【髪の毛を増やしたい!】女性の切実な薄毛の悩みを解決に導く4つの増毛方法とは-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 女性の薄毛 > 【髪の毛を増やしたい!】女性の切実な薄毛の悩みを解決に導く4つの増毛方法とは
houhou
【髪の毛を増やしたい!】女性の切実な薄毛の悩みを解決に導く4つの増毛方法とは
  • facebook
  • twitter
  • LINE
女性の薄毛の悩みを解決する方法を一挙解説!!

薄毛に悩む女性が年々増えています。
それに合わせて、薄毛対策にも様々な方法があります。
今では、オーソドックスな育毛サプリメントや育毛剤のほかに、増毛や植毛も選択肢の一つになっています。

どんな方法がどういうタイプの薄毛に合うのか、無駄に費用をかけないためにもしっかり把握しましょう。

薄毛に関する正しい知識を持ちましょう

chishiki

薄毛で悩む女性は20代の女性の半分以上といわれます。
ナガセビューティケァが2015年に行った調査では、20代の77%が自分を明らかに、あるいは多少薄毛と考えているという結果が出ているほどです。
なぜそんなに若い世代から薄毛が増えているのでしょうか。

間違った薄毛対策をしている女性は意外に多い

髪がサラサラになると評判のシャンプーを毎日使用していたら、フケが出るようになった、という経験はありませんか?

こういった場合、「フケ=汚れている」と判断し、たっぷりシャンプー剤を使って頭皮をゴシゴシこする、という方法を取る女性が多いようです。
あるいは、そのフケが乾性フケか脂性フケかといったことを考えず、「うるおい」「しっとり」などのキーワードをチェックして別のシャンプーに買い替える女性も多いのです。

そのうちに抜け毛や薄毛の症状が出てきて、さらに有名メーカーの別のシャンプーに切り替えたり、1日2回シャンプーしたり…していませんか?

女性の肌は男性と比べて乾燥しがちなので、多くの場合フケは乾性フケです。
その場合、有名メーカーのシャンプーのほとんどは洗浄力や脱脂力が強すぎて、さらに頭皮を乾燥させてしまいます。
乾燥した頭皮は角質層が剥がれやすくなり、どんどんフケが増えることになります。

また、乾燥した頭皮が紫外線を浴びると細胞を破壊するエネルギーが肌奥にまで届いてしまい、髪を作る毛母細胞を劣化させることで、最後には抜け毛や薄毛につながってしまうのです。

また、頭皮の水分が不足しているからこそ脂性フケが出る場合もあります。
皮脂には肌を紫外線から守る働きがあるのですが、水分が不足して皮膚バリアの作用が弱くなると、それを立て直すために皮脂が過剰分泌されてしまいます。
過剰分泌された皮脂は紫外線の影響で過酸化脂質となり、かゆみや炎症を起こします。

かゆいあまり引っかいてしまうことで頭皮の角質層が剥がれる、あるいは炎症を治すために新陳代謝が盛んになることで頭皮が剥がれやすくなることが、脂性フケの原因です。
過酸化脂質には細胞を劣化させる作用があるため、毛母細胞が機能不全を起こし、やはり髪の毛を作れなくなってしまうのです。

このように、シャンプーとフケの関係を見誤るだけで、抜け毛や薄毛は増えてしまいます。
そのほか、血行を良くするためにヘアブラシで頭皮をバンバン叩いたり、男性用育毛剤を使用したり、といったことも間違った薄毛対策です。

女性の薄毛の原因、そして自分の薄毛のタイプをきちんと把握して正しい方法を取らないと、増毛するどころかどんどん薄毛が悪化してしまうのです。

まずは自分の薄毛のタイプを理解することが大事

type

女性の薄毛のタイプには、ざっと分けて以下のものがあります。

・瀰漫(びまん)性脱毛症

大半の女性の薄毛がこれに当たります。
原因は女性ホルモンのバランスの乱れや減少、栄養不足、運動不足、睡眠不足、紫外線、誤ったヘアケア、ストレスなどが挙げられます。
髪全体が細くなるのが特徴で、抜ける髪は比較的長めのことが多いです。

・FAGA(女性男性型脱毛症)

男性ホルモンのテストステロンが、脱毛力の強いDHTというホルモンに変化することで起こる脱毛症です。
女性にも男性の約5分の1~10分の1程度男性ホルモンがあります。
加齢やストレスなどで女性ホルモンの分泌量が減少することで男性ホルモンの作用が強くなり、これがDHTに変化することで髪が抜けます。

主に頭頂部や前頭部が抜け、抜ける髪は短めで柔らかいことが多いです。
なお、FAGAは瀰漫性脱毛症の一種と考えられることもあります。

・牽引(けんいん)性脱毛症

髪を常に結んでいることで、髪の毛根部が長時間引っ張られることで起こる抜け毛です。
また、いつも同じ分け目を作っているとブラッシングの時にその部分に最も力がかかるため、やはり牽引性脱毛症になります。

・脂漏(しろう)性脱毛症

脂っこいものの食べ過ぎなどで皮脂過剰になり、紫外線を浴びて酸化したものが毛穴に入って炎症を起こすものです。
また、皮脂をエサにするマラセチア菌という常在菌が増殖し、かゆみや炎症を起こすことで抜け毛や薄毛になることもあります。

・粃糠(ひこう)性脱毛症

頭皮が乾燥して乾性フケが出来、そのフケが毛穴を塞ぐことで髪の成長に影響を及ぼします。

・分娩後脱毛症

妊娠中増えていた女性ホルモンの分泌が減ることで起こる脱毛症です。
女性ホルモンには髪の成長期を伸ばす働きがあるため、妊娠中は本来抜けるべき髪が抜けにくくなっています。

出産後その作用がなくなるため、出産後2~3か月頃から抜けてしまうようになります。
元々抜けるべき髪であり、半年~1年で収まるのが普通です。

・円形脱毛症

以前はストレスが原因とされてきましたが、現在は自己免疫疾患であるというのが定説です。
誘因にはストレスが考えられますが、はっきりしたことはまだわかっていません。
放置しても治る場合もあれば、再発を繰り返し、最悪の場合髪だけでなく全身の毛が抜けてしまうこともあります。

・甲状腺機能低下症

40代以降の女性の5~10%が罹る病気で、のどにある甲状腺の機能が低下することで起こります。
脱毛のほか、だるさや疲れ、肌の乾燥、体温低下などの症状があります。

女性の薄毛のタイプはこれだけありますから、自己判断するのは難しいかもしれません。
また、大半の女性の薄毛のタイプである瀰漫性脱毛症一つ取っても、女性ホルモンの減少によるものやストレスによるもの、複合的なものなど原因が人によって違います。
そのため、同じ方法でケアしても薄毛が改善されない場合があるのです。

髪を増やす方法は多種多様~自分に合った方法を!

houhou

原因が色々あるということは、一般的に女性の薄毛に効果があるといわれる育毛サプリメントや育毛剤といった方法ではなかなか増毛効果が出ない人もいるということです。

さらに、急に1ヶ月後人と会う予定が入ったなど、育毛剤では間に合いそうにない場合や、皮膚がとても過敏で育毛剤が合わないということもありますよね。

しかしそんな場合でもあきらめず、ほかの方法を考えましょう。
次の項目では、代表的な髪を増やす方法をご紹介します。

女性の髪を増やす4つの方法

発毛や育毛以外にも、髪を増やす方法はいくつもあります。
その代表的なもの4つをまとめました。

【増毛】とは?メリット・デメリット・注意点

増毛法はいくつかタイプがありますが、女性に最も利用されているのが「結毛法」と呼ばれるものです。
これは、自分の髪の毛1本に対し、人工の髪の毛を2~6本結びつけるものです。

結び目は髪の根元に来るようにしますが、自毛が伸びると人工毛の結び目も上がってしまいます。
その場合、以前は数か月たったら人工毛を根元からカットして捨て、また新しい人工毛を根元に結びつけていました。

現在もそのようにしているところはありますが、すべて付け直すのは割高になるため、現在は上がった人工毛をまた根元まで下げて再利用する方法が主流です。

<メリット>

時間をかけず増毛できる
自分の好みの量を好みの場所に増毛できる
ウィッグのような不自然感がない
回りに気づかれないよう少しずつ増毛していくことが可能
ボリュームアップするので、イメージが若々しくなる
自毛と違いがわからないほど精巧にできている
好きな色を選べるので、エクステやハイライトのように明るい色を増毛できる
シャンプーやドライヤーも可能

<デメリット>

自毛が健康でない場合、それに人工毛を結びつけることで負担がかかり、自毛ごと抜けてしまうことがある
髪を伸ばす場合は、人工毛をすべて取り、再度新しいものを結びつけないといけない
1~2か月に一度は人工毛を根元に下ろす作業をしないといけないので、そのメンテナンス費用が1回10,000~20,000円かかる
人工毛自体をカラーリングすることはできない
ドライヤーで形を作ることはできるが、パーマは不可

<注意点>

施術自体は全く痛みを伴わず、普通の美容院でヘアメイクしてもらっている感覚です。
しかし、髪が伸びてくると髪の広がり方が不自然になってくる上に、結び目が見えやすくなるため、こまめなメンテナンスが必要になります。

抜けた人工毛が多ければそれを補う料金(1本あたり50円前後)がかかるため、1~2か月に1回の施術で、メンテナンス費用と合わせて15,000~20,000円前後は見ておかないといけません。

また、結毛方法は通常接着剤を使用せず、各メーカー独自の結び方を研究しています。
大手メーカーの場合は結び方の研修を行ない、どの技術者が結んでも抜けないよう教育を徹底しています。

しかし小さなサロンで実績があまりないところだと、結んだ人工毛がブラッシングやシャンプーで抜けてしまうことがあります。
その分を再度つけてもらうには別途費用がかかってしまうため、大手サロンを利用したほうが安心です。

レディスアデランスやアートネイチャーの場合、無料で増毛体験ができますので、興味がある方は一度試してみることをお勧めします。

【植毛】とは?メリット・デメリット・注意点

植毛は大きく分けて自毛植毛と人工毛植毛の2種類あります。

自毛植毛は髪の毛が多い後頭部などの頭皮または毛穴を毛根ごとメスや専用機器でカットし、薄くなった部分に埋め込む方法です。
頭皮を帯状にメスでカットする方法、毛穴部分のみをカットする方法、ロボットで毛穴部分をカットする方法があります。

通常は1本1本手で植え込みますが、ロボット植毛の場合はすべてロボットが行なうため、より早く精密に植毛することができます。

人工毛植毛は合成繊維で作られた髪を頭皮に植えていく方法ですが、異物を体内に入れるため拒否反応が起きたり頭蓋骨に悪影響があったりするため、現在はあまり行われていません。

<メリット>

自分の髪なので全く違和感がない
最も健康な部分から摂取するので移植した髪が定着しやすく、増毛効果が高い
定着すれば、パーマやヘアカラーも可能
毛穴部分をカットする方法の場合、傷が小さく痕も残りにくい
特別なメンテナンスがいらない

<デメリット>

定着率は非常に高いが、頭皮環境によっては定着が悪くなる
頭皮をメスでカットする方法の場合、痛みが長引き痕も残ってしまう
手術の際、カットする部分の髪を刈り上げる必要がある
頭皮環境が悪くならないようケアの継続が必要
費用が高価

<注意点>

植毛は医療行為のため、薄毛の専門クリニックで免許を持った医師が行ないます。
ロボット植毛以外は医師がカットする部分や毛穴を決めるため、その医師が選んだ髪(ドナー)が健康ではなかった場合、植毛しても定着しなかったり、健康な髪が生えてこなかったりする危険があります。

また、頭皮環境の良し悪しが植毛後の定着率を大きく左右するため、ケアはずっと行なうことが必要です。

さらに、植毛は本来男性に適した方法です。
男性の薄毛は男性ホルモンのDHTによるものがほとんどで、DHTが支配しているのは頭頂部や前頭部です。
植毛用のドナーをDHTの影響を受けていない後頭部から採取することで、頭頂部や前頭部に植えてもDHTの影響を受けず、発毛・増毛率が非常に高くなります。

しかし女性の場合大半が瀰漫性脱毛症で、髪全体が細くなり頭皮細胞の機能が低下します。
そのため、どの部分からドナーを採取しても増毛効果が弱い可能性があります。
大手の女性専用クリニックの中には植毛を行なっているところもあり、95%の定着率・発毛率を謳っていますが、「太く元気な髪が発毛する」とは書かれていないのは、そのためでしょう。

費用のことも書いておきましょう。
本数によって違いますが、500本ほど植毛すると約50万円、1,000本ほどだと100万円前後かかります。

【内服薬による治療】とは?メリット・デメリット・注意点

naihukuyaku

女性の薄毛治療用内服薬は医薬品に当たるため、これも薄毛治療専門クリニックで処方してもらうことになります。

現在日本の女性用専門クリニックが主に使用しているのが「パントガール」というドイツで生まれた発毛・育毛剤です。
女性特有の薄毛である瀰漫性脱毛症と分娩後脱毛症、抜け毛を改善し、発毛・増毛を促すことが多くの国で確認されています。

そのほか、クリニックによっては医薬品ではないものの、世界的に育毛・増毛効果が知られているサプリメントを扱っているところもあります。

<メリット>

女性の薄毛の原因に合ったものなので、増毛効果が期待できる
飲むだけで良いので簡単
これまでのところ副作用の報告はなく、安全性が高い

<デメリット>

費用が1ヶ月10,000~15,000円かかる
飲むのを中止すると、増毛効果がなくなってしまうことがある
妊娠中・授乳中は服用できない
最低3か月、効果を持続させるためには1年前後服用することが望ましい

<注意点>

安全性が高く、特に副作用もないので安心して摂取できます。
しかし内服薬の欠点は、その成分が必ず頭皮に行くとは限らないことです。
ダイレクトに頭皮に届けば高い増毛効果が期待できるのですが、体内の栄養が不足している場合、まずそちらに送られてしまいます。

パントガールの場合、成分のパントテン酸カルシウムには細胞の健康を保つ働きがありますが、毛母細胞に作用する前に他の細胞の健康のために使われてしまうかもしれません。
L-シスチンは髪を作るアミノ酸の一種ですが、皮膚や爪の成分でもあるため、お肌のほうに行ってしまうかもしれません。

口から摂取する物はすべて胃腸を経由して血液となり全身に回されるのですが、髪の毛は一番後回しにされる部分なので、まず全身に栄養が行き渡っていないとパントガールの効果が薄れてしまう可能性があります。

もう一つ注意していただきたいのが、専門クリニックで購入すると高いからと、海外通販代行業者を通して購入する人がいますが、価格は安くてもそれが本物である証拠はないということです。
特に代行業者は香港、タイ、シンガポール、インドなど偽物製造で有名な国から送られてきますので、注意が必要です。

【幹細胞再生治療】とは?メリット・デメリット・注意点

幹細胞再生治療とは、主に自分の健康な細胞を使用して、弱っている細胞の再生能力を高めるという治療法です。
使われるのはお腹などの脂肪で、脂肪から幹細胞を抽出し、増殖させます。

幹細胞とは、どんな細胞にも変化できる特殊な細胞のことです。
それを頭皮に注入すると血管や毛母細胞などが修復されて、ヘアサイクルを整えることができ、髪の成長が促進されるのです。

<メリット>

1回の治療でも増毛効果が出る
血流改善や頭皮の皮脂量調整、毛根周辺の炎症抑制などの作用がある

<デメリット>

幹細胞再生治療は非常に新しい治療法で、施術するクリニックが少ない
新しい治療法のためまだ研究段階で、トラブルが起きる可能性がある
非常に高価

<注意点>

たった一度の施術で増毛効果が出るため、確実に早く増毛したい人には最適ですが、その分非常に高価です。
現在施術を行なっているクリニックの場合、150万円ほどかかるようです。

なお、幹細胞再生治療は非常に費用がかかるため、幹細胞から排出される幹細胞成長因子を利用した治療法もあります。
こちらは1回10万円以下ですが、1ヶ月1回、半年から1年治療を続ける必要があるので、やはりそれなりの額になるようです。

もっとお手軽で費用を抑えた方法はないの?

hiyou

髪を増やす4つの方法をご紹介しましたが、どれもデメリットがあり、何よりかなり費用がかかります。
急いで増毛したい場合以外は、まず自分でできて危険のないヘアケアから始めることをお勧めします。

頭皮環境の改善、血行促進、栄養の摂取を心掛けて

元々の薄毛の原因を改善しなければ自毛は健康にならず、増毛や植毛をしても結局は薄毛になってしまいます。
そこで今日からでも始めていただきたいのが、頭皮環境の改善やバランスの取れた食事などです。

特にバランスの取れた食事は基本中の基本です。
身体が健康でないと頭皮や髪に栄養が回ってきませんから、まずは身体のために炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素をしっかり摂りましょう。

その上で髪や頭皮の主成分となるタンパク質や、食事から摂ったタンパク質を髪や肌のケラチンタンパク質に再合成させるビタミンとミネラルを、多めに摂取するようにしましょう。

栄養をしっかり摂れば血液の成分が良くなりますし、内臓が健康になれば血流が良くなり、頭皮にもたっぷり栄養が届くようになるので、増毛が期待できます。

また、日頃運動をしていないとどうしても血行不良になりがちなので、散歩やウォーキング、ジョギングなど全身を使う運動を生活に取り入れましょう。
ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれていて、動かすことで全身の血行を促進させることができます。

また、これらの運動をする時には、手を大きく前後に振るようにしましょう。
背中や肩、首はこりやすく、これらの部分の筋肉が固まっていると頭部に血液が届きにくくなりますので、できるだけ腕全体を動かし、筋肉をほぐすようにしてください。

それと併せて行なってほしいのが、紫外線対策です。
頭皮は顔の3倍以上紫外線を浴びているといわれていて、紫外線による活性酸素で頭皮や細胞が酸化しています。

酸化はサビのようなもので、そのままにしておくとどんどん頭皮環境が悪化し、乾燥や血行不良、毛母細胞の老化などで髪が成長できなくなってしまいます。
日傘や帽子、UVスプレーなどでできるだけ頭皮を紫外線から守ってあげてください。

育毛シャンプーや女性用育毛剤もオススメです

もう一つ気を配ってほしいのが、シャンプーです。
多くの有名シャンプーに含まれている「ラウリル硫酸~」「ラウレス硫酸~」という石油系界面活性剤は洗浄力や脱脂力が強すぎ、女性のデリケートな肌に刺激を与えますし、洗い残しがあると頭皮に浸透し、細胞まで傷つけてしまうといわれています。

そこで使っていただきたいのが、育毛シャンプーやアミノ酸系シャンプーです。
どちらも髪と頭皮の汚れは落としながら、必要な水分や皮脂は残してくれます。
特に育毛シャンプーは頭皮環境を改善する保湿成分や血行促進成分、髪のハリやコシに良い成分が配合されているので、使用し続けることで増毛が期待できます。

さらに、清潔になった頭皮に育毛剤を塗るのもとても効果的です。
育毛剤は育毛シャンプー以上に頭皮環境を改善し、増毛を促進してくれる成分がたっぷり配合されています。
しかも、無添加や天然成分にこだわった製品が多く、肌への負担もほとんどありません。

内側からだけでなく外側からも栄養を与えることで、弱っていた毛母細胞の機能が改善され、増毛につながるのです。

増毛や植毛はいつでもできます。
だからこそそれは最後の手段と考え、できるだけ手軽で負担にならず、身体にも髪にも良い方法から始めることをお勧めします。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント