【大人気】市場拡大中!カラートリートメントが多くの女性からの支持を集めるワケ-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染め > 【大人気】市場拡大中!カラートリートメントが多くの女性からの支持を集めるワケ
kakudai
【大人気】市場拡大中!カラートリートメントが多くの女性からの支持を集めるワケ
  • facebook
  • twitter
  • LINE
カラートリートメントの人気の秘訣とは!?

ネットでちょっと検索するだけで、山のように出てくるカラートリートメント。
今やカラートリートメントはヘアカラーや白髪染めと同じくらい人気があります。
なぜそんなに支持を集めているのか、カラートリートメントにはデメリットはないのか、徹底検証します。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位グローイングショット カラートリートメントグローイングショットエイジングケアに力をいれた製品4.6星星星星星3.5星星星星星4.3星星星星星詳 細

カラートリートメント市場が拡大中

kakudai

ショッピングサイトで検索すると、多分100を下らない数のカラートリートメントがヒットするでしょう。
少し前まではカラートリートメントといえばマイナーで、肌がとても弱くて白髪染めが使えないが仕方なく使用するもの、というイメージだったのに、なぜこんなに人気が出たのでしょうか。

「染めたくても染められない」という多くの声

白髪を染めようと思った時、最初からカラートリートメントを使用する人はほとんどいません。
美容院か、手軽な市販品のヘアカラー剤に手が伸びます。
しかし、市販品はもちろん、美容院でどれほど上手く染めてもらっても、白髪はどんどん伸びてきます。
髪の毛は1日0.3~0.5ミリ伸びるので、特に自毛の色が濃い人ほど半月もするとかなり目立ってしまいます。

そうなると多くの女性が市販品を使うようになり、薬剤が強いため髪が段々ボロボロになってきて、頭皮も刺激を感じるようになってきます。
人によっては染めるたびに地肌が赤くなったり、かゆみで薬剤をつけていられなくなったりしてしまうのです。

大手化粧品メーカーの参入によって市場が拡大

最初の頃は、一般には知られていないメーカーが細々とカラートリートメントを製造販売していました。
しかし、利尻ヘアカラートリートメントやルプルプといった製品が多くの女性の髪を救うようになると、商機とばかり大手化粧品メーカーが参入してきたのです。

今では資生堂、DHC、POLA、ダリヤ、新日本製薬、ロート製薬、アートネイチャー、ホーユー、加美乃素本舗といった名だたるメーカーの商品がドラッグストアで販売されています。
こういった商品の多くは主に通販で販売されている従来のカラートリートメントより安価なものが多いので、ますます身近なものになっているのです。

しかし、これらの多くは安価な分染まりが弱かったり、髪をシリコーンでコーティングしてあたかも髪を補修する効果があるように見せても、実は良い成分がほとんど配合されていないことが多いようです。
また、大量製造のため保存料や酸化防止剤などの化学物質がかなり含まれているのも、気になるところです。

こんなに多い!カラートリートメントのメリット

meritto

カラートリートメントには非常に多くのメリットがあります。
代表的な4つのメリットを見ていきましょう。

アレルギー発症の危険性が非常に少ない

カラートリートメントには、白髪染めやヘアカラーのような危険性はほとんどありません。
それは、使用されている薬剤自体が危険なものではないからです。

従来の白髪染めは、アルカリ剤、過酸化水素、酸化染料を配合しています。
まずアルカリ剤で髪のキューティクルをこじ開け、過酸化水素で内部のメラニン色素を破壊し、代わりに酸化染料を発色させて髪の中に閉じ込めるのです。

しかし、アルカリ剤と過酸化水素はタンパク質を変性させる働きがあり、しかも髪に閉じ込められるので2~3週間は残留しています。
その間ずっと髪はアルカリ性に傾いたままでタンパク質にダメージを与え続けるので、髪はどんどん弱ってしまいます。

しかも、アルカリ剤で開いたキューティクルは閉じることが出来なくなっており、中に含まれるタンパク質や水分、脂質などがどんどん抜け出してしまいます。
そのため、髪を染めれば染めるほど髪はパサパサでスカスカになってしまうのです。

※左:健康な髪 右:キューティクルが開いたダメージヘア

さらに、髪を染める酸化染料はEU諸国では使用禁止になっているほど危険性が高い成分です。
日本でも旧表示指定成分となっている代表的な酸化染料をパラフェニレンジアミンといい、ほとんどの白髪染めに配合されていますが、アレルギーを引き起こすことが知られており、ジャパニーズスタンダードアレルゲンにも指定されているほどです。

実際、この染料でひどい接触性皮膚炎やアレルギーになる人は多く、消費者庁の事故情報データバンクにも毎年報告が上がっています。

「消費者安全法第23条第1項の規定に基づく事故等原因調査報告書【概要】毛染めによる皮膚障害 平成27年10月23日」より

カラートリートメントにはこれらの薬剤は配合されていません。

大手メーカーの中には原価を下げるためか少々刺激性のある界面活性剤や防腐剤、シリコーン、鉱物油、酸化防止剤などを配合してあるものもありますが、従来のカラートリートメントの多くは添加物を極力抑えて製造しています。
また、アレルギーテストを行なっている企業も少なからずあります。

どんな人にも安全とまでは言い切れませんが、少なくとも白髪染めよりは安心して使用できるでしょう。

薄毛や抜け毛が気になる人も安心して使える

薄毛や抜け毛の人が白髪染めの使用を禁止されている訳ではありませんし、説明書にもそんなことは書かれていません。
しかし、成分を見れば頭皮に悪影響を与えていることは一目瞭然です。

さきほど酸化染料がEU諸国で禁止されていると書きましたが、これは「発がん性がある」ことが原因です。
がんというのは、何らかの原因で正常な細胞組織の遺伝子が傷つき、それが段々増殖することで起こりますよね。
その「細胞に異常を起こす」原因となるのがパラフェニレンジアミンなどのジアミン系酸化染料なのです。

髪を作る毛母細胞や色素形成細胞メラノサイトが、がん化しないまでもDNAが損傷されて正常に細胞分裂ができなくなると、白髪や薄毛、抜け毛の原因となります。
そのため、白髪染めを使うことで白髪、薄毛、抜け毛になりやすくなるのです。

カラートリートメントにはこれらの成分が全く含まれていない上に、良心的なメーカーのものは美髪成分や頭皮環境改善成分も含まれているので、むしろ髪に良い効果が出るのです。

誰でも簡単に自分で髪を染めることができる

市販の白髪染めを使用している人は多いですが、自分一人でムラなく全体をきれいに染めるのは結構難しいですよね。
きれいに染まったと思っても、何度かシャンプーするうちに一部だけ色が薄くなってしまうこともよく起こります。

しかし、カラートリートメントは色付きは白髪染めほど良くはないものの、メラニン色素を破壊していないので自毛部分はたとえムラ塗りになってもほとんどわかりません。
白髪部分がきちんと染まらないというデメリットはありますが、逆に自然に色落ちするので白髪との境がわかりにくいというメリットでもあります。

また、白髪染めと違って素手で塗れるものも結構あります。
早く洗い流すことは必要ですが、最初に水で手を濡らしてからクリームを手のひらに置けば、自分の塗りたいところを手の感触で確かめながら塗布することができます。

さらに、濡れた髪に使えるものが多いので、入浴中にシャンプーした後にさっと塗り、5~15分程度放置すれば良いものもあり、とても手軽です。

使い続けることで綺麗な状態をキープできる

tsudukeru

2~3週間に一度使用する白髪染めと違い、カラートリートメントは1週間に1~2回使用するものです。
しかし、その名の通りトリートメント効果もあるので、シャンプー後のトリートメントとして定期的に使用すれば白髪が目立ず、しかも健康な髪をキープすることができるのです。

カラートリートメントによってしっとり系やサラサラ系などがありますから、成分をよくチェックしたり口コミを参考にしたりしましょう。

カラートリートメントのデメリットと注意点

chuuiten

もちろん、カラートリートメントにはデメリットもあります。
この点を最初に知っておくことが、使ってからガッカリという事態を防ぐことができますので、よく確認してくださいね。

一度の使用ではしっかりと染まらないことも

白髪染めはメラニン色素を破壊して元の髪色をなくしてしまうため、たとえ希望と違う色になったとしても自毛の色がそのまま出てしまうことはありません。
また、酸化染料同士が結合して分子が大きくなり、キューティクルの隙間から流出することがないため、色落ちもしにくいのです。

しかし、カラートリートメントは自毛の上にコーティングするだけで、元のメラニン色素は残っています。
しかも、そのコーティングする染料はそれほど髪にしっかり粘着しません。
特に、健康な髪ほど一度では染まりにくくなる傾向があります。

カラートリートメントの染料の一つ(HC染料)はキューティクルの隙間から入り込むメカニズムになっているため、髪が健康でキューティクルがしっかり閉じているとなかなか入り込めないのです。

また、もう一つの染料(塩基性染料)は、髪のマイナスイオンに吸着するのですが、マイナスイオンは傷んだ髪ほど多く、健康な髪は少なくなります。
そのため、うまく吸着せず一度ではきれいに色が入らないことが起こります。

カラートリートメント一度の使用で白髪染め並みにきれいに染まるのは、かなり細毛かダメージヘアの場合だけだということを覚えておきましょう。

持続性が低いので定期的に使い続ける必要がある

髪のキューティクルの隙間から入り込むHC染料は、分子の小ささで髪の中に入るものの粘着性はないため、シャンプーごとに隙間から出て行ってしまいます。
また塩基性染料は髪の表面のマイナスイオンにプラスイオンで粘着しますが、これもシャンプーごとに少しずつ落ちてしまいます。

※マイクロ染料=HC染料、イオン化染料=塩基性染料のこと

そのため、髪質や状態によって違うものの、週に1~2回使う必要があります。

パーマやヘアカラーをする際には注意が必要

最近はあまり聞かれなくなりましたが、カラートリートメントをした後にパーマやヘアカラーをすると、髪が変色してしまうというトラブルが発生したことがあります。

原因は公表されておらず、美容師の間でもそのメカニズムはわからないまま、酸化染料とHC染料・塩基性染料の相性が悪い、あるいはある成分が変質するなどと言われていました。
これはカラートリートメント使用者すべてに起こる訳ではなく、決まったトリートメントを使用した場合にだけ起こる現象でもありませんでした。

そのため、危険の可能性を回避するために「カラートリートメントを使用している」と話しただけで施術を断る美容師もいたといいます。

最近はそういった話を全く聞かなくなりましたから、メーカー側で原因が判明し、成分を変更したのかもしれません。
しかし万が一のことを考え、パーマやヘアカラーをする際には、事前に必ずカラートリートメントの説明書を読むようにしてください。

「パーマやヘアカラーはカラートリートメントを使用してから2週間程度経ってから」といったようなことが書かれているものもあります。
書かれていない場合はメーカーに確認し、美容院にも事前に聞いてみると安心です。

人気のカラートリートメント

ninki

100種類以上あるカラートリートメントの中から、女性に大人気の製品を5つ厳選しました。
よく染まりかつ髪と頭皮にやさしいと評判が高く、安心して使用できる低刺激のものばかりです。

女性の大人気のカラートリートメント【5選】

・利尻ヘアカラートリートメント

日本で最初に生まれたカラートリートメントが「利尻ヘアカラートリートメント」です。
売上日本一を誇り、他の追従を許しません。

その高い人気の秘密は、一度でも染まりやすく、かつ髪の毛が健康になることです。
HC染料と塩基性染料のほか、シコンやクチナシなど、伝統的な天然由来色素を4種類も配合し、深みのある色合いを作ります。

また、28種類もの植物由来成分が配合されています。
代表的なのが利尻昆布で、保水・保湿力が非常に高く、さらに豊富なミネラルで髪と頭皮のうるおいを守ってくれます。

そのほか、血行促進、保湿、収れん、消炎作用のある植物が頭皮環境を改善し、薄毛や抜け毛を防ぐ働きも期待できます。
ケラチンやシルクで髪の補修も可能なので、つややかでハリのある髪が取り戻せます。

さらに、無添加で肌にやさしく、毎日安心して使用できる製品です。

・ルプルプ ヘアカラートリートメント

バイオテクノロジーの研究で名高いタカラバイオ社との共同で開発されたのが、ルプルプ ヘアカラートリートメントです。
美容成分を94%も配合し、髪を自然に染め上げながら美髪を目指すことができます。

HC染料と塩基性染料のほかベニバナ、クチナシなど3種類の天然染料を配合し、とてもきれいに染め上がり色持ちも良いのに、素手で使用してもすぐに落とせます。
また、タカラバイオが開発したガゴメ昆布のフコイダン成分が髪と頭皮をバリアし、修復や保護をしてくれます。

さらに、カラートリートメントには無香料のものが多いのですが、ラベンダー油やローズマリー油など天然香料を使用し、毎日でも使いたくなるような爽やかな香りに仕上げています。

天然成分よりバイオ技術で作られた成分が多いので、肌が弱い人は心配かもしれませんが、無添加でアレルギーパッチテスト済なので安心ですよ。

・グローイングショット カラートリートメント

グローイングショットはエイジングケアのトップブランドであるPOLAが販売しており、髪の高い補修力を持った製品です。

染料はHC染料と塩基性染料の2種類ですが、浸透力と吸着力が高い処方になっているので1回の使用でもかなり色が入り、色持ちもかなり良いです。
しかも、シャンプー後のたった5分でOKなので、多忙な女性にはとても評価が高くなっています。

さらに、セラミドやアミノ酸、コラーゲン、トチャカエキスなどの毛髪補修成分と頭皮環境改善成分を配合しています。

また、パウダルコや黒米といったPOLA独自の美容成分で髪と頭皮を保湿し、美髪づくりを促進してくれます。
しっとりとした仕上がりになり髪がよくまとまるので、ダメージケアとしてもお勧めです。

・レフィーネヘッドスパトリートメントカラー

これはヘッドスパができるという珍しいトリートメントです。
地肌に擦り込むことができるだけあって非常に低刺激で、しかも頭皮の環境をとても良くしてくれるので、美髪効果満点です。

成分にはドイツファンゴという火山岩の粉やゴマ油、パンテノール、酵母、ホップ、ダイズエキス、生姜、オタネニンジンなど、血行促進や保湿に高い作用があるものをたっぷり配合しています。
さらに、ケラチンやコラーゲン、アミノ酸などで髪のハリやコシを助けてくれます。

気になる染め上がりや色持ちですが、HC染料、塩基性染料のほか植物由来の染料も配合してあり、標準的といえます。
ただ、地肌に塗っても安心なので根元までしっかり染めることができ、自然な色落ちで白髪が目立ちにくくなっています。

白髪も気になるけれど、髪のダメージを補修してツヤのある美髪にしたい人におすすめです。

・ラサーナヘアカラートリートメント

ラサーナはヘアエッセンスが有名ですが、その効果はそのままに、髪まで染めることができるのがこの商品です。

HC染料と塩基性染料のほかシコンエキス、グアイアズレン、ウコンで3色の色を配合してあるので、3回程度使用することでとてもニュアンスのある美しい髪色になります。
また持続性も悪くありません。

特筆すべきなのが美髪効果で、真珠貝由来成分や羊毛由来成分で髪のキューティクルを補修し、保湿成分でたった1回の使用でも髪がサラサラスルスルに。
ケラチン、ボタンエキス、オリーブ果実油、ホホバ種子油などが配合されているので、髪のまとまりがとても良くなり、しかもべたつきがありません。

シャンプー後の5~10分でよく、逆に長く放置することは推奨されていないので、多忙で髪のケアがなかなかできない女性にはとても良い商品です。

この5つはどれもとても評判が良く、使いやすいものばかりです。
髪質や状態によっては1~2回では思うように染まらないこともありますが、説明書や口コミをチェックしたり何種類かの製品を試したりして、最適な1本を見つけてくださいね。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3クロエベールとにかく使いやすさが秀逸な商品

クロエベール
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,880円600円100g
(約4回)
5,220円5日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント