気づいた時が始め時!女性が悩むパサパサ髪やうねり髪等、髪質劣化の改善方法まとめ-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪の原因 > 気づいた時が始め時!女性が悩むパサパサ髪やうねり髪等、髪質劣化の改善方法まとめ
hajimedoki
気づいた時が始め時!女性が悩むパサパサ髪やうねり髪等、髪質劣化の改善方法まとめ
  • facebook
  • twitter
  • LINE
髪質劣化を改善するための方法を詳しく解説!

髪は気づかないうちにダメージを受けているものです。
「どうも最近髪がパサパサする」「ヘンなくせが出てきた」と悩む女性は非常に多く、シャンプーを変えたり美容院に相談したりして何とか改善しようとします。

しかししばらくは何とかなっても、いつの間にか元通り、それどころかさらに髪質劣化が激しくなってしまうことも。

なぜ髪質劣化が止まらないのか、改善するにはどうしたら良いのか、詳しく説明しましょう。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位マイナチュレ カラートリートメントマイナチュレ人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品4.8星星星星星3.6星星星星星3.3星星星星星詳 細

女性にとって深刻な髪質劣化や髪トラブルの悩み

nayami

若い頃は天使の輪ができるほど艶やかだった髪も、年とともに髪質劣化していきます。
また、20代前半でも髪がパサパサになったりうねったりして、毎朝鏡の前でパニックになってしまう人もいますよね。

女性にとって、髪の美しさはいつまでも追及すべき大切なものです。
ちょっと古い調査になりますが、2011年にナガセビューティケァが行ったアンケートによると、「髪が美しいと思う女性有名人」は1位が仲間由紀恵さん、2位が小雪さん、3位が黒木メイサさんと、全員がロングでストレートへアです。

ヘアスタイルやファッションが素敵な有名人はたくさんいますが、やはり真っすぐに伸びた艶やかでハリやコシのある髪は、女性にとって最強なのですね。

しかし実際には、努力しているつもりなのに髪質劣化や髪トラブルで悩む女性は少なくありません。
同じナガセビューティケァの調査によると、20~30代は髪のパサつきや髪のうねり、ツヤのなさに悩み、40代以降は白髪、パサつき、うねり、ハリ・コシのなさに困り果てています。

また、髪質劣化や髪トラブルは精神的にも大きなストレスになります。
「テンションがどれくらい下がるか」という調査では、年齢に関わらず50~59%と回答した人が最も多かったのです。

※「働く女性の髪と頭皮に関する意識調査」ナガセビューティケァ より

また、髪の毛で悩むようになると、「他人の視線が気になるようになった」「自分に自信が持てなくなった」「おしゃれを楽しめなくなった」「人と会うのが嫌になった」といった気持ちや行動の変化が現れ、憂鬱な毎日を送るようになってしまうのです。

パサパサ、うねり、痩せ等、髪質劣化の原因は?

kamishitsu

髪質劣化には、加齢による原因とそれ以外の原因があります。
それぞれについて、説明しましょう。

<加齢による髪質劣化>

・女性ホルモンの減少

女性ホルモンのエストロゲンには、肌や髪の健康を維持する作用があります。
しかし30代になるとホルモンの分泌量が減ってくるため、ハリやコシ、ツヤがなくなったり、うねりや髪痩せなどの現象が起こりやすくなったりします。

・皮脂分泌量の低下

皮脂の分泌は男性ホルモンによってコントロールされているため、女性は元々それほど多くありません。
さらに、加齢とともに分泌量が減少することがわかっており、調査によって若干違うものの、女性の場合25~30歳前後をピークに緩やかに減っていきます。

頭皮の皮脂は髪の毛全体にじわじわと広がっていき、コーティングして摩擦などの刺激から髪を守っています。

しかし加齢とともに皮脂分泌量が減ってキューティクルが剥き出しになると、シャンプーやブラッシングなどで髪同士の摩擦が起こることでキューティクルが剥がれやすくなります。
そのため髪質劣化が徐々に進んでパサパサになり、ツヤも失われてしまうのです。

さらに、キューティクルの奥には髪のタンパク質、脂質、水分などが詰まっているのですが、それがどんどん流出してしまうため髪が痩せてきます。
また、キューティクルが剥がれていない部分との強度が違ってくるため、うねりが生じるのです。

・毛穴のたるみ

年とともに髪にうねりが出てきたという場合、毛穴のたるみも大きな原因です。
髪の毛はできたばかりの時は非常に柔らかく、毛穴の形に沿って成長していきます。

若い頃は頭皮が引き締まり毛穴の形も円形に近いのですが、年とともに柔軟性や伸縮性がなくなってくると、毛穴が歪んできます。
髪の毛はそれに沿って成長するため断面が楕円形になり、成分の配置バランスも崩れるためうねりが出るのです。

・髪のタンパク質組織の配置の変化

髪の主成分であるケラチンタンパク質組織には、柔らかく水分を吸収しやすいオルソ(オルト)コルテックスと、硬く水分の吸収性が少ないパラコルテックスの2種類があります。

花王の研究によると、若い頃はこの2つがバランス良く配置されているのですが、加齢によって偏りが出てくることがわかっています。
するとオルソコルテックス側が水分を含んで伸びやすく、うねりとなって出てくるのです。

<加齢以外の原因による髪質劣化>

・紫外線の浴び過ぎによる髪と頭皮の老化

人生で浴びる紫外線総量のうち、約50%は18歳までに浴びるといわれており、ケアを怠ると20代でも髪質劣化が始まってしまうのです。

紫外線にはUVAとUVBがあり、UVAが9割を占めます。
UVBは髪と頭皮の表面を日焼けさせ、UVAは真皮層まで透過して髪の毛根部にダメージを与える作用があります。

そのため、髪の水分が蒸発したり皮脂が酸化して髪がパサパサになったり、毛根部の損傷で髪が細く弱くなったりするのです。

・偏った食事やダイエットによる栄養不足や皮脂過剰

髪の健康はタンパク質、ビタミン、ミネラルによって保たれており、このどれか一つが欠けても髪のハリやコシ、ツヤが失われてしまいます。
そのため、極端なダイエットや好き嫌いでこれらの栄養素が不足すると、髪の健康が失われ、パサパサ髪やうねり髪になってしまうのです。

また、偏食で脂っこいものばかり食べていると、皮脂分泌量が過剰になって毛穴に詰まり、その間から生えてくる髪がうねってしまうこともあります。

・間違ったシャンプーとリンス・コンディショナー

CMなどでよく見る有名企業のシャンプーのほとんどは、高級アルコール系と呼ばれる洗浄力が非常に強いものです。
シリコーンや保湿成分を配合しているので手触りは良くなりますが、実際には天然のコーティング剤である皮脂がすべて取り去られているため、シャンプー後の髪はキシキシになります。

そのためリンスやコンディショナーを使用することになるのですが、これらには強力なシリコーンなどが配合されており、次のシャンプーで洗い流される際にキューティクルも一緒に剥がしてしまうといわれています。

一度剥がれたキューティクルは再生されないため中のタンパク質や脂質、水分がどんどん抜けてしまい、パサパサな髪質劣化が起こるのです。

・パーマやカラーリングによるダメージ

パーマやカラーリングには、アルカリ剤と過酸化水素が使用されています。
アルカリ剤はキューティクルをこじ開ける作用があるのですが、一度髪に入り込むと数週間は留まり、その間はキューティクルが開きっぱなしになっています。
そのため、ちょっとした摩擦で剥がれてしまうのです。

また、過酸化水素にはタンパク質を変性させる作用があります。
髪と頭皮の主成分はタンパク質ですから、薬剤が髪や頭皮につくことで強いダメージを与えます。
特に頭皮につくと毛穴に入り込み、毛根部を破壊して髪の正常な成長を妨げてしまうのです。

髪や頭皮に与えるダメージは縮毛矯正が最も強く、ブリーチがその次です。
また、ニ剤式ヘアカラー・白髪染めには酸化染料が使われており、アレルギーを引き起こすことで知られていますから、これも頭皮への強い刺激となります。

・睡眠不足

睡眠不足がお肌に良くないといわれるのは、睡眠中に分泌される成長ホルモンの分泌量が少なくなるからです。

しかしこれは寝る時間や睡眠時間にはあまり関係なく、重要なのは熟睡しているかどうかです。
入眠後30分前後で熟睡する(ノンレム睡眠)と成長ホルモンの分泌量が増え始め、3時間程度その状態が続きます。

成長ホルモンには頭皮細胞のダメージを修復したり新陳代謝を促す作用があるため、このホルモンの分泌量が減るとテキメンに髪質劣化が起こり、髪がパサパサになったり切れ毛や抜け毛が増えたりしてしまうのです。

髪質劣化を改善するには?【ヘアケア編】

haircare

加齢による髪質劣化を完全に防ぐことはできませんが、丁寧なヘアケアによって予防改善することはできます。

アミノ酸系、ベタイン系など高品質なシャンプーを使用する

これらのシャンプーに使用されている洗浄剤は、汚れは落としますが皮脂を取り過ぎないため、髪がパサパサになるのを抑えてくれます。

これらのシャンプーの多くはノンシリコーンなので、最初は少しパサつくかもしれません。
しかし、しばらく使用していると頭皮の皮脂が髪全体をコーティングするようになるため、ツヤが出てきますよ。
我慢できないという場合は、少量のヘアオイルを使いましょう。

シャンプーを正しく使用する

シャンプーはしっかり泡立てることで、泡が皮脂汚れやほこりを包み込んでくれます。
そのため、髪が充分濡れていなかったり原液そのままを直接髪につけたりしてしまうと、うまく泡立たず汚れをしっかり取ることができません。

すると必要以上のシャンプーを使用することになり、髪への摩擦量が増えるため、キューティクルが剥がれやすくなってしまうのです。

シャンプーを使用する時には手のひらに取ってから充分泡立てるか、泡立てネットを使用する、泡ポンプのシャンプーを使用するなどして、できるだけ細かい泡をたっぷり作ってから使用しましょう。

shanpu

髪につけるとすぐ泡が消えてしまうという場合、多くは髪が充分に濡れていないためか、髪に汚れがたくさんついているためです。
最初に最低でも1分、できれば2~3分お湯だけで湯シャンすると、髪の汚れの7割は落ちるといわれていますし、水分が充分行き渡るので泡がつぶれにくくなりますよ。

ドライヤーを正しく使用する

髪が傷むからと自然乾燥している人もいますが、頭皮に雑菌が繁殖しやすくなるので、やはりドライヤーで髪も頭皮もしっかり乾かすことが大切です。

しかし、髪は熱に弱く60℃前後から変質を始め、一度変質したら元には戻りません。
そのため、できるだけ低温で、かつ短時間で髪を乾かすことが大切です。

まず、シャンプー後はしっかりタオルドライして、できるだけ水分をなくします。
その後温度設定ができるドライヤーなら60℃前後、できないタイプなら髪から15~20センチ離して使用しましょう。

使用する時は、髪ではなくドライヤーを動かすことが肝心です。
髪をパサパサ動かすと、その摩擦でキューティクルが剥がれやすくなり、熱とのダブルダメージになってしまいます。

頭皮を先に乾かすようにすると、それだけで髪はかなり乾くはずです。
その後ある程度髪を乾かし、多少湿り気が残っている程度で冷風に切り替えましょう。
温まっている髪はキューティクルが開いているので、冷風でしっかり閉じてあげるのです。

髪を紫外線から守る

髪質劣化を防ぐには、紫外線を避けることも大切です。
日傘はとても有効な手段ですが、紫外線は曇りや雨の日も降り注いでいます。

違和感なく使用できるのが、帽子でしょう。
最近はとてもオシャレな感じの帽子が販売されていて、日よけというよりファッションの一部としても楽しめますね。

通勤には使用できない、あるいは帽子が苦手という場合は、紫外線を防ぐヘアスプレーやアウトバストリートメントがありますので、そちらを利用しましょう。

髪質劣化を改善するには?【頭皮ケア編】

touhicare

髪質は髪のケアさえすれば良くなるというものではありません。
元々の髪がパサパサだったり細かったりすると、ちょっとしたことでさらに髪質劣化が起こります。
そこで、健康な髪を生やすために、頭皮ケアもしっかり行ないましょう。

頭皮のコリを解消する

頭皮のコリとは、特に頭頂部が非常に硬くなったりたるんだりする状態のことです。
おでこと頭頂部の硬さを比べてみて、頭頂部のほうが硬いという場合、頭皮が凝っています。
これは血行不良が原因のことが多く、栄養が届かないために頭皮の新陳代謝が出来なくなったために、硬くなってしまったのです。

また、頭頂部を支えている3種類の筋肉の働きが衰えていることにも原因があります。
筋力がなくなると頭皮が垂れ下がり、毛穴の形が変形してしまうので髪がうねったり抜けやすくなったりしてしまうのです。

頭皮のコリを解消するには、頭皮マッサージやストレッチ、筋トレが効果的です。
頭皮に指を当てて円を描いたり上に持ち上げたり、手のひらで押したりするだけでも血行が良くなります。

また、頭部と首はつながっているので、首を伸ばすストレッチも毎日行ないましょう。

頭皮に潤いを与える

お肌や頭皮のたるみの原因に水分不足があります。
肌の表皮層にはセラミドや天然保湿因子があり、水分をキープする働きがあります。
しかし、加齢や空気の乾燥、大気汚染、栄養不足、ストレスなどによってこれらの成分が不足すると水分が蒸発しやすくなり、柔軟性も失われて頭皮が硬くなってしまうのです。

そこで、女性用の育毛剤や頭皮用の保湿化粧水で水分を補給してあげましょう。
特に女性用育毛剤には保湿成分や血行促進成分がたっぷり配合されているので、頭皮環境の改善にとても効果があります。

オイルマッサージをする

乾燥した頭皮だけでなく、べたつきがちな頭皮にもお勧めなのが、オイルマッサージです。
頭皮のべたつきは毛穴の中の皮脂腺から分泌された皮脂が過剰になって起こるもので、そのままにしていると毛穴が皮脂で塞がってしまいます。
するとその間から生えてくる髪の毛がうねりやすくなるのです。

また、皮脂が紫外線を浴びると過酸化脂質に変化しますし、皮脂をエサにする雑菌が繁殖して遊離脂肪酸を放出し、さらに頭皮環境が悪くなってしまいます。

そこでオイルマッサージをすると、余分な皮脂が溶け出して毛穴がすっきりしますし、乾燥した頭皮には水分を逃がさない膜となってくれるのです。

パーマやカラーリングは極力控える

ヘアケアにもいえることですが、パーマやカラーリングはできるだけ控えましょう。
髪だけのダメージであれば、その部分をカットしてしまえば済みます。
しかし頭皮にダメージを与えてしまうと頭皮細胞のDNAが破壊され、健康な髪が生まれなくなってしまう危険性があるのです。

ツヤのあるきれいな黒髪を目指すなら、パーマやカラーリングをする回数はできるだけ減らしましょう。
特に市販の二剤式ホームカラーは薬剤が強くなっているので、頭皮にできるだけつかないよう注意が必要です。

髪質劣化を改善するには?【生活習慣編】

seikatsushuukan

髪質と生活習慣にも大きな関係があります。
どれほど外側から髪と頭皮をケアしても、内側に問題があれば効果は限定的になってしまうのです。

バランスの良い食事を摂る

食事のバランスが良く充分な栄養が摂取できないと、髪は健康になりません。
「髪は血の余り」という言葉があるほどで、髪はなくても命に別状はないため、内臓や組織に送られた栄養素の後の余りが頭皮に使われます。
そのため、その「余り」がなければ髪はパサパサ、細毛、切れ毛など髪質劣化を起こしてしまうのです。

タンパク質は髪の主成分ですが、それを髪や頭皮のケラチンというタンパク質にするにはビタミンやミネラルが必要です。
また、糖質は過剰に摂取するのは良くないものの、最も効率の良いエネルギー源ですから、適度に摂れば全身の機能を活性化し、髪にも良い影響を与えます。

さらに、忌み嫌われがちな脂肪ですが、実は女性ホルモンや成長ホルモンは脂肪から作られています。
そのため、あまり制限してしまうとかえってパサパサ髪や抜け毛といった髪質低下の原因になってしまうのです。

適度な運動をする

運動によって筋肉が動くと、そこに熱が生まれます。
熱は血液を通して全身を巡るため血行が良くなり、頭皮に充分な血液が届くとともに頭皮を温めてくれます。
すると頭皮が柔らかくなって毛細血管が充分拡張できるので、さらに血行が良くなるのです。

運動は特別なことをする必要はなく、ウォーキングや早歩き、スロージョギング、ストレッチ、ヨガなどで筋肉に刺激を与えれば充分です。
特にふくらはぎは「第二の心臓」といわれ、鍛えると非常に血流が良くなりますから、意識的に動かすようにしましょう。

質の良い睡眠を取る

仕事や家事・育児などで忙しく充分寝られないという場合でも、できるだけ質の良い睡眠を心がけましょう。

そのためには、寝る前に脳の興奮を鎮めておくことが大切です。
スマホやTVなどで脳が興奮すると、心身をリラックスさせる副交感神経が活性化せず、なかなか寝つけなかったり眠りが浅くなったりしてしまうのです。

一番手軽にできてオススメなのが、入浴です。
全身を温めると緊張していた筋肉が緩んで血行が良くなり、全身を巡るので頭皮にも栄養が回ります。

また、入浴は全身運動になるので心地良い疲れが出て、自然と眠くなってきます。
心身がリラックスしているので熟睡でき、睡眠時間が短くても成長ホルモンがたっぷり分泌され、髪や頭皮の健康を促進してくれるのです。

美しい髪を取り戻して見た目印象をアップ!

髪質劣化を改善し美しい髪を取り戻すには、美容院やヘッドスパでの施術も効果的ですが、続けるには結構な費用がかかりますよね。
しかし、自宅でちょっとしたケアを継続すれば、同様の効果が期待できます。

パサパサ髪やうねり髪、切れ毛や薄毛など髪のトラブルは、こまめなケアで改善していきましょう。
艶やかでハリやコシのある美髪は、女性を5歳も10歳も若く魅力的に見せてくれますよ。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3マイナチュレ カラートリートメント人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品

マイナチュレ カラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
3,240円0円200g
(約6回)
2,414円7日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント