAGAという、男性型脱毛症(AGA)の女性版の場合もまれにあります。
AGAは、男性ホルモンがある酵素によって脱毛作用の強い男性ホルモンに変化することで起こり、つむじや分け目を含む頭頂部や前頭部の髪が薄くなる症状です。

女性の場合男性ホルモンは少ないため、あまりAGAになることはありません。
しかしストレスや加齢などによって女性ホルモンの分泌量が減ると相対的に男性ホルモンの働きが強くなり、男性のAGAと同じように頭頂部が薄くなることがあります。

これをFAGA(Female AGA:女性男性型脱毛症)といい、分け目周辺が全体的に薄毛になっている場合は、この症状の可能性があります。

女性の分け目薄毛の3大改善ポイント

point

男性のようにホルモンのタイプが変化してしまうと改善は困難ですが、女性の場合加齢以外の原因のほとんどは、改善が可能だということがわかりますね。
その具体的なポイントを見ていきましょう。

生活習慣の乱れは髪の健康状態に直結します

生活習慣は髪の健康を左右します。
それは、女性の髪の健康は自律神経と女性ホルモン、成長ホルモンのバランスによって成り立っている部分が大きく、生活習慣によってこれらは簡単に乱れてしまうからです。

<自律神経とは>

自律神経には交感神経と副交感神経があります。
交感神経は日中に働き、全身を活発にする作用があり、副交感神経は夕方から朝にかけて働き、全身をリラックスさせる働きをします。
交感神経は全身を緊張させる働きがあるため、血管も収縮しています。

そのため血流が悪くなり、日中は髪は成長できません。
しかし夕方以降副交感神経が優位になると、血管が拡張されて血流が良くなり、毛乳頭にしっかり栄養が届き、それが毛母細胞に供給されるので髪が成長します。

しかし、夜になっても脳が興奮状態のままだと、いつまでも交感神経が優位なままで、血管が広がらないのです。
脳を興奮状態にするのはストレスやスマホ・PCなどの使い過ぎが主な原因です。

<女性ホルモンと髪との関わりとは>

髪の毛の成長に大きく関わっているのが、女性ホルモンのエストロゲンです。
男性と女性では、男性のほうが髪が太く硬いイメージがありますが、実際には女性ホルモンの働きによって女性のほうが太く硬いのです。

エストロゲンには髪の成長を助け、健康を維持する作用があるため、分泌量が減ると髪が細くなったり抜けやすくなったりしてしまいます。
女性ホルモンは閉経後に減るのではなく、30歳前後をピークにどんどん減ってきます。
また、ストレスによっても分泌量が減ってしまいます。

<成長ホルモンと髪との関わりとは>

髪の毛を成長させるもう一つのホルモンが成長ホルモンです。
思春期に大量に分泌されるこのホルモンは、大人になっても少量ながら分泌され続けています。
成長ホルモンには細胞や皮膚を修復し再生する働きがあり、若返りのホルモンと呼ばれています。

成長ホルモンの分泌量が少ないと、ダメージを受けた頭皮や毛母細胞が十分に修復されなくなってしまい、薄毛を招いてしまうのです。
成長ホルモンは主に夜、就寝後30分~3時間の間といわれており、眠りの深いノンレム睡眠時に主に分泌されます。

<自律神経と女性ホルモン・成長ホルモンの関係は?>

この3つはすべて、脳の視床下部という1か所でコントロールされています。
そのため、どれか一つが乱れるとそれ以外の2つにも影響を及ぼし、すべてのバランスが崩れてしまうのです。

たとえば、仕事や家庭のことなどでストレスが溜まるとずっと交感神経が活動してしまいます。
また、夜遅くパソコンやスマホをいじっていると、画面から発せられるブルーライトによって脳が昼と勘違いし、交感神経を活性化させてしまいます。

脳が興奮状態になっているのでなかなか寝付けなくなり、眠っても深いノンレム睡眠の状態が訪れなくなるため成長ホルモンの分泌が増えず、毛母細胞の新陳代謝が十分行われなくなってしまいます。
同時に、自律神経のバランスが崩れるので女性ホルモンの分泌量も減り、やはり髪の健康に支障が出てしまいます。

喫煙や過剰飲酒も交感神経を活性化してしまいます。
どちらも摂取した直後は副交感神経が優位になり、全身がリラックスし血流も良くなります。

しかしニコチンとアルコールによって活発になった副交感神経は、これらの作用が切れると反動で交感神経を活発化させてしまいます。
すると血管が収縮して血流が悪くなるだけでなく、女性ホルモンの量も減らしてしまうのです。

また、運動不足も自律神経とホルモン分泌に悪影響を及ぼします。
自律神経失調症を患う人の多くが運動不足であることがわかっており、これは全身の筋肉が硬くなることで全身が緊張し、交感神経が優位な時と同じ状態になってしまっているからだと考えられています。
すると女性ホルモンや成長ホルモンの分泌量が減るため、薄毛を引き起こすのです。

これらの状態を改善するには、ストレスを溜めないこと、寝る直前までスマホやパソコンでブルーライトを見ないこと、喫煙や飲酒を控えること、適度な運動をすることなど、生活習慣を見直すことが必要です。

とはいえ、実際にはなかなか難しいですよね。
そんな場合は、せめて夜に時間をかけて入浴するようにしてください。

入浴して身体が温まると筋肉の緊張が解けて全身がリラックスしますから、自律神経が整い、血流も良くなり、女性ホルモンや成長ホルモンの分泌量も増えるのです。
毎晩は無理でも、週2~3回は優雅にバスタイムしましょう。

健康的で美しい髪を育てるには充分な栄養が必要

髪の毛が健康に育つには、栄養が必要です。
かといって、髪に良い栄養だけを摂るのでは片手落ちです。

栄養素は炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルがすべて揃って初めて正常に消化吸収されるようになっています。
タンパク質が体内に取り込まれるとまずアミノ酸に分解され、その後別のタンパク質に合成されますが、そのサイクルを維持するにはビタミンやミネラルが必要です。

また、炭水化物によって血糖値が上がるとインスリンが分泌され、タンパク質の合成を助けたり内臓のエネルギーとなったりします。
内臓が正常に働いて初めて消化吸収がしっかりでき、栄養が全身に回されます。

このように、すべての栄養素は協力し合ってお互いの働きを維持しているのです。

また、髪の成長に大切な成長ホルモンは、タンパク質(アミノ酸)によって分泌が促進するといわれますし、女性ホルモンはビタミンEやコレステロール、大豆製品のイソフラボンなどで分泌量が増えたり材料になったりします。

しかし、もしこれらの栄養素を十分に摂らないと、心臓や脳など生きていくのに一番大切な部分にまず栄養素が送られ、次にほかの臓器や組織に行き、髪や爪は後回しにされてしまいます。
ですから十分な栄養を摂ることが、髪の健康な成長に必要なのです。
薄毛が顕著になってきたら、かなり栄養が不足している証拠と考えましょう。

髪や頭皮へのダメージを避け頭皮環境を良好に

いくら生活習慣を整えて栄養をしっかり摂っても、紫外線の活性酸素は直接毛母細胞のDNAを破壊してしまいます。
それを防ぐためには、まずは日傘や帽子、UVスプレーなどで髪の毛と頭皮を紫外線から守ってあげることが大切です。

また、分け目を1~2か月ごとに変えるのも効果的です。
前髪を下ろすと若々しく見えますし、髪の毛の流れに逆らって髪を分けると根元が立ち上がりやすくなるので、一石二鳥ですよ。

毎日髪を結んでいる人は週末だけでも結ぶのを止め、スカーフやヘアバンド、ターバンなどで邪魔にならないように色々アレンジしましょう。
実はかなりオシャレになるんですよ。

もう一つ大切なのは、髪と頭皮の負担になるようなシャンプーを使わないことです。
女性の頭皮は男性ほど皮脂がないので、洗浄力の強いシャンプーを毎日使用していると乾燥してしまいます。

皮脂は頭皮のバリアとなり、紫外線や外の刺激、細菌などから守ってくれています。
しかしシャンプーで皮脂が取り去られてしまうと紫外線の影響を受けやすくなり、特に分け目部分の地肌は直接紫外線を浴びてしまうため、どんどん劣化してしまうのです。

アミノ酸系のシャンプーは洗浄力が穏やかなので、紫外線を守る皮脂はしっかり残し、汚れだけを洗い流してくれます。

また、髪の脂分を適度に残すので、しっとりまとまりの良い髪にしてくれます。
皮脂が多めの場合やスタイリング剤を使用している時でも二度洗いすれば大丈夫ですから、できるだけ頭皮に刺激や負担をかけないシャンプーを使用するようにしましょう。

女性用育毛剤のススメ

頭皮に直接栄養を与え、働きかけるものに女性用育毛剤があります。
体内から改善するのはとても大事ですが、多くの女性はあまり血行が良くないため、効果が出るのに時間がかかってしまいます。
しかし頭皮に直接育毛剤を塗ることで、毛穴からどんどん吸収されてより確かな効果が期待できるのです。

女性用育毛剤の種類が充実し使用者も増加中です!

zoukachuu

数年前までは、育毛剤といえば男性用しかありませんでしたが、最近はとても充実しています。
しかも効果が出やすいので、使用者がどんどん増えています。
毎日1~2回、清潔な頭皮に塗るだけで少しずつ頭皮環境が改善され、早い人なら1か月後にハリやコシに気づき、3か月すると新しく生えてくる髪の量が増え、多くの女性は半年で効果を実感しています。

自分に合った女性用育毛剤の選び方と注意点

育毛剤であればどれでも良いとは限りません。
選び方にはポイントがいくつかあります。

・女性用に開発されたものか

ほとんどの場合、女性と男性では薄毛の原因が違います。
また、FAGAは男性型脱毛症の女性版ではありますが、血中に男性ホルモンが増える訳でも、脱毛酵素が増える訳でもありません。
そのため、男性と同じように見えるFAGAでも、女性用のものを使用しなければ効果は期待できません。

・低刺激で無添加か

乾燥肌や敏感肌の人はもちろん、紫外線を最も受けている分け目部分はとてもダメージを受けています。
できるだけ低刺激で、旧表示指定成分が無添加なものを選びましょう。

・使用感は良いか

女性は香りに敏感ですし、毎日塗布するものですから人工的な香りや強いにおいは嫌ですよね。
無香料のものなら、ほかの化粧品の香りとぶつかることがありません。
また、天然の精油を香料に使用しているものなら、人工香料のように気分が悪くなることがありませんし、精油そのものの作用もあり、頭皮環境をさらに良くしたりリラックスさせてくれたりします。

テクスチャーも大切です。
あまり粘度が高くて浸透するのに時間がかかると、朝忙しい時間にはイライラしてしまいます。
かといってあまり水っぽくても流れやすく、顔に垂れてしまうかもしれません。

・コスパは良いか

半年から1年は使用するものですから、あまり高いものでは続けられません。
各商品の1か月分の価格をチェックし、自分のおサイフと相談しましょう。

・キャンペーンや返金保証があるか

薄毛に悩む多くの女性のために、人気のある女性育毛剤メーカーはキャンペーンをよく行なっています。
送料無料、初回半額、初回は返金保証アリ、といったところもあれば、手頃な少量お試しセットを扱うメーカーもあります。
効果の有無はすぐにはわからないにしても、刺激性や香り、使いやすさなどはチェックできます。

育毛剤の効果を得るには血行の促進が欠かせない!

育毛剤は医薬部外品で有効成分が配合されているので、一般の化粧品に比べて効果は高くなります。
しかし、育毛剤は毛穴や頭皮から浸透して効果を上げるもので、薬液を頭皮全体に巡らせなければ効果が半減してしまいます。

そのため、女性用育毛剤には血行促進作用のある成分が配合されており、血行を良くして隅々まで栄養が届くようにしています。
栄養がしっかり届くと新陳代謝が活発になり、髪がどんどん元気になっていくのです。

しかし、育毛剤の成分だけに頼るのではなく、頭皮マッサージでさらに血行を良くしてあげることでより成分の吸収が良くなり、高い効果が期待できます。
育毛剤を塗った時はもちろんですが、できればそれ以外にも1日数回行なうことをお勧めします。

特に日中は交感神経が活発に働いているので血流が悪くなっていますから、頭皮マッサージすれば頭がスッキリして、仕事や家事の効率もアップします。

シャンプーの時に一緒にマッサージすれば、身体が温まっているのでさらに血行が良くなりますし、就寝前に頭皮をほぐせばぐっすり眠れ、しかも成長ホルモンもたっぷり分泌されます。
やりやすい時に数分で十分ですので、毎日続けてください。

当サイトがオススメする育毛剤はこの3つ♪

osusume

①ベルタ育毛剤

育毛・頭皮ケア成分99.9%と、非常に多くのケア成分を配合しているのがベルタ育毛剤です。
女性の薄毛の原因を追究し、何より頭皮が硬化していることが原因と考え、頭皮を保湿して柔軟にし、血行を良くする成分を配合しています。

それと同時に育毛剤が浸透しやすいよう、有効成分・頭皮ケア成分56種類のうち32成分のサイズをナノ化し、表皮だけでなく毛穴の奥にまで浸透させています。
天然由来成分を53種類配合し、香料や鉱物油、パラベン、シリコーンなど、女性が気にする成分16種類無添加なので、肌にやさしいのも嬉しいですね。

分け目の髪がしっかり立ち上がるよう、イザヨイバラやヒオウギのエキスも配合されているので、ハリとコシのある髪のよみがえりをサポートしてくれます。

社員スタッフのお客様サポートで何でも相談できますし、定期便パックなら90日間全額返金保証がつくので安心です。

②ミューノアージュ

何か月も続けるものだから、しっかりした専門医が作ったものを使いたい、という方にはこちらがお勧めです。
皮膚科形成外科ノアージュの院長が開発に参加し、他にはない2剤式の育毛剤を開発。

1剤は頭皮美容液で頭皮環境を整え、その後に使用する2剤にたっぷり薬用成分を配合し、髪を太くしっかり育ててくれます。
1剤には保湿成分を何種類も使用し、まず頭皮を柔らかくします。

その後の2剤では育毛効果があると厚労省に認められた有効成分5種類を配合し、さらに保湿・抗炎症成分もプラスしてぐんぐん頭皮に浸透させます。

6種類無添加で、肌にやさしく安心して長期間使用できます。
アルコールフリーなので刺激がなく、ヘアカラーが脱色することもありません。

2週間のお試しキットがあり使用感を確認できますし、相談窓口もあるので心配なことは気軽に問い合わせできます。

③長春毛精(ちょうしゅんもうせい)

漢方医学と最先端の育毛技術をドッキングさせたのが長春毛精です。
漢方医学専門大学である長春中医学院(現・長春中医薬大学)と、発毛・育毛サロンとして多くの経験と知識・技術を持っているバイオテックがタッグを組んで開発しただけに、長春毛精は臨床実験でも高い育毛効果を出しています。

日本で医薬部外品として配合できる限られた天然生薬の中から12種類の生薬を厳選し、ホルモンバランスの乱れから来る様々な女性の髪の悩みに対応しています。
また、それらをナノ化してあるので、頭皮からも毛穴からも有効成分がすばやく浸透します。
育毛有効成分も3種類配合されているので、漢方と西洋医学の両方から薄毛にアプローチしてくれます。

さらに定期購入するとバイオテックの57のサロンで育毛ケアサポートが受けられる特典がついているなど、効果を自分の目で実感することができます。

毎日の生活習慣や食生活をちょっと見直し、育毛剤と頭皮マッサージもプラスすれば、分け目薄毛の改善は不可能ではありません。
一日も早くスタートして、ふんわり立ち上がる健康な髪を目指しましょう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント