美容や健康だけじゃない!白髪対策にも効く!?ビタミンの働きと重要性について-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 髪に良い食べ物と栄養 > 美容や健康だけじゃない!白髪対策にも効く!?ビタミンの働きと重要性について
toraburu
美容や健康だけじゃない!白髪対策にも効く!?ビタミンの働きと重要性について
  • facebook
  • twitter
  • LINE
ビタミンが髪の毛に与える影響について解説!

ビタミンは身体を健康に保ち、美容のためにも欠かせない成分です。
しかし、ビタミンが白髪対策にも良いと知っている人はそれほど多くありません。
ビタミンの働きと、白髪を改善するという根拠について、詳しく説明しましょう。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位グローイングショット カラートリートメントグローイングショットエイジングケアに力をいれた製品4.6星星星星星3.5星星星星星4.3星星星星星詳 細

ビタミン不足が引き起こす様々な髪トラブル

toraburu

髪が皮膚の一種だと聞くと、驚くかもしれません。
皮膚の細胞は新陳代謝によって真皮層から表皮層へと移動して角質化し、最後に垢となって剥がれていきます。

髪の毛の場合は、毛母細胞という髪を生む細胞が細胞分裂を繰り返し、角質化したものが剥がれず、そのまま集まっているものです。
また、毛母細胞のある毛穴は頭皮の中にある組織で、皮膚組織が変化したものです。
ですから元をただせば同じもので、顔に起こるトラブルは頭皮にも髪にも起こると考えられるのです。

お肌といえばビタミン、それもビタミンCを思い浮かべますよね。
しかしビタミンCだけでなく、他のビタミンも肌や髪の健康対策に欠かせないのです。

ビタミンは炭水化物やタンパク質、脂質のように直接エネルギー源になったり身体をつくったりするものではありませんが、これらの代謝を助ける重要な働きがあります。
そのため、ビタミンが不足すると様々な髪トラブルが出てくるのです。

最も大きいトラブルが、髪を構成するタンパク質が出来なくなるため、枝毛や切れ毛が増えたり、髪が細くなったり、白髪が増えたりすることです。

食事で摂ったタンパク質はそのままでは髪になりません。
まずペプチドに分解され、さらにアミノ酸に分解され、それから18種類のアミノ酸が組み合わさって髪のケラチンタンパク質に再合成されるのです。

この時に分解、再合成を助けるのがビタミンで、ビタミンが不足するとどんなにタンパク質を摂取しても、アミノ酸不足の不健康な髪しか生まれないのです。
たとえば、黒髪を作るにはチロシンというアミノ酸が必要ですが、ビタミン不足だと再合成の際にチロシンが足りず、白髪が生えてきてしまうこともあるのです。

その他、ビタミンが不足すると血行不良、頭皮の乾燥、皮脂量過多などが起こるため、頭皮環境が非常に悪くなります。
すると白髪や抜け毛・薄毛、髪のぱさつき、ハリ・コシ・ツヤの減少、ボリュームダウン、枝毛・切れ毛、フケ、かゆみなど様々な髪トラブルが起こります。

髪トラブル対策には、ビタミンが不可欠といえます。

【ビタミンA】の働きと髪の毛に与える影響

a

ビタミンAには主に動物性食品に含まれる「レチノール」と植物性食品に多い「プロビタミンA」があり、プロビタミンAの代表的なものがβ-カロテンです。

<ビタミンAの働き>

ビタミンAは頭皮の表皮の合成に関わる成分で、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。

皮膚は生命を維持するために不可欠な組織で、水分の蒸発を防いだり体温を調節したり、外的刺激を和らげたり微生物や雑菌の侵入を防いだりと、様々な役割があります。
特に表皮は体内の水分蒸発を防ぎ、外的刺激から守る皮膚バリアとなる砦ですから、ビタミンAが不足すると肌や目、口、鼻、のどなどが乾燥し、病気になりやすくなります。

また、β-カロテンには抗酸化作用があることがわかっています。
紫外線や環境汚染、ストレスなどによって活性酸素が発生すると、体内の細胞が劣化してしまいます。
するとコレステロールが増えて血管壁に粘着するため、血管が硬く狭くなり血液が流れにくくなります。
血液もドロドロになるためさらに血流が悪くなり、動脈硬化や心筋梗塞などを引き起こします。

β-カロテンには活性酸素を除去し、さらにコレステロールを減らす作用があるので、血管や血流が正常になり、生活習慣病を予防します。

さらに、最近の研究でビタミンAにガンを予防する働きがあることが報告されました。
これは、活性酸素が細胞のDNAを損傷するのを防いでいるからだと考えられます。

その他、ビタミンAには目の機能を向上させ、特に夜の疲れ目に効果があることがわかっています。

<ビタミンAが髪の毛に与える影響>

ビタミンAには頭皮の乾燥を防ぐ作用があります。
頭皮の乾燥は女性に多い症状で、育毛剤や頭皮用ローションも必ず保湿成分が配合されています。
頭皮が乾燥すると硬くなり、毛細血管を圧迫するため、血流が悪くなります。

また、常に血流が悪い状態が続くと、毛細血管は消滅してしまいます。
頭の上部には毛細血管しかないため、血流が悪くなったり毛細血管の本数が減ったりしてしまうと栄養や酸素が届かなくなるため、様々な髪トラブルが起こるのです。

また、頭皮が乾燥するとフケやかゆみが出やすくなります。
見た目に悪いのはもちろんですが、フケが大量に発生すると粃糠(ひこう)性脱毛症を引き起こすことがあります。

これはフケが毛穴に詰まることで起こる脱毛症で、元々は思春期の男子に多かったのですが、最近は女性にも増えています。

さらに、頭部は全身で最も紫外線を浴びているため、乾燥だけでなく非常に劣化しやすい部位です。
紫外線によって発生する活性酸素は細胞のDNAを損傷する作用があり、損傷した細胞は以前のような健康な髪を作ることができなくなるため、白髪や抜け毛が増えてしまうのです。

ビタミンAには皮膚や粘膜を健康に保ち、水分保持機能を維持する作用があります。
また、特にβ-カロテンに抗酸化作用があることから、毛母細胞や髪の色素形成細胞メラノサイトの劣化防止をサポートし、白髪対策に有効と考えられます。

<摂取の際の注意点>

動物性ビタミンAのレチノールは脂溶性で、摂りすぎると肝臓に蓄積されます。
すると肝臓障害のほか頭痛や吐き気、発疹、疲労感、脱毛など様々な症状が起こることがあります。
サプリメントで動物性ビタミンAを摂取する場合は、用量を守るようにしてください。

なお、植物性のβ-カロテンも蓄積されますが、抗酸化物質に変化するので多めに摂っても問題はありません。
ただし、β-カロテンにはカロテノイドというオレンジ系の色素が含まれているため、肌が黄色っぽくなることがあります。

また、食品で食べた場合、β-カロテンは生で食べると8%前後と吸収率が悪く、煮ると30%、油で調理すると50~70%にアップします。
できるだけ油を使用しましょう。

【ビタミンB群】の働きと髪の毛に与える影響

b

ビタミンB群にはB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸などがあり、それぞれが助け合って皮膚や神経などの健康に貢献しています。

<ビタミンB群の働き>

・ビタミンB1

糖質の代謝に欠かせない成分で、代謝酵素を助けて素早くエネルギー源に変換する作用があり、疲労回復効果があります。

・ビタミンB2

脂質代謝の補酵素として働き、脂質の分泌をコントロールする働きがあります。
体内の脂質が酸化した過酸化水素を分解し、生活習慣病予防効果があるといわれています。
また、タンパク質の合成にも携わっており、細胞の新陳代謝を促します。

・ビタミンB6

タンパク質代謝の補酵素で、アミノ酸への分解と再合成に必要なビタミンです。
また、神経伝達物質の材料がアミノ酸であることから、ビタミンB6が不足するとドーパミンやアドレナリン、セロトニンなどが欠乏し、精神が不安定になります。

女性ホルモンのバランスを整える働きもあり、月経前症候群や更年期障害対策にも使われています。

・ビタミンB12

赤血球を作る働きがあり、葉酸とともに細胞分裂を助けています。
また、DNAやタンパク質の合成を促進させ、末梢神経を正常に保つ作用があるため、肩こりやしびれ、神経痛の治療に使用されています。

・葉酸

ビタミンB12とともに働き、赤血球やDNA、タンパク質の合成を助ける作用があります。
また、葉酸には血栓を防いで動脈硬化を予防する働きがあることから、血流を正常に保つためにも大切だと考えられています。

・ナイアシン

酵素の構成成分の一つで、特に糖質や脂質の代謝に欠かせない成分です。
不足すると皮膚が乾燥したり裂けたりしやすくなります。
また、ナイアシンは女性ホルモンの合成を助けたり、血行を良くしたりする働きがあるので、女性の美と健康対策に効きます。

・パントテン酸

糖質、タンパク質、脂質の代謝に関わり、エネルギー源を作り出しています。
また、善玉コレステロールを増やす働きによって生活習慣病を予防したり、ストレスを緩和するホルモンの分泌量を増やしたりする役割があります。

さらに、パントテン酸はビタミンCがコラーゲンを合成する作用を助けることから、肌や髪にも大切な成分です。

・ビオチン

糖質の代謝に使われ、血糖値を安定させる働きがあります。
また、アミノ酸がタンパク質に再合成される際にも補酵素として働き、細胞の生まれ変わりを促進して肌や髪を健康に保ちます。

<ビタミンB群が髪の毛に与える影響>

ビタミンB群は食物の代謝を促進して細胞のエネルギー源を作り出し、正常な新陳代謝や細胞の増殖作用を維持しています。
そのため、毛母細胞が正常に細胞分裂を繰り返し、髪を成長させることができるのです。

また、ビタミンB6・B12・葉酸・パントテン酸はタンパク質を代謝してケラチンタンパク質を合成し、太くしっかりした髪を作るので、細毛対策に効果的です。

さらに、ビタミンB6やナイアシンには女性ホルモンのバランスを取る働きがあります。
女性ホルモンのエストロゲンは髪の成長を促し寿命を伸ばす役割がありますから、これも白髪や薄毛の対策に効きます。

ビタミンB12には色素形成細胞メラノサイトの機能を促進し、メラニン色素を作り出す働きがあるため、不足すると白髪が増える原因になるといわれています。
海外では、ビタミンB12を毎日摂取したところ髪色が戻ったというデータもあり、白髪対策に使用されています。

その他、血管拡張作用によって血行が良くなり、コラーゲン生成を補助して頭皮の柔軟性を高めることで、頭皮に充分な栄養素と酸素が届くようになります。

<摂取の際の注意点>

ビタミンB群は水溶性のため、体内に蓄積されません。
そのため過剰摂取による問題はほぼありませんが、不足すると肌や髪のトラブルだけでなく、生活習慣病を引き起こしやすくなります。
毎日食事やサプリメントで摂取することが大切です。

【ビタミンC】の働きと髪の毛に与える影響

c

ビタミンCというと野菜や果物というイメージがありますが、実はめんたいこやハム、ベーコン、レバーなどにも含まれています。
ほとんどの動物は体内で合成することができますが、人間はそれができないため、食事で摂ることが必要です。

<ビタミンCの働き>

抗酸化作用があり、活性酸素の働きを阻止して細胞の老化を防ぐ働きがあります。
活性酸素は紫外線のほか生活習慣やストレスによっても大量に発生し、細胞を傷つけてしまいます。
ビタミンCには活性酸素を食い止め、さらに抗ストレスホルモンやアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達物質の合成を促進する役割があります。

特にアドレナリンはストレスで交感神経が活性化すると副腎髄質から分泌され、血管の収縮や血圧の上昇などで体勢を整えてストレスに立ち向かえるようにします。
するとストレスに対して抵抗力がつき、活性酸素の発生をも抑えることができるのです。

さらに、コラーゲン生成の際の補酵素の役割もあり、細胞同士をしっかり結合させることで血管や皮膚、骨、筋肉などが正常に働けるようにします。
お肌のシミやたるみを防ぐだけでなく、身体の全組織を老化から守っているのです。

また、アメリカでは風邪の治療に大量のビタミンCを摂ることが当たり前になっています。
ビタミンCには白血球を助け、病原菌と闘う働きがあるからです。
細胞同士の結合を強固にすることで細菌やウィルスの侵入を防ぐことができるので、風邪の予防効果もあると考えられています。

<ビタミンCが髪の毛に与える影響>

頭皮の毛母細胞やメラノサイト細胞は常に紫外線にさらされており、最も酸化・老化が早い部分です。
ビタミンCの抗酸化作用は活性酸素を除去し、さらに他の抗酸化物質が活性酸素によって酸化された時に、元通りにする働きがあります。
その働きによって、頭皮の若返りが期待できます。

また、頭皮上部は血管が毛細血管のみになるため血行が悪くなりやすいのですが、ビタミンCには毛細血管を強化する作用もあるとされており、頭皮に栄養素や酸素が届きやすくなります。

さらに、ビタミンCには亜鉛や鉄の吸収力を高める働きもあります。
どちらも髪の生育に不可欠な成分ですが吸収率が低く、亜鉛は10~30%、鉄分は動物性食品に多いヘム鉄が10~20%、植物性食品に多い非ヘム鉄は2~6%となっています。
ビタミンCは亜鉛と非ヘム鉄の吸収を高めるため、髪の成長をサポートしてくれるのです。

このように、ビタミンCは白髪や抜け毛対策にはずせない成分です。

<摂取の際の注意点>

ビタミンCは水溶性なので、一度に多く摂取しても使われなかった分は尿として排出されてしまいます。
それだけ安全性が高いといえますが、数時間で排出されてしまうので、1日に一度ではなく何度かに分けて摂取したほうが良いでしょう。

なお、厚生労働省による情報サイトによると、ビタミンCは1日30~180mgの場合70~90%が吸収されますが、1000mgを超えると50%未満になるそうです。
むやみに大量に摂取すると下痢や吐き気、腹痛、胃腸障害などの症状が起こることがありますから、サプリメントで摂取する場合は用量を守りましょう。

また、何らかの薬物を服用している場合、ビタミンCをサプリメントの形で摂ると薬の作用が変わってしまう場合があるため、必ず事前に医師に相談してください。

【ビタミンE】の働きと髪の毛に与える影響

e

ビタミンEはα、 β、 γ、 δの4種類のトコフェロールとトコトリエノールから成る成分です。
ヒマワリ油、綿実油、サフラワー油、米ぬか油などの植物油や、大豆、アーモンド、魚卵類、青魚などに多く含まれる脂溶性ビタミンです。

<ビタミンEの働き>

高い抗酸化作用があり、体内が活性酸素でサビつくのを防いでいます。
特にビタミンEは細胞膜の中に多く、細胞を酸化から守りDNAの損傷を防御します。

また、血管の老化を防ぎ、血中コレステロールの酸化を防ぐので血管が丈夫になり、血液がサラサラになります。
血管を拡張する働きもあるので、血行を促進して冷えや腰痛、しもやけなどを改善します。
新陳代謝も促進されるので肌荒れしにくくなり、シミやシワの予防改善効果も期待できます。

さらに、ビタミンEにはホルモンバランスを整える働きがあり、特に女性ホルモンに作用して生理不順を改善したり、妊娠しやすくしたりする働きがあります。
トコフェロールとは「子供を産む力を与える」という意味で、100年近く前にすでに動物実験で生殖能力がアップすることがわかっています。

<ビタミンEが髪の毛に与える影響>

高い抗酸化作用があることから、毛母細胞やメラノサイト細胞が酸化して細毛や白髪が増えるのを予防すると考えられます。
また、頭皮の皮脂は紫外線によって酸化しやすく、これが過酸化脂質となって回りの細胞を傷つけてしまうのですが、ビタミンEによってその作用を抑制することができます。

さらに血管を拡張する働きがあるので血流が良くなり、新陳代謝や細胞分裂が盛んになって髪の成長を助けてくれます。
その上、新陳代謝によって保水成分セラミドや天然保湿因子NMFが生成されるので、頭皮がうるおい柔らかくなります。

するとそれまで硬い頭皮でつぶされていた毛細血管がさらに拡張しやすくなるので、血行不良対策になるのです。

もう一つ、女性ホルモンのバランスを整えることで髪の成長を促進させる効果も期待できます。
女性ホルモンには髪の健康を維持し寿命を長くする役割がありますが、30歳前後から分泌量が減ってくるため、白髪や抜け毛が増えてきます。
そこでビタミンEを摂取するとホルモンのバランスが整えられるため、髪と頭皮の老化対策ができるのです。

<摂取の際の注意点>

ビタミンEは脂溶性で、過剰摂取すると体内に蓄積されます。
ほとんど問題はないとされていますが、動物実験では骨粗しょう症を引き起こす可能性が示唆されています。
また、肝障害や吐き気、下痢などの症状がまれに起こりますので、摂取量を守るようにしましょう。

なお、ビタミンEはビタミンCと併せて摂ることで、さらに強い抗酸化作用を発揮します。
ビタミンCは水溶性、ビタミンEは脂溶性なので、両方を摂取することでより広い範囲の酸化対策を取ることができるのです。

ビタミンで綺麗と元気を取り戻しましょう!

genki

このように、ビタミンには非常に多くの効能・効果があり、白髪対策にも役立ちます。
しかし、平成28年国民健康・栄養調査によると、日本女性はビタミンA、B1、B6、ビタミンCが不足しがちです。

また、どの栄養素も若い人ほど不足量が多く、このままでは若くして白髪や薄毛になってしまうかもしれません。
実際、最近は20代で白髪や抜け毛に悩む人がとても増えているのです。

ビタミンに限らずどんな栄養素も食事から摂るのが一番ですが、それが難しい場合はサプリメントを利用しましょう。
その際は一種類より様々なビタミンが入っているほうが吸収率が高く、さらに相乗効果が出るので、白髪対策に効果的ですよ。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3クロエベールとにかく使いやすさが秀逸な商品

クロエベール
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,880円600円100g
(約4回)
5,220円5日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント