頭皮が敏感な方やアトピーの方の為のシャンプー選びと髪の毛の洗い方【要保存】-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 頭皮の健康 > 頭皮が敏感な方やアトピーの方の為のシャンプー選びと髪の毛の洗い方【要保存】
nayandeiru
頭皮が敏感な方やアトピーの方の為のシャンプー選びと髪の毛の洗い方【要保存】
  • facebook
  • twitter
  • LINE
敏感肌やアトピーの方向けのシャンプーとは!?

敏感肌やアトピーの方にとって、シャンプーはしたいけれどしたくないことの一つですよね。
様々なメーカーの商品を試して、「よし、これだ!」と思っても、時には頭皮が荒れてしまうことも。
でも、洗わない訳にはいかないし…。
そんな方に、シャンプー選びと洗い方を解説します。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位マイナチュレ カラートリートメントマイナチュレ人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品4.8星星星星星3.6星星星星星3.3星星星星星詳 細

敏感肌やアトピーに悩んでいる方

nayandeiru

敏感肌やアトピーで悩む女性が増えています。
肌が過敏になっているので、普通の肌状態なら全く問題ない成分でも刺激を感じてしまうのです。
そんな状態の肌にはどんなシャンプーが良いのでしょうか。

自分の肌質に合ったシャンプーを選びましょう

敏感肌やアトピーの場合かなり個人差がありますし、体調や季節などによっても症状の出方が違います。
そのため、刺激の強いタイプの界面活性剤や殺菌・防腐成分が入っているものは避け、何種類か用意しておくと良いでしょう。

しかし、成分チェックはとても大切ですが、実際に使ってみないとわからないこともあります。
特にアトピーの場合、単なる乾燥肌とは違うので、あまり良くないといわれている石けん系のシャンプーが一番合う場合もあります。

また、皮膚科医が推奨しているシャンプーの中には、多少刺激性があるものが配合されているにも関わらず、乾燥肌やアトピーが悪化しにくいものがあります。

少々面倒ではありますが、シャンプーを薄めてパッチテストを行ない、自分に合ったものを見つけましょう。

敏感肌やアトピーの方の頭皮の状態

joutai

敏感肌やアトピーの方の頭皮は、どういう状態なのでしょうか。
どちらもフケやかゆみを伴うことが多いので、自分の頭皮が敏感肌やアトピーであると気づいていない場合は、皮脂過剰、あるいは不潔な状態と誤解しやすく、自分の肌や頭皮に対して間違ったケアをしがちです。
正しい状態についてよく知っておきましょう。

保湿力の低下により乾燥しやすくなっている

これらの肌の人に特徴的なのが、皮膚バリア機能が低下しているということです。
皮膚バリアは皮膚の角層(角質層)の一番上にあり、雑菌や紫外線から肌を守り、うるおいをキープする作用があります。

このバリアは皮脂、細胞間脂質セラミド、天然保湿因子NMFによって作られているのですが、これらのどれかが不足すると水分を保持することができなくなり、肌が乾燥してしまうのです。

皮脂は食べた物から作られるので、偏った食事やダイエットで皮脂の摂取を極端に制限していると不足してしまいます。

また、皮脂分泌を司っているのは男性ホルモンです。
女性の中にも男性の5~10%程度含まれているのですが、この量が少なすぎると皮脂分泌量が少なくなってしまいます。

セラミドは元々体内に存在する成分で、セラミド1~6まで存在しています。
角層の水分を保持するために最も大切な成分で、角層内の水分の約8割はセラミドによって保たれています。
非常に保湿力が高く、湿度がゼロでも水分をキープできます。

NMFも元々肌に存在する成分で、アミノ酸、ピロリドンカルボン酸、尿素などからできています。
角層内の水分の16~17%はNMFによって保たれています。

どの成分も加齢と共に減少するため、水分を保持できなくなってきます。
また、食生活や生活習慣の乱れによって肌の新陳代謝機能が低下すると、新陳代謝の際に作られるセラミドやNMFの量も減ってしまい、肌が乾燥しやすくなるのです。

また、アトピーの場合セラミドが少ないことがわかっています。
セラミドを生成する機能が弱く、健康な肌と比べると3割ほど少ないのです。
さらに季節によってアミノ酸の量が減少することも多く、特に冬はNMFの生成に支障をきたすといわれています。

刺激に弱く炎症やフケ等のトラブルを発症しやすい

皮膚バリアの機能が低下すると、水分を保持できなくなるだけでなく、外部からの刺激に弱くなります。
細菌が繁殖しやすくなるためかゆみを引き起こし、掻くことで角層がさらに荒れてフケが出やすくなりますし、炎症を起こして刺激にますます弱くなってしまいます。

また、紫外線の害を直接受けることで肌のタンパク質が変質してしまい、新陳代謝がうまくできなくなってしまいます。
するとセラミドやNMFも減ってしまい、水分の蒸発がひどくなってしまうのです。

また、敏感肌やアトピーの場合、頭皮が乾燥しているのでフケも乾性の小さな粉状のことが多いのですが、あまりのかゆさに掻きむしるとその部分が剥がれて、大きめのフケになってしまうこともあります。

敏感肌やアトピーの方の為のシャンプー選び

shanpu

敏感肌やアトピーの場合、どうやってシャンプーを選んだら良いのでしょうか。
人によって合う合わないはありますが、基本を抑えておきましょう。

避けるべき危険な成分と成分表示の見方

シャンプーで最も大切な成分なのは洗浄成分となる界面活性剤ですが、その中には乾燥肌やアトピーの方には刺激が強すぎるものがあります。
その代表となるのが、高級アルコール系シャンプーに配合されているもので、以下の名称がついている成分です。

・ラウリル硫酸Na、TEA、アンモニウムなど
・ラウレス硫酸Na、TEA、アンモニウムなど

ラウリル硫酸系はヨーロッパで開発されたもので、水が硬質でもよく泡立つようになっています。
しかし日本の水は軟質なので泡立ちが良すぎて、洗浄力・脱脂力ともに強力になってしまうのです。
さらに分子が小さく、毛穴から体内に入り込むともいわれています。

そこで開発されたのがラウレス硫酸系で、分子のサイズを大きくすることで頭皮に浸透させないようになっています。
しかし洗浄力は変わらないので、敏感肌やアトピーの方は使わないほうが良いでしょう。

これらと同様に避けていただきたい代表的な洗浄成分としては、以下のものがあります。
他にも多くの種類がありますが、代表的な成分だけでも覚えておきましょう。

・オレフィン(C12-C14)スルホン酸ナトリウム
・ラウリルベンゼンスルホン酸ナトリウム
・ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸エステル塩(AES)

また、これらの成分が成分表のどの位置に記載されているか、も大切です。
一般的なシャンプーの場合、成分が多いものから順に記載することが決められています。
最初は必ず「水」になりますが、それ以降2~4番目あたりまでにこれらの成分が記載されている製品は、避けるようにしてください。

そのほか、殺菌防腐剤として配合されている安息香酸ナトリウムや合成の香料・着色料、柔軟剤として配合されている界面活性剤なども皮膚炎を引き起こしやすいため、注意が必要です。

注意!「無添加=安全」とは限らない!?

「無添加」というと安全というイメージがありますが、実際はそうとも言い切れません。
というのは、無添加というのは「旧表示指定成分」を添加していないという意味ですが、表示指定成分というもの自体が1991年4月以降廃止されており、それ以降に開発された成分はリストに入っていないのです。

また、1991年4月以降危険性がわかった成分もあります。
かと思えば、リストアップされて以降成分が改良され、低刺激になったものもあります。

さらに、多分そこまでする企業はあまりないとは思いますが、元々シャンプーに使用されることがない成分を「無添加」と書くこともできますよね。

その上、旧表示指定成分というのはアレルギーを引き起こす可能性のある102成分のことで、アレルギーを引き起こさなくても刺激の強い成分はいくらでもあります。
刺激性の高い界面活性剤にしても、リストに入っているのはほんの一部です。

ですから、「無添加」という単語をやみくもに信じるのではなく、実際に配合されている成分を確認するようにしましょう。

刺激の少なさを最優先にシャンプーを選ぶこと

敏感肌やアトピーの場合、肌への刺激は出来るだけ避けなければいけません。
清潔にしておくことは大切ですが、清浄=すべての皮脂を取り除く、ではありません。
必要な皮脂を残してあげることで水分の蒸発を防ぎ、乾燥を軽減することができるのです。

洗浄力や脱脂力が穏やかなシャンプーは界面活性剤の刺激も弱く、肌にやさしくなっています。
アミノ酸系のシャンプーは肌に含まれるアミノ酸が主成分ですし、原料となるものはヤシ油など天然系のものが多いので、安心して使用できます。
また、ベタイン系と呼ばれるものはアミノ酸系よりさらに肌にやさしく、保湿力が高くなっています。

アミノ酸系とベタイン系の洗浄成分の代表的なものは以下になります。

アミノ酸系 ベタイン系
ココイルグルタミン酸Na コカミドプロピルベタイン
ココイルアラニンTEA ラウロイルプロピルスベタイン
ココイルメチルタウリンNa ココアンホ酢酸
ココイルサルコシンNa ラウリルベタイン
ラウロイルメチルアラニンNa
ラウロイルグルタミン酸Na
ラウロイルメチルアラニンNa

最初に「ココイル~」「ラウロイル~」、最後に「~タウリン」「~グルタミン」「~アラニン」「~サルコシン」「~ベタイン」とつくものは、アミノ酸系かベタイン系だと覚えておくと良いでしょう。

なお、「アミノ酸系シャンプー」と書かれていても、実際には高級アルコール系の洗浄力が強力な成分がメインで、アミノ酸系洗浄成分はほんの少し、という商品も少なからずあります。
これらの成分が成分表のどの辺に記載されているか、必ず確認してくださいね。

また、以外ですが石けん系のシャンプーもアトピーの人に人気があります。
これらのシャンプーにはグリセリンやスクワランなどの保湿成分を配合してあるものが多く、頭皮への刺激が弱くかつ乾燥せず、髪もしっとりまとまり良くなるのです。
さらに、添加物が少ないので頭皮の負担になりにくいのも、アトピーの人にはメリットです。

なお、どれほど成分が良くてもシャンプーした際に落ちにくくては困りますから、そういった点も確認して選びましょう。

どんなシャンプーでもダメな時は

シャンプーは水分が多く配合されているため、腐らせないために必ず防腐剤が添加されており、それが刺激となることもあります。
どんなシャンプーでもダメな場合は、防腐剤など余計な添加物が入っていない石けんを使ってみるという手もあります。

アトピーの方に人気なのが、「アレッポの石鹸」や「アレッポからの贈り物」です。
どちらもオリーブオイルとローレルオイルだけで作られており、穏やかな洗浄力と保湿力があります。
ローレルオイルが多いほど保湿効果が高くなり、髪がしっとりしますよ。
キシキシするという場合は、クエン酸リンスや石けんシャンプーのリンスを使用すると良いでしょう。

また、お湯だけで洗う湯シャンという方法もあります。
勇気がいることではありますが、肌の状態がかなり悪い時にはシャンプーを使用しない、という選択肢も考えてみましょう。

洗い方や頭皮ケアも大事です

araikata

敏感肌やアトピーの方は頭皮への刺激を恐れてしまいがちですが、清潔に保つことで皮膚バリアが正常になります。
やさしく丁寧に洗うことを心がけましょう。

頭皮を優しくしっかり洗うシャンプーの手順

①ブラッシング

少しでもシャンプー剤が頭皮につく時間を短くするために、まずは乾いた状態の髪をブラッシングし、髪表面の汚れやフケをできるだけ落としましょう。

②髪をしっかり濡らす

頭皮をあまり温めるとかゆみが出やすくなるので、38℃前後を目安にかゆみが出ない温度に設定し、シャワーで予洗します。
この時にできるだけしっかり髪を洗うと、お湯だけで大半の汚れが落ちます。
1~2分を目安に洗ってください。

③シャンプーを泡立てる

シャンプーを1プッシュ分濡れた手のひらに受け、泡立てます。
泡立て用ネットや市販の泡ポンプを使用すると簡単です。

髪につける前に泡立てることで頭皮への摩擦が少なくなり、すぐに汚れを包み込んでくれますし、すすぐのも楽になります。
原液を直に頭皮につけることは絶対にNGです。

④頭皮を中心にやさしく洗う

指の腹を使い、力を入れないように注意しながら丁寧に洗います。
洗い残しのないよう注意し、髪は指で梳くようにしながら軽く泡をつけて洗いましょう。

⑤時間をかけてすすぐ

シャンプーが残ると刺激となるので、頭皮を中心に時間をかけて洗い流しましょう。
ぬるめのお湯で、髪の毛をかき分けながら地肌のシャンプーから落としていきます。
シャンプーにかけた時間の3倍かけてすすぐと良いといわれていますので、無理のない範囲で長めにすすぎましょう。

⑥しっかりタオルドライする

吸水性の良いマイクロファイバー素材などのタオルで、頭皮と髪の水分を吸い取らせます。
まずは地肌にタオルを当て、指の腹でできるだけ水分を拭き取ります。
その後タオルで髪を包み込み、押さえるようにしながらやさしく拭きましょう。
この時、大きなタオル1枚より小さなタオル2枚のほうが、水分をよく吸い取ります。

自然乾燥は厳禁!ドライヤーで乾かすこと

頭皮が敏感な方やアトピーの方は、ドライヤーを使うのをためらうかもしれません。
しかし、頭皮を濡らしたままでいるとどんどん雑菌が繁殖してしまいますし、特に冬など空気が乾燥している時期は髪と頭皮の水分が奪われてしまいます。

そこでお勧めなのが、タオルをかけた上からドライヤーをかける方法です。
髪と頭皮に熱が伝わりにくくなり、かつ2倍以上の早さで乾かすことができます。

また、髪の毛は熱より風のほうが早く乾きます。
ドライヤーを買い替える機会があったら、風量で選ぶようにしましょう。
市販のドライヤーで最も風量が多いのはダイソン(2.4m3/分)で、その他コイズミやテスコムなどでも2.0m3/分以上の商品がありますよ。

頭皮用ローション等で保湿することを忘れずに

髪と頭皮が乾いたら、必ず保湿して乾燥を防いであげましょう。
処方された塗り薬があれば、それを使用するのが最も安心です。

市販の頭皮用保湿ローションもありますが、抗菌剤や防腐剤などの添加物が含まれていますし、界面活性剤を配合してある商品もあります。
使用する前に医師に確認してもらい、さらにパッチテストで反応が出ないか確認してから使用しましょう。
パッチテスト済みの商品であれば、比較的安心です。

アトピーは現代病!?

gendaibyou

アトピーは現代病といわれていますが、それは戦後急に患者が増えたからです。
原因が完全に解明された訳ではありませんが、以下のことが要因になっているといわれています。

・高度経済成長に伴い身近に化学物質が増えた
・食生活が欧米化した
・食べ物に合成の添加物が多く使用されるようになった
・衛生環境が整い過ぎ、免疫力が減少した
・生活スタイルが変化し、栄養不足、睡眠不足、運動不足になった

これらすべてを変えることは不可能ですが、できることから改善して行きましょう。

毎日の食生活や生活習慣も見直しましょう

食生活や生活習慣は、アトピー発症や悪化の大きな要因とされています。
それぞれについて見ていきましょう。

・食生活

欧米化した食生活が良くないといわれるのは、欧米人と日本人の内臓形態が違うからです。

日本人は元々肉など動物性食品を食べる習慣があまりなかったため、タンパク質の消化能力がそれほど強くありません。
日本人の多くが牛乳を飲むと下痢をするというのも、タンパク質を分解する能力が元々備わっていないか、乳糖分解酵素ラクトースが3歳頃から不足してしまうからです。

さらに、私たちは食品に含まれる化学物質を1年で2キロ摂取しているといわれます。
ある程度は肝臓で解毒され排出できるものの、体内に蓄積されるものも少なくありません。

こういった内臓に負担がかかる食生活を改め、できるだけ伝統的な日本料理を、最低限の調味料で料理して食べるようにしましょう。

また、砂糖を始めとする糖質はアトピーを悪化させるといわれています。
糖質を代謝するためにビタミンB1やB2が大量消費されますが、これらのビタミンは粘膜や皮膚の健康を保つためにも必要だからです。

完全に止めることは無理でも、玄米や小麦粉、粗製糖などできるだけ未精製のものを摂るようにしましょう。

・運動

運動不足はアトピーを悪化させるといわれています。
その理由の一つは、汗をかかないからです。

汗は皮脂と混ざることで天然のクリームを作り、肌を刺激から守っています。
また、汗はアトピーを悪化させる黄色ブドウ球菌の増殖を防ぐといわれており、適度な汗はアトピーの改善に有効とされています。

また、現代人は欧米化した食生活で摂取カロリーだけでなく化学物質も多く摂り込んでいます。
これらをきちんと消化したり排出したりするには、代謝機能が正常に働かなくてはいけません。
しかし運動不足になると内臓の機能が衰えて代謝処理し切れなくなるため、アトピーの発症や悪化を招くのです。

軽く汗をかく程度の運動をできれば毎日、少なくとも週3回は行なうようにしましょう。

・睡眠

人間は睡眠中に様々なホルモンが分泌されます。
その中の一つに副腎皮質ホルモン(コルチゾール)があります。
このホルモンには、アレルギー疾患の改善に効果があることが認められています。

また、成長ホルモンは睡眠中に分泌されるホルモンで、皮膚の新陳代謝を促す働きがあります。

しかし、これらのホルモンは分泌時間に違いがあり、副腎皮質ホルモンは朝方の睡眠が浅くなっている時、成長ホルモンは就寝後30分~3時間の熟睡している時に最も多く分泌されます。
そのため、この2つのホルモンを正常に分泌させるには、熟睡し、しかも朝すっきり目覚められるようにする必要があります。

・ストレス

ストレスによって自律神経が乱れると、免疫機能に異常が起こることがわかっています。

交感神経が働いている時は、細菌などの異物を分解する「顆粒球」が増えます。
また、副交感神経が働いている時は、顆粒球が分解できなかったウイルスなどの異物を処理する「リンパ球」が増加します。

しかし、ストレスで自律神経が乱れると、顆粒球とリンパ球のバランスが崩れてしまいます。
顆粒球が増えると粘膜が炎症を起こしやすくなり、リンパ球が増えるとアレルギーを発症しやすくなります。

そのため、アトピーの症状を軽減させるためには、できるだけストレスを溜めないようにすることが大切です。
ストレスは生活習慣を変えるだけでも軽減されますので、まずは食生活や運動、睡眠などできそうなことから少しずつ見直していきましょう。

頭皮が敏感な方やアトピーの方にとって、頭皮の乾燥やかゆみはとてもつらいものです。
しかし、シャンプーの選び方や生活習慣の見直しなどによって、症状が改善している人はたくさんいます。
自分のライフスタイルに合った方法を見つけてくださいね。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3マイナチュレ カラートリートメント人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品

マイナチュレ カラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
3,240円0円200g
(約6回)
2,414円7日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント