冬の乾燥は頭皮や髪のトラブルの原因!頭皮を乾燥から守るために今すぐ対策を-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 頭皮の健康 > 冬の乾燥は頭皮や髪のトラブルの原因!頭皮を乾燥から守るために今すぐ対策を
huyu
冬の乾燥は頭皮や髪のトラブルの原因!頭皮を乾燥から守るために今すぐ対策を
  • facebook
  • twitter
  • LINE
冬に頭皮が乾燥する理由について解説!

毎年冬になると全身の肌がカサカサになるという人は要注意!見えなくても、髪も頭皮も同じように乾燥しています。

そのままにしておくとフケやかゆみの原因となるだけでなく、抜け毛や薄毛、白髪などを引き起こすことも。
今のうちにしっかりケアしましょう。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.8星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位グローイングショット カラートリートメントグローイングショットエイジングケアに力をいれた製品4.6星星星星星3.5星星星星星4.3星星星星星詳 細

冬は乾燥の季節です

huyu

冬の乾燥した肌はかゆくなりやすいですが、掻くとすぐ赤くなったり皮膚が剥けたりしますよね。
頭皮も同じことで、冬になるとかゆくなりやすいし小さい乾性フケが出ることも多くなるのです。

顔だけじゃなく頭皮も乾燥から守りましょう

見えている部分のお手入れは簡単ですし、忘れにくいですよね。
変化が出ればすぐ気づきますし、それに対するケアもできます。
しかし頭皮の場合、見えないだけでなく顔や手足の皮膚に比べると鈍感だといわれています。

特に頭頂部の感覚が鈍いとされ、多少乾燥したくらいでは何も感じないのです。
フケが出るほどになった時にはかなり頭皮の水分が不足していて、老化が始まっているかもしれません。

お肌が乾燥していると感じた時は、頭皮もしっかりケアしてあげましょう。

頭皮が乾燥するとどうなる?

dounaru

頭皮が乾燥すると、どんなトラブルが起こるのでしょうか。
まずは肌の乾燥とはどういう状態なのか、簡単に説明します。

乾燥した肌ってどんな状態?

皮膚は下から皮下組織、真皮、表皮に分かれていて、真皮層にはコラーゲンやエラスチンなど肌の柔軟性を保つ成分が、表皮には細胞間脂質セラミドや天然保湿因子NMFなど水分を保持する成分があります。
乾燥した肌とは、主に表皮の一番上にある角層(角質層)部分の成分が減少し、水分を保持することができなくなっている状態のことです。

また、角層の一番上には皮膚バリアがあり、水分が蒸発したり雑菌が入り込んだり、紫外線によってダメージを受けたりするのを防ぐ役割があります。
この皮膚バリアの成分はセラミドやNMFのほか皮脂も含まれており、皮脂の分泌量が減ることでも皮膚バリアが弱くなり、水分が蒸発しやすくなります。

乾燥は様々な頭皮トラブルや髪トラブルの原因に

頭皮が乾燥すると、角層のターンオーバーサイクルが乱れます。
ターンオーバーとは細胞の生まれ変わりのことで、表皮の基底層で生まれた細胞が押し上げられ、角層までたどり着くと角化し、最後にフケとなってなくなります。

ターンオーバーサイクルは通常20代が約28日、30代が約40日、40代が約55日、50代が約75日といわれており、加齢とともに遅くなっていきますが、このサイクルが正常であればフケは目に見えないほどの小さいサイズです。

しかし、サイクルが乱れると角層が硬くなって割れやすくなり、そこから水分が逃げてしまったり、未成熟な細胞がバリアを構成するので肌がもろくなり、水分を保持する機能が弱くなったりして乾燥してしまうのです。

乾燥した角質は自然に粉々になる前に剥がれてしまうため、目に見えるサイズのフケとなって出てしまいます。
乾燥しているので肩に落ちやすく、取り除きやすいものの頭を動かすとまたパラパラと落ちてきてしまいます。

さらに、皮膚のバリアが弱いため刺激に敏感になり、かゆみや炎症を起こしやすくなります。
紫外線を直接浴びるため真皮層にある髪の毛根部がダメージを受け、髪を作る毛母細胞や色を作るメラノサイト細胞が酸化し、抜け毛や薄毛、白髪になりやすくなるといわれています。

また、乾燥は頭皮だけでなく髪にも悪影響を及ぼします。
髪は硬いキューティクルで守られていますが、乾燥すると静電気などによってキューティクルが剥がれやすくなります。

するとキューティクルの奥にあるコルテックス内のタンパク質や水分、脂質などが流出しやすくなるため、パサパサでハリやコシのない髪になってしまうのです。

乾燥で頭皮や髪がべたつくことも

乾燥してべたつくというと不思議かもしれません。
しかし、頭皮は皮脂膜で覆われているのが正常な状態なので、水分が不足して皮脂膜が弱くなると、頭皮を守ろうとして皮脂が過剰分泌されることがあります。

すると、その皮脂をエサに雑菌が繁殖し悪臭の素になったり、皮脂が紫外線によって酸化して回りの細胞を傷つけてしまったりして、やはり抜け毛や薄毛、白髪の原因になると考えられています。

冬に頭皮が乾燥する理由

riyuu

冬になると頭皮にフケが出たり、お肌に粉がふいたりするのはよくあることです。
毎年のように乾燥するのであまり理由を考えたことがないかもしれませんが、今一度原因について考えてみましょう。

湿度の低さや暖房機器等の影響による水分不足

最もよくあるのが、湿度が低くなることです。
空気は気温によって含める水分量が違い、温度が低くなると水分を保持できないため湿度が低くなります。

冬になると空気中の湿度が低くなりますが、暖房器具などで室温が上がると含める水分量がアップするため、回りの水分を取り込もうとします。
すると頭皮や肌の水分が奪われてしまい、頭皮が乾燥するのです。

また、水分が不足すると頭皮が硬くなり、角層がひび割れやすくなります。
その間から水分が蒸発するため、さらに乾燥してしまうのです。

気温の低さや冷え性等による血行の悪化

気温が低くなると、身体は内臓の働きを維持するために熱を身体の中心に集めようとします。
そのため、指や頭皮など末端に血液が届かなくなり、冷えてしまいます。
冷えると血管が硬くなり収縮してしまうため、さらに頭皮が血行不良になり、栄養が届きにくくなります。

頭皮のターンオーバーには栄養が必要で、不足すると細胞が未成熟な状態のまま角層まで行ってしまい、弱い皮膚バリアになってしまいます。
さらに肌の保湿に必要なセラミドやNMFは新陳代謝の際に作られる成分なので、ターンオーバーが正常でないと保湿作用も弱くなり、乾燥しやすくなるのです。

皮脂の分泌量の減少・皮脂の取り過ぎ

丈夫な皮膚バリアを形成するには、皮脂もなくてはならないものです。
しかし、皮脂は加齢とともに減少します。
女性の場合、20代前半がピークで、それ以降は徐々に減っていきます。

さらに、気候の変化によっても皮脂の分泌量は変化し、秋から冬にかけて最も少なくなります。

20代前半以降は水分も皮脂も徐々に不足するので皮脂膜がうまく作れなくなり、特に冬になると乾燥してしまうのです。

また、年齢や季節に関係なく皮脂が不足することがあります。
それは、シャンプーで頭皮の皮脂をすべて取り去ってしまうことで起こります。
よく使われている高級アルコール系シャンプーは脱脂力が非常に強く、髪や頭皮の脂分を根こそぎ洗い流してしまいます。

夏ならまだしも冬は皮脂分泌量が低下しているので、シャンプーでさらに皮脂を失った頭皮はどんどん乾燥してしまうのです。

冬は乾燥するのが当たり前?

ここまで、冬に頭皮や肌が乾燥する理由について説明してきました。
しかし、皮脂やセラミド、NMFなどが十分にあれば冬でも乾燥することはありません。
肌が健康であれば、状況に応じて皮脂や水分を取り込んだり放出したりする機能が働くため、季節に関係なくうるおいのある肌や頭皮でいられるのです。

女性の場合、肌のうるおいをキープする作用のある女性ホルモンが30代頃から徐々に減っていきます。

また、水分保持に大切なセラミドは生まれた時が最も多く、30代は10代の約8割、40代は約7割、50代になると6割程度まで減少します。

そのため、40代頃から頭皮が段々乾燥してしまうのはある程度仕方がありません。
しかし、それ以前から頭皮が乾燥している場合は、間違ったヘアケア、生活習慣、食生活、ストレスなど様々な原因によるものだと考えましょう。

頭皮を乾燥から守るには

mamoru

ここでは頭皮の乾燥の直接の原因となる、間違ったヘアケアにフォーカスを当てて解説します。
この解説に沿ってケアすれば、冬の頭皮の乾燥はかなり改善されると思いますよ。

頭皮の状態に合ったシャンプーを使うこと

頭皮の状態に合ったシャンプーを使用することは必須ですが、自分の頭皮が乾燥しているかどうか、案外わかりにくいかもしれません。
そんな場合は、顔の肌の状態で判断しましょう。

洗顔後20~30分で脂が浮いてくるようなら脂性、ちょっとつっぱっても1時間程度で落ち着くなら普通、2時間以上経ってもつっぱり感がなくならない、あるいは粉が吹くようなら乾燥肌です。
お肌が乾燥肌なら、顔とつながっている頭皮も必ず乾燥しています。

乾燥肌の場合は、シャンプーをアミノ酸系の洗浄力や脱脂力が穏やかなものに変えましょう。
アミノ酸は体内に存在する成分の上に肌と同じ弱酸性なので刺激が少なく、乾燥肌の人でも安心して使用できます。

ただし、洗浄力が穏やかな分、スタイリング剤が残りやすいというデメリットもあります。
そのため、スタイリング剤を使用している場合は二度洗いすると良いでしょう。

また、アミノ酸は髪の毛に付着しやすい性質があるので、しっとりまとまりが良くなっても、実はアミノ酸系界面活性剤が髪や頭皮に残っているためということもあります。
髪を洗った後は時間をかけてしっかりシャンプーを洗い流しましょう。

髪の毛の洗い過ぎ、ドライヤーの使い過ぎに注意

・シャンプーの回数を減らす

多くの女性が毎日1回あるいはそれ以上シャンプーしているのではないでしょうか。
しかし、特に冬は皮脂分泌が少なくなるので、シャンプーの回数を減らすほうが良いのです。

髪のブロガーとして大手スカルプシャンプーメーカーのサイトで執筆している理容師の亀井貴史氏は、女性は3日に1回程度のシャンプーが好ましい、と書いています。
その程度の回数に抑えることで黒髪のツヤがキープでき、ダメージを受けにくくなるそうです。

また、夏など汗をかきやすい時期でもシャンプーの頻度は変えず、後はお湯だけで洗う湯シャンを勧めています。

これは、頭皮が乾燥している人は一度皮脂が取り除かれると、再分泌されるまでに時間がかかるからです。
特に乾性フケが常に出ている場合は、1日2回のシャンプーなら12時間以上、1回なら24時間経っても再分泌量が十分でない可能性があります。

毎日洗っていたのに2~3日に一度にするというのは勇気がいると思いますが、冬ならそれほど汗をかかず、臭ったりかゆくなったりすることも少ないので、週末や連休などを利用してぜひ試してみてください。

・シャンプーの使用量を減らす

一度に使うシャンプーの量も見直しましょう。
美容院でシャンプーするとものすごく泡立つので使用量が多いと思いがちですが、実際にはショートヘアなら1プッシュ、ロングでも2~3プッシュ程度しか使用していないそうです。
しかも、最近多くの美容院が使用しているのは、それほど泡立ちが良くないといわれるアミノ酸系です。

それだけの量でなぜしっかり泡立つかというと、時間をかけて予洗をしているからです。
お湯だけで髪の汚れの大半は落ちる上、シャンプーは水分を含むとよく泡立つ性質があるのです。
お湯だけで汚れをできるだけ落とし、髪に水分を十分含ませることで、少量のシャンプーでもしっかり泡立ち、不要な皮脂だけ取り除いて清潔な髪と頭皮にしてくれるのです。

・ドライヤーはできるだけ大風量・大風速、低温、短時間でかける

髪の毛や頭皮のタンパク質は熱に弱く、高温の風によって変質してしまいます。
すると新陳代謝がうまく行かなくなり、さらに頭皮表面が傷ついて水分が蒸発しやすくなるので、乾燥してしまいます。

シャンプー後はまずタオルでできるだけ水分を吸い取ります。
髪を包み、やさしく押しながら髪の水分を減らすことで、ドライヤーの時間を短くすることができます。

ドライヤーを使用する時は100℃以下、できれば60℃程度に設定し、頭皮を中心に乾かします。
この時少しでも摩擦を避けるために、絶対にブラシは使用しないこと。
手ぐしで髪をかきわけながら、頭皮全体を乾かしていきます。

8割程度乾いた時点で冷風に切り替え、髪と頭皮にしっかり当てます。
そうすることによって毛穴が引き締まり、熱と水分で開いていた髪のキューティクルもしっかり閉じ、水分の蒸発を防ぐことができるのです。

なお、最近はマイナスイオンやナノイーなど高機能性能のドライヤーが多くなっていますが、それ以上に大切なのは風量です。
風量はワット数で大体判断できるので、新しく購入する際には1000ワット以上のものを選びましょう。

ただし、1200ワットを超えると美容院仕様となり、ブレーカーが落ちる可能性があるので注意してください。

また、最も髪を傷めないのは大風速で乾かすことなので、14m/秒以上のものをお勧めします。

頭皮マッサージや軽い運動で血行を促進

冬は特に頭皮マッサージや運動で縮こまった血管を広げて、血行を促進させてあげましょう。
血行が良くなると十分な栄養が届くので新陳代謝が盛んになり、セラミドやNMFが生成されるので、水分保持力が高まるのです。

また、血行が良くなると発汗しますが、この汗は99%が水分で、皮脂と混ざることで皮脂膜を形成し、水分が蒸発するのを防いでくれるのです。

頭皮マッサージは、頭皮が最も硬くなっている前頭部から頭頂部を中心に行ないます。
頭皮が硬くなっているのは紫外線や生活習慣などによって血行が悪くなり、新陳代謝機能が低下して柔軟性を失っているからです。

また、肩こりや首こりも同様に血行を悪くし、頭部への栄養が届きにくくなりますので、こりを感じたら伸びをしたり背中を反らしたりして、ほぐしてあげましょう。

全身運動も血行を良くするのにとても効果的です。
全身運動といっても、スポーツジムに行く必要はありません。

手を心持ち大きく振りながら早足で歩く、姿勢を正してウォーキングやジョギングをするといったことから、つま先立ちになってバランスを取る、高いところにある物を思い切り背伸びして取るなど、生活の中で無理なくできることから始めましょう。
冬の運動不足解消にもなりますよ。

ローションや育毛剤等による頭皮の保湿は必須

ヘアケアとマッサージ、運動でかなり頭皮の乾燥は改善されると思いますが、やった翌日から効果が出るとは限りません。
お肌のターンオーバーは20代で約1ヶ月、40代になると約2か月はかかりますから、しっかり保湿してターンオーバーがうまく行くよう、頭皮用ローションで手助けしてあげましょう。

女性用の頭皮用ローションは保湿成分がメインで、その他血行促進や抗炎症、抗菌など商品によって特徴がありますので、自分に合ったものを選びましょう。

色々やってみたけれど、まだ乾燥が収まらない…そんな時には育毛剤を試しましょう。
特に女性用の育毛剤は頭皮の乾燥が抜け毛や薄毛の原因になることを突き止め、その状態を改善させる保湿成分をたっぷり配合しています。

まだ抜け毛や薄毛に悩んでいない人も、乾燥がひどい場合は予防を兼ねて育毛剤の使用を考えてみてはどうでしょうか。

頭皮の乾燥をそのままにしていると・・・

sonomama

上にも書いたように、顔が乾燥している時は頭皮も乾燥しています。
髪の毛で覆われているので顔より乾燥しにくいようなイメージがありますが、顔に高温のドライヤーなんか使いませんよね?
何の保湿もしていない頭皮は、とてもダメージを受けやすいのです。

最悪の場合、抜け毛や薄毛に繋がることも

ナガセビューティケァが2011年に行なったアンケートでは、20代の62%、30代の58%、40代の46%が髪のパサつきに悩んでいるという結果が出ています。

髪がパサつくということは、頭皮も乾燥している可能性が非常に高いです。
髪の乾燥を招くシャンプーは当然頭皮にもつきますし、ドライヤーの風も頭皮に当たります。

紫外線も髪表面だけでなく頭皮にも当たっていますし、髪にダメージを与えるパーマ液や2剤式ヘアカラー剤も頭皮についてしまうことが多いです。
これらのことから、髪と頭皮は同じ状態と考えて良いのです。

また、同じナガセビューティケァが2015年7月に行なったアンケート調査によると、20代ですでに17%が明らかに薄毛、60%がやや薄毛だと感じているそうです。

これらのアンケート結果から、頭皮の乾燥と抜け毛・薄毛には何らかの関係がありそうですよね。

理論で考えても、頭皮の乾燥の原因の一つは血行不良で、血行不良になれば髪の成長に必要な栄養素が頭皮まで届きにくいということになりますから、髪が育たず抜けてしまうことは充分あり得るのです。

頭部の血管は髪の太さの10分の1程度しかない毛細血管だけなので、元々血行が悪くなりがちな場所です。
冬だから乾燥しても仕方がない、と放置していると、段々ハリやコシがなくなり、抜け毛が増えてきてしまうかもしれません。
そうなる前に、冬の頭皮を乾燥から守りましょう。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3クロエベールとにかく使いやすさが秀逸な商品

クロエベール
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,880円600円100g
(約4回)
5,220円5日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント