髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぶなら~カラートリートメントがお勧めな4つの理由-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染め > 髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぶなら~カラートリートメントがお勧めな4つの理由
osusume
髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぶなら~カラートリートメントがお勧めな4つの理由
  • facebook
  • twitter
  • LINE
安全に染められる3種類の白髪染めとは!?

2剤式白髪染めが髪を傷めるということは、段々知られるようになってきました。
とはいえ、白髪は増えることはあっても減ったりなくなったりすることはまずありません。
ダメージがひどくなったら切っちゃえばいいんだから…と、がまんして使い続けている人が多いのが現状です。

しかし、2剤式白髪染めがダメージを与えるのは髪だけではありません。
白髪染めの危険性と、それを回避する方法について解説します。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.8星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位グローイングショット カラートリートメントグローイングショットエイジングケアに力をいれた製品4.6星星星星星3.5星星星星星4.3星星星星星詳 細

白髪染めの危険性を知っていますか?

siragazome-kikensei

白髪を美容院で染める人もいれば、自宅で市販品を使っている人もいます。
2ヶ月に一度は美容院で、リタッチは自宅で、という人も多いようです。
しかし、何となく髪に元気がなくなった、と感じたことはありませんか?

白髪染めの危険性に気付く人が増えています

美容院で「最近髪のダメージがひどい」と訴えても、「2剤式白髪染めで染めている限り、ダメージはどんどんひどくなります」とはっきり言ってくれる美容師はあまりいないですよね。

しかし、茶髪の美容師の髪の毛をよく見ると、結構傷んでいたりします。
また、美容師の手や腕をじっと見ることはあまりないと思いますが、多くの美容師が刺激性接触皮膚炎やアレルギー性皮膚炎を起こしているのです。

「理・美容師の職業性接触皮膚炎:独立行政法人労働者健康福祉機構」より 出典:http://www.research.johas.go.jp/

「理・美容師の職業性接触皮膚炎:独立行政法人労働者健康福祉機構」より
出典:http://www.research.johas.go.jp/

グラフで圧倒的に多い「酸化染毛剤(第1剤)」は、主にパレフェニレンジアミンという染料で、パラアミノフェノールやパラトルエンジアミンなどの他の染料の約7倍の陽性率になっています。
美容師と私たちでは染料を扱う回数が違うとはいえ、髪にも皮膚にも優しい成分でないことは間違いありません。

それを裏付けるように、2剤式白髪染めやヘアカラーで頭皮がかぶれたり炎症を起こしたりする人が増えています。

消費者安全調査委員会が2015年10月に公表したところによると、この5年間でただれなどのトラブルの報告が約1,000件もあったそうです。
中には顔が腫れて目が開かないほどの症状を起こした人もおり、その危険性が徐々に知られるようになっているのです。

2剤式の白髪染めによる頭皮トラブルとアレルギーの危険性

arerugi-kikensei

2剤式白髪染めを使用していて、何らかの違和感を覚えたことはありませんか?
それは薬剤、特にパラフェニレンジアミンが原因かもしれません。

白髪を染めている時にこんな症状がありませんか?

パラフェニレンジアミンで起こるアレルギー症状にはこのようなものがあります。

・頭痛
・吐き気
・かゆみ
・かぶれ
・湿疹
・発赤
・腫れ

事故調査委員会によると、このような症状を起こしても半数以上が2剤式白髪染めやヘアカラーの使用を続け、アレルギーを発症してしまっているそうです。

確かに、一瞬かゆかった、少ししみた、というような程度では、それほど気にしないですよね。
特にあのツンとした臭いはいかにもかゆみや炎症を起こしそうなイメージがあり、勝手に納得してしまいがちなのです。

症状を我慢して使い続けているとどうなる?

何年何十年と使用していても、たまにかゆくなる程度で収まっている人もいます。
しかし、中にはかぶれがひどくなり、浸出液が頭皮や顔から出るようになったり、染料がついていない部分まで症状が広がったりすることもあります。

さらに症状が重くなると呼吸困難を引き起こし、激しいアナフィラキシーショックによって死亡した例もあります。

特に、元々何らかのアレルギーを持っている人ほど症状が重くなる傾向があるといわれていますが、日本人の3分の1から2分の1はアレルギー体質とされています。
それどころか、国立成育医療センターによる調査では、発症していない人を含めると日本人の80%がアレルギー体質だそうです。

呼吸困難になるほどまではいかなくても、顔が真っ赤に腫れ上がったり、全身が湿疹だらけになったりする危険性は誰にでもあるのです。

頭皮に優しい白髪染めの種類

2剤式白髪染めが危険だということが徐々に知られるようになり、頭皮に優しい白髪染めが開発されるようになりました。
その種類についてご説明しましょう。

頭皮に優しく安全に染められる白髪染めは3種類

①ヘナカラー

インドなどで採れるヘナというミソハギ科の植物の葉を粉末状にし、それを溶いて髪に塗って白髪を染めるものです。
ローソン(ローソニア)という赤い色素が含まれているので、ヘナ100%のもので染めるとオレンジ色になります。

これはこれできれいですが、もっと黒く染めたい場合はジーンズに使われていた染料のインディゴ(藍)で後染め、あるいは最初からヘナとインディゴを混ぜたものを使用します。

インドでは古くから身体に模様を描く時に使用されてきたもので、肌に優しい成分で安全性は高いといわれています。

また、トリートメント効果が高く、使用しているとハリやコシ、ツヤが出てきます。
染めれば染めるほど色が濃くなり、光が当たらないところでは黒く、光が当たるとオレンジの色合いが出てとてもオシャレです。

デメリットは、何といっても時間がかかること。
基本的に、ヘナ染めは最低でも1時間、できれば2時間以上放置することでしっかり色が入ります。

慣れた人の中には寝る前に塗布してそのまま寝てしまう、という人もいますが、なかなかそこまではできませんよね。
また、一種の草木染なので特有のニオイがあり、それが数日間残ります。

もう一つ心配なのが、ヘナ100%、ヘナ+インディゴ100%と書かれていても、実際には2剤式白髪染めに配合されている危険な酸化染料や、見た目は似ていても染毛効果のない植物が配合されていることがままあることです。

これはインド本国でも広く行われており、実際に使用してみたら染まらなかった、かぶれたという事例が時々あります。
そのほか、染毛力のないヘナの茎を混ぜる、本来無農薬で育つヘナの生産量を上げるために農薬を使用している、という例も散見されます。

さらに、ヘナやインディゴにアレルギーを起こす人がいます。
インドの人々にとっては肌に優しい成分でも、日本人の私たちにはアレルゲンとなる場合もありますので、使用前に必ずパッチテストが必要です。

②ヘアマニキュア(酸性カラー)

肌が弱く2剤式白髪染めが使用できない、あるいは髪が傷むという声から生まれたのが、ヘアマニキュアです。
美容院では酸性カラーという言い方をしているところが多いですが、同じものです。

アルカリ剤や酸化染料、過酸化水素を使用しないもので、マニキュアという名が示す通り、髪の表面を染料でコーティングします。

キューティクルを無理に開いたり髪をブリーチしたりすることがないので、髪のダメージが少ないというメリットがあります。

また、染料が肌につくと落ちにくいという理由から頭皮にはつけないため、頭皮へのダメージもありません。
染める時間は短めで、2剤式白髪染めと同じ程度で染まります。

ただ、地毛をブリーチしないので地毛より明るく染めることはできませんし、美容院でも市販品でもそれほどカラーがないので、微妙な色合いは望めません。
また、自分で染める場合根元ギリギリまで塗ることは難しく、白髪がすぐに目立ってしまうというのもデメリットです。

また、ヘアマニキュアに使用されている染料はタール系色素です。
その中には欧米ではアレルギーを引き起こすことや発がん性が知られ、使用禁止になっている色もあります。

商品の多くは「パッチテストは不要」と書いてあり、頭皮につけなければそれほど心配する必要はないものの、塗っている間についてしまうことも考えられます。
肌に優しいとはいえない染料なので、やはりパッチテストは行なったほうが良いでしょう。

③カラートリートメント

カラートリートメントは、ヘナとヘアマニキュアのデメリットを解決できる製品です。
ヘナほど時間がかからず、ヘアマニキュアのように根元が塗れないということがありません。
ヘナやヘアマニキュアと同様、脱色作用はないので地毛より明るい色に染めることはできませんが、ヘナと違って日本人女性の体質や髪の悩みにあった成分を配合しているので、より安心して使用できる商品です。

カラートリートメントについては、次項で詳しくご説明しましょう。

なお、このほかお歯黒式と呼ばれる、酸化染料や過酸化水素を使用していない2剤式の白髪染めがあります。
代表的なのがシュワルツコフヘンケルの「マロン マインドカラー」で、鉄イオンと多価フェノールが結合することで黒色に発色するものです。

酸化染料や過酸化水素による刺激性接触皮膚炎やアレルギーの危険性がない、というメリットがあります。
しかし2剤式白髪染めと同じく医薬部外品区分なので、かぶれなどのトラブルが起きる可能性がない訳ではありません。
必ずパッチテストを行なってから使用しましょう。

デメリットは、かなり黒っぽく染まること、硫黄のような臭いがすること、髪質によっては色持ちが悪いことなどです。
また、1剤を塗ってしばらく放置し、その後2剤を塗ってさらに放置するという手間がかかることと、使用を続けると髪がごわついてくるという点もマイナスです。

ただ、2剤式白髪染めほどではないものの1ヶ月程度色持ちするという声が多く、あまりしょっちゅう染めたくないという人には向いています。

お勧めはカラートリートメント!

osusume

カラートリートメントには、ヘナやヘアマニキュア、お歯黒式白髪染め以上のメリットがたくさんあります。
ポイントに分けてご説明しましょう。

お勧めポイント①アレルギーの心配がない

ヘアカラーによるアレルギーのほとんどは、酸化染料によるものです。
また、キューティクルをこじ開けるアルカリ剤や髪をブリーチする過酸化水素はタンパク質を変質させるため、刺激性接触皮膚炎を起こす危険性があります。

カラートリートメントはこれらの薬剤を使用していないので、アレルギーを起こす危険性が非常に低くなっています。

さらに、日本人の髪質や体質を考慮して成分を配合しているので、ヘナやインディゴのようなアレルギーの危険性はほとんどありません。
カラートリートメント使用者の中にはヘナで頭皮が荒れたという人が結構いるので、敏感肌の人は頭皮に優しいカラートリートメントを使用したほうが安心ですね。

お勧めポイント②手間なく簡単に染められる

カラートリートメントは乾いた髪とシャンプー後の濡れた髪に使用する2種類の方法があり、乾いた髪に使用する方法は放置時間が約30分と、ヘナカラーよりは短めですが2剤式白髪染めやヘアマニキュアよりは長くなります。

しかし、シャンプー後の濡れた髪に塗って5~10分放置するだけで染まるという商品はほかにはありません。
多忙な女性でも入浴中に簡単に染められますし、入浴中なら特別な準備も全くいりません。

お勧めポイント③トリートメント効果で髪も綺麗に

カラートリートメントは髪を染めるだけでなく、トリートメント効果を併せ持っています。
ヘナにも同様の効果があるものの、使用後1~2ヶ月はむしろ髪がゴワゴワになる人が多いのです。

カラートリートメントならそんなことはなく、使用した次の日にはサラサラツヤツヤな美髪を手に入れることができます。
使用を続けると髪にハリやコシが戻ってきて、ボリュームもアップしますよ。

お勧めポイント④常に綺麗な状態をキープできる

週1~2度シャンプー後に普通のトリートメント代わりに使用するだけで、常に綺麗な状態をキープできます。
また、カラートリートメントは染色が自然な上にトリートメント効果で髪が立ち上がるので、根元の白髪が目立たないというメリットもあります。

そのほか、ヘナのような独特なニオイがなく、無臭、あるいはアロマ系やフルーツ系など日本人の好みに合わせているので気持ち良く使用できることや、ヘアマニキュアと違い頭皮につくことを気にしないで良いというのも、小さいようで大きなメリットです。

カラートリートメントを使用する際の注意点

chuuiten

カラートリートメントのメリットばかり挙げましたが、2剤式白髪染めと同じだと思って使用するとがっかりすることもあります。
カラートリートメントの特徴を良く知っておきましょう。

髪質や髪の状態によっては染まり難いことも

2剤式白髪染めはアルカリ剤でキューティクルをこじ開けて酸化染料を入り込ませるので、どんな髪質や状態の人でもある程度同じように染まります。

しかしカラートリートメントの場合、キューティクルが閉じたままの状態で、その隙間から入り込むHC染料を使用しているため、キューティクルがしっかり閉じた状態の健康な髪や太い髪ほど染まりにくくなります。

それを防ぐためには、髪を濡らしたり温めたりしてキューティクルを自然に開かせてあげる手間が必要になります。
特に乾いた髪に使用する場合、塗るだけではなく、洗い流すまでの間保温を続けることでよく染まるのです。

また、もう一つの染料である塩基性染料はプラスイオンを帯びた分子で、髪の表面にあるマイナスイオンと結合します。
マイナスイオンは髪のダメージが強いほど多くなるため、健康な髪には塩基性染料がしっかり吸着しにくくなります。

この欠点を補うため、高品質な商品は染料をキープするコーティング成分をたっぷり配合していますが、それでも2剤式白髪染めほどにはしっかり染まりませんし、色持ちもしません。

カラートリートメントは髪と頭皮に優しい成分を配合し、ダメージケアを考えているからこそ完全には染まらないし、髪質や髪の状態によって染まり具合や色落ちが違ってくるということを覚えておきましょう。

パーマやヘアカラーと併用する際には要注意

パーマやヘアカラーに使用される薬剤とカラートリートメントの染料は、あまり相性が良くないといわれています。
カラートリートメントした後すぐにパーマや2剤式白髪染めやヘアカラーをすると、パーマがかかりにくい、カラーが変色・脱色するといった可能性が指摘されています。

そのためカラートリートメント各メーカーでは、併用する際の注意について公式サイトや取扱説明書で公表しています。

カラートリートメント使用後は1~2週間あける、という説明が多いようですが、商品によって違うので必ず確認しておきましょう。
また、事前に美容院にも連絡しておいたほうが安心です。

優しさ重視のカラートリートメントは

yasashisa

どれほど髪がきれいに染まっても、髪や頭皮にダメージがあったら困りますよね。
かといって、どれほど髪や頭皮に優しいものでも、染まりが悪くては困ります。
そこで染まり具合が良く、さらに頭皮にも優しいというカラートリートメントをご紹介します。

頭皮に優しいカラートリートメントならコレ!

・利尻ヘアカラートリートメント

刺激のある成分を極力抑え、髪と頭皮に優しく、さらに染まり具合も良いのが利尻ヘアカラートリートメントです。

肌が弱く、2剤式白髪染めを使用できなかった株式会社ピュールの社長が考案しただけあって、添加物を最小限に抑え、酸化染料やタール系色素、パラベン、酸化剤、シリコーン、鉱物油、香料を使用していません。
アレルギーテスト・パッチテストも行なって、安全性を確認しています。

さらに、28種類の植物由来成分は利尻昆布やローズマリー、ローマカミツレ、ゴボウ根、カワラヨモギ、オドリコソウ、オタネニンジン根など、古くから健康のために食され、あるいは化粧品の材料になってきた成分なので、髪にも頭皮にも優しいのです。
優しいだけでなく、しっとり艶やかになりハリ、コシも出ますよ。

染料にはHC染料と塩基性染料のほか、アナトー、ウコン、クチナシ、シコンといった古くから染料として使用されてきた天然由来植物色素を配合しています。

このうちウコンには保湿、抗炎症、抗菌作用、シコンには皮膚の新陳代謝促進や抗炎症作用があり、髪を染めるだけでなく頭皮環境も良くしてくれます。
もちろん染まり具合も色持ちも良く、1~2回で自然に染まり、10日前後持続する実力派です。

・ルプルプ カラートリートメント

ルプルプも、髪と頭皮への優しさにこだわっています。
その一つが、HC染料と塩基性染料のほか、ベニバナ、クチナシ、藍の葉と茎を使用していることです。
ベニバナ(紅花)は血行促進作用や抗炎症作用があり、中国で古くから使用されてきた薬草です。

藍には肌荒れや冷え性の改善作用や殺菌作用があることから、昔から藍で染めた肌着や服が重宝されてきました。
利尻同様、髪だけでなく頭皮にも優しく、さらに頭皮環境の改善効果も期待できます。
2~3回の使用でしっかり染まり、色持ちは7~8日とまずまずです。

また、希少なガゴメ昆布から採取したフコイダンは他の昆布より保水・保湿効果が高いといわれており、髪と頭皮のバリアとなって刺激から守ってくれます。
酸化染料やタール系色素、パラベン、酸化剤、シリコーン、鉱物油などの刺激成分無添加なのも、頭皮への優しさを考えた結果です。

さらにボトルにもこだわり、空気による酸化や紫外線による劣化を防ぎ鮮度を保っています。

・POLA グローイングショット カラートリートメント

エイジングケアで名高いPOLAのカラートリートメントは、若い頃より敏感になった頭皮に優しい処方で作った商品です。

染料はHC染料と塩基性染料で、シャンプー後の濡れた髪に塗ってたった5~10分でよく染まります。
短時間では明るめ、長めに放置すると暗めと、濃淡ではなく明暗の調整ができるのがグローイングショットの特徴です。

また、乾燥して敏感になりがちな頭皮を保湿し、エモリエント効果を与えるコラーゲンやオタネニンジン根エキスが配合されており、さらに髪の補修成分もたっぷり入っています。

さらに、POLA独自成分のパウダルコ樹皮エキスは、古くから健康のために古代インカ帝国の時代からお茶として飲まれていたもので、安全性が高い上に髪の栄養となるコラーゲンを増やす働きや抗酸化作用があります。

また、黒米エキスには高い保湿力だけでなく白髪を改善させる効果があることがPOLAの実験でわかっています。

アンチエイジングにフォーカスした成分がたっぷりで、しかも帯電防止や柔軟性を生み出す界面活性剤も天然由来のものを使用するなど刺激性のある成分を極力抑えているので、髪にも頭皮にもとても優しい商品です。

カラートリートメントは2剤式白髪染めやヘアカラーに比べ、髪にも頭皮にも優しい成分で作られています。
頭皮への刺激が続くとアレルギーの心配がありますし、細胞の劣化が早くなり弾力性が失われるので、顔のたるみにもつながってきます。
安全性の高いカラートリートメントで、美髪と美肌を手に入れましょう。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3クロエベールとにかく使いやすさが秀逸な商品

クロエベール
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,880円600円100g
(約4回)
5,220円5日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント