髪のボリューム不足に悩む貴女へ~女性の髪の毛をボリュームアップさせる方法まとめ-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 髪と頭皮の雑学 > 髪のボリューム不足に悩む貴女へ~女性の髪の毛をボリュームアップさせる方法まとめ
fuketa
髪のボリューム不足に悩む貴女へ~女性の髪の毛をボリュームアップさせる方法まとめ
  • facebook
  • twitter
  • LINE
髪のボリューム不足を解消する方法とは!?

髪のボリュームは人によって全く違いますよね。
髪の毛の量が多い人、量は普通だけれどくせ毛で広がってしまう人もいれば、同じく量は普通なのに細くてボリュームが出ないという人や細くて少ない人もいます。

しかし、若い頃は多くて悩んでいた人でも、年とともにボリュームがダウンし、少ないことに悩むようになることも。
髪の毛をボリュームアップすることはできないのでしょうか。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位グローイングショット カラートリートメントグローイングショットエイジングケアに力をいれた製品4.6星星星星星3.5星星星星星4.3星星星星星詳 細

髪のボリューム不足は老けた印象に

fuketa

髪の毛にボリュームがないと、老けた印象になるといわれます。
これは、ボリュームのある髪に比べると動きがないことから、寂しく見えることが原因かもしれません。
何となく貧相な感じがして、それが生活感や年齢感につながってしまうのでしょう。

さらに、ボリュームがないとどんな髪型をしてもあまり変化が出ず、時代遅れの髪型に見えてしまい、それが年齢感を出してしまうことも。
かといって思い切ってパーマやカラーリングを続けていると、今度は髪が傷んでだらしない印象を与えてしまうこともあります。

以前より髪の毛が細くコシもなくなってきた?

日本人の髪の毛の本数は6~14万本といわれ、人によってかなり差があります。
さらに太さは0.05~0.15ミリと幅があるため、多くて太い人と少なくて細い人の差は約7倍にもなるという計算になります。

しかし、髪の太さは一生一定ということはありません。
女性の場合、25歳前後までは太くなり、それ以降は少しずつ細くなっていくといわれます。
細くなれば太い髪の毛に比べてコシやハリもなくなっていくので、ボリュームダウンしてしまうのです。

何故、髪のボリュームが減るの?

naze

加齢とともに髪の毛のボリュームがなくなっていくのは、自然の摂理です。
しかし、加齢とはいえない20代30代の女性でも、髪のボリュームがなくなってきた、と悩んでいることが増えています。
これは何が原因なのでしょうか。

女性の髪の毛のボリュームを減らす原因

髪の毛を科学的に見てみると、外側からキューティクル、コルテックス、メデュラに分かれます。

キューティクルは硬いタンパク質でできたうろこ状の層で、5~10枚が重なり合っています。
髪の内部を守るほか、ツヤを出す役割があります。

コルテックスは真ん中の層で、柔らかいケラチンタンパク質でできています。
水分や脂質、メラニン色素などを含み、髪のハリやコシ、うるおい、色はここで決まります。

メデュラは中心部にある組織ですが、ない場合もあり、その働きはまだはっきりわかっていません。

髪の太さは主にキューティクルの層の枚数、ハリやコシはコルテックスに含まれるタンパク質の量が影響を与えるといわれています。

髪の毛の太さやハリ、コシは遺伝が大きいといわれていますが、以前に比べてボリュームがなくなってきたという場合、以下の原因が考えられます。

・タンパク質の摂取量が少ない

髪の毛の主成分がタンパク質であることからわかるように、食事でタンパク質の摂取量が少なければハリやコシに影響してきます。

・血行が悪く、栄養が髪に届かない

髪に必要な栄養素は血液によって運ばれますから、血行が悪いと髪に届かず、栄養不足になってしまいます。

・ケアの方法が間違っている

せっかくタンパク質たっぷりの健康な髪でも、ケアの方法を間違ってしまうとキューティクルが剥がれ、コルテックスのタンパク質や水分が失われ、髪が細くパサパサになってしまいます。

髪の毛をボリュームアップさせる方法は?

boryumu-up

女性の場合、ダイエットで栄養不足になりがちですし、パーマやヘアカラー、シャンプーなどで髪のボリュームがなくなってしまいます。
ここではその点を詳しく解説し、ボリュームアップさせる方法もご説明しましょう。

髪の毛に良い成分を含む食べ物を積極的に摂取

私たちが食べた肉や魚などのタンパク質は体内でビタミンとミネラルの力を借りて一回アミノ酸に分解され、その後各部位に適したタンパク質に再合成されます。
髪の毛の99%はケラチンというタンパク質でできており、これは18種類のアミノ酸が結合したものです。
しかし、動植物に含まれるタンパク質内のアミノ酸には偏りがあります。

食事から摂らなければいけないアミノ酸を「必須アミノ酸」といい、成人の場合8種類あります。
この8種類をスコアにしたものが「アミノ酸スコア」で、すべてを充分に含んでいるとスコアは100になります。

肉や魚、卵、乳製品、大豆類の多くはスコア100ですが、タイやウニは100以下ですし、プロセスチーズや豆乳など加工することでスコアが下がる場合もあります。
そのため、1種類ではなく色々な食べ物から摂取することで、必須アミノ酸の量を充分摂ることができるのです。

タンパク質というと動物性食品や大豆というイメージがありますが、実は野菜やお米、小麦粉製品などにも含まれていますから、できるだけ多くの食材を使用しましょう。
タンパク質をケラチンタンパク質に再合成するために必要なビタミンとミネラルも、多くの食材を摂れば摂るほど充分な量になります。

もし好き嫌いがある、ゆっくり料理する時間がないという場合は、マルチビタミン・ミネラルのサプリメントを利用するのもお勧めです。
育毛用のサプリメントなら髪に必要な成分が色々入っていますから、とても便利です。

生活習慣を見直し、頭皮の血行を良くする習慣を

shuukan

しっかり栄養を取っても、血行が悪ければ頭皮部分に届きません。
元々頭皮は重力のせいで硬くなりやすく、しかも血液が重力に逆らって上がってこなくてはいけないため、血行不良になりやすいのです。

頭部の血行を良くするには、日頃の生活習慣の見直しが大切です。
まず、肩こりや首こりになっているとその部分の筋肉や血管が硬くなるため、筋肉をほぐしてあげましょう。

パソコンやスマホなどで前のめりの姿勢を長く取っていると、必ず首や肩の筋肉に負担がかかり、その上の頭皮まで血液が届かなくなってしまいます。
凝りに気づいたら身体を反らせたり腕を上下左右に動かしたりして、筋肉をほぐしましょう。

また、眼精疲労も生え際の薄毛につながるので、時には画面から目を離し、軽くマッサージしたり温めてあげたりすると効果的です。

また、ふくらはぎは第二の心臓といわれ、心臓のポンプを助けて全身に血液を巡らせる作用があります。
ふくらはぎを使うには散歩やウォーキング、ジョギング、サイクリングなど、日常的にできる運動が一番です。
1日30分早足で散歩する、一駅分多く歩くなど、簡単にできることを見つけましょう。

さらにお勧めしたいのが、頭皮マッサージです。
頭皮を直接揉んだり押したりすることで毛細血管に刺激を与え、血行を良くするのです。
この時、強くする必要はありません。
頭皮の毛細血管は表面から数ミリのところにあるので、力を入れなくても充分刺激が伝わるのです。

頭頂部はかなり硬くなっていることが多いのですが、無理に動かそうとせず、指を頭皮に固定して軽く円を描くようにしましょう。
毎日数回、1回3~5分程度続けるだけで、段々髪の毛にハリやコシが出てきますよ。

パーマやヘアカラーを控え、髪型を工夫する

髪のボリュームを決めるハリやコシはタンパク質の量が決め手になります。
この大切なタンパク質を流出させてしまうのが、パーマやヘアカラーです。

パーマ剤やカラーリング剤に含まれているアルカリ剤には、髪の毛のキューティクルをこじ開けて薬剤を浸透させやすくする働きがあります。
しかし、一度アルカリ剤が浸透したキューティクルは、二度としっかり閉じることができません。

そのため、シャンプーや摩擦などによってキューティクスの隙間からコルテックスのタンパク質や水分、脂質がどんどん逃げてしまい、髪が細くパサパサになってしまうのです。

また、どちらにも使用されている過酸化水素は、タンパク質を変性させる働きがあります。
頭皮への浸透性もあるため、タンパク質でできた髪、頭皮、細胞すべてが変質し、機能不全に陥ってしまいます。
髪を作る毛母細胞のDNAも損傷されるため、太くコシのある髪が作れなくなってしまうのです。

このようなことを防ぐには、パーマやカラーを控えることが一番です。
とはいえ、ボリュームアップするにはパーマは欠かせない、カラーリングしたほうが髪が軽やかで量の少なさが目立たない、とも思いますよね。

その場合は、毛先だけにパーマをかけたり、カラーリングは髪の内側だけをメッシュやハイライトで入れたりして、できるだけダメージが少ない方法を探しましょう。

また、ストレートロングは重みで最もボリュームダウンしてしまう髪型なので出来るだけ避け、トップを軽くするレイヤーでボリュームアップするようにしましょう。
前髪を下ろすと見た目のボリュームが増えますし、髪の分け目を変えると根元が立ち上がりやすくなりますよ。

毛先だけにゆるめのパーマをかけます。
全体に広がって、ボリュームアップ効果満点です。
長さは肩につかない程度にすると広がりやすく、細さを感じさせません。

インナーカラーでハイライトを表面ではなく奥に入れることで、髪のダメージが目立ちません。
また、動くたびに明るい色が出るので軽く見え、センス良く見えるのも良いですね。

前髪を下ろすことでボリュームアップして見えます。
また、レイヤーが入っているのでさらに広がりが生まれ、しかも軽快なフォームになります。
片方の耳にかけるともったり感がなく、爽やかなイメージになります。

いつもと逆の分け目にすると、髪の毛が自然に立ちあがります。
そのまま手ぐしなどで軽く整えると、とても自然にボリュームアップできますよ。

時々分け目を変え、紫外線対策をしっかりと

分け目を変えるのは、髪の毛の流れを変えるためだけではなく、紫外線防止のためにも必要なことです。

多くの人がいつも同じ分け目にしていると思いますが、それではその部分だけたっぷり紫外線を浴びてしまいます。
紫外線は頭皮表面をやけどさせるだけでなく、真皮まで届いて細胞を劣化させてしまいます。

また、頭皮の皮脂が紫外線によって過酸化脂質に変化し、髪の奥まで入り込んでしまいます。
真皮の部分には髪の毛根部があり、その中の毛母細胞が髪を作っているので、その毛母細胞の機能が劣化すると髪が細くなったりハリ・コシがなくなったりしてしまうのです。

これを防ぐ簡単な方法は、こまめに分け目を変えたり、分け目をつけない髪型にすることです。
特に紫外線が当たりやすい頭頂部を隠すスカーフ使いやバンダナ、日傘や帽子などもお勧めです。
毎日は無理でも、週末は紫外線ができるだけ当たらないようにしてあげましょう。< なお、帽子は紫外線対策にとても有効ですが、どうしても汗をかきやすくなるので、長時間そのままにしていると雑菌が繁殖しやすくなります。 タオルでこまめに頭皮を拭き、夜は必ずシャンプーして頭皮を清潔に保ちましょう。

毎日使うシャンプーは選び方と洗い方が大事

シャンプーは髪のボリュームに大きな影響を与えます。
多くのシャンプーは「高級アルコール系」といって洗浄剤にとても強力な界面活性剤を使用しており、洗浄力と脱脂力が強くなっています。

その成分だけだとボリュームはアップしますが、髪の毛が乾燥して絡み合い、非常にダメージを与えてしまいます。

そのため、ほとんどのシャンプーにはシリコーンなどのコーティング剤が入っていて、髪の毛をサラサラ、しっとり、ツヤツヤな見た目にしてくれますが、特に細い髪の毛にシリコーンがつくとその重みでボリュームダウンしてしまうのです。

ですから、いくら有名メーカーの製品でも「ラウリル硫酸~」「ラウレス硫酸~」という洗浄成分が成分表の最初のほうに書かれているものは避けましょう。
この2つは特に洗浄力と脱脂力が強いため、コーティング剤も強力なものになっている可能性が高いのです。

その代わりにお勧めするのが、アミノ酸系のシャンプーです。
洗浄力も脱脂力も穏やかで、汚れは落とし必要な皮脂は残すので、髪がふんわり柔らかく仕上がります。

また、シャンプーは多く使えば良いというものではありません。
いくらアミノ酸系でも、たくさん使用すれば髪の毛にも頭皮にも刺激となってしまいます。

シャンプー前に充分予洗し、ショートなら1プッシュ、セミロングやロングは2~3プッシュで済ませるようにしましょう。
しっかり予洗できていればその時点で汚れの7割は落ちているといわれ、少量のシャンプー剤で充分泡立つのです。

しっかり予洗したら、シャンプーを手のひらに取って泡立てます。
原液を頭皮につけると乾燥の原因になりますので、必ず濡れた手のひらで泡立てるようにしましょう。
その後、指の腹で丁寧に頭皮を洗います。
揉み込むようにすると頭皮マッサージにもなりますし、毛穴に詰まった過剰な皮脂が出やすくなります。

髪の毛のほうは、余った泡で包み込み、優しく洗う程度で充分です。
時々ブラシやくしを使う人がいますが、濡れている髪はキューティクルが開きとても剥がれやすくなっているのでNGです。

すべて済んだら、2~3分かけて充分に洗い流しましょう。
シャンプー剤が残っていると乾燥や炎症の原因となりますし、雑菌が増えて薄毛や脱毛の原因になることもあります。

そうならないよう、指を髪の中に入れて地肌部分を丁寧に洗い流してください。
また、顔や首の回りはすすぎ残しやすいので、注意しましょう。

自然乾燥はダメ!ドライヤーの使い方のコツ

濡れた髪はキューティクルが開いているので、すぐに閉じてあげなければいけません。
まずはタオルで髪を包み、優しく押して水分を吸い取らせます。

その後、ドライヤーをかけましょう。
ドライヤーをかけると髪が傷みやすくなるのは事実ですが、自然乾燥すると雑菌が繁殖するため頭皮を傷め、健康な髪の毛が生えてこなくなる可能性があります。

できるだけ手早く、温度設定に気をつけてドライヤーを使用すれば、髪や頭皮に与えるダメージはとても少なくなります。
心配な場合は、アウトバストリートメントで髪を熱から守ってあげましょう。

髪や頭皮のタンパク質は100度で変質してしまうので、ドライヤーの温度は100~120度程度に設定しましょう。
この設定は吹出口から3センチ離れたところの温度なので、15センチほど離すと10~20度低くなります。

できるだけ風量の多いドライヤーで、常にドライヤーを動かして一定の場所に2秒以上当てないようにすることで、髪の毛や頭皮へのダメージがほとんどなくなります。

まずは頭皮を乾かし、それから髪の毛を乾かしますが、毛先は一番傷んでいるところなので最後にします。

8割ほど乾いたら、冷風に切り替えます。
こうすることでしっかりキューティクルが締まり、ツヤのある髪になります。

ボリュームアップのためには、根元を立ち上げてその部分に冷風をかけることです。
毛先ではなく根元にかけるのがポイントです。
あまり立ち上がらない場合は、根元だけ一度温風で温め、それから冷風を当ててみてください。

女性用育毛剤は、一度試してみる価値アリ!

髪にハリとコシを持たせ、本当にボリュームアップさせたいと思うなら、女性用育毛剤を使用してみるのも手です。

女性用の育毛剤はダイエットや運動不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、加齢などによってハリやコシがなくなり、薄毛に悩む女性のために作られています。
女性特有の原因を追究しているので、髪のボリュームアップ効果が期待できるのです。

成分はボリュームアップに効果的な有効成分のほか、血行促進や保湿、殺菌、抗酸化作用があるものや、細胞を活性化させる成分が配合されています。
しかも無添加や天然由来成分にこだわっている製品が多く、敏感肌の女性でも安心して使用できます。

1日1~2回塗るだけで良いので、頭皮マッサージする時に使えば簡単ですし、とても浸透性が高くなって効果倍増ですよ。

効果が出るまで待てない!?

matenai

髪のボリュームアップが実感できるようになるまでには、半年程度かかるといわれています。
髪の毛は月に1センチ程度しか伸びない上に生え始めは細いので、すぐにはボリュームアップしないのです。
そんな場合には、一時期ウィッグを使用するという方法があります。

ウィッグやヘアアレンジでカバーしましょう

女性用ウィッグはたくさん販売されており、髪全体に被せるフルウィッグから、髪の半分程度を隠すハーフウィッグ、頭頂部だけのトップピースまであります。
また、若い女性ならエクステで増量してしまうという手もあります。

長めのフルウィッグなら被るだけですし、ハーフウィッグやトップピース、エクステはウィッグ裏や先端部についたストッパーを髪に止めるだけなので簡単です。

オーダーメイド、レディメイド、人毛、人工毛、ミックスがあり、安いものは数千円~、オーダーメイドで人毛になると20万円以上とかなり差があります。
実際に見てみないと判断しにくいのですが、ショッピングセンターなどで販売していることがありますし、通販でも返品可というところがあるので、試してみてはいかがでしょうか。

ただ、ハーフウィッグやトップピース、エクステは髪の一部に止めるため、その部分が引っ張られて脱毛しやすくなります。
自宅にいる時ははずし、クリップの位置を少しでもずらすなど工夫しましょう。

ほかには、帽子やキャップをうまく利用する手もあります。
無地で髪色と違和感がないものから、ハイセンスなものまで工夫次第です。
素材もニット、レース地など色々ありますし、簡単なものなら手作りも可能ですよ。

スカーフのアレンジでこんなにセンス良く決まるとステキですよね。

sukafu

なお、髪の毛を結ぶと根元に負担がかかり、牽引性脱毛症を引き起こすことがあります。
週末だけでも髪をスカーフで包んだりヘアバンドを使ったりして、頭皮を開放してあげましょう。

薄毛改善中はストレスを感じがちですが、ヘアスタイルやヘアアレンジを思い切り楽しめる良いチャンスかもしれません。
ボリュームアップのための地道な努力は続けつつ、オシャレも忘れないようにしましょうね。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3クロエベールとにかく使いやすさが秀逸な商品

クロエベール
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,880円600円100g
(約4回)
5,220円5日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント