【要注意】白髪染めやヘアカラーによるアレルギー発症のリスクと安全性の高い白髪染め-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染めとアレルギー > 【要注意】白髪染めやヘアカラーによるアレルギー発症のリスクと安全性の高い白髪染め
arerugi
【要注意】白髪染めやヘアカラーによるアレルギー発症のリスクと安全性の高い白髪染め
  • facebook
  • twitter
  • LINE
アレルギーの原因と症状について解説!

アレルギーというと、食べ物に対して、あるいは金属に対して起こることは知られていますが、白髪染めやヘアカラーによっても起こる可能性があることをご存知でしょうか。
1剤と2剤を混ぜて髪に塗って、放置している時に何となく頭皮に違和感があったら、それがアレルギーの始まりかもしれません。

特に大人の場合、一旦発症すると一生完治しないともいわれます。
白髪染めやヘアカラーのアレルギーについて、正しい知識を持ちましょう。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位マイナチュレ カラートリートメントマイナチュレ人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品4.8星星星星星3.6星星星星星3.3星星星星星詳 細

こんな症状ありませんか?

shoujou

これといった激しい症状を経験したことがない人には、アレルギーは顔や背中、腕、足などが真っ赤に腫れたり呼吸困難になったりするもの、というイメージがあるかもしれません。
確かにそういった例もありますが、最初から重篤な症状を起こすことはあまりなく、その前に何度もの小さい症候が発生していることが多いのです。

ピリピリ、ヒリヒリ、かゆみ等は危険なサイン

白髪染めやヘアカラーの1剤と2剤を混ぜて塗ってしばらくしたら一瞬ピリッとしたとか、耐えられないほどではないけれどかゆみやヒリヒリ感があった、という経験はありませんか?

こういう症状を接触皮膚炎といい、一次刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎があります。
一次刺激性接触皮膚炎とは誰にでも起きる可能性があるもので、例えば濃度の濃い洗剤で手荒れしたり、肌着や服が何度も擦れることでかゆみを覚えたりするものです。

アレルギー性接触皮膚炎は、ある物質にアレルギーを持った人だけが起こる皮膚炎です。
一例として金属の場合、金属製のアクセサリーをしても誰もがかぶれる訳ではないことから、アレルギーに分類されます。

白髪染めやヘアカラーに使用されるアルカリ剤や過酸化水素(ブリーチ剤)は、その濃度によっては誰もが肌荒れなどの症状を起こしかねないため、白髪染めやヘアカラーでかぶれても一次刺激性接触皮膚炎のこともあります。

しかし、塗布している時はちょっとしたかゆみやヒリヒリ感程度、あるいは全く違和感がなかったのに、時間が経ったらひどく腫れてきた、激しい痛みが出て来た、使うごとに段々違和感が強くなってきたという場合、アレルギー性接触皮膚炎の可能性が高くなります。

元SMAPの中居正広さんが、2017年8月にヘアカラーで「顔が2サイズ腫れ上がる」アレルギーを起こしたことをラジオやTVで告白しています。
2012年にヘアカラーに対してアレルギーがあることがわかり、それ以降はアレルゲンがない染毛剤を使用していました。

しかし、新しいヘアメイク担当者がそれを知らず普通の2剤式ヘアカラーを使用してしまい、頭皮と顔が腫れ上がってしまったそうです。
身体がアレルゲンとして一度認識してしまえば、5年間使用していなくても反応が出てしまうのがアレルギーの恐ろしいところなのです。

アレルギーの原因

arerugi

中居さんにアレルギーを起こさせた原因物質は何なのでしょうか。
詳しい報道がないため明確にはわからないものの、白髪染めやヘアカラーでアレルギーを起こした場合、その犯人はほぼ決まっています。

アレルギーの原因はジアミン系の酸化染料

アレルギーの原因と考えられるのは、酸化染料です。
酸化染料とはそのもの自体には色がついておらず、1剤に含まれるアルカリ剤と2剤の過酸化水素が反応して酸素を発生し、その酸素によって発色するものをいいます。

酸化染料にはパラフェニレンジアミン、パラトルエンジアミン、メタアミノフェノール、パラアミノフェノールなどがあり、一般的に「ジアミン系」「フェノール系」、あるいは化学構造が似ていることからすべてを合わせて「ジアミン系」と呼んでいます。

このうち、最もアレルギーを引き起こす可能性が高いのがパラフェニレンジアミンです。
独立行政法人 労働者健康安全機構の発表によると、理・美容師のパラフェニレンジアミン陽性率80~95%という報告が上がっており、機構の独自調査でも74.5%、皮膚炎が重症な理・美容師の場合92.0%と非常に高い陽性率だったといいます。

しかも、この多くは理・美容師になってからまもない時期に発症しており、それほど染料を扱った頻度が高くない時点で起こっています。

ということは、私たちにもアレルギーが起こる危険性は充分あるということなのです。

ジアミン系の酸化染料を含む白髪染めやヘアカラー

パラフェニレンジアミンは黒褐色に発色する染料で、その使い勝手の良さもあり2剤式白髪染めにはよほど明るめの色以外必ず使われていますし、おしゃれ染めにも暗めなカラーには大体配合されています。

パラフェニレンジアミンはその危険性が古くから知られており、1980年には表示指定成分になるほどアレルゲンとして認識されていました。
現在は表示指定成分というカテゴリーがなくなりましたが、その代わり毒物及び劇物取締法で劇物に指定されています。

米国ではアメリカ疾病管理予防センター(CDC)によって接触アレルゲンに分類していますし、EU諸国では発がん性が認められたため使用を禁止しているといいます。

そんな危険な成分が、いくら日本人の黒髪を染めるのに適しているからとはいえ、何十年も配合され続けているのです。

消費者庁や消費者安全調査委員会による注意喚起

最近になって、TVや新聞などがこの被害について取り上げるようになりました。
市町村のホームページで喚起を促す記事が掲載されるようにもなっています。
参考:久留米市「毛染めによる皮膚障害に注意しましょう」
https://www.city.kurume.fukuoka.jp/1050kurashi/2060hokeneisei/3110seikatueisei/kezomehigai.html

また、日本消費者庁では2015年10月23日、消費者安全調査委員会による調査報告書を公表し、「酸化染毛剤はヘアカラーリング剤の中でもアレルギーを引き起こしやすい」と注意を喚起しています。
参考:消費者庁「毛染めによるアレルギーに御注意!」
http://www.caa.go.jp/safety/index29.html

さらにヘアカラーメーカーで構成される日本ヘアカラー工業会でさえ、自主基準を設けて公表しています。
参考:日本ヘアカラー工業会「自主基準」
http://www.jhcia.org/outline/outline_jisyukijyun/

そのほか、内科や皮膚科、眼科など多くのクリニック、さらには美容室でもホームページで注意を喚起しているほどで、それだけ白髪染めやヘアカラーで被害を受けた人が増えていることを示しています。

日本女性にとって、重い黒髪を柔らかく軽さのある色にカラーリングしたいと思うのは自然なことです。
しかも、2016年の調査によると美容室は全国で237,525軒もあり、どこでも手軽に白髪染めやヘアカラーをすることができますし、市販品を使えばもっと簡単です。

しかし、その危険性を十分理解することがとても大切なのです。

アレルギーの症状

arerugi-shoujou

アレルギーといっても、症状は様々です。
ここではジアミンアレルギーの症状などについてご説明します。

ジアミンアレルギーを発症するとどうなる?

多くの場合、最初はこのような症状が頭皮に現れます。

・かゆみ
・炎症
・湿疹
・水泡

これは一時的なことや症状が軽いことが多く、人によっては気づかないうちに治ってしまいます。

そのうち、これらの症状が頭皮だけでなく顔や首、背中などに現われるようになります。
顔がむくんで目が開けなくなったり、顔全体が真っ赤に腫れ上がったりして病院に駆け込む人が出てきます。

この時に病院でしっかり検査し、以後白髪染めやヘアカラーをしないようにすれば良いのですが、自己判断で使い続けるとさらに症状が重くなります。
呼吸器に異常が出て、呼吸困難やアナフィラキシーショックを引き起こしてしまうのです。

油断大敵!いつ発症するのか分からない恐怖

白髪染めやヘアカラーの説明書には、パッチテストを2回行なうよう書かれています。
1回目は塗布後30分、2回目は48時間後というのは、アレルギーには即時型と遅延型があり、遅延型は48時間後頃に発症することが多いからです。

また、48時間後に何も起こらないからといって、安心はできません。
アレルギーはある日突然身体が過剰反応して起こるものではなく、ある程度の蓄積があった上で発症するものだからです。

パラフェニレンジアミン入りの白髪染めを初めて使用した時、すぐに反応を起こすことは通常ありません。
その時に抗体が作られ、皮膚や粘膜に存在する肥満細胞(マスト細胞)に付きます。

その後、この肥満細胞上の抗体が原因物質に反応した時に初めてアレルギーを発症するのですが、それがいつ起こるかはわかりません。
2回目の使用で反応することもあれば、数十年後の場合もあります。

これは花粉症を例に取るとわかりやすいのですが、同じような環境で育っても幼児の頃に発症する人もいれば、90歳になって発症する人もいますよね。
それと同じことなのです。

パラフェニレンジアミンには「交差反応」もある

交差(交叉)反応とは、似た化学構造の物質にも反応が出てしまうことです。
パラフェニレンジアミンには交差反応があり、現在のところわかっているだけでも化粧品に使用されるタール色素、服の染色に使用される染料、歯科医が使用する麻酔、エスカレーターやタイヤのゴムなどに使われる劣化防止剤などがあります。

そのため、ジアミンアレルギーを発症するとこれらのものにもアレルギー反応が出てしまう可能性があります。
逆に、これらのもので抗体が溜まっていると、白髪染めを1回しただけで発症してしまうこともあるのです。

市販品じゃなく美容室で染めてもダメ?

白髪染めやヘアカラーによるアレルギーは、多くが市販品を使用した時に起こっています。
これは、美容室では個々の髪質や状態に合わせて薬剤の配合を調整するのに対し、市販品はどんな髪質でも染まるよう、薬剤を非常に強くしているからです。

しかし、美容室なら安全かといえば、美容師にアレルギーが起きているのですから危険性は変わりません。
しかも、消費者安全調査委員会が2015年に行なった調査によると、施術中に顧客が何らかの異常を訴えても、顧客が希望すれば施術を続けると回答したのが61.0%もありました。

さらには「カラー剤で痛みやかゆみはよく起こるので、そのまま施術を続ける」という意見が7.0%もあったのです。

私たちは美容師に危険を回避してもらうことを希望していますが、当の美容師の多くは「顧客の自己責任」と考えているということです。
ですから、美容室だから安心と考えるのは危険なのです。

ジアミンアレルギーの心配がない白髪染め

shinpai-nai

ジアミンを使用していないものなら、完全とはいえないまでもアレルギーを発症する危険はかなり低くなります。
そこで、ノンジアミンの白髪染めが注目されています。

ここでは代表的なもの3つを挙げました。
どれも脱色作用はなく、髪をコーティングする方法で染めるタイプです。
残念ながら2剤式白髪染めほど色持ちは良くありませんが、髪と頭皮への刺激はかなり弱くなっています。

ヘアマニキュアの特徴とメリット・デメリット

2剤式白髪染めを使用できない人がよく使用するのがヘアマニキュアです。
美容院では「酸性カラー」と呼ぶことが多く、酸化染料ではなく酸性染料で髪を染める仕組みです。
酸化染料に比べると分子が大きいため髪に浸透せず、表面をコーティングして染めます。

<メリット>

・表面を染めるだけなのでダメージが少ない
・コーティングされるのでハリやコシが出る
・2剤式白髪染めほどではないが良く染まり、色持ちも比較的良い
・2剤式白髪染めと併用することができる

<デメリット>

・根元まで塗れないので白髪がすぐ目立つ
・脱色しないので、髪を明るい色に染めることができない
・頭皮につくと落ちにくい
・次回カラーチェンジするのが困難
・段々髪が固くなり、染まりにくくなる
・市販のものは、トリートメント効果があまりない

脱色せず髪の表面に吸着するタイプですが、その吸着力が強いため、自然に色落ちした後でないとカラーチェンジがしにくいというデメリットがあります。
また、美容室では根元0.5センチ程度まで塗ってくれますが、市販品についているブラシでは難しく、1週間もするとかなり白髪が目立ってしまうことがあります。

さらに、染料にはタール系色素を使用しており、発がん性やアレルギーの危険性が指摘されているカラーもあります。
頭皮が染まってしまうとなかなか落ちないという理由もあって、使用の際には頭皮につかないようにしなければならないため、自分で染めるのは結構気を使います。

ヘナの特徴とメリット・デメリット

ヘナはインドなどで古くから使われて来た染料で、ネイルや肌に模様を描いたり髪を染めたりしてきました。
ローソニアという染料がオレンジ色に発色するので、ヘナ100%だとかなり明るい茶色になります。
濃いめのブラウン系にしたい場合は、ヘナにインディゴを混ぜて使用します。

<メリット>

・髪と頭皮にダメージを与えない
・自然な染め上がりで、伸びて来た白髪が目立ちにくい
・自宅で染められ、失敗がない
・高いトリートメント効果がある
・2剤式白髪染めと併用できる

<デメリット>

・染めるのに数時間かかる
・髪を地毛以上に明るくすることはできない
・薬草の独特なニオイがあり、数日残る
・最初のうちは髪がきしみゴワゴワになる
・髪質によっては髪がべたつき、髪が非常に絡んでブラッシングできなくなる
・インディゴが配合されている場合、マメ科やソバにアレルギーがある人は使用できない
・価格が比較的高価なものが多く、コスパが良くない

ヘナは色落ちしないと書かれているサイトがありますが、草木染の一種で髪の表面に色が入るだけですから、3週間程度で色落ちします。
しかし、繰り返していくうちに染まりやすく、色落ちもしにくくなってきます。
非常にトリートメント効果が高く、使い続けるとサラサラの美髪になります。

ヘナ最大のデメリットは、染める時間がかかることでしょう。
ヘナ100%、あるいはヘナ+インディゴ100%の場合、特に最初のうちは1~2時間放置しないと色があまりつきません。

美容室で通常のヘアカラーと一緒にヘナカラーを扱っている場合、時間を短縮するためにジアミン系染料が配合されていることがよくあるので、注意が必要です。
また、市販品の中にもジアミン系染料が含まれていたり、ひどいものになると見た目は似ていて染毛力のない別の植物が多く入っていたりします。

インド本国でも同じ状況なので、よほど信頼できるショップから購入しないと髪と頭皮にダメージを与えたり染まらなかったりしますから、気を付けましょう。

カラートリートメントの特徴とメリット・デメリット

カラートリートメントは、ヘアマニキュアやヘナよりもう少し髪の奥まで染料が入り込むタイプの白髪染めです。
ヘナと違い、使用後すぐトリートメント効果が期待できます。

<メリット>

・髪と頭皮にほとんど刺激がない
・トリートメント効果が高い
・キューティクルを補修・保護するのでハリ・コシが出る
・シャンプー後に使用できるものは手間がかからない
・ヘナに比べるとカラーにバラエティがある
・色落ちが自然で、伸びて来た白髪が目立たない

<デメリット>

・一度ではしっかり染まらない
・乾いた髪に使用する場合、保温のひと手間がかかる
・色持ちは長くても10日前後で、継続使用が必要
・髪を地毛以上に明るくすることはできない
・2剤式白髪染めに比べてコストがかかる
・パーマや2剤式白髪染め、ヘアカラーとあまり相性が良くない

カラートリートメントはヘナと同じように高いトリートメント効果があり、髪と頭皮を傷めにくいという特徴と、ヘナより早く染まりカラーもある程度選択できるというメリットがあります。

また、カラートリートメントはヘアマニキュアやヘナと違い、染料を2種類使用します。
1種類はキューティクルの隙間から浸透する分子の小さいHC染料で、もう1種類は髪の表面に吸着する塩基性染料です。

高品質な商品はこれらのほかウコン、シコン、クチナシ、グアイアズレン、藍などを使用し、染毛効果を高めるほか頭皮環境を整える働きもします。

また、トリートメント効果が高い商品が多く、髪がサラサラ、しっとり、ツヤツヤになりますし、ふんわり感が出てボリュームアップできます。

しかし、染料がタール系色素やヘナより吸着力が弱いため、シャンプーごとに色落ちしてしまうというデメリットがあります。
また、HC染料や塩基性染料はパーマやヘアカラーとあまり相性が良くないといわれており、施術する前後1~2週間は使用しないことが推奨されています。

まとめ

matome

アレルギーの怖いところは、実は症状が出ているのに気づかない場合があることです。
頭皮や肌に出ればまだわかりやすいのですが、人によっては頭痛だったり背中のかゆみだったりしますし、毎回何らかの症状が出るとも限りません。
そしてある日突然強烈なかゆみが出たり、真っ赤に腫れ上がったりするのです。

発症してからでは遅い!早めに対処しましょう

市販の2剤式白髪染めの説明書を読むと、「前日までに洗髪する」旨が書かれているのにお気づきでしょうか。
これは、暗に「シャンプー後の清浄な頭皮には刺激が強すぎるので危険」ということを言っているのです。

大人になってからアレルギーを発症した場合、完治は難しいといわれています。
これは発症自体のメカニズムが解明されていないからで、さらに日本は先進国の中ではアレルギーの専門医が少ないため、なかなか研究が進まないのです。

ジアミンアレルギーを発症してしまうと、二度と2剤式白髪染めが使用できないだけでなく、交差反応によって化粧もままならない、エスカレーターの手摺にさわれない、歯医者に行っても麻酔ができないなど、日常生活に支障が出る場合もあります。

2剤式白髪染めを使用しないのが一番ですが、どうしてもしっかり染めたい場合は以下のことを守りましょう。

・美容室で染める場合は、できるだけ頭皮につけないようお願いする
・市販品を使用する場合は毎回パッチテストをする
・リタッチはカラートリートメントやヘナを利用する
・少しでも疑わしい反応があったらすぐに洗い流し、皮膚科でアレルギーテストを受ける

白髪を隠すことは女性にとってとても大切なことですが、そのためにアレルギーになってしまっては元も子もありません。
カラートリートメントやヘナなどを随時使用し、できれば完全に切り替えましょう。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3マイナチュレ カラートリートメント人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品

マイナチュレ カラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
3,240円0円200g
(約6回)
2,414円7日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント