ストレス性の白髪に効果的な漢方「柴胡加竜骨牡蛎湯」で白髪を改善しよう!-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪予防 > ストレス性の白髪に効果的な漢方「柴胡加竜骨牡蛎湯」で白髪を改善しよう!
iraira
ストレス性の白髪に効果的な漢方「柴胡加竜骨牡蛎湯」で白髪を改善しよう!
  • facebook
  • twitter
  • LINE
ストレスによく効く漢方薬「柴胡加竜骨牡蛎湯」!

ストレスと白髪に大きな関係があることは、最近よく知られるようになりました。
しかし、ストレスはなくそうと思ってなくなるものではありません。

本来、「ストレス」というのは心を動かすすべてのことをいい、嬉しくてわくわくすることもストレスの一種です。
心が興奮状態になることすべてがストレスにつながります。

しかし、その中でも心を傷つける「ストレス」は精神を疲れさせるだけでなく、身体にも悪影響を及ぼします。
今回は、そんなストレスによく効くといわれる漢方薬について、ご紹介しましょう。

ストレス性の白髪に効果的な漢方「柴胡加竜骨牡蛎湯」で白髪を改善しよう!

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位グローイングショット カラートリートメントグローイングショットエイジングケアに力をいれた製品4.6星星星星星3.5星星星星星4.3星星星星星詳 細

漢方による白髪の原因の考え方

sutoresu

東洋医学、特に中国医学では、ストレスと身体に大きな関係があることは2,000年以上前からわかっていました。
「喜・怒・憂・思・悲・恐・驚」といった7つの感情すべてがストレスにつながり、さらに身体にも影響を及ぼすと説いていたのです。

また、自然環境の変化が原因となることも多く、気温、湿度、天候なども心身に影響すると考えられていました。

自然環境が違えば当然食べるものも違ってきますから、北海道の人と沖縄の人が見た目同じような症状だからといって、単純に同じ治療とは考えないのが東洋医学です。
西洋医学が、症状だけを見て同じ薬を処方するのとは、大きく違います。

しかも「漢方医学」というのは、中国医学と日本の伝承医学を合体させた、日本独自のものですから、より日本人に合っているのです。

漢方による白髪の原因は「血虚」「気虚」「腎虚」の3つ

このように、ストレスの原因には体質や気候、食事などが入り混じっているため、それを西洋医学の対処療法的な治療だけでコントロールするのは困難です。

漢方では、ストレスはすべての臓器の調和が崩れたところから起こると考えられています。
その最も根本の原因となるのが「肝」で、全身の気(エネルギー)をコントロールし、血液を貯蔵したり血流を安定させたりする働きがあります。

また、感情をコントロールするのも肝の役割で、ストレスを受けると肝にすぐ影響が出ます。
つまり、ストレスによって肝の働きが狂うために感情が安定しなくなり、血流が悪くなると考えられているのです。
肝の不調は大きく分けて2つあります。

①肝血虚

血液が不足する状態のことで、疲労、病気、生理の出血などによって起こります。
全身が栄養不足になるため、めまい、眼精疲労、顔や爪の色が悪い、手足や筋肉のしびれなどの症状が起こりやすくなり、皮膚が乾燥しやすくなり、爪がもろくなり、白髪や抜け毛が出てきます。

②肝気虚

血液を全身に回す力が衰えている機能低下状態のことで、気力がなくなったり、情緒不安定になりやすくなったりします。
食欲不振、手足のふるえ、便秘、手足の冷えなどを伴うこともあります。

血液が不足していれば、頭皮にまで回す栄養がありませんから、白髪になりやすくなります。
また、たとえ血液が十分にあっても全身に回す力が不足していればやはり頭皮にまで行きませんから、白髪の原因となるのです。

さらに、「腎」の働きが弱っている場合も白髪になりやすくなります。
漢方医学でいう「腎」とは「生命の源」「生命力」のことで、これが不足することを「腎虚」といいます。

③腎虚

腎虚とは、わかりやすくいえば「老化」のことです。
加齢とともに細胞が劣化してすべての臓器の働きが衰えてくることで、当然血管の細胞も劣化してきます。
伸縮性がなくなるので血液が流れにくくなり、硬くなったところから亀裂が入り切れやすくもなります。
中国医学では「髪は腎の華」といわれており、腎が衰えると髪に最初に影響が出るのです。

柴胡加竜骨牡蛎湯とは

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)は、ストレスに効果があるとされている漢方薬で、これがストレス性の白髪にも効果を発揮します。

柴胡加竜骨牡蛎湯は「気虚」を改善する漢方薬

気虚には上に挙げた肝のほか、「肺気虚」「心気虚」「脾胃気虚」「腎気虚」があり、すべての臓器に対して起こります。

各臓器の機能が低下すると息切れ、浅い呼吸、動悸、疲労、倦怠感、食欲不振、消化不良、下痢、便秘、内臓下垂、耳鳴り、排尿困難、性機能減退など、健康を害する症状が起こりやすくなります。
また抵抗力が衰えるので、風邪を引きやすくなります。

精神状態としては、不安感、イライラ、不眠、うつ症状などがあります。

iraira

柴胡加竜骨牡蛎湯がオススメなのはこんな人

柴胡加竜骨牡蛎湯は、柴胡(さいこ)、竜骨(りゅうこつ)、牡蛎(ぼれい)、黄芩(おうごん)、大黄(だいおう)、半夏(はんげ)、人参(にんじん)、茯苓(ぶくりょう)、桂皮(けいひ)、生姜(しょうきょう)、大棗(たいそう)の11種類を配合したものが基本です(ツムラは大黄を除いています)。

元々の処方は中国で2,000年ほど前に編纂された「傷寒論」の処方で、これには「鉛丹」という鉛も含まれていますが、日本漢方では取り除かれています。

生薬名 効 能
柴胡 解熱、解毒、消炎、鎮痛、鎮静作用
竜骨 鎮静、収れん、止血作用
牡蛎 鎮静、鎮痛、解熱、止渇作用
黄芩 解熱、消炎、解毒、利尿、止血作用
半夏 鎮静、去痰作用
人参 興奮、強壮、強精、呼吸促進、強心作用
茯苓 鎮静、健胃、利尿、精神安定作用
桂皮 発汗、鎮痛、解熱、健胃作用
生姜 発散、食欲不振、発汗解表、解熱、鎮痛、消炎作用
大棗 強壮、鎮静、健胃作用
※大黄 消炎、健胃、寫下作用(ツムラは配合なし)

ストレスに対する反応は色々ありますが、柴胡加竜骨牡蛎湯は特にイライラ・興奮状態が続く時に心身を鎮静させる働きがあります。

つまり、肉体的・精神的に「熱がある」時に使うものです。

逆に、落ち込んだりやる気がなくなったりした時に使用すると、さらにその症状が強くなってしまうことがあります。

イライラして眠れない、動悸がする、便秘がある(体内に熱がこもり、便の水分を奪ってしまう)などの症状がある場合には柴胡加竜骨牡蛎湯が向くと考えられます。

ただし解毒、寫下(下痢)作用のある成分が含まれているので、虚弱体質で胃腸の弱い人は避けるか、寫下作用のある大黄を配合していないツムラの処方にしたほうがよいかもしれません。

ストレス性白髪の特徴

白髪になる原因は色々あり、加齢や遺伝、食事、生活習慣などが大きく関わっています。
その中で、特に若白髪の原因とされているのが、ストレスです。

柴胡加竜骨牡蛎湯が効くストレス性白髪の特徴とは

mekanizumu

西洋医学では、ストレスが起こることによって体内に変化が起きるメカニズムをこのように考えています。

ストレスに対抗するために、交感神経が活発になり身体が攻撃態勢に入る

全身が緊張し、筋肉や血管も緊張して硬く収縮する

血管が細く硬くなることで血液が流れにくくなる
また、血液を全身に回す働きのある筋肉が硬くなることで、血液が移動しにくくなる

血行不良になる

血行不良になれば当然頭皮にも栄養が届かなくなりますから、白髪の原因になります。

これを漢方医学で見ると、心と身体が興奮し、熱がこもっている状態です。
熱がこもると体内の水分が消費され、血液がドロドロになったり血流が悪くなったりします。
また、「痰湿(たんしつ)」といって、食べたものが正常に排出できなくなるため毒素が体内に溜まる、という症状も出てきます。

柴胡加竜骨牡蛎湯の効能が「熱を冷ます、鎮静させる」というものなので、こういった症状の時に処方されるのです。
熱(興奮)を冷まし、溜まった毒素を排出することによって神経の興奮が治まり、水分代謝が良くなり、血液の状態が正常に戻り、ストレスが治まるのです。

血液がサラサラになれば頭皮にも栄養がしっかり届きますから、白髪の改善につながると考えられます。

ストレス性白髪というのは、自律神経が乱れることによって血流が悪くなったりホルモンの分泌量が減ったりしてしまうことによって起こると考えられています。
ですから、これらの症状が緩和されれば、また黒い髪が生えてくる可能性があるのです。

西洋医学では、ストレスには精神安定剤で神経伝達物質を抑制したり増加させたりすることで対応します。
しかし、薬に頼っていると本来の機能が低下し、ますますストレスに弱い体質になってしまい、どんどん白髪が増えてしまいます。
漢方医学は身体と精神をストレスに負けないように強化することで、白髪の改善が期待できるのです。

柴胡加竜骨牡蛎湯の服用時の注意点

柴胡加竜骨牡蛎湯はストレス性の白髪に効果がありますが、人によってストレスを受けた時の反応は色々です。
イライラして八つ当たりする人もいれば、落ち込んで自分を過小評価してしまう人もいます。
食べて発散する人もいれば、食欲不振で何も食べられなくなる人もいます。

ですから、単純に「ストレス性の白髪=柴胡加竜骨牡蛎湯」と考えるのは危険です。

人によっては効果が出るまでに時間が掛かることも

jikan

私たちが漢方薬を手に入れる時は、市販品か病院の漢方外来で乾燥エキス剤を出してもらうことがほとんどです。
これらは出来合いのもので、個人の細かい体質の違いに対応している訳ではありません。
そのため、効果が出るまでに時間がかかったり、効果が出なかったりすることがあります。

また、他にも薬を服用している場合、それによって薬効が強まったり弱まったりすることもあります。

さらに、「瞑眩(めんげん)」という反応が起こることがあります。
一時的に起こる好転反応のことで、服用前の症状がさらにひどくなったり、体調を崩したりするのです。

これは長期間溜まった毒素を一気に排出しようとすることで起こるとされており、1~2週間前後でなくなるのが普通です。
その反応がなくなるとどんどんよくなっていくのですが、処方が合わないといつまでも体調が良くならず、悪化してしまうこともあります。

副作用が心配な人は専門家に相談できる方法で購入を

soudan

柴胡加竜骨牡蛎湯に限らず、漢方薬というのは非常に奥が深く、これを完全に理解している医師や専門家は残念ながらまだ少ないのが現状です。
漢方のおおもととなる中国医学を理解しなければ、和漢である漢方の処方にも狂いが生じてきますが、同じ漢字を使用していることもあって、専門家でも誤解していることがままあるのです。

たとえば、体力がない=虚弱と考えがちですが、太っていて運動不足のために体力がない場合もあり、これを同一視して処方すると大変なことになります。
「医師」「専門家」と呼ばれる人たちが本当に基礎となる中国医学を理解しているとは限りませんから、処方されたもので効果が出ない場合は、ほかの病院や専門店に変えることをお勧めします。

また、自己判断で市販品を気軽に購入するのも避けたほうが良いでしょう。
たとえば柴胡加竜骨牡蛎湯の市販品は数社から販売されていますが、「効能」として記載されている内容がそれぞれ若干違います。

この薬は虚弱体質の人には合わない処方なのですが、そのことが書かれていないものもあるのです。
自分に合わない処方のものを飲み続けていると、効果がないばかりでなく、どんどん悪化してしまうかもしれません。

最近、漢方薬をまるでサプリメントのように捉えているのを良く見ますが、漢方薬はあくまで「医薬品」であり、副作用があることを忘れないようにしましょう。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3クロエベールとにかく使いやすさが秀逸な商品

クロエベール
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,880円600円100g
(約4回)
5,220円5日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント