コレで決まり!白髪が綺麗に染まる【厳選】タイプ別お勧めカラートリートメント-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染め > コレで決まり!白髪が綺麗に染まる【厳選】タイプ別お勧めカラートリートメント
osusume
コレで決まり!白髪が綺麗に染まる【厳選】タイプ別お勧めカラートリートメント
  • facebook
  • twitter
  • LINE
カラートリートメントを上手く使うコツとは!?

「TVやネットの広告ではきれいに染まるように見えるけれど、実際に使ってみたらそうでもなかった」
「カラートリートメントって絶対誇大広告よね」…そんな風に感じたことはありませんか?

確かに、安価な商品の中には一部そういった粗悪品があるかもしれません。
しかし、爆発的に売れている商品やロングセラー商品、美容口コミサイトで白髪がよく染まると高い評価をキープしている商品も少なくありません。

どうすれば白髪がきれいに染まるのか?染まらないといわれるのはなぜか?
そんな疑問にお答えします。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.8星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位グローイングショット カラートリートメントグローイングショットエイジングケアに力をいれた製品4.6星星星星星3.5星星星星星4.3星星星星星詳 細

カラートリートメント選びの重要性について

juuyousei

カラートリートメントは、選び方を間違えるとがっかりする結果になるかもしれません。
それはなぜでしょうか。

まずはカラートリートメントの基本中の基本を知ってください

実は、カラートリートが染まらないと嘆く人の多くが、「カラートリートメント=2剤式白髪染めと同じように染まり、かつ髪が傷まないもの」という認識を持っています。
それは、初めてカラートリートメントを使用して不満を感じた人の口コミを読むと、はっきりわかります。

しかし、カラートリートメントは2剤式白髪染めと同じように染まることはありません。
なぜなら、染料のタイプが全く違うからです。

2剤式白髪染めの酸化染料は髪の奥まで入り込み、色が抜けてしまった、あるいは化学的に脱色したメラニン色素の代わりとなります。
それに対し、カラートリートメントの染料は白髪の表面にイオン吸着する塩基性染料と、少し中に吸着するHC染料なので、メラニン色素としての役割はできないのです。

※(1)2剤式白髪染め、(2)=カラートリートメント、(3)=カラースプレーなど 出典:https://allabout.co.jp/

※(1)2剤式白髪染め、(2)=カラートリートメント、(3)=カラースプレーなど
出典:https://allabout.co.jp/

さらに、2剤式白髪染めは染料が髪の奥から抜け出ませんが、カラートリートメントは髪への吸着力がそれほど強くないため、シャンプーごとに色落ちしてしまいます。
この点は各メーカーが色々と努力を重ねていますが、染料の質が全く違うため、色落ちは避けられないのです。

しかし、2剤式白髪染めは健康なメラニン色素まで脱色してしまうため、髪に強いダメージを与えます。
また、酸化染料を髪に浸透させるために使用されるアルカリ剤は、染毛後2~4週間は髪に留まり、キューティクルを開きっぱなしにします。

すると髪のタンパク質や水分、脂質などがどんどん抜け出てしまうため、髪がパサパサになり、ハリやコシ、ツヤも失われてしまうのです。

その点、カラートリートメントは染まることと同時にトリートメント効果も大切にしていて、髪の毛を傷めることがほとんどありません。

カラートリートメントの選び方で仕上がりも変わります

2剤式白髪染めとカラートリートメントの違いをお分かりいただけたでしょうか。
しかし、カラートリートメントならどれでも同じということはありません。

基本となる染料の成分はほぼ同じHC染料と塩基性染料ですが、その配合バランスや分子サイズ、あるいは天然の植物性染料がプラスされているかどうかで、染め上がりはかなり違ってきます。
また、染料をできるだけ留めるための各コーティング成分にどれだけの効力があるか、が色持ちの差につながります。

さらに、使用者の髪質によっても染まる程度が違います。
髪が細く少ない人はすぐ染まりますし、太くて多い人は染まりにくいです。

また、ダメージへアほどよく染まるものの色持ちが悪いのに対し、健康な髪は染まりにくいですが一度染まれば色持ちが長くなります。
これは2剤式白髪染めでも同じですが、カラートリートメントの場合その差がもっと出やすいのです。

そのほか、白髪が多ければ多いほどたっぷり使用しないと染まらないことが多く、白髪の量と髪質によっては記載された目安量の2倍以上使ってやっときれいに染まる、ということもあるのです。

まずは自分の髪質や白髪の状態を理解すること

kamishitsu-rikai

これまでに2剤式白髪染めで白髪を染めていた人であれば、自分の髪が簡単に染まるか否かおわかりだと思いますが、カラートリートメントの場合、これが強調されることが多いのです。
そのため、自分の髪質や白髪の状態をよく理解することが、カラートリートメント選びの決め手となります。

ただし、自己判断で髪が太いと思っていたら、実は太さは標準だが量が多かった、あるいはある部分は太いけれど別の場所は細い、といったこともありますので、できれば美容室で自分の髪質を診断してもらいましょう。

また、白髪は全体的にあるのか、一部分が特に多いのか、といったことも知っておくと、きれいに染めるために役立ちます。

【厳選】タイプ別お勧めカラートリートメント

osusume

では、髪質別にどのカラートリートメントが向くのか、ご紹介しましょう。

白髪が多い方にお勧めのカラートリートメント

白髪が多い場合は、何よりしっかり染まることが一番です。
それと同時に、カラーがたくさんあったほうが元の髪色により近い色が選べるので、染まった白髪との差が出にくくなります。

・利尻ヘアカラートリートメント

カラートリートメント界のトップブランドといえば、この商品です。
内側に入り込むHC染料をナノ化し非常に分子を小さくしているので、キューティクルの隙間からしっかり入り込み、2~3回の使用でしっかり染まるのです。

また、アナトー、ウコン、クチナシ、シコンの植物色素を配合しているので、色に深みを与えるだけでなく、色持ちを良くします。

さらに、利尻昆布の粘り成分やヒアルロン酸などが髪と頭皮を保護するので、染料が落ちにくくなります。
同時にケラチンやシルクなどが髪のダメージを補修するので、傷んだ髪にハリやコシが戻り、まとまりの良い美しい髪に近づいていきますよ。

色も4色あり、ほとんどの髪色に対応できます。

・ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプの特徴は、微アルカリ性にすることでキューティクルを開きやすくし、染料の浸透率を高めていることです。

多くのカラートリートメントは中性で、髪が傷みにくいのですが若干染まりにくくなります。
その点ルプルプの微アルカリ性は傷みにくく染まりやすいというベストのpHなので、2~3回染めればとてもきれいに色が入ります。

また、利尻ヘアカラートリートメントと同様天然の色素も配合しているので、とても奥行きのある色に染まるのです。
カラーは全部で5色あり、グレー系もあるので男性にもお勧めです。

さらに、ガゴメ昆布のフコイダンという成分には高い保水・保湿力があり、髪と頭皮にうるおいの膜を張って保護してくれるので、ツヤのある美しい髪になっていきます。

・レフィーネヘッドスパ/ナチュラルカラー

色数が多いのがレフィーネシリーズの特徴で、ヘッドスパが5色、ナチュラルカラーは7色もあります。
特にナチュラルカラーはオレンジやゴールドイエロー、オリーブといった珍しい色があり、レフィーネシリーズのどの色とも混ぜて使用できるので、自分の髪色に合ったカラーを作ることができます。

ヘッドスパは頭皮マッサージができる商品で、頭皮に詰まった汚れや皮脂を取り去ることで、健康な髪を作ります。
ナチュラルカラーは髪のダメージを修復する高機能成分が配合されており、健康な髪へと導いてくれます。

ただ、色は豊富ながらどちらも染まり具合は若干弱いので、白髪が少なめで皮脂の多い人やダメージへアの人に向きます。

髪の傷みが激しい方にお勧めのカラートリートメント

kami-itami

髪のダメージが激しい場合、どのカラートリートメントでもよく染まるのですが、色落ちも早くなります。
そのため、できるだけ髪の補修成分や保護成分が配合されているものがお勧めです。

・ラサーナ ヘアカラートリートメント

キューティクル補修成分として真珠貝由来成分と羊毛由来成分を配合し、開いたままのキューティクルをしっかり保護し、さらに染料の流出も防いでくれます。
その高い補修効果によって、使用直後から髪がサラツヤになり、さらに海藻エキスがうるおいのある柔らかな髪にしてくれます。

また、HC染料を微粒子化して浸透を良くし、塩基性染料で外側からもしっかり染めてくれます。
その他、シコンやウコン、グアイアズレン(ユソウボク)といった古くから染料として使用されている色素も配合されているので、より深い色に染まります。
カラーがダークブラウン1色なのが残念ですが、イエローがかった明るめの色です。

・DHC Q10クイックカラートリートメント

放置時間5~10分というのが謳い文句ですが、実際にはもう少し長めに置いたほうがしっかり染まるでしょう。

しかしこの商品のすごいところは、DHC独自の美容液設計で作られていることです。
カラーフィックスコート成分が髪をコーティングし、水を弾いて色落ちを防ぐだけでなく、ダメージを受けている髪をやさしく保護してくれます。

さらに、コエンザイムQ10やヒアルロン酸、オリーブオイル、キトサン、シルクエキス、ゼインといったDHCならではの成分が髪のダメージを補修し、髪にしなやかさとうるおい、ツヤを与えてくれます。

ボリュームも出るので、2剤式白髪染めで髪にハリがなくなりぺしゃんこになってしまった人にお勧めです。

手間を減らしたい方にお勧めのカラートリートメント

毎日多忙で染める時間をひねり出すのが大変…そんな人には、できるだけ短時間で染まる商品が良いでしょう。

・グローイングショット カラートリートメント

入浴中のたった5~10分でしっかり染まると大評判なのが、POLAのグローイングショットです。
POLAならではの技術でHC染料と塩基性染料がしっかり髪に浸透・吸着し、一度でもかなり白髪が目立たなくなります。

さらに毛髪補修成分としてセラミドやアミノ酸、トチャカエキス、頭皮環境改善成分としてコラーゲンやオタネニンジン根エキスが配合されています。
また、POLA独自成分の黒米エキスが白髪の改善に働きかけてくれるのです。

・ラサーナ ヘアカラートリートメント

ラサーナも入浴中、初回は10分、それ以降は5分程度の使用でOKです。
グローイングショットに比べると若干回数が必要ですが、3回使用すれば2剤式白髪染めと遜色ないほどきれいに染まるので、お勧めです。

洗い流す際にいつまでも色水が出ることがないのも、ポイントが高いです。

明るい髪色の方にお勧めのカラートリートメント

各メーカーのカラーにはそれぞれ特徴があり、同じ色名でも発色が微妙に違います。
そこで、明るめに染めたい人にお勧めの商品をご紹介します。

・ラサーナ ヘアカラートリートメント

ラサーナはダークブラウン1色ですが、どちらかというとブラウンに近く、しかも黄色がかっています。
明るめにしたいけれど赤みのある色が苦手、という人にお勧めです。

・利尻ヘアカラートリートメント

利尻にはカラーが4色ありますが、その中でナチュラルブラウンとライトブラウンは艶やかで明るい茶色に染まります。
ナチュラルブラウンはイエロー系、ライトブラウンはレッド系なので、好みによって使い分けましょう。

・レフィーネ ヘッドスパトリートメント/ナチュラルカラー

ヘッドスパ/ナチュラルカラーのライトブラウンはレッド系、マロンブラウンはイエロー系の明るい色です。
ナチュラルカラーにはオレンジやゴールドイエローなどがあり、他のレフィーネカラーと混ぜると明るくすることができます。

カラートリートメントを上手く使うコツ

kotsu

タイプ別のお勧めをご紹介しましたが、さらにきれいに染めるにはコツがあります。
これを知っておくと、手触りや香りなど自分の好みのカラートリートメントがあまり髪質に合っていないとしてもよく染まるので、ぜひ試してください。

アミノ酸系のシャンプーを使いましょう

カラートリートメントは髪をコーティングしているだけなので、表面の汚れを強力に落とす高級アルコール系のシャンプーや石鹸系のシャンプーを使用すると、色落ちしやすくなります。
できるだけ色持ちを良くするためには、洗浄力が穏やかなアミノ酸系のシャンプーがお勧めです。

また、最近はカラートリートメント用のシャンプーも販売されているので、それを使用するのも良いでしょう。

なお、「アミノ酸系」と謳っていても、実際には洗浄力が強い高級アルコール系の界面活性剤が同時に配合されている商品がありますし、アミノ酸系でも高級アルコール系に近い洗浄力のものもあります。
髪と頭皮にやさしいアミノ酸系は原料自体が高価なので、1,000円以下で売られているものは使わないほうが良いでしょう。

すぐに諦めず、最低でも1本は使い切りましょう

髪質に合っているはずなのによく染まらない…。
これはほとんどの場合、髪が健康なことが原因です。

健康な髪はキューティクルの層が厚く、しっかり閉じています。
2剤式白髪染めの場合はアルカリ剤でキューティクルを無理矢理開かせて酸化染料を浸透させますが、カラートリートメントはそういった危険な薬剤を使用しません。

保温と時間によってじわじわとキューティクルを開かせて、HC染料を潜り込ませる仕組みなので、層が厚かったりしっかり閉じていたりするほど染まりにくくなるのです。
下の画像を見れば、キューティクルが整った健康な髪ほど染料が浸透しにくいのが想像できると思います。

しかしダメージへアの場合、逆のことが起こります。
キューティクルが開いたままの状態になっているのでHC染料が潜り込みやすい反面、逃げ出しやすくもあるのです。

このように、髪の状態によって染まり具合が違ってくるため、最低でも1本は使い切ることが大切です。
健康な髪は染まるまでは時間がかかりますが、一旦染まればしっかり閉じたキューティクルがガードとなって、染料の流出を防いでくれます。

また、カラートリートメントには髪を保護するコーティング成分が配合されているため、ダメージへアでも段々染料が抜けにくくなり、よく染まるようになってくるのです。

染まりにくい髪質の方にオススメの使い方

2剤式白髪染めで染まりにくかった人の場合、カラートリートメントでもほぼ必ず染まりにくいです。
そこで、できるだけよく染めるために、以下のことを試しましょう。

①乾かした髪に使用する

カラートリートメントにはシャンプー後の濡れた髪に使用できるものもありますが、染まりにくい人の場合は最初はNGです。
染料が水分で薄まってしまうためと、入浴中はあまり放置時間を長く取れないためです。

ただし、長風呂をする人はこの限りではありません。
できるだけしっかりタオルドライしてから、クリームを伸ばさず置くような感じで塗布し、30分以上放置してみてください。

②ノンシリコーンシャンプーを使用する

乾いた髪に使用する場合、できればその前のシャンプーはノンシリコーンのものを使用してください。
シリコーンで髪がコーティングされると、HC染料が浸透しにくくなるのです。

③一度ドライヤーで乾かし、直後に使用する

前日にシャンプーした髪は特に根元に皮脂がつき、染料を弾いて染まりにくくなることがあります。
脂性肌の人は、染める直前に一度ノンシリコーンシャンプーでシャンプーし、ドライヤーで乾かしてから塗布すると、よく染まるはずです。

④放置時はしっかり保温し、時間を長めに取る

染まりにくい人というのはキューティクルがしっかり閉じている髪質なので、開かせるために十分保温してください。
2剤式白髪染めと違い、ラップやシャワーキャップで髪を覆った後にアルミ製の保温キャップを被り、さらに蒸しタオルを乗せたり数分ドライヤーで温風を当てたりするなどの工夫をしましょう。

特に冬は温かい部屋で染める、時々ヒーターの風を当てる、カイロを頭に置くなどのちょっとした手間をプラスすることで、かなりきれいに染まるでしょう。

また、もし放置時間が30分と書いてあったら、45~60分程度放置してみましょう。
2時間程度放置している人も結構いますよ。

⑤多めに塗布し、あまり伸ばさないようにする

濡れた髪に使用する場合はもちろん、クリームが柔らかめの商品は伸びやすく、扱いは楽ですがその分染まりにくくなります。
クリームが硬めのものを使用したり、塗布する時は伸ばすのではなく置くようにしたりして、ハケ状のブラシは使わないようにしましょう。

⑥洗い流す際に、シャンプーを使用しない

これは肌が弱い人にはお勧めできませんが、染料をお湯で洗い流すだけにすると色落ちしにくくなるといわれています。
特に植物性の色素を配合してある場合、1日程度置いたほうが発色が良くなることが多いため、できるようであれば試してみてください。

ただ、どうしても服や寝具が汚れやすくなるので、しっかり乾かした後は白っぽい服は避け、汚れても良いタオルを頭部に敷いて寝るようにしましょう。

⑦最後にドライヤーで乾かす時は冷風を当てる

洗い流す時にシャワーで温まった髪はキューティクルが開いているので、できるだけ早く髪を冷やしてキューティクルを閉じることが大切です。
ドライヤーで髪を8割ほど乾かしたら、最後は必ず冷風を当てて完全に乾かすようにしましょう。

限定割引や返金保証を賢く活用しましょう

染まりにくい、という世間の評判を聞くと、ちょっと不安を感じるかもしれません。
そんな場合は、できるだけお安く試すのが一番です。
カラートリートメントの中には初回割引や期間限定割引、返金保証がある商品がありますから、まずはそういった商品で試してみましょう。

特に人気が高く高評価の商品ほどこういった特典があるので、今回書いたことを参考に、ぜひトライしてみてください。

カラートリートメントは2剤式白髪染めほどしっかり染まることはありませんし、色持ちもせいぜい1週間から10日です。
しかし、2剤式白髪染めでは得られなかった髪のツヤやハリ、コシがどんどん出てきて若々しく見えますし、根元の白髪が目立たなくなるというメリットもあります。

本当の美髪を目指すすべての女性に、ぜひ自分に合ったカラートリートメントを使用していただきたいと思います。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3クロエベールとにかく使いやすさが秀逸な商品

クロエベール
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,880円600円100g
(約4回)
5,220円5日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント