髪の粗しょう化を知っていますか?髪の老化や過剰な傷みで髪がスカスカに!?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 髪と頭皮の雑学 > 髪の粗しょう化を知っていますか?髪の老化や過剰な傷みで髪がスカスカに!?
gimon
髪の粗しょう化を知っていますか?髪の老化や過剰な傷みで髪がスカスカに!?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
髪の粗しょう化の原因とその予防法とは?

「粗しょう(粗鬆)」とは、大雑把で細やかでないことを指します。
そこから、骨密度が低下した症状が「骨粗しょう症」といわれるようになりました。

最近、その言葉が髪の毛にも使われるようになり、髪がスカスカになることを「髪の粗しょう化」と表現するようになりました。
髪がスカスカってどんな状態?それを改善させる方法は?

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー無添加にこだわった老舗メーカーの人気商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位マイナチュレ カラートリートメントマイナチュレ人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品4.8星星星星星3.6星星星星星3.3星星星星星詳 細

髪も骨と同じように中身がスカスカになる!?

gimon

「粗しょう(粗鬆)」の「鬆」という字を良く見ると、1本1本バラバラな髪を表わす「髟」に、1本1本バラバラな針葉の「松」です。
それに「粗」という文字をつけることで、非常にスカスカな状態を表わしています。

公益財団法人骨粗鬆症財団によると、骨粗しょう症は4,000年以上前からあった症状なのだとか。
これは、日光によるビタミンDの供給があまりできなかったことが大きいとされています。

では、髪の粗しょう化についてはどうでしょうか。
髪の粗しょう化についてはまだ研究が進んでいないものの、美容院専売メーカーのミルボンの研究で、間違ったヘアケアや老化によって髪がスカスカになることがわかってきました。

ミルボンによると、40代前半頃から髪がまとまらなくなるという症状が顕著になることから、毛髪内密度を精密にチェックする技術を開発し測定したところ、40代以降は明らかに髪がスカスカになっていることが判明したのです。
ミルボンではこれを「毛粗しょう」と名付けています。

こんな症状ありませんか?粗しょう化のサイン

sigh

近年の多くの女性の髪は、スカスカで弱くなっていることは間違いありません。
たとえば、手ぐしをした時やシャンプー時に、明らかに短い毛が抜けることはありませんか?
また、その時に何となく髪が「切れた」という感覚がある場合はまだマシで、何の感覚もないのに短い髪の毛が手のひらやブラシに残るといった場合、髪の粗しょう化がかなり進んでいる可能性があります。

そこまで行かなくても、以下のようなことがあれば粗しょう化、あるいはその前兆のサインといえます。

・最近どうも髪の手触りが悪くてゴワゴワする
・枝毛が増えてきた
・髪が細くなってきた
・髪の毛がうまくまとまらなくなった
・シャンプー後のドライヤーで乾かすのに時間がかかるようになった
・髪が赤茶けてきた
・髪に静電気が起きやすくなった

どれも、以前からそうだったという場合は元々の髪質が原因のこともありますが、ここ数年で気になるようになったという場合は、髪の粗しょう化が進んでいるのです。

髪が粗しょう化しやすい人と粗しょう化の原因

shiyasui

髪の粗しょう化は加齢によって起こることがわかっています。
ミルボンによると、加齢とともに髪の根元の密度が減ってくることが確認されています。

また、これまでの髪の研究でも、35歳前後から髪に変化が出ることはわかっていました。
花王によると、女性の髪の毛の太さは35歳前後がピークで、それ以降は細くなることが確認されています。

同時に、髪の内部のタンパク質2種類の分布が偏るようになり、うねりが発生すること、
それによってツヤが出なくなることがわかりました。
そのため、加齢によって髪が老化するのは避けられない部分もあります。

しかし、それ以外の原因によって髪がスカスカになる、あるいは髪の粗しょう化が加速することもあります。
髪の内部がスカスカになる粗しょう化が起こりやすいのは、こんな人です。

シャンプー時にブラシを使ったり、髪をゴシゴシこすって洗ったりする

キューティクルの奥にはコルテックスという部分があり、この中にケラチンタンパク質、脂質、水分、メラニン色素などが含まれており、キューティクルはこれらが流出しないようしっかり閉じています。

しかし、髪の表面にあるキューティクルは、30℃以上の温水がかかると徐々に開き始めます。
キューティクルはうろこ状の組織が数枚重なっているのですが、その1枚1枚が開くことで非常に摩擦に弱くなるのです。

そんな状態の時に髪を乱暴に扱うと、キューティクルがさらに広がって剥がれやすくなるためコルテックス部分が剥き出しになってしまい、中の成分がどんどん流出してしまいます。
一度失われた成分は二度と再生しないため、髪がスカスカになってしまうのです。

髪をトリートメントで補修していない

髪の成分を「修復」させることはできませんが、トリートメントで栄養を与え、ダメージを最小限に食い止め「補修」することは可能です。

それに比べると、リンスやコンディショナーでは髪の表面を保護することはできますが、髪に栄養分を与えることはできません。

さらにリンスやコンディショナーだと、次のシャンプー時に一旦すべて洗い流されてしまう際に、補修されていない部分からさらにコルテックス内の成分が流出してしまうのです。

パーマや二剤式ヘアカラーを頻繁にしている

パーマや二剤式ヘアカラーに使用されている薬剤に、アルカリ剤と過酸化水素があります。

アルカリ剤にはキューティクルをこじ開ける働きがあり、コルテックスまで浸透して数週間髪に留まり続けます。
そのため、ずっとキューティクルが開いたままになり、ちょっとした摩擦でどんどん剥がれてしまうのです。

また、過酸化水素にもケラチンタンパク質を変質させる働きがあります。
パーマでは髪内部の成分配置を変えてカールをつけ、ヘアカラーではメラニン色素を破壊します。
このように髪内部の成分を変質させてしまうため、髪が弱くなり粗しょう化しやすくなるのです。

ドライヤーやヘアアイロンを長時間使用する

ケラチンタンパク質は約60℃から変質を始めるといわれています。
そのため、ドライヤーやヘアアイロンを長く使えば使うほど髪にダメージを与えます。

熱によってキューティクルが失われ、コルテックス内の水分が蒸発してしまうため、髪がパサパサになります。
さらに静電気が起こりやすくなって髪内部のバランスがますます崩れ、スカスカになりやすくなるのです。

シャンプー後ドライヤーを使用せず、自然乾燥させる

確かにドライヤーは髪に良くありません。
しかし、自然乾燥させるとしばらくの間キューティクルが開いたままになります。
水分を含んだ髪は非常にもろくなっているため、ブラッシングや髪同士の摩擦でキューティクルが剥がれやすくなるのです。

さらに、髪が完全に乾かない前に寝てしまうのも問題です。
寝具でこすれてキューティクルが剥がれるだけでなく、頭皮が雑菌の温床になってしまいます。
雑菌は頭皮環境を悪化させ、髪を作る毛母細胞にも悪影響を与えます。
すると髪が細くなったり弱くなったりして、生まれてくる髪がスカスカになってしまうこともあるのです。

髪の健康に必要な栄養素の不足

これも、髪の粗しょう化を引き起こしやすい原因の一つです。
髪に必要な栄養素にはタンパク質やビタミン、ミネラルがありますが、特にミネラルの亜鉛は髪の健康に大きな役割を果たしていると考えられています。

しかし、亜鉛は元々日常的に使う食材にあまり含まれておらず、さらにアルコールやストレスなどで消費されてしまいます。

すると健康なケラチンタンパク質が作られなくなり、キューティクルが薄く剥がれやすい栄養不足の弱い髪の毛が生まれてしまうため、髪がスカスカになる危険が増えるのです。

粗しょう化予防の原則は髪や頭皮へのダメージ軽減

gensoku

若い方でも、上の内容に思い当たることがあったのではないでしょうか。
特に、最近は女性のファッションとしてパーマやカラーリングが定着していますし、髪を洗えばドライヤーだって当然かけますよね。

しかし、これらのことで髪のダメージがひどくなるとスタイリングしにくくなり、その結果ヘアアイロンで髪に何度も高熱をかけることになるため、ますますキューティクルが剥がれて髪の粗しょう化が進んでしまうのです。

こういった状況を予防改善するには、できるだけ髪や頭皮へのダメージを減らすことです。
例えば、以下のことに注意するだけでもずい分ダメージが軽減します。

刺激の強いシャンプーを止め、アミノ酸系のノンシリコーンシャンプーに替える

刺激性の強いシャンプーとは、ドラッグストアで購入できる大手メーカーのほとんどすべてを指します。
成分に「ラウレス硫酸」「ラウリル硫酸」という表示が最初のほうに書かれていたら、非常に洗浄力と脱脂力が強いということになります。

洗浄力や脱脂力が強すぎると、髪と頭皮の表面を覆う皮脂がすべて取り去られてしまいます。
すると水分も蒸発して髪が乾燥し、キューティクルがもろくなってしまうのです。

さらに、シリコーンなどのコーティング剤もキューティクルを剥がす原因となるといわれています。
ラウレス硫酸やラウレス硫酸を配合したシャンプーで髪を洗うとギシギシになるため、それを緩和させるために必ずシリコーンなどが配合されています。

これ自体は髪のキューティクルを保護するのですが、問題は次のシャンプーで剥がれる時です。
シリコーンは強力な吸着力があるため、洗浄力が強力なシャンプーで洗い流される時にキューティクルまで一緒に剥がしてしまうといわれているのです。

その点、アミノ酸系シャンプーは洗浄力や脱脂力が穏やかなので、髪に必要な皮脂を残してくれます
また、ノンシリコーンのシャンプーであればキューティクルを剥がしてしまうことも少なくなります。

ただ、その分スタイリング剤などは落ちにくくなるため、シャンプー前にしっかり湯シャンしたり、二度洗いしたりすると良いでしょう。

タンパク質を補うトリートメントを使用する

これ以上ダメージを悪化させないために、良質のトリートメントで髪に栄養を与えましょう。
残念ながら、髪に後からタンパク質を補給したからといって、それが髪に取り込まれることはありません。
しかし、ダメージによった空いた空洞をタンパク質で埋めることで、成分のさらなる流出を防ぐことができるのです。

髪を油分でコーティングする

シャンプー後、ドライヤーをかける前に1~2滴オイルを手のひらに伸ばし、ダメージが大きい毛先を中心に全体に薄くつけましょう。

髪がスカスカになると、その空間に水分が入り込みやすくなります。
すると、他の部分との成分配合が変わってうねりが出やすくなりますし、湿気が多いと広がりやすくなってしまいます。

そこで油分でコーティングすると、髪が余分な水分を摂り込みにくくなるので、うねりや広がりが起こりにくくなります
さらに、キューティクルも保護してくれますから、髪のダメージが広がることを防いでくれるのです。

また、オイルが髪に浸透して柔軟性を取り戻し、まとまりやすい髪にしてくれます。
さらに、オイルにはドライヤーの熱から髪を守る作用もあるので、ダメージを抑えることができるのです。

オイルマッサージも効果的

頭皮をオイルでマッサージすると、毛穴に詰まった汚れや皮脂が浮き上がります。
その後でシャンプーすると頭皮の汚れがスッキリ落ちて、頭皮環境が改善されるのです。

頭皮に貯まった皮脂は紫外線によって頭皮細胞を酸化させるため、生まれた時から不健康な髪が生まれやすくなります。
さらに、皮脂をエサにする雑菌が増えることでさらに頭皮環境が悪くなり、かゆみやフケ、細毛、薄毛、抜け毛などの原因となってしまうのです。

オイルには色々ありますが、ビタミンが豊富なホホバオイルやアルガンオイル、オリーブオイル、マルラオイルなどがお勧めです。
特にマルラオイルは抗酸化作用が強く、頭皮環境を改善して頭皮細胞の劣化を防ぐ効果が期待できます。

パーマやヘアカラーはできるだけ控えて

サラサラな黒髪にもあこがれるけど、パーマでふんわりさせたり髪色を茶色くしたりして、より自分らしくしたい、と思うのは女性なら当然のこと。
とはいえ、これらの施術はどれほど高いテクニックを持った美容師が行なっても、髪にダメージを与えます。

そこで、美容師と相談しながら、できるだけダメージが少ない方法を見つけましょう。
髪のクセを活かすことで、カッティングと少量のスタイリング剤だけでもかなり個性を出すことができますし、パーマにもダメージが少ない薬剤や方法のものが出ています。

また、施術後アルカリ剤を除去するケアをやってくれるかどうか、確認しましょう。
アルカリ剤は一般的なシャンプーでは洗い流せないので、美容院で除去してもらうのは髪の粗しょう化を防ぐためにとても大切な作業です。
しかし、本来必ずやるべきこのケアを、最近はやってくれるところがかなり減っているといわれています。

白髪染めはカラートリートメントかヘアマニキュアで

白髪染めは一般的なカラーリングより回数が多くなるため、髪への負担も大きくなります。
特に、増えてくるとリタッチでも根元から染めるため、せっかく健康に生えて来た髪もすぐに薬剤でダメージを受けることになり、髪の粗しょう化が進んでしまうのです。

そこでお勧めなのが、カラートリートメントやヘアマニキュアです。
どちらも髪にやさしい染料を使用し、アルカリ剤や過酸化水素も無配合なのでダメージがあまりありません。

また、特にカラートリートメントは加齢や様々な原因でダメージを受けた髪をケアする成分が多く配合されているため、使用を続けると髪にハリやコシが生まれたり、スカスカ状態が改善されたりしてきます。
完全に修復することはできないものの、まとまりが良くかつボリュームのある髪でヘアスタイルを楽しむことができるようになれば、毎日がとても楽しくなりますよ。

女性用育毛剤で頭皮のケアもしっかり

冒頭で書いたように、髪の毛は加齢とともに細く弱くなってきます。
これは女性ホルモンの減少や間違ったヘアケアの蓄積、ストレスなどで、頭皮の奥にある毛母細胞が弱ってきているからです。
こういった場合、髪の毛だけケアをしても髪の粗しょう化を防ぐことはできません。

そこで、頭皮にも栄養を与えるために、女性用育毛剤の使用をお勧めします。
女性用育毛剤には頭皮環境を改善する保湿成分や血行促進成分などが配合されており、頭皮や毛穴から浸透して健康な髪を育ててくれるのです。

医薬部外品なので髪に良いと証明された成分も配合されていて、髪のアンチエイジングが期待できますよ。

頭皮マッサージも併せて行ないましょう

頭皮を触ってみると、まるで骨のように硬くありませんか?
これは紫外線やストレスなどの影響で頭皮の新陳代謝ができなくなり、セラミドや天然保湿因子NMFなどの保水成分が不足してしまうことが一因です。

そして、その下にある毛細血管が圧迫されることで頭皮が血行不良になるため、ますます新陳代謝ができなくなり、髪の老化が進んでしまうのです。

そこで、頭皮にしっかり血液を送るために、頭皮マッサージを行ないましょう。
1回数分を1日3回程度行なうだけで、頭皮が徐々に柔らかくなってきます。
すると血管が広がりやすくなるので血流も良くなり、髪の粗しょう化の予防効果が期待できるのです。

なお、頭皮マッサージの際に育毛剤を使用すると、より浸透しやすくなるのでお勧めです。

食事や生活習慣を見直し健康的な身体作りを

shokuji

加齢による粗しょう化を防ぐためには、食事や生活習慣の見直しも大切です。
髪のためだけでなく女性としてずっと輝くために、以下のことを見直しましょう。

和食中心の食事で、特に大豆製品をしっかりと

女性の髪の粗しょう化は女性ホルモンの影響が大きいといわれています。
女性ホルモンのエストロゲンには髪の健康を保ち寿命を長くする働きがあり、それが減少することで髪が弱くなってきてしまうのです。

そこでお勧めしたいのが、大豆製品です。
大豆は畑の肉といわれるほど良質なたんぱく源で、さらにイソフラボンという女性ホルモンに似た作用をする成分が含まれています。

女性ホルモンの分泌量が減るとイソフラボンが働き出し、様々な症状を緩和することが知られています。
髪がスカスカになるのを抑制する効果も期待できるので、毎日の食卓に大豆製品を積極的に取り入れましょう。

その他、魚や野菜でビタミンとミネラルがたっぷり摂れる和食は、細胞の老化防止にもとても効果的です。

適度な運動で血行を促進させよう

頭皮マッサージや育毛剤は血行を促進させ頭皮環境を改善させますが、全身を動かすことも大切です。
栄養は血液によって頭皮まで運ばれますから、全身の血行が良くなればより多くの栄養が届き、健康な髪が生まれやすくなるのです。

特に足を使った運動は血流を良くするので、階段の昇り降りや散歩、早足、スロージョギングなどでできるだけ足を動かすようにしましょう。

睡眠も髪の老化防止に大切

眠っている間に分泌される成長ホルモンには、髪の細胞を修復したり新陳代謝を促したりする働きがあります。
また、タンパク質の合成を促進するため、髪のケラチンタンパク質を増やすにも大切な成分です。

しかし、成長ホルモンは入眠後30分~3時間の間の熟睡時にその多くが分泌されることがわかっており、眠りが浅いと分泌量が非常に少なくなってしまいます。
成長ホルモンは思春期の頃が一番多く分泌され、それ以降はどんどん減ってしまうため、できるだけ質の良い睡眠を取って、貴重なホルモンを無駄にしないようにしましょう。

質の良い睡眠を取るには、寝る2~3時間前からはできるだけ脳を休ませることが大切です。
パソコンやスマホのし過ぎは脳を興奮させてしまうため、なかなか寝つけなかったり睡眠が浅くなったりしてしまいます。

そこでお勧めなのが、ぬるめの湯船にゆっくり浸かることです。
38~40℃程度のお湯に15分ほど浸かっていると、全身の血行が良くなる上に筋肉が緩んできます。
副交感神経も活性化するので心身がリラックスして、良い睡眠が取りやすくなるのです。

髪の粗しょう化を完全に防ぐことはできないものの、進行を遅くすることは充分可能です。
毎日のケアと食生活、生活習慣を少しずつでも見直して、髪がスカスカになるのを予防改善していきましょう。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,980円500円200g
(約7回)
1,286円9日間

2利尻ヘアカラートリートメント無添加にこだわった老舗メーカーの人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,389円8日間

3マイナチュレ カラートリートメント人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品

マイナチュレ カラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
3,000円0円200g
(約6回)
2,414円7日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
ルプルプ