非常に辛い頭皮のかゆみ!コレってやっぱり乾燥が原因?それとも他に原因が?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 頭皮の健康 > 非常に辛い頭皮のかゆみ!コレってやっぱり乾燥が原因?それとも他に原因が?
touhi-kayumi
非常に辛い頭皮のかゆみ!コレってやっぱり乾燥が原因?それとも他に原因が?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
頭皮のかゆみの原因と改善方法について解説!

かゆみって本当に我慢できませんよね。
掻くと気持ち良くて、止めるとまたかゆくなって、もうバリバリ掻いてしまい、最後にはかきむしって痛くなる…そんな経験はありませんか?
頭皮のかゆみも辛いものですが、人前ではあまり掻けないのがもっと辛いところ。

このかゆみ、何とかならないの?
そう思ったら、まずは原因を知って対処しましょう。

頭皮のかゆみに要注意

chuui

頭皮のちょっとしたかゆみは、誰にでも経験があるはずですが、普通は指先でちょっと掻くだけでかゆみは収まりますし、掻いたことすら覚えていないこともよくあります。
しかし、中には掻いても掻いてもかゆみが止まらないことがあります。

頭皮のかゆみを甘くみてはいけません!

少し掻いただけで収まるかゆみは、髪の毛が頭皮に触れたといった外的刺激によるものがほとんどです。
しかし、かゆみがいつまでも続く、あるいはかなり強い場合、頭皮自体にトラブルが起きている可能性が高いです。
放置しておくと、抜け毛や薄毛、白髪になりやすくなります。

また、アレルギーや皮膚疾患を発症している場合もあります。
アトピーやじんましん、脂漏性皮膚炎、皮脂欠乏性皮膚炎、乾癬などは頭皮に起こりやすく、強いかゆみを伴います。

さらに、女性の場合ストレスやホルモンバランスの乱れがかゆみという形で出ていることもあり、そのままにしていると自律神経のコントロールができなくなって、自律神経失調症を発症してしまうこともあります。

いくら掻いても止まらないかゆみの場合は、要注意です。

頭皮のかゆみは乾燥が原因じゃないの?

touhi-kayumi

女性の場合、多くは頭皮の乾燥が原因でかゆくなります。
元々皮脂分泌がそれほど多くなく、さらにシャンプーや紫外線などによって頭皮の皮脂がなくなってしまうのです。

頭皮の乾燥⇒頭皮のバリア機能が低下する

頭皮が乾燥している場合、最も影響を受けているのは皮膚の表皮部分にある角層(角質層)です。

頭皮の一番上の層を表皮といい、厚さは0.2ミリ程度ながら外部からの有害物質をブロックして体内に入れないようにしたり、水分が蒸発しないように守ったりしています。

表皮は下から基底層、有棘層、顆粒層、角層(角質層)に分かれており、さらに角層の一番上に皮脂膜があります。

皮脂膜はコーティング剤のような役割を果たし、角層にある細胞間脂質セラミドや天然保湿因子NMFを保持して水分が蒸発するのを防ぎ、さらに外部の刺激から肌を守るバリアの役割をはたしています。
また、顆粒層は紫外線を防御し、奥まで入り込むのを防ぐ働きをします。

しかし、セラミドやNMF、皮脂分泌の減少によって皮脂膜が形成されなくなると、水分が蒸発してしまい、頭皮が乾燥してしまいます。
また、バリア機能がなくなるので外的刺激に対して無防備になり、少しの刺激でもかゆみを感じてしまうのです。

頭皮を乾燥させてしまう主な要因は

顔が乾燥するのはわかるけれど、髪に覆われている頭皮が乾燥するなんて変じゃない?と思ったなら、それはちょっと違います。

確かに髪の毛は乾燥を防ぐために有効ですが、残念ながら紫外線をブロックすることはできませんし、シャンプーで乾燥することもあるのです。
頭皮を乾燥させる主な要因には以下のものがあります。

・髪をすり抜けて透過する紫外線

紫外線にはUVAとUVBがありますが、UVAは表皮の下の真皮まで、UVBも表皮の下のほうまで届いてしまいます。

UVBは角層の細胞を傷つけたり炎症を引き起こしたりする作用があり、シミや皮膚がんの原因とされているものです。
角層にはセラミドやNMFといった保湿のために大切な成分がありますが、角層の細胞が傷つけられることでダメージを受け、肌が乾燥して頭皮のかゆみが起こります。

また、UVAは真皮層まで届き、コラーゲンやエラスチンといった肌の柔軟性を保つ成分を損傷します。
すると頭皮が硬くなり、真皮層の下にある毛細血管を圧迫し、血流を悪くさせてしまいます。
その結果、頭皮に栄養が届かなくなって乾燥を引き起こし、かゆくなるのです。

・シャンプーによる皮脂の取り過ぎ

女性に多いのが、間違ったシャンプーやシャンプーのし過ぎによる乾燥です。
ドラッグストアやスーパーで販売されているシャンプーのほとんどは、高級アルコール系といわれる種類のものです。

安価な石油系界面活性剤で作られており、洗浄力と脱脂力がとても強いため、表皮の一番上にある皮脂をすべて取り去ってしまいます。
すると内部の水分が蒸発しやすくなり、乾燥するのです。

さらに、シャンプーには酸化防止剤や防腐剤、合成香料などの刺激物も入っているため、乾燥した肌につくことでかゆみを引き起こします。

また、皮脂は一度取り去られても再分泌されますが、加齢とともに時間がかかるようになります。
完全に再分泌されていない時点で再度洗うと一日中皮膚バリアがないことになり、紫外線の影響を受けやすくなりますから、さらに乾燥が進んでしまうのです。

・湿度が低いと頭皮の水分が奪われる

気温が低いと湿度も低くなります。
これは、空気は温度によって含める水分の量が違っていて、低ければ低いほど飽和水蒸気量が少なくなるからです。

しかし、気温が上がると飽和水蒸気量も上がり、より多くの水分を含めるようになると、肌や頭皮の水分を奪ってしまうのです。

・栄養不足も乾燥の原因に

表皮と真皮にあり、水分を保持するヒアルロン酸は鶏のとさかや豚足、魚の目など日本人が普通食さないものに含まれており、不足しがちになります。
セラミドもこんにゃくや黒ゴマ、黒豆、ヒジキなど現代人があまり食べなくなっているものに多く含まれています。

元々体内に存在するものですが加齢とともに減ってくるため、食事で補わない限りどんどん不足し、肌が乾燥しやすくなります。
さらに、これらの成分がないと新陳代謝がうまくできず、天然保湿因子NMFが作られなくなってしまうため、ますます頭皮の水分が蒸発しやすくなるのです。

・運動不足で血行が悪い

血行不良が肌の乾燥の原因となるのは、栄養が届かないため新陳代謝ができなくなるからです。
頭皮は常に新陳代謝を繰り返しており、新陳代謝の際にNMFやセラミドが作られます。
しかし血液が届かないとこれらの成分が作られなくなるため、保湿力が低下して頭皮が乾燥しやすくなるのです。

さらに、血液は心臓のポンプによって押し出されていますが、このポンプは筋肉で出来ています。
運動不足になると心臓の筋力も衰えるため、ポンプ力が弱くなって血行不良を引き起こすのです。

また、運動をすると新鮮な酸素が体内に入り込みますが、酸素も新陳代謝には不可欠なものです。
運動不足は酸欠状態を引き起こし、細胞が生まれ変わることができないため、やはり保湿力が低下し、かゆみの原因になります。

乾燥以外の頭皮のかゆみの原因

genin

女性の場合、頭皮のかゆみの原因の多くは乾燥によるものですが、最近はそれ以外の原因も増えてきています。

頭皮への過剰な刺激によるダメージやアレルギー

表皮は0.2ミリ、その中の角層はたった0.02ミリ程度だといわれています。
これはラップ1枚とほぼ同じで、ちょっとしたことで頭皮が割けてしまいます。
例えば力を入れて何度もブラッシングすれば頭皮が傷つきますし、髪を洗う時に爪を立てて洗えばシャンプーがしみてかゆくなることもあります。

さらに、パーマや2剤式ヘアカラーも頭皮に過剰な刺激を与えます。
市販の2剤式ヘアカラーで頭皮がかゆくなったという経験をした人は、少なくないと思います。
これは、薬剤の成分であるアルカリ剤や過酸化水素に、頭皮のタンパク質を変質させる作用があるからです。

頭皮は弱酸性なので、特にアルカリ剤は非常に強い刺激となります。
両者とも接触性の皮膚炎を起こすことが知られており、かゆみや炎症などを引き起こすのです。

さらに、2剤式ヘアカラーに使用されているパラフェニレンジアミンという酸化染料はアレルギー性皮膚炎を起こすことが知られています。

この皮膚炎は頭皮だけとは限らず、顔や首、手など薬剤や薬剤を洗い流した時のお湯がついた部分がかゆくなったりかぶれたりします。
ひどくなると症状が全身に広がったり、呼吸困難やアナフィラキシーショックを発症したりすることもわかっています。

なお、パラフェニレンジアミンほどではないものの、「~ジアミン」「~フェノール」という名のついた酸化染料はどれも化学構造が似ているため、皮膚が弱い人はアレルギー性のかゆみや炎症を起こす危険性があります。

もう一つ、あまり知られていないアレルギーに「寒暖差アレルギー」があります。
鼻水、鼻づまり、くしゃみなど花粉症に似た症状が出るのが一般的ですが、中には湿疹やじんましんが出来て非常にかゆくなることがあります。

温度差が激しい時に起こりやすく、冬や夏に室外と室内を往復することで皮膚が常に刺激にさらされることで発症します。
その刺激で自律神経が乱れて起こるのではないかとされていますが、現在のところ原因ははっきりわかっていません。

皮脂、シャンプー、整髪料等による毛穴の詰まり

毎日しっかりシャンプーしているから、頭皮は清潔なはずだと思っていませんか?
ヘッドスパの専門家が見ると、多くの顧客の毛穴は決して清潔な状態ではない、といいます。
シャンプーの時に髪ばかり洗って頭皮の皮脂が残っていたり、シャンプーの洗い流しが不足していたり、スタイリング剤が毛穴に詰まっていることがあるのです。

皮脂が紫外線に当たると過酸化して過酸化脂質に変化し、かゆみの原因となります。
また、シャンプーやスタイリング剤に含まれる界面活性剤や防腐剤、アルコールなどの添加物には刺激の強いものもあり、きちんと洗い流さないとかゆみや炎症を引き起こすのです。

有名メーカーのスタイリング剤にも、「赤み、はれ、かゆみ、刺激…等の異常が現れた時は皮膚科等に相談」と書かれています。
このような但し書きがあるということは、そういったトラブルの頻度が決して低くないと考えられます。

ケア不足等による雑菌(マラセチア菌等)の繁殖

元々皮脂分泌が多めの人がしっかり頭皮を洗わなかったり、脂っこいものが好きで毎日にように食べていたりすると、頭皮は常に皮脂過剰になります。

頭皮にはマラセチア菌という常在菌がいて、通常は頭皮を弱酸性に保つ働きをしています。
しかし、皮脂をエサにしているため皮脂が多くなると異常繁殖してしまい、遊離脂肪酸を大量に排出します。
するとその脂肪酸が刺激となり、頭皮がかゆくなるのです。

さらに、かゆくて掻いてしまうと皮膚はその刺激を緩和させようと、もっと皮脂を分泌してしまうことがあります。
それがマラセチア菌をさらに増殖させ、遊離脂肪酸を発生させる…という悪循環を起こさせるのです。

さらに、肌のターンオーバーサイクルが乱れ、角層が早く剥がれてしまうのでフケの原因になります。
しかも皮脂過剰な頭皮のフケは脂っぽいため頭皮に留まりやすく、毛穴に詰まってかゆみや悪臭の原因になることもあります。

ストレスが原因のかゆみ

ストレスが頭皮のかゆみの原因になることもあります。
これはストレスによって交感神経の働きが活発になり、女性の中に少しだけ存在する男性ホルモンの分泌を増加させてしまうからです。

男性ホルモンには皮脂の分泌を増やす作用があり、ストレスが溜まれば溜まるほど皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
特に前頭部~頭頂部にかけては男性ホルモンが支配している部分なので、その部分を中心に皮脂過剰になって頭皮がかゆくなるのです。

また、交感神経が活性化している時はリンパ球というウイルスや雑菌を攻撃する細胞が減り、免疫力が低下します。
そのため頭皮の常在菌が異常繁殖し、かゆみを引き起こすこともあります。

皮膚炎や乾癬等の病気や感染症の可能性

byouki

これまでに書いた様々な原因による症状が悪化して皮膚炎になることもあれば、ある病気の症状の一つとしてかゆみが起こることもあります。
代表的なものに以下の疾病があります。

・脂漏性皮膚炎

皮脂の分泌過剰が長く続くと、マラセチア菌の大量発生によって脂漏性皮膚炎を発症することがあります。
マラセチア菌は常在菌ではありますが、真菌、いわゆる水虫と同じカビの一種です。
そのため、繁殖してしまうと自力では治せなくなってしまいます。

脂漏性皮膚炎になると、毛穴に皮脂が詰まっていることが肉眼でもはっきりわかるほどになり、一般のシャンプーで洗ったくらいでは取れません。

・アトピー性皮膚炎

乳幼児に多いとされていましたが、最近は大人になって発症する例も増えています。
皮膚バリア機能が低下しており、皮膚が乾燥して厚く硬くなり、赤くなる、あるいは色素沈着によって黒っぽくなることもあります。

乾燥している上に免疫力が低下しているので雑菌が入り込みやすく、かゆみが非常に激しくなります。
すると掻きむしるため皮膚が傷つき、さらに水分が蒸発しやすくなり乾燥することを繰り返します。

・じんましん

身体の一部、又は全身に強いかゆみのある紅斑や盛り上がりができ、断続的になくなったりできたりを繰り返します。
食物や薬、温度差、汗などが原因とされており、ストレスによって発症・悪化しやすいと考えられています。

・皮膚掻痒(そうよう)症

皮膚には異常がないのにかゆみが出るもので、頭部など一部に出るものを限局性皮膚掻痒症といいます。
皮膚の乾燥や老化によって起こると考えられていますが、頭部以外にも起こる場合、腎臓病や甲状腺疾患、糖尿病の一症状として出ることもあります。

・多形滲出性(しんしゅつせい)紅斑

蚊に刺された後の状態に少し似ていますが、円形の紅斑ができる皮膚病です。
手の甲~肘、あるいは足の甲~ひざにかけてできることが多いのですが、頭皮を含む全身にできることもあり、かゆみのほか発熱や倦怠感を伴います。

感染アレルギーや薬剤が原因とされていますが、まだはっきりわかっていません。
ひどくなるとスティーブンス・ジョンソン症や中毒性表皮壊死融解症となり、高熱やびらんが全身に現われます。

・痒疹(ようしん)

虫刺されのアレルギーやアトピーの一症状といわれており、小さなブツブツが頭皮を含む全身に現われ、強いかゆみがあります。
急性と慢性があり、慢性は糖尿病、肝臓病、血液疾患の患者に出ることがあります。
慢性の場合、治るまでに数か月かかります。

・乾癬(かんせん)

頭部や肘、ひざ、腰などに大きめの紅斑ができます。
回りは赤く、表面は銀色になった角質が浮き出ており、盛り上がっています。
中に膿が溜まることもあり、かゆみとともに熱や関節炎などの症状が出ることもあります。
遺伝と環境因子が重なって起こると考えられ、糖尿病や脂質異常症の人によく見られる症状です。

頭皮のかゆみを改善するには?

kaizen

このように、頭皮のかゆみの原因は様々で、乾燥だけとは限りません。
しかし、原因が何であれ、必ず気をつけなくてはいけないことがあります。

頭皮にダメージを与えないことを最優先に

頭皮は一年中紫外線を浴びており、他のどの部分より老化しやすい部分です。
その上シャンプーやパーマ、2剤式ヘアカラーなどでダメージを与え続けると、かゆみから抜け毛、薄毛、白髪へと悪化してしまうかもしれません。
これらすべてのトラブルは、頭皮環境の悪化・老化によって起こるからです。

女性ですからパーマやヘアカラーを楽しみたいのは当然のことですが、せめて頭皮と髪にダメージを与えにくいタイプを選びましょう。
パーマなら高熱を加えないコールドパーマ、その中でも水パーマやクリーブパーマなどなら髪にも頭皮にも比較的やさしいです。

コスメパーマもトリートメント作用がプラスされていますから、デジタルパーマに比べるとダメージが少なくなります。
美容師と相談して、できるだけ根元までかけずに済むようなスタイルを提案してもらうと良いでしょう。

カラーはカラートリートメントやヘナカラー、ヘアマニキュア、カラーバターなら強い薬剤が配合されていません。

2剤式ヘアカラーと違って脱色作用がないので、明るい色で染めた場合は光の当たり具合でほんのりわかる程度ですし、色持ちも良くありません。
しかし頭皮にはほとんど負担がかからないので、安心して使用することができますよ。

頭皮を清潔で潤いのある状態に保つこと

頭皮は乾燥しやすいと同時に蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすい環境になっています。
いつも清潔に保つために、刺激の少ないシャンプーで頭皮を指の腹でやさしく丁寧に洗い、汚れや皮脂を残さないようにしましょう。

洗ってもすぐ髪がぺしゃんこになるという場合は、毛穴にかなり皮脂が詰まっている可能性があります。
ヘッドスパに行くのも良いですが、その前に自分でオイルマッサージをしてみてください。
オリーブオイルやホホバオイル、アルガンオイル、ツバキ油、あんず油など髪と頭皮に栄養を与えるオイルを塗って、頭皮全体をマッサージするのです。

毛穴の中の皮脂が溶け出しやすくなり、すっきりします。
頭皮を温めて毛穴を開かせるとより効果的なので、ホットタオルなどで頭皮を温めるか、入浴中シャンプーの前にやってみてくださいね。

また、シャンプーの後は必ず保湿することを忘れないようにしましょう。
手持ちの保湿化粧水でも良いのですが、顔用のものは化粧水だけでは長時間保湿することができません。
できれば頭皮専用の保湿用商品か女性用育毛剤を使用したほうが、より保湿効果が高く長くなり、かゆみ改善の強い味方になります。

症状の改善が見られない場合は医療機関へ

色々やってみたけれどかゆみが収まらないという場合は、頭皮の乾燥や皮脂過剰な状態がかなり悪化している可能性があります。
あるいは、アレルギーや皮膚炎、何らかの病気の症状として出ているかもしれません。
たかがかゆみと放置せず、医療機関を受診しましょう。

男性に比べると女性は頭皮についてあまり関心をよせない人が多く、かゆみがあるとシャンプーを替えることで対応しようとする傾向があるようです。
もちろん、それでかゆみが改善されるのであれば問題ありませんが、そうでない場合は今回の内容を参考に原因を見つけ、改善するようにしてくださいね。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント