【トリートメントの真実】トリートメントでは髪の傷みは修復できないは本当なのか?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 髪と頭皮の雑学 > 【トリートメントの真実】トリートメントでは髪の傷みは修復できないは本当なのか?
tadashii
【トリートメントの真実】トリートメントでは髪の傷みは修復できないは本当なのか?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
自分に合ったトリートメントの選び方をご紹介!

シャンプーメーカーや美容ライターは、トリートメントを「髪の内部に働きかけ、ダメージを補修する」と説明していますよね。

確かに、髪に合ったトリートメントを使用すると髪がサラサラ、しっとり、ツヤツヤといった状態になるので、とても髪が健康になったような気になります。
しかし本当のところ、髪の傷みにどのような効果があるのでしょうか。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.8星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位グローイングショット カラートリートメントグローイングショットエイジングケアに力をいれた製品4.6星星星星星3.5星星星星星4.3星星星星星詳 細

トリートメントの必要性と役割

yakuwari

特殊な成分を配合したシャンプーかリンスインシャンプーでない限り、リンスやコンディショナー、トリートメントは必要とされています。
ほとんどのシャンプーがこれらとセットで販売されていることからも、使用するべきもの、といった感じですよね。

その中でも、トリートメントは髪を補修する効果があるといわれています。
髪の補修とはどういったことなのでしょうか。

トリートメントでは髪の傷みは修復できない!?

「補修」というと何となく髪の傷みがなくなるようなイメージがありますよね。
しかし、残念ながら違います。
「補修」とは元の健康な状態に戻るのではなく、ダメージを何らかの形である程度のレベルまで持っていくことです。

トリートメントによってパサついた髪がしっとりした、あるいは広がりやすい髪がまとまり良くなったとします。
それが髪を根本から健康な状態にしたのではなく、髪の表面をコーティングすることで一時的に良くなっただけでも「補修」なのです。

髪の傷み自体がなくなり健康な状態に戻るのは「修復」で、これは不可能だといわれています。
髪は死んだ細胞の集まりで、死んだものに何かを後付けしても定着できないためです。
現在、「修復」成分について研究が進んでいるものの、まだ開発には時間がかかるようです。

トリートメントの役割は髪の保護とダメージ予防

では、トリートメントには意味がないのでしょうか。
いいえ、そんなことはありません。

髪のダメージは一番外側のキューティクルが開いたり剥がれたりしたために、中にあるタンパク質や脂質、水分などが流出することで起こります。

そこで、トリートメントでキューティクルを覆ってあげれば、キューティクルの代わりとなって髪の成分の損失を防ぐことができますよね。
つまり、髪をキューティクルの代わりに「保護」してくれるのです。

また、トリートメントは予防効果もあります。
髪のキューティクルはうろこ状になっており、しっかり閉じているのが健康な状態です。

しかし、濡れたり温めたりすると開く性質があるため、シャンプーやドライヤーの熱などで開いてしまいます。
その時に髪を乱暴に扱ったりブラッシングしたりすると、キューティクルが傷み簡単に剥がれてしまうのです。

ですが、事前にトリートメントで髪がコーティングされていれば、キューティクルの傷みを予防することができます。

トリートメントは髪を「修復」はしないものの、ダメージから守るというとても大切な役割があるのです。

トリートメントの具体的な効果は

kouka

ここでは、トリートメントの効果について詳しく解説しましょう。
製品によってそれぞれ特徴はあるものの、以下の効果はどのトリートメントにもあるものです。

リンスやコンディショナーとの違い

まずは、トリートメントとリンスやコンディショナーの違いを明確にしておきましょう。

リンスとコンディショナーは、髪の表面をコーティングすることで手触りを良くするものです。
リンスとコンディショナーの違いは、その効果の強さです。
コンディショナーのほうがより髪をしっかりコーティングし、高い保湿作用で整えてくれます。
どちらも、髪になじませたらすぐに洗い流します。

一方、トリートメントは髪の表面だけでなく内部にも成分が浸透し、内側からも髪の傷みをケアするものをいいます。
浸透するまでに5~10分かかるので、すぐに洗い流しては効果が期待できません。

なお、コンディショナーとトリートメントの違いは各メーカーによって様々で、中にはコンディショナーという名称でもトリートメント効果があるものもあります。

髪の指通りを良くして摩擦によるダメージを軽減

リンスやコンディショナーにもある作用が、指通りを良くすることです。
指通りが良いというのは髪がもつれない、摩擦が起きにくくなるということで、キューティクルが剥がれるのを防いでくれるのです。

また、帯電防止効果のある界面活性剤が配合されているので、冬でも静電気が起きにくくなり、衝撃から守ってくれます。

さらに、髪をコーティングすることで水分が逃げにくくなる効果と湿気を吸い込みにくくなる効果があります。
髪は水分を失うとギシギシ感が出やすいので、そうならないよう髪をカバーしてくれるのです。

髪の毛の一時的な栄養補給と保湿効果

リンスやコンディショナーにない、トリートメントだけの特徴がこちらです。
栄養分や油分が配合されており、髪の中まで浸透して髪を補修します。
また、保湿効果のある成分が含まれているのでキューティクルの傷みによって失われた水分が戻り、しなやかでツヤのある髪になります。

ただし、この効果はあくまで一時的なものです。
トリートメントはお化粧でいうファンデーションに当たり、落としてしまえば元の状態に戻ってしまいます。
髪には再生能力がないため、どんなに栄養を与えてもそれを吸収することはできないのです。

なお、白髪染めに使用されるヘナには特殊なトリートメント効果があります。
ダメージ部分に天然染料のヘナが入り込み、徐々にその部分に定着していくのです。

ヘナには高いトリートメント効果があり、髪の傷みをカバーしツヤサラになっていきますし、毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り去り頭皮環境を非常に良くしてくれます。
そして、ヘナの使用を止めても3~6ヶ月間髪のコンディションをキープしてくれるのです。

ヘナは普通のトリートメントに比べると手間がかかるため一般的ではありませんが、最も効果的かつ髪と頭皮にやさしいトリートメントといえるでしょう。

しかし、定着するとはいっても髪の組織と一体化することはないので、使用を止めて数か月もすれば染料はダメージ部分から出て行ってしまいます。
また、ヘナをするとパーマがかかりにくくなったり、使用後1~2日は独特なニオイがしたりと、デメリットもあります。

トリートメントの選び方

erabikata

髪を保護し、ダメージを増やさないためにとても大切なトリートメントですが、どれもが同じ効果がある訳ではありません。
選び方を間違えると期待したような効果が出ないばかりでなく、髪の傷みにつながることもあります。
それぞれの違いを知って、自分に合うものを見つけましょう。

洗い流すタイプと洗い流さないタイプの違い

洗い流すタイプを「インバス(in-bath)トリートメント」、洗い流さないタイプを「アウトバス(out-bath)トリートメント」といいます。
基本的にこの2つは役割が違います。

・インバストリートメント

シャンプー後に髪に塗布し、数分経ったら洗い流すタイプです。
濡れた髪はキューティクルが開いているので、そこにトリートメントをつけることで成分が浸透していき、栄養分や油分によって補修してくれます。
その後乾かすことで成分が閉じ込められ、補修効果が続くのです。

髪質や量によっては成分がなかなか浸透しないこともあり、放置時間をコントロールする必要があります。
また、洗い流してしまうため、ダメージがひどいと成分も一緒に流れてしまうこともあります。

さらに、ほとんどのメーカーはシャンプーとトリートメントをセットで使用することで最も高い効果が出るように作っているので、できれば同じラインの商品を使いましょう。

・アウトバストリートメント

洗い流さないタイプのアウトバストリートメントは、主に髪を外側から守るもので、ドライヤーの熱や髪同士の摩擦を防ぐ効果があります。
また、髪をコーティングすることでツヤや手触りを良くする作用もあり、リンスやコンディショナーに近いものと考えれば良いでしょう。

洗い流さないので成分がしっかり髪をコーティングし、ダメージへアをまとまり良くしたり、ドライヤーの熱で髪の水分が蒸発したり髪のタンパク質が高熱で変質するのを防いでくれます。

なお、美容院専売商品の中にはインバス、アウトバス両方兼用のものもあります。
市販品に比べると数倍の価格ですが、それだけの効果が期待できますし、美容院専売といっても最近は楽天市場やAmazonで購入できるものが増えています。

ただし、あくまで美容院で使うということを前提に販売されているので、個人で購入して何らかのトラブルが起きても対処してもらえないことが多いようです。

パサつきや髪の傷みが激しい髪の毛には

キューティクルが元々少なく乾燥しがちな髪や、パーマや2剤式ヘアカラー、シャンプーなどで水分が不足し傷みが激しい髪の毛には、髪を落ち着かせる成分が配合されているものがお勧めです。

代表的な成分がシリコーンで、髪をコーティングしてとてもまとまり良くしてくれます。
シリコーンはあまり評判が良くありませんが、少なくとも髪をコーティングする作用は非常に強く、ダメージへアの保護には向いているといえます。

しかし、吸着力が強いためシャンプーで洗い流される際にキューティクルまで剥がしてしまうという意見もあるので、余分なシリコーンが残らないよう、トリートメント後は充分に洗い流してください。

また、ヒアルロン酸やコラーゲン、はちみつ、アルガンオイルなどで内側と外側から髪に栄養を与え補修するものもあります。

<お勧め商品>

・リトルサイエンティスト ベータレイヤーエマルジョン

美容師からも高い評価を得ているのが、こちらの製品です。
水分を保持し、髪の成分が流出しないよう防ぐ作用のあるCMCという成分をナノサイズ化して配合しているので、非常に浸透力が高くなっています。
またシリコーンが数種類配合されており、傷みのある髪でもしっかりまとめ上げてくれます。

インバス・アウトバス両方に使用できますが、ベータレイヤーミストというアウトバス専用商品もあります。

・パンテーン エクストラダメージケア デイリー補修トリートメント

1,000円を切る低価格で、しかもサロン並みの補修力があると大人気の洗い流すトリートメントです。
補修プロビタミンを配合し、枝毛や切れ毛など傷みの激しい毛先まで落ち着かせてくれます。
このプロビタミンはスイスビタミン研究所に認証された安全性の高いもので、ダメージ部分を補修しながらキューティクルも保護してくれるのです。

同じシリーズのシャンプー、アウトバストリートメント、トリートメントウォーターもあるので、ダメージに合わせて使用しましょう。

・リシリッチ 利尻ヘアクリーム

ヘアクリームという名称ですが、洗い流さないタイプのトリートメントです。
髪の傷みが激しく、ハリやコシもなくなってしまった髪を補修する、特に40代以上の女性のためのエイジングケア製品です。

普通のアウトバストリートメントと違いインバストリートメントの作用も持っており、γ(ガンマ)ドコサラクトンという成分がドライヤーの熱で開いたキューティクルを閉じてくれます。
さらに50種類の美容液成分が配合されており、3種のヒアルロン酸がうるおいのある美髪に導いてくれます。

ノンシリコーンなので、キューティクルが剥がれる心配がありません。
また、パラベン・香料・鉱物油も無添加で刺激を極力抑えた処方になっているので、肌についてしまっても安心です。

ハリやコシがなくボリューム不足の髪の毛には

hari-koshi

ハリやコシがない人の場合は、シリコーンが入っていないほうがお勧めです。
シリコーンが髪をコーティングするとどうしても重くなるため、かなりボリュームが抑えられてしまうのです。

ハリやコシが不足している場合は、油分と同時に保湿力の強いアルガンオイルやバオバブオイル、髪の主成分であるケラチンやコラーゲンなどを配合したものが向きます。

<お勧め商品>

・ラサーナ 海藻ボリュームアップヘアエッセンス

ハリやコシ、ツヤを強力にサポートする、洗い流さないトリートメントです。
ハリを補強するヒマワリ種子油、内側を補修するコラーゲンとシルク、うるおいを与えるブルターニュ産海藻エキスの3つが、ボリュームのある美髪へと導いてくれます。

しかも、着色料・鉱物油・防腐剤無添加なので、どんな人でも安心して使用できます。

これだけでも「ハリ170%」ですが、同シリーズのヘアミストとW使いすると「ハリ200%」と、ヘアスタイルが美しく決まるようになりますよ。

・モイスト・ダイアン ボリューム&スカルプトリートメント

ノンシリコーンでもきしまず、オイルでもべたつかずふんわり仕上げてくれるのが、こちらの製品です。
浸透力が良くサラサラなアルガンオイルとうるおいを保つバオバブオイルを配合し、やわらかでハリとコシのある髪を演出してくれます。

さらに、傷みのある部分を的確に判断して補修するイオンコンプレックステクノロジーを採用し、独自の植物由来コンディショニング成分で髪の健康を守ります。

髪のクセやうねりが酷い髪の毛には

トリートメントだけで髪のクセやうねりが取れることはないものの、広がりが抑えられて湿気を心配する必要がなくなります。
梅雨時や乾燥時などに髪のスタイリングで悩む人はこちらのタイプを使用しましょう。

成分には各メーカー独自成分を配合していることが多く、水分を補給してくせを整えるタイプが主流です。

<お勧め商品>

・資生堂プロフェッショナル・ヘアケア スリークライナートリートメント

美容院専売商品ですが、通販でも扱っているインバストリートメントです。
独自のスムースキープテクノロジーで髪内部の湿気を吸いやすい部分をサポートしクセを抑え、薄いベールで髪を覆うことでなめらかな手触りを実現しています。

効果は高く、くせやうねりが軽減されます。
硬い髪用と柔らかい髪用があり、髪質に合わせて選べます。

アウトバストリートメントとしてスムーサーもあり、こちらも髪のうねりや広がりを抑え、ドライヤーの熱から髪を守ってくれます。
また、シャンプーやソフナーと合わせて使用すると、さらに効果的です。

・パンテーン クリニケア 髪のうねり・くせ用ヘアマスク

くせ毛用に開発され、くせ毛を抑えるというより髪を柔らかくし、扱いやすくするタイプの洗い流すトリートメントです。

髪の内側と外側から水分量をナノレベルでコントロールし、くせやうねりの原因となる髪の部分に集中的に水を浸透させてくせを和らげます。
さらに、コーティング成分が湿気や乾燥に左右されにくい柔らかい髪にしてくれます。

シャンプー、コンディショナーもあり、コンディショナーのほうがくせやうねりが取れるという人もいますので、両方試してみるのも良いですね。

・サラサロン ナイトリペアトリートメント(縮毛・くせ毛用)

手頃な価格で人気の高い、ノンシリコンタイプの洗い流さないトリートメントです。
髪の量が普通~少なめで軽いくせの人なら、かなり落ち着いてサラサラになります。

ナノ化したアルプス氷河水が髪の奥まで浸透し、乾かした後でも水分を保持してくれます。
さらに3Dヒアルロン酸が髪を包み込み、11種類のアミノ酸、セラミド、シルクプロテインが夜の間に髪にうるおいを与えてくれます。

また、髪を熱から守る成分と熱で髪を補修する成分が配合されているので、安心してドライヤーを使用することができます。

白髪の増加や白髪が目立つ髪の毛には

白髪は髪ではなく頭皮細胞の問題なので、頭皮ケアができるものでなくては意味がありません。
一般のトリートメントは頭皮につけませんが、唯一頭皮につけてケアができ、かつ髪を染められるのがカラートリートメントです。

カラートリートメントは加齢やパーマ、2剤式白髪染め、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなどによる女性に多い髪トラブルに対応し、髪の外側と内側からだけでなく、頭皮にも働きかけてくれるものが少なくありません。

白髪が増えてくると、同時に髪にハリやコシ、ツヤがなくなってくることが多いのですが、カラートリートメントは保湿や血行促進、皮脂コントロールなどの成分によって髪と頭皮を補修し、さらに白髪を自然に染め上げてくれるのです。

白髪染めとして考えると2剤式ほど色持ちしないというデメリットがありますが、トリートメントとしてシャンプー後に週1~2回使用すれば色をキープすることができますから、とても手軽です。

<お勧め商品>

・利尻ヘアカラートリートメント

トリートメント効果が高く、しかも白髪の染まり具合もカラートリートメントの中では最も良いと評判なのが、利尻ヘアカラートリートメントです。
さらに無添加で刺激となる成分が含まれていないので、安心して使用できます。

保水・保湿効果の高い利尻昆布を筆頭に、28種類の天然由来成分を配合しています。
また、髪の成分であるケラチンが配合されており、シルクやヒアルロン酸などとともに髪にうるおいを与えてくれます。
血行促進成分も配合されており、頭皮に軽く揉み込むことで頭皮環境の改善も期待できます。

カラートリートメントの中では最も染まりやすく、かつ色落ちしにくいと感じる人が多く、どんな髪質・状態の人でも1~3回の使用で自然な色合いに染まり、10日前後色持ちします。

・ラサーナ ヘアカラートリートメント

ラサーナは何種類ものトリートメントを販売しておりどれも評価が高いのですが、それが十分に生かされているのが白髪染めを兼ねたカラートリートメントです。

真珠由来成分と羊毛由来成分が配合されており、キューティクルを補修するとともに染料の流出を防いでくれます。
また、ブルターニュ産海藻エキスが髪にうるおいを与え、しっとりした艶やかな髪を演出してくれます。

さらに、頭皮環境を整える血行促進成分も配合されており、髪を根本から改善するサポートをしてくれます。

色持ちは1週間程度ですが、シャンプー後5~10分放置するだけで良いので、普通のトリートメントと変わらない手軽さです。

・グローイングショット カラートリートメント

エイジングケアに力を入れているPOLAの製品で、特に40代以降の女性の悩みであるハリやコシ、ツヤを改善する成分がたっぷり配合されています。

14種類のアミノ酸や5種類のセラミド、海藻などで髪を補修・保護し、さらにコラーゲンやオタネニンジン根エキス、黒米エキスなどが頭皮を保湿し、頭皮環境を整えてくれます。
特に黒米エキスはPOLA独自成分で、栄養価が高くしかも白髪の改善効果が期待されています。

グローイングショットはカラートリートメントの中でも特に染まりが早く、シャンプー後に塗布して5分程度でもよく色が入ります。
さらに色持ちも10日前後なので、1週間に一度使用すればきれいな状態をキープできます。

トリートメントの正しい使い方と注意点

tadashii

トリートメントは髪の補修効果がありますが、正しい使い方をしないとあまり効果が出ないだけでなく、髪の傷みを悪化させてしまうこともあります。
正しい使い方と注意点を把握しておきましょう。

トリートメントの正しい使い方と使用時の注意点

知っているようで結構間違っているといわれるトリートメントの使い方。
各メーカーの公式サイトで商品の使用方法を説明していますので、必ずチェックしましょう。
ここでは、間違えやすい使用方法を中心にご説明します。

・髪の根元にはつけない

カラートリートメントや特殊なトリートメント(エッセンス)以外は、髪の根元にはつけません。
美容師の多くが「傷みのある部分にだけつけるのがトリートメント」と言っているように、髪が傷みやすい髪の中央あたりから毛先まで、というのが一般的です。
頭皮につけると成分が残りやすく、毛穴に入り込んでかゆみや炎症の原因となりますので注意しましょう。

・適量を守る

トリートメントの浸透力は決まっており、多く塗ればそれだけ髪に良いということはなく、無駄になってしまいます。
また、髪質によっては重くなりすぎ、ぺしゃんこになってしまうこともあります。
書かれている量を参考に、最初は少なめにつけて自分に合う量を見極めましょう。

・塗布時間を守る

これも量と同じで、長ければ良いというものではありません。
とはいえ、髪質や状態によって浸透力にかなり差が出るので、ダメージへアや硬い髪、多い髪の場合は長めにするか、シャワーキャップで覆って浸透力をアップさせるなどの方法を取りましょう。

・シャンプー後、しっかり水分を取ってから使う

せっかくの成分も、水分の多い髪につけると薄まったり流れ落ちたりしてしまいます。
水気をできるだけ切ってから塗布するようにしましょう。
一度タオルドライするとさらに効果的です。

・くしや手ぐしでよくなじませる

濡れている髪はキューティクルが開いているので、成分を浸透させるのに効果的です。
しかし、剥がれやすい状態でもあるので、ブラシの使用は厳禁です。
より均一になじませるには、くしや手ぐしでやさしく梳かすようにしましょう。

・充分に洗い流す

洗い流すタイプのトリートメントはしっかりお湯ですすぎ、洗い流すようにしてください。
髪にたっぷりついていたほうが効果がありそうに思ってしまいがちですが、髪が重くなりますし、タイプによってはべたついて汚れやすくなってしまいます。
必要な成分はしっかり吸収・吸着しますので、きちんと洗い流しましょう。

・リンスやコンディショナーはトリートメントの後に使う

リンスやコンディショナーは髪の表面をコーティングするので、トリートメントの前に使用すると栄養分や油分が浸透できなくなります。
リンス、コンディショナーとトリートメント両方を使用する場合は、必ずトリートメントを先に使用しましょう。

なお、トリートメントにはリンス・コンディショナー効果があるものが多いので、どちらも使うのは面倒という場合は、トリートメントにしましょう。

または、普段はコンディショナーで、週1~2度トリートメントするという方法もあります。
髪の傷みがそれほどでもないという場合は、この方法で十分髪をケアすることができますよ。

髪の傷みを完全に「修復」することはできませんが、美しく「補修」することは可能です。
トリートメントを正しく使って、ハリとコシ、ツヤのある美髪をキープしましょう。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3クロエベールとにかく使いやすさが秀逸な商品

クロエベール
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,880円600円100g
(約4回)
5,220円5日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント