もしかして臭ってる!?自分では気付きにくい頭皮の臭いの原因と改善方法まとめ-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 頭皮の健康 > もしかして臭ってる!?自分では気付きにくい頭皮の臭いの原因と改善方法まとめ
touhi-kusaku
もしかして臭ってる!?自分では気付きにくい頭皮の臭いの原因と改善方法まとめ
  • facebook
  • twitter
  • LINE
頭皮の臭いの原因は加齢臭だけではありません!

自分のニオイというものは、案外気づかないものです。
一日中嗅いでいるものですから、慣れっこになってしまっているのでしょう。

しかし、それが他人にとっては悪臭であることもあります。
特に頭は結構よく動かす部位ですから、頭皮の臭いが室内に広がりやすく、他人を不快にさせてしまうのです。

自分の頭皮の臭いについて、考えてみませんか?

周囲を不快にさせる頭皮の臭い

hukai

頭皮が臭いというと男性が主のような気がしますが、最近は女性にも増えています。
さらに、日本人はニオイにとても敏感ですから、それを悪臭と判断されてしまうと周りから白い目で見られてしまいます。
何だか最近周りに人が寄って来ないな…と感じたら、悪臭を発しているのかもしれません。

臭いに気付いていないのは自分だけかも!?

ニオイというのは、ほとんどの場合自分では気づきません。
人間の嗅覚は動物ほど鋭くありませんし、自分のニオイは24時間365日嗅いでいるので慣れてしまい、客観的に判断できなくなっているのです。

これを「嗅覚疲労」といい、あまりに同じニオイに慣れてしまうと、一時的にそのニオイがなくなっても次に嗅いだ時、それを感じ取ることができなくなるのです。

例えば、外国人は日本の空港に降り立つとすぐに醤油や魚のニオイを感じるそうですが、日本に生まれ育った人ではっきりそう感じる人はあまりいないでしょう。
逆に、韓国の空港でキムチのニオイがしたり、中国人の強烈なニンニクくさい体臭にびっくりしたりすることがありますが、現地の人にはわからないといいます。

その一方、人間は自分が嗅いだことのないニオイに対しては非常に敏感です。
それを良い「匂い・香り」と感じるか、悪い「臭い」と感じるかは人によって違うため判断が難しいのですが、体臭に関しては多くの場合悪臭と感じられるようです。

香水やスタイリング剤等で誤魔化すのは逆効果

悪臭に香水やスタイリング剤を被せても、それが良い香りに変化することはまずありません。
通常、香水などの香りは様々な香料を使い、絶妙なバランスで完成されています。
そこに別のニオイがプラスされるとバランスが崩れ、異様なニオイに変化してしまうのです。

本当に臭いを消したいのであれば、上から他のニオイを被せるのではなく、悪臭自体を絶たなければいけません。

頭皮が臭くなるのは何故?

悪臭を絶つには、まずその原因を知ることが大切です。
頭皮が臭くなるのは、なぜなのでしょうか。

頭皮の臭いの発生源は「皮脂」「汚れ」「雑菌」

頭皮の臭いの元となっているのは、皮脂・汚れ・雑菌の3つです。
一番多いのがいわゆる「加齢臭」で、皮脂に含まれる9-ヘキサデセン酸という脂肪酸が分解されて出てくる「ノネナール」という体臭成分によるものです。

元々皮脂には9-ヘキサデセン酸が含まれていますが、加齢とともに増えることがわかっています。
原因は不明ですが、長年の肉食によって蓄積された動物性脂肪によるものではないか、といわれています。
実際、動物性脂肪が少なめで野菜が多い和食中心の生活をしている人は、加齢臭があまりないという結果が出ています。

また、加齢によって女性ホルモンの分泌量が減ってくることも関係しています。
女性ホルモンには皮脂の分泌を抑える作用があり、9-ヘキサデセン酸が増加するのを防いでいます。

しかし30歳前後をピークに女性ホルモンが減少し始めると、少ないながら女性にも存在している男性ホルモンの働きが強くなります。
男性ホルモンには皮脂量を増加させる働きがあるため、皮脂分泌が増えて加齢臭の原因となるのです。

とはいえ、9-ヘキサデセン酸は分解させなければ臭いを発生しません。
活性酸素によって9-ヘキサデセン酸が分解・酸化することでノネナールに変化してしまうのですが、若い頃は活性酸素を除去するSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)という酵素が体内に多く存在しているため、9-ヘキサデセン酸は分解されずノネナールは発生しません。

ところがSODは30代頃から減り始めるため、加齢とともにノネナールがどんどんできてしまうのです。

さらに、雑菌の存在も加齢臭の原因になります。
頭皮には元々マラセチア菌やブドウ球菌、ニキビ球菌などの常在菌がおり、これらの菌には脂肪分解酵素があります。

加齢とともに9-ヘキサデセン酸が増えると、これを常在菌がどんどん分解することでノネナールが発生してしまい、加齢臭となるのです。

また、汚れやシャンプーの洗い残しなども常在菌のエサとなるため、髪をあまりよく洗わなかったりシャンプーをしっかりすすがなかったりすると、それが原因で加齢臭の原因となることがあります。

頭皮が臭くなる主な原因

touhi-kusaku

このように、頭皮が臭くなる原因と加齢はかなり関係があります。
しかし、頭皮の臭いは加齢臭だけではありません。

加齢だけじゃない!頭皮が臭くなる原因とは

年齢に関わらず、頭皮が臭くなる原因はいくつもあります。
また、臭いの元がノネナールだけでなく、細菌や老廃物から発生するアンモニアやアルデヒド類、低級脂肪酸などによる場合もあります。

さらに、腸内環境の悪さから発生する臭いもあります。
それぞれのメカニズムを簡単に解説しましょう。

・頭皮には皮脂腺が非常に多い

実は、頭皮は全身で最も皮脂腺が多い部分です。
顔のTゾーンの2倍、背中の5倍といわれていますから、皮脂の分泌も盛んです。
その皮脂が紫外線によって酸化すると、頭皮からアンモニア臭が発生するのです。

特に女性の場合、シャンプーで頭皮をゴシゴシ洗い、皮脂を取り過ぎてしまうことで起こりやすいです。
皮脂が不足すると皮膚バリアがなくなるため、身体は頭皮を守るために皮脂を過剰分泌させます。
それが雑菌の温床になったり、紫外線に当たって酸化したりすることで、臭いを発するのです。

・エストロゲンの減少と男性ホルモンの増加

皮脂量を抑えるのは女性ホルモンのうちエストロゲンです。
そのため、エストロゲンの分泌量が減る生理前には皮脂の分泌が多くなり、それが酸化することで頭皮が臭くなりがちです。

自分では気づかなくても、すぐ化粧崩れしたり小鼻の回りが脂ぎってしまうようなら、頭皮も臭っている可能性があります。

また、職場で男性に混じってバリバリ仕事をしていると、男性ホルモンの分泌量が増えることがわかっています。
すると皮脂分泌量も増えるため、やはり頭皮が臭くなりがちです。

・糖質制限のし過ぎによるケトン臭

最近女性の間で大人気の糖質制限ダイエットは、炭水化物を制限することで脂肪を燃やし、痩せるというものです。
ところが、燃えた脂肪のカスであるケトン体には腐ったような甘酸っぱい悪臭があり、それが汗や皮脂に混ざって頭皮から臭うことがあります。

・疲労やストレスによる「疲労臭」

最近、疲労やストレスによって臭いが発生することがわかってきました。
この臭いの元は、食事で摂取したタンパク質が分解した時に出るアンモニアです。

通常は肝臓のオルニチンサイクルによって尿素に分解されるため臭いは発生しないのですが、疲労やストレスで肝臓の機能が低下すると、アンモニアが分解し切れず血中に残り、それが体内を巡って頭皮から臭うことがあるのです。

・食生活の乱れによる腸内環境の悪化

野菜や食物繊維が不足すると、腸内の悪玉菌が増えます。
悪玉菌はタンパク質や脂質によって増え、腸内をアンモニアやスカトールなどの悪臭で一杯にします。
それが血流に乗って全身に回り、頭皮から臭うことがあります。

意外!?頭皮が臭くなってしまう病気がある

あまり発症することはないものの、頭皮が臭くなる病気がいくつかあります。
代表的なものを以下に挙げます。

・脂漏性皮膚炎

頭皮に発生する病気の一つに、「脂漏(しろう)性皮膚炎」があります。
これはマラセチア菌によって炎症を起こし、強いかゆみと臭い、炎症などを引き起こす疾患です。
大きめのフケが出て、いつまでも治りません。

これは、マラセチア菌が真菌(カビ)だからで、水虫と同じくきちんと治療しない限り完治せず、慢性化したり再発を繰り返したりします。
主に皮脂分泌が多い男性に見られる病気ですが、放置しておくと抜け毛や白髪の原因となるといわれているので、注意が必要です。

・トリメチルアミン尿症(魚臭症候群)

トリメチルアミンは食物が消化された時に出る有機化合物で、通常は体内で分解されるものです。
しかしこれが分解されないと汗や尿、息に混じって魚が腐ったような臭いを発するのです。
頭皮から臭うこともあれば、口臭や腋臭として出ることもあります。

原因は不明で、現在のところ食生活を改善するなどの対処療法しかありませんが、昭和薬科大学などで研究が進められています。

・糖尿病

糖尿病になると甘酸っぱい臭いがするといわれていますが、これが頭皮から臭うことがあります。
臭いの原因はケトン体です。
インスリンが不足して血糖内に代謝されなかったブドウ糖が増えると、ブドウ糖がエネルギーとして使用できなくなり、代わりに脂肪を分解してエネルギーを作り出すのですが、その副産物がケトン体です。

ケトン体にはアセトンという物質が含まれており、これが水溶性で血液によって全身に運ばれ、頭皮や尿、脇などから甘酸っぱい臭いを発するのです。

頭皮の臭いチェック方法

check

頭皮の臭いはある日突然発生するものではないため、慣れてしまって気づきにくいものです。
そこで、自分でできるチェック方法をご紹介します。

自分で出来る!頭皮の臭いチェック方法

・頭皮を指でこすり、臭いを嗅ぐ

頭皮をこすった指を嗅ぐことで、自分の頭皮の臭いを知ることができます。
夜のシャンプー後、朝起きた時、昼頃、帰宅時など1日数回嗅ぐことで、臭いが出やすい時間帯などがわかります。

・枕の臭いを嗅ぐ

一晩中頭を乗せているので、臭いがしみ込んでいます。
寝る直前に新しい枕カバーにしたりタオルを乗せたりしてから眠るようにしましょう。
数日間同じカバーやタオルを使用し、翌日の朝から毎朝臭いを嗅ぐと、臭いがよくわかります。

・髪をドライヤーでブローする

臭いは温度が高いほうがよくわかります。
髪を後ろから温風でドライヤーした時に悪臭を感じたら、頭皮が臭っています。

・帽子をかぶって臭いを嗅ぐ

帽子をできるだけ長い時間かぶり、臭いを嗅いでみましょう。
帽子の素材はニットや夏用の目が粗い素材より、目が細かい化繊のほうがよくわかります。
化繊は汗がこもりやすく、綿などに比べると臭いがつきやすいのです。

頭皮の臭い改善方法

kaizen

自分の頭皮の臭いの原因がわかったら、以下の方法で少しずつ臭いを改善していきましょう。

頭皮環境を清潔で正常な状態に整えること

まずは、シャンプーや洗髪方法を見直すことから始めましょう。
いくら皮脂が分泌されても、それをシャンプーで洗い流せれば問題はありません。

・刺激の弱いシャンプーを使用する

間違ってやりがちなのが、洗浄力の強いシャンプーで皮脂をすべて洗い流してしまうことです。
皮脂は頭皮を紫外線や外的刺激から守るためのものなので、なくなってしまうと身体が危険信号を発し、皮脂を過剰分泌させます。
特に若いうちはこの働きが強いため、洗えば洗うほど皮脂が増え、悪臭の原因となってしまうのです。

女性の場合、男性ほど皮脂は多くないので、洗浄力の穏やかなアミノ酸系のシャンプーで髪ではなく頭皮を中心に、丁寧に洗うようにしましょう。
また、できるだけ少量で済むよう、シャンプーの前に1~2分かけてしっかり予洗してください。
それだけで汚れの7~8割は落ちるので、皮脂を効率的に落とすことができます。

また、シャンプーの原液を直接頭皮につけると刺激になるので、必ず濡れた手のひらで泡立てるか、泡立てネットやポンプを使用して泡を作り、それで頭皮を洗うようにしてください。

・リンス、コンディショナー、トリートメントは頭皮につけない

リンスやコンディショナーを使用する時は、頭皮につかないよう気をつけましょう。
これらの製品にはポリマーやシリコーンなどが配合されていることが多く、吸着力が強いためシャンプーしても落ちず、雑菌が繁殖する原因となることがあります。

・シャンプー後はドライヤーでできるだけ早く乾かす

シャンプー後は時間とともに雑菌が繁殖してしまうので、できるだけ早く乾かすことも大切です。
まずしっかりタオルドライして、それから100度以下の温風で頭皮中心に乾かします。
100度以下にするのは、髪の毛のタンパク質が変質するのを防ぐためです。

8割ほど乾いたら冷風に切り替えて乾かすことで、髪のキューティクルが閉じるだけでなく、温風で開いた毛穴も締まるので、余分な皮脂が出にくくなります。

・朝シャンはしない

頭皮の臭いに気づくと、つい朝シャンをしてしまいがちです。
しかし、朝シャンで皮脂を取り去り過ぎてしまうと、逆に皮脂が過剰分泌されてしまい、紫外線によって酸化しやすくなります。

あるいは、皮脂の分泌が間に合わず、頭皮が乾燥して直接紫外線を受けることで活性酸素が発生し、加齢臭の原因となってしまうこともあります。

頭皮は就寝中に新陳代謝を行なうため、その働きを妨げないよう、頭皮を清潔にしてから寝るようにしましょう。

自信がない場合はプロにお願いするという手も

一度ヘッドスパをやってもらうという方法もあります。
美容室でやってもらうのも良いのですが、できればヘッドスパ専門店で行ないましょう。
専門店では頭皮にこびりついた老廃物や不要物を丁寧にマッサージしながら取り除いてくれます。
頭皮以外、たとえば髪や顔、精神にも様々な効果が出るので、一度試してみてはどうでしょうか。

なお、シャンプーや洗い方も見直し、ヘッドスパに通ったのに臭いがなくならないという場合は、一度皮膚科を受診しましょう。

何らかの疾患がある場合もあれば、臭いを気にするあまり自分の頭皮が臭いと思い込んでしまっている場合もあります。
皮膚科で正しい診断を受けるようにしましょう。

生活習慣や食生活の見直しも重要なポイント

睡眠不足や運動不足によって生活のリズムが乱れていると、自律神経が乱れやすくなります。
するとホルモンバランスも悪くなるため、女性ホルモンの分泌量が減ってしまったり、男性ホルモンの作用で皮脂過剰になったりしやすくなるのです。

また、生活習慣の乱れは必ず体調不良を引き起こします。
すると新陳代謝機能も衰え、活性酸素が大量発生して悪臭や加齢臭の原因となるのです。

できる範囲で身体を動かすようにし、睡眠時間の不足を昼寝で補うなどの工夫をしましょう。

さらに、食事にも神経を払いましょう。
動物性タンパク質はアンモニアなどの悪臭の原因になるため、肉や魚などの摂取を減らし、大豆製品など植物性タンパク質を増やすようにしてください。

また、野菜や食物繊維、ヨーグルトなどの発酵食品は腸内環境を良くする作用があり、悪臭の原因となる老廃物や不要物、毒素などを排出してくれます。
緑黄色野菜や根野菜、海藻類、コンニャク、きのこ類、発酵食品を毎回の食事で摂るようにしましょう。

帽子をかぶる時は、素材にも気をつけよう

最近は帽子をかぶる女性が増えていますが、素材を間違えると頭皮の臭いの原因になります。
ポリエステルやポリウレタン、ナイロン、アクリルなど化繊は熱をこもらせてしまうため、皮脂分泌が多くなり、しかも雑菌が繁殖しやすくなります。

また、これらの素材は静電気が起きやすくなります。
静電気は体内のプラスイオンとマイナスイオンのバランスを崩し、活性酸素を発生させやすくします。
すると9-ヘキサデセン酸が分解・酸化し、ノネナールが発生して加齢臭を発してしまうのです。
冬に帽子をかぶる時は、綿やシルク、ウールなど天然素材のものを使用しましょう。

頭皮のケアは非常に大切

touhicare

頭皮の臭いはそれ自体が悩みの種ですが、それ以外にも様々なトラブルを引き起こしかねません。
今のうちにしっかり頭皮ケアしておきましょう。

臭いを放っておくと白髪や薄毛に繋がることも

臭いの原因が過剰な皮脂・汚れ・雑菌にあることはおわかりいただけたと思いますが、これらは白髪や薄毛の原因にもなります。

皮脂が毛穴に詰まることで髪の正常な成長を妨げてしまったり、雑菌が繁殖して毛穴の奥にある毛根部が炎症を起こしたりして、白髪や抜け毛になりやすくなるのです。

また、女性の場合皮脂が過剰分泌されていても、実際はシャンプーのし過ぎなどで頭皮が乾燥していることが多いものです。

頭皮を触ってみて硬いようであれば、実は乾燥が原因で新陳代謝がうまくできていない状態です。
乾燥によって頭皮が硬くなると、その下にある毛細血管が圧迫されて血流が悪くなるため髪に栄養が届かなくなり、白髪や薄毛の原因となるのです。

自分の頭皮の臭いはなかなか気づかないものですが、悪臭はあなたの魅力を半減させてしまいます。
薄毛や白髪の原因にもなりますから、一日も早く改善するよう、頭皮ケアや生活習慣を見直しましょう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント