「自分かも!?」と思ったら要注意!白髪や抜け毛が増えやすい人の性格的な特徴とは-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 髪と頭皮の雑学 > 「自分かも!?」と思ったら要注意!白髪や抜け毛が増えやすい人の性格的な特徴とは
fueyasui-seikaku
「自分かも!?」と思ったら要注意!白髪や抜け毛が増えやすい人の性格的な特徴とは
  • facebook
  • twitter
  • LINE
白髪や抜け毛が増えるメカニズムとは?

白髪や抜け毛と性格がんbj関係する、というのを聞いたことがありませんか?
白髪というと、マリー・アントワネットが処刑の恐怖から一夜で白髪になった、というエピソードが知られていますし、ストレスから円形脱毛症になる、とよく言われます。
ということは、精神的なものが髪に影響するということになりますよね。

心理的な状態や性格は、本当に白髪や抜け毛に影響を与えるのでしょうか

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位マイナチュレ カラートリートメントマイナチュレ人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品4.8星星星星星3.6星星星星星3.3星星星星星詳 細

白髪や抜け毛が増えやすい性格がある!?

seikaku

白髪や抜け毛というと、最初に思い浮かぶのが加齢ですよね。
ほぼ例外なく、20歳の頃と比べると髪の状態が悪くなり白髪や抜け毛が増えているはずです。
これは髪を作る毛母細胞や髪色となるメラニン色素を作るメラノサイト細胞が老化していくからで、くい止めることはできません。

しかし、最近20代30代なのに白髪が目立ったり、抜け毛が増えたりして悩んでいる女性が非常に増えています。
その原因の多くは間違ったヘアケアや紫外線の浴び過ぎなどが原因ですが、どうやら性格も関係しているらしいことがわかってきました。

医学的な根拠はないものの、多くの美容師が自分の担当する女性の性格と白髪や抜け毛の量に関係性があることに気づいているのです。

白髪や抜け毛が増えるメカニズムと共通点

nukege-hueru

白髪と抜け毛は全く違うもののようで、実は共通点があります。
ここではそれぞれのメカニズムと、それらが増える共通の原因について解説しましょう。

<白髪のメカニズム>

私たちの髪は、生まれた時は白髪です。
髪の毛根部にある毛母細胞が髪を生み出し、その後メラノサイトという細胞がメラニン色素を供給することで初めて髪に色がつきます。

そのため、何らかの原因でメラノサイト細胞が機能しなくなった場合、あるいは毛母細胞がメラニン色素を受け取れなかった場合、髪に色が入らず白髪のままで生えてきてしまうのです。

また、最初のうちは黒髪になって成長を始めても、途中でメラノサイト細胞や毛母細胞の働きが低下し、途中から白髪になってしまうこともあります。

ただし、すでに黒くなっている部分が白く変化するということはないとされています。
髪は一度生えてしまうとよほど強い紫外線に長時間当たったり、カラーリングやブリーチをしたりしない限り、色が変化することはありません

髪の色素を作っているのはメラニン色素で、非常に破壊されにくい組織をしているためです。
そのため、マリー・アントワネットが処刑の前の晩一夜で白髪になった、というのは都市伝説であるというのが専門家の見解です。

<抜け毛のメカニズム>

まず、ヘアサイクルについて簡単に説明しましょう。
髪は生えてから抜けるまでに3つの段階があります。

・成長期(女性:4~6年、男性:3~5年)…髪が伸びていく時期
・退行期(3週間程度)…髪が徐々に毛穴の上のほうに移動していく時期
・休止期(3~5週間程度)…毛根部と完全に切り離されて成長が止まり、抜けていく時期

抜け毛にはこの寿命を全うしたものと、成長期途中で抜けてしまうものの2種類あります。
日本人の髪の量は6万本~14万本とかなり差があり、1日に抜ける本数が50~100本というのが正常です。
しかし、頭皮にトラブルが起きて成長期が途中で止まってしまうと、1~2ヶ月後には毛根部から離れ、抜け毛が増えてしまうのです。

<白髪と抜け毛が増える共通のメカニズム>

・栄養不足

髪は食べた物からできています。
まず、毛細血管から毛乳頭という毛根部の栄養タンクに血液が送られ、それが毛母細胞やメラノサイト細胞に供給されることで細胞が活性化し、髪を成長させたり髪に色をつけたりします。

しかし、送られる血液が栄養不足だと、この活動がうまく出来なくなります。
髪の主成分はケラチンというタンパク質で、食べたタンパク質がケラチンに変化する時にはビタミンやミネラルが補酵素として重要な働きをします。

そのため、タンパク質、ビタミン、ミネラルが不足すると白髪や抜け毛などの髪トラブルが起きやすくなるのです。

・血行不良

どれほど質の良い血液だったとしても、それが届かなければ意味がありません。
頭部は心臓から離れており、さらに重力の関係から血液が流れにくくなっています。
そのため、血液が正常に流れるためには体温がある程度高いことが大切です。

しかし、体温を高めるには筋肉が必要です。
筋肉を動かすことで熱が発生し、その熱を血液が受け取り全身を巡ることで体温が上がります。
運動すると身体全体が熱くなるのは、このためです。

しかし、女性はホルモンの関係で筋肉がつきにくく落ちやすくなっているため体温が上がりにくく、これが血行不良を引き起こしてしまい、白髪や抜け毛を増やしてしまうのです。

その他、タンパク質は熱を産生する働きが強いため、ダイエットなどでタンパク質が不足することでも血行が悪くなります。

・自律神経の乱れ

自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は人間を活動的にする一方体内の機能の多くを抑える働きが、副交感神経には心身をリラックスさせ、体内機能を高める働きがあります。

交感神経 副交感神経
活性化する時間帯 朝方~夕方 夕方~朝方
脳・神経 興奮する リラックスする
唾液 分泌量が減る 分泌量が増える
胃液・腸液 分泌量が減る 分泌量が増える
胃腸の運動量 動きが抑制される 活発に動く
毛細血管 収縮し、血圧上昇 拡張し、血圧低下
膀胱・直腸 便・尿が貯まる。便秘 便・尿を排出する。下痢
呼吸 早く浅くなる 遅く深くなる

この表を見ていただくとわかるように、通常、交感神経が活発に活動するのは夕方までで、交感神経が活発に働いている時は胃腸の働きが悪くなり、食事をしても消化能力が弱くなっています。
また、便秘や排尿困難になりやすく、血管も収縮して血行が悪くなります。
しかし夕方から翌朝にかけて副交感神経が活性化し、胃腸の働きを良くして便や尿が出やすくなるのです。

しかし、自律神経が乱れて交感神経が常に優位な状態になると、食べたものが充分吸収できなくなりますし、便秘がちになり、血管も収縮したままになります。
すると血液が栄養不足になりやすく、しかも便秘になると老廃物が血液に入り込むため、血液の質が悪くなります。

さらに血流が悪くなるため、頭部に必要な栄養や酸素が充分届かなくなり、白髪や抜け毛の原因となってしまうのです。

また、自律神経は脳の視床下部という部分によって調整されていますが、この部分は性ホルモンの分泌をコントロールする場所でもあります。
そのため、自律神経が乱れるとその影響を強く受け、女性ホルモンのバランスが崩れたり分泌量が減ったりします。

女性ホルモンには髪の寿命を伸ばし健康を維持する働きがあるため、自律神経の乱れによって白髪や抜け毛が増えると考えられているのです。

白髪や抜け毛が増えやすいのはどんな性格?

fueyasui-seikaku

医学的な統計はないものの、美容師の実感としてある性格の顧客ほど白髪や抜け毛が多いといいます。
新潟の美容室SNIPSのアートディレクター由藤秀樹氏によると、その性格とは以下のようなタイプです。

・仕事を頑張り過ぎる
・物事に過敏に反応しすぎる

つまり、ストレスが貯まりやすい性格ほど白髪や抜け毛が多いということになります。
もちろん、それ以外にも生活環境が良くない人、例えば偏食が多い、生活が不規則、ヘアケアが間違っているといったことでも白髪や抜け毛は増えますが、これは悪い生活環境によって頭皮細胞が劣化・老化してしまうからです。

しかし、きちんとした生活習慣を送り、食事のバランスにも気を使い、真面目で何事にも真剣に取り組む性格の人が白髪や抜け毛が多いという場合、本人が気づかぬうちにストレスが非常に貯まっており、それが髪トラブルを引き起こしている可能性があるのです。

では、なぜストレスが白髪や抜け毛を引き起こすのでしょうか。
これには大きく分けて、2つの理由があります。

ストレスが交感神経を活性化させてしまうため

私たちはストレスを感じると、無意識のうちにそれと戦おう、あるいは逃れようとする本能を持っています。

これは交感神経の働きによるもので、この時身体中の筋肉は硬く緊張しています。
戦うにしても逃げるにしても、筋肉が弛緩していると行動できないからです。
また、筋肉の近くにある血管も収縮し、内臓や筋肉に血液を留めようとします。

するとどういうことが起こるでしょうか。
末端の頭部に血液が送られなくなり、毛母細胞やメラノサイト細胞に栄養と酸素が届かなくなってしまうのです。

これが短い間なら、特に問題はありません。
しかし、性格的にストレスを貯め込みやすい人の場合、脳は常に交感神経を優位にしてしまい、血管が収縮したままになります。
そのため、段々白髪や抜け毛が増えてしまうのです。

また、男性ホルモンが多い人ほど交感神経が活発になりやすいといわれています。
女性にも男性の5~10%ながら男性ホルモンが分泌されており、しかも女性ホルモンより男性ホルモンの量のほうがずっと多く、加齢とともにこの差が大きくなります。

そのため、元々男性ホルモンの分泌量が多い人はストレスが貯まりやすい傾向があります。
さらに、男性に囲まれて第一線で仕事をしている、あるいは更年期を迎えた女性は性格が男性化して男性ホルモンが活性化しやすく、これもストレスの原因となります。
中には男性と同じように、頭頂部や前頭部が薄くなってしまうこともあるのです。

ストレスによって活性酸素が増えるため

活性酸素とは、酸素の中でも強い酸化作用を持ったものをいいます。
雑菌やウイルスを攻撃する免疫機能がありますが、増えすぎると正常な細胞を攻撃し、酸化させてしまいます。

活性酸素は空気中に含まれていて、呼吸するだけで酸素の2%は活性酸素になるといわれており、呼吸が早くなるほど活性酸素を取り込んでしまうのです。

そこで問題となるのがストレスで、ストレスは交感神経を活性化させ、交感神経は呼吸を早く荒くする働きがあります。
そのため、ストレスが強いほど活性酸素を取り込んでしまい、毛母細胞やメラノサイト細胞が攻撃されて白髪や抜け毛の原因になるのです。

若い頃はSODという活性酸素を退治する酵素がたっぷりあるのですが、40歳前後から減ってきて、あらゆる老化現象の原因となるといわれています。

なお、円形脱毛症はこれまでストレスが原因だと考えられてきましたが、近年は自己免疫疾患だと考えられています。

リンパ球が健康な毛母細胞を攻撃してしまうというもので、原因はまだわかっていません。
ストレスも要因の一つではあるものの、疲労や遺伝、感染症なども大きく関係しているのではないか、とされています。

ストレス解消と適切なヘアケアが改善の鍵

白髪や抜け毛を予防改善するには、ストレスにうまく対処することが大切です。
また、すぐに出来るヘアケアも並行して行ないましょう。

<ストレスと自分なりに付き合いましょう>

sutoresu-tsukiau

白髪や抜け毛には様々な原因があるものの、ストレスを解消するだけで直接的あるいは間接的に改善が期待できます。

・気の持ちようを変えてみる

性格を変えないと、なんて考えなくても、気持ちの持ちようを変えたり、ストレスを発散あるいは昇華させる方法を見つけたりするだけで、ずい分違ってくるものです。

例えば、イライラしたら「こんなことでイラついてオス化するなんてイヤだわ」とか、「イライラするとシワが増えるのよね」とか、イライラすることで起こるマイナス面を考えるだけでも違ってきます。

・口角を上げて笑う表情を作る

笑うことでストレスが解消されることはよく知られていますが、最近の研究で口角を上げて笑った表情を作るだけで、セロトニンという鎮静作用のある神経伝達物質が分泌されることがわかりました。

セロトニンは幸福ホルモンとも呼ばれ、ストレスに対する耐性をとても強くする働きがあることが、2011年に発表された沖縄科学技術研究基盤整備機構の研究でわかっています。
楽しくなくても、イライラしていても、まずは口角を上げてみてくださいね。

・心が穏やかになることをする

緑の多い公園をのんびり歩いてみたり、大好きな俳優や歌手のDVDを観たり、好きなアロマを嗅いでみたりと、自分の心が穏やかになる方法を見つけましょう。

なお、性格によってストレスを思い切り発散させたほうが良い動的なタイプと、心を落ち着かせたほうが良い静的なタイプがあります。
自分がどちらか、よくチェックしてくださいね。

<簡単なヘアケアで、白髪や抜け毛の予防改善効果をアップさせましょう>

up

・紫外線を浴び過ぎないよう注意する

活性酸素が白髪や抜け毛の原因になることは前述しましたが、紫外線の浴び過ぎも活性酸素を非常に増やしてしまいます。
すると毛母細胞やメラノサイト細胞のDNAが損傷し、白髪や抜け毛になりやすくなるのです。

そこで、できるだけ紫外線を浴びないよう帽子や日傘、UVカット効果のあるアウトバストリートメントなどを使用しましょう。

・シャンプーは香りで選ばない

シャンプーを香りで選んでいませんか?
2014年にリサーチ会社のディムスドライブがアンケートを取ったところ、女性が選ぶシャンプーの1位がパンテーン、2位がTSUBAKI、3位がラックスで、その理由の中に必ず「香りが良いから」が入っています。

ストレスの解消に香りは非常に重要ですが、それにとらわれすぎると頭皮に合わないものを選んでしまう危険性があります
洗浄力や脱脂力が強すぎると頭皮が乾燥し硬くなり、血管を押しつぶしてしまうため血行不良を引き起こしてしまい、白髪や抜け毛の原因になるのです。

最近乾性フケやかゆみが出やすいという場合は、シャンプーを見直してみましょう。

・頭皮マッサージで血行を良くしよう

頭皮をマッサージすると、頭皮表面のすぐ下にある毛細血管が刺激され、血行が改善されます。
また、頭皮をほぐすことで緊張が解けると副交感神経が活性化し、ストレス解消にとても効果的なのです。
自分でやっても良いし、1ヶ月に一度くらいヘッドスパに通うのもお勧めです。

・女性用育毛剤で頭皮環境を改善しよう

育毛剤を男性専用と思っていませんか?
髪トラブルを持つ女性は年々増えており、それに対応した女性用の育毛剤がたくさん販売されています。
頭皮を保湿し血行を良くすることで発毛を促進し、細胞を健康にすることで白髪の予防改善効果も期待できますよ。

健康的な生活で身体と精神の両方に好影響を

ストレスは白髪や抜け毛の原因になるだけではありません。
大阪がん循環器予防センターの調査によると、ストレスは多くの病気を引き起こすことがわかっています。

ストレスは生活習慣を見直し、健康的な生活を送ることでも予防改善させることができます。

栄養バランスの取れた食事をしっかり摂る

ジャンクフードばかり食べていると、キレやすくなるといわれています。
これはビタミンやミネラルが不足することが原因の一つです。
栄養バランスが取れた食事を心がけ、特にストレスの抵抗力を強化するビタミンCやビタミンB12を積極的に摂りましょう。

適度な運動を週に3~4回する

適度な運動は血行を促進させ、さらにストレスと戦う脳内物質のエンドルフィンを分泌させます。
ペンシルベニア州立大学の調査によると、運動は毎日必ず行なう必要はなく、むしろ時々運動をしない日を作ったほうがエンドルフィンの作用が大きくなるそうです。

ハードな運動は呼吸を荒くさせ、活性酸素を増やす原因にもなりますから、気持ち良いと感じるレベルの運動を週に何回か行なうようにしましょう。

睡眠を充分取る

ぐっすり眠ると成長ホルモンが分泌され全身の細胞の新陳代謝を促すほか、脳内を整理し不要な情報を消去する作用があるため、ストレスを解消する助けとなります。

そこで、寝る前は脳を興奮させるようなパソコンやテレビ、スマホなどの利用を減らしたり、ゆっくり湯船に浸かったり、ヨガやストレッチで身体の緊張をほぐしたりしましょう。

なお、ナイトキャップは寝つきを良くしますが、しばらくすると交感神経が活性化して目が覚めやすくなったり眠りが浅くなったりします。
できるだけ寝酒は避けましょう。

最近白髪や抜け毛が増えたと感じたら、ストレスが貯まっていないか、貯めやすい性格かどうかチェックしましょう。

思い当たることがあれば、この記事に書かれていることのどれでも良いですから、まずは始めてくださいね。
ストレスが減ると心身がリラックスして、髪のトラブルを解決する助けになりますよ。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3マイナチュレ カラートリートメント人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品

マイナチュレ カラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
3,000円0円200g
(約6回)
2,414円7日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント