【髪の毛を増やしたい?】女性の薄毛を改善する様々な方法を徹底解説してみました-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 女性の薄毛 > 【髪の毛を増やしたい?】女性の薄毛を改善する様々な方法を徹底解説してみました
shokuseikatsu
【髪の毛を増やしたい?】女性の薄毛を改善する様々な方法を徹底解説してみました
  • facebook
  • twitter
  • LINE
女性の薄毛対策について様々な方法をご紹介

男性のようにハゲることはあまりないとはいえ、髪の毛が減ってしまうのは女性にとっても非常に大きな悩みですよね。
髪を増やしたいと悩む女性の増加に合わせて、最近は改善する方法も増えてきたようです。

今回は、自宅でお金をかけずにできるものから100万円以上する最新技術での手術まで、様々な方法について解説します。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位マイナチュレ カラートリートメントマイナチュレ人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品4.8星星星星星3.6星星星星星3.3星星星星星詳 細

女性の薄毛対策市場が拡大する一方で

ippou

薄毛に悩む女性が注目される一方で、その解決方法も様々なものが開発されてきました。
自宅でできる生活習慣改善もあれば、市販の育毛剤や漢方薬、専門機関での本格的な治療や手術などもあります。
でも、多すぎるのも困りものですよね。

どの方法を選べば良いのかが分からない!?

男性の場合、髪の毛を増やしたい場合に取る方法は、基本的には育毛剤か専門クリニックの2種類です。
しかし、女性の場合料理や生活習慣の改善など、男性に比べて自分でできる範囲が広いので、その分対策方法も増えてしまうのです。

しかし、〇〇をやったけれど、使ったけれど効果がなかったという経験談はどの方法にもあり、どうしても振り回されてしまいます。
また、ある方法をやってみたけれどなかなか効果が出ないので他の方法を始めてしまい、結局効果が出なかったということもよく起こります。

最初に、これだけは知っておこう

これから薄毛対策方法について詳しくご説明しますが、最初に知っておいてほしいことがあります。
それは、「薄毛の改善には半年程度かかる」ということです。
これは専門クリニックのサイトでも書かれていることで、クリニックによっては12か月程度の治療を勧めているところもあります。

女性の薄毛は様々な原因が関わり合っています。
加齢、遺伝、生活習慣、食生活、ストレス、ヘアケアなどがあり、改善対策を始めて1ヶ月程度で髪の毛のハリやコシを感じる人もいれば、1年かけてようやく産毛が生えてきた、という人もいるのです。

また、抜ける毛より生えてくる髪のほうが最初は細く猫っ毛気味なので、増えたことが実感しにくいということもあります。

ほとんどの原因は数年~十数年かけて蓄積されたものですから、髪の毛を増やしたいと焦らず、薄毛対策は気長に行ないましょう。

自分で出来る薄毛対策4選

最初に、お金をあまりかけず自分でできる薄毛対策を4つご紹介しましょう。

①食生活、生活習慣の改善~メリット・デメリット・注意点

shokuseikatsu

髪の毛は食べたものからできています。
また、食べたものをしっかり消化して血液として髪に送るためには、規則正しい生活を送って内臓に負担がかからないようにし、血行を良くしなければいけません。
薄毛対策では最も基本的な方法です。

<メリット>

これらの一番のメリットは、お金がほとんどかからないことでしょう。
特別な食材を買わなくても、普段の食事を見直して不足しているものを摂るだけでも効果が出てきます。

また、運動不足はジムに行く必要はなく、ウォーキングやジョギング、サイクリング、ヨガ、ストレッチなどで十分血行を改善することができます。

睡眠不足は、その原因がスマホやPCの使用によるものであれば、寝る2時間前に止める、どうしてもやりたい場合は朝早く起きて行なう、というように臨機応変に対応することで対処できますね。

<デメリット>

デメリットは、すべて自分で行なわなければならないため、時間がないと継続が難しいことや、料理や運動が苦手だとついついさぼってしまうことなどです。
自己管理ができるかどうかが鍵になるので、自分に甘めな人には向きません。

また、これまでと違う生活をしなければならないことからストレスになり、それが薄毛の原因になることもあります。

<注意点>

この方法は最も簡単かつ有効な方法ではありますが、自分に何が不足しているのかわからないと、思ったような効果が出ない場合があります。

たとえば、タンパク質が重要な成分だということは知られていますが、ビタミンとミネラルがなければ何の役にも立ちません。
食材のタンパク質は一旦アミノ酸に分解され、必要な形のタンパク質に再合成されて始めて有効に使われます。

髪や頭皮はケラチンというタンパク質でできており、これを合成するにはビタミンとミネラルが必要なのです。
そのため、いくらタンパク質を摂ってもビタミンやミネラルが不足していれば頭皮の細胞や髪の毛に変化することができず、そのまま排出されてしまうのです。

自分に何が不足しているのか、は健康診断で判断することができます。
健康診断を定期的に受け、自分の身体がどういう状態で何が不足しているのか、しっかり把握しましょう。

②市販の育毛剤~メリット・デメリット・注意点

今最も熱いのが、女性の育毛剤市場です。
次々に大手メーカーが参入し、新聞にも一面広告が掲載されるほどで、高い効果が期待できます。

<メリット>

女性の薄毛の原因を追究し、髪の毛を増やしたいという願いを叶えるべく多くの有効成分を配合しています。

特に女性の薄毛は頭皮の血行不良や乾燥が原因なので、それらを改善する成分がたっぷり入っています。
医薬部外品で、厚生労働省から育毛効果があると認められた成分が配合されており、効果が出やすいのもメリットです。

また、特に女性用は安全性に非常に気を使っており、無添加や天然由来成分を多く配合しています。

コストも1ヶ月3,000~6,000円台が多く、捻出しやすい額です。

<デメリット>

安全性が高い分、作用は穏やかになります。
薄毛治療専門クリニックで処方される医薬品と比べ、副作用は少ないものの実感できるまでに時間がかかります。

また、各メーカーで独自の研究をしており、配合される成分も違いますから、髪質や頭皮の状態などによっては効果が出にくい場合があります。

また、安いとはいえ1年で5万前後はかかりますから、なかなか効果が出ない場合ちょっと痛いですね。

<注意点>

天然由来成分を多く使用しているものが多く、人によってはアレルギーを引き起こす可能性がありますから、成分チェックとパッチテストは必須です。

また、肌に合わなかった場合、返金を受け付けてくれるところとそうでないところがあります。
初回のみ、定期購入のみ、配送時に届けたものすべてが揃っている場合のみ、といった返品規定がありますので、購入前に必ず確認しておきましょう。

③ツボ押し~メリット・デメリット・注意点

一円もかからず、しかも効果があるといわれるのがツボ押しです。
頭部にはたくさんのツボが存在し、主に血行を良くして頭皮環境を良くする働きがあり、抜け毛を防いだり傷んだ髪を保護したりする作用があるといわれています。

<メリット>

時間も場所も問わず、思いついた時にさっと押すだけの手軽さが最大のメリットです。
1か所につき1日数回、1回につき2~3分で良いですし、ツボを選べば人前でやってもあまり目立ちません。
薄毛改善が実感できるには時間がかかりますが、頭部をツボ押しすると血流が良くなって頭がすっきりしたり、顔のたるみが改善されたりといったメリットもあります。

<デメリット>

ツボというのは、各臓器につながっています。
そのため、その臓器が原因で薄毛になっているのでない場合、効果は出ません。
例えば、おでこの生え際にはホルモン分泌に効果があるツボがありますが、薄毛の原因が女性ホルモンのバランスの乱れでない場合はいくら押しても意味がありません。

また、一つのツボにはいくつもの効能があり、たとえ薄毛に効果のあるツボだからといってすぐ効果が出るとは限りません。

一例を挙げると、頭頂部の真ん中に「百会」という万能のツボがあります。
その効果がすぐ抜け毛の改善に出ることもあれば、先に自律神経の調節やストレスの解消に現れてしまう場合もあるのです。

<注意点>

どのツボを押すべきか、はその人の薄毛の原因によって違います。
できれば何度か施術院に通い、自分に適したツボを教えてもらうようにしましょう。

また、押し方も大切です。
頭皮の下数ミリのところに毛細血管があり、乱暴に押すと切れてしまいます。
痛みを感じない程度、気持ち良いというところで止めましょう。
プロの中にはかなり強い力で押したり揉んだりする施術師もいますが、自分では行なわないでください。

④漢方薬の服用~メリット・デメリット・注意点

kanpou

漢方薬は中国医学と日本伝承医学がドッキングしたものと考えて良いでしょう。
ツボと同様、内臓を健康にすることで薄毛を改善させる効果があります。

<メリット>

錠剤や粉になっているので飲みやすく、とても手軽です。
また、内臓の不調を整えながら薄毛を治していくので、全身の調子が良くなります。

<デメリット>

薄毛治療のために使用する場合、高額になってしまいます。
病院で漢方薬を処方してくれるのは、病気だと判断された時のみです。

何らかの病気の症状として髪が抜けるのであれば保険対応になりますが、薄毛のみの場合は保険は使えません。
かといって市販品はものによっては高額で1ヶ月1万円以上になり、続けるにはキツイと感じる人が多いようです。

また、日本で手に入る漢方薬は生薬そのものではないため、効果が出るのに時間がかかります。

<注意点>

漢方薬はサプリメントではなく医薬品です。
気軽に使用できるようなイメージを抱かせるCMもありますが、実際には副作用もあり、長期使用するには注意が必要です。

また、薄毛に効果があるといわれる漢方薬は何種類もあり、自分の体質に合ったものを選ぶのはかなり難しいとされています。
自己判断せず、一度中国医学や漢方薬を正式に勉強した医師や施術師に問診してもらうことをお勧めします。

専門機関による薄毛対策4選

senmonkikan

最近は女性専用の薄毛治療クリニックが増え、北海道から沖縄まで全国に広がっています。
それだけ多くの女性が薄毛に悩み、髪の毛を増やしたいと真剣に願っているのですね。

施術方法にも内服薬や塗り薬から、増毛、植毛、幹細胞再生治療と、高度な手術を必要とするものまであります。
ほとんどのクリニックでは無料カウンセリングを行なっているので、自分の頭皮の状態やどんな治療が良いか判断してもらうことができます。

①処方薬による治療~メリット・デメリット・注意点

女性の場合、内服薬や塗り薬などで改善することが多いといわれ、どのクリニックも投薬が治療のメインになっています。
大手クリニックでは自社開発の発毛薬やサプリメントや、海外製の育毛薬などを使用するところが多いようです。

<メリット>

発毛薬は医薬品で髪の成長に作用することが認められている成分を配合しており、多くの患者を実際に治療してその効果を確かめているので、効果は高いと考えられます。

また、治療といっても投薬とその効果の確認がほとんどなので、1~2か月に一度の通院で良く、さらに駅の近くにあるクリニックが多くアクセスが便利なのもメリットです。

<デメリット>

1ヶ月にかかる費用が割高になるのが最大のデメリットでしょう。
薬が増えればその分費用もかかり、平均して月1.5~2万円は覚悟したほうが良いでしょう。

また、薬はオリジナル処方といっても、患者一人一人に合った処方になっている訳ではないため、効果が出にくい場合もあります。
するとさらに高価な治療を勧められることになり、場合によってはかなり多額になってしまう可能性もあります。

<注意点>

自分では判断できない頭皮の状態を、専門クリニックで検査を受けることで正確に診断してくれる点は非常にメリットです。
また、自社開発の育毛剤や発毛剤を数種類用意し、患者により効果が出やすい薬を処方してくれるところもあります。

しかし、それでも必ずしも効果が出るとは限りません。
また、医薬品の場合、人によっては副作用が強く出てしまう場合もあります。

②増毛~メリット・デメリット・注意点

増毛とは、自毛に人工の毛を足して増やす方法です。
女性の場合、自毛に手作業で1本1本人口の毛を結びつける「結毛式(増毛エクステ)」が多く、そのほか土台になる糸を自毛に編み込み、その糸に人工の毛を編み込む「編み込み式」や、人工の毛を植えたシートを貼り付ける「接着式」もあります。

<メリット>

結毛式の場合少しずつ増やすことができるので、周りに気づかれにくいのが魅力です。
自毛の色に合わせてくれる上に増やす量や場所を調節できるので、ウィッグと違いとても自然です。

人工の毛は簡単に抜けることはなく、シャンプーやドライヤーの使用もできます。
手間がかかりそうですが、熟練した施術者なら美容院でのカットとそう変わらない時間で増毛してくれます。

<デメリット>

女性に多く使われる結毛式は、自毛に人工の毛を結びつけるため、髪と頭皮に負担がかかり、これが抜け毛の原因になることもあります。

また、結毛式の場合自毛の根元に結ぶのですが、自毛が伸びると結び目が段々上がってきてしまいます。
そのメンテナンス費用が別途かかるため、トータルで考えるとウィッグなどに比べて割高になることが多いです。

さらに、人工の毛の長さが決まっているため髪を伸ばすことはできませんし、パーマやカラーリングもNGのことがほとんどです。

<注意点>

いくらしっかり自毛に結び付けたり編み込んだりしても、ある程度は抜けてしまいます。
髪質や施術者の技術レベルによってはかなり抜けてしまうこともあります。

費用はサロンや本数によってまちまちですが、平均して1本の増毛が50円程度で、400本前後が中心なので、トータルで2万円前後です。
さらにメンテナンス費用が1回につき1~2万かかるので、できるだけ回数を減らしたいところです。

しかし、結び目が上がってくるとシャンプーやブラッシングの時に引っかかりやすくなるため、1~1.5ヶ月に一度はメンテナンスに通うことになるでしょう。
メンテナンスには結び目を根元に下ろす方法と、すべて付け替える方法があります。

すぐに増やしたい人には最適な方法ですが、維持費はかなりかかると考えましょう。

③植毛~メリット・デメリット・注意点

植毛とは、自分の頭皮の一部を別の場所に移植する方法です。
最近はメスを使わずに髪の毛包部を取り出し、薄毛部分に埋め込むというFUE法が多くなっていますが、メスを使うFUT法のクリニックもあります。

<メリット>

植毛は抜けにくい部位の髪の毛から採取するので定着率がとても良く、自分の髪の移植なので全く違和感がありません。
また、増毛のようなメンテナンスも一切要りません。

FUE法の場合、1ミリ以下の穴を開けて毛包部をくり抜く方法なので傷が小さく、痛みもほとんどありません。

FUT法は傷口は大きくなってしまいますが、髪の定着率が非常に高いというメリットがあります。

<デメリット>

FUE法は施術者の腕の良し悪しによってかなり差が出る方法です。
毛包部を採取する時に毛根を傷つけてしまい、せっかく植毛しても根付かなかったり、傷口が大きくなったりすることがあるのです。

また、手作業なのでかなり時間がかかります。
最近はロボットによるFUEを行なうクリニックもあり、こちらは正確性も速度もかなりアップしています。

FUT法はメスで頭皮を帯状にカットし、そこから毛包を切り取って移植する方法になるので、手術跡が大きく残ってしまい、女性向きとはいえません。

<注意点>

どの程度植毛するかによって費用はかなり違います。
植毛の場合、単位をグラフトといって毛包ごとに計算します。
大体1グラフトが1,000円前後で、100~500グラフト植毛することになるので、基本料金と合わせて50万から100万程度かかります。

クリニックによって手術方法も費用も違いますので、何か所か回って詳しい説明を聞いてから判断しましょう。

④幹細胞再生治療~メリット・デメリット・注意点

幹細胞とは、細胞分裂する能力と別の種類の細胞に分化する能力を持った特殊な細胞のことです。
この幹細胞を頭皮に注入することで毛根部にある毛包幹細胞が活性化し、それが毛母細胞や血管の機能が改善されるのです。

アメリカで開発され、イギリスと日本の聖心美容クリニックが臨床研究を行ない、有効性と安全性が確認されています。

<メリット>

臨床結果では毛密度や本数、ヘアサイクルなどすべてが改善されており、高い効果が期待できます。
手術は1回のみなので、身体にも負担がかかりません。

<デメリット>

現在のところ、日本で幹細胞再生治療を行なっているのは聖心美容クリニックのみで、費用は150万円、モニター価格でも60万円かかります。

<注意点>

幹細胞再生治療は非常に高価なため、現在は幹細胞から採れる幹細胞成長因子(グロースファクター)を使用した治療法が増えています。
クリニックによって呼び名は違いますが、成長因子に他の有効成分をプラスしたものを頭皮に注射する方法です。

幹細胞再生治療法よりはかなり安くなりますが、数回の治療が必要で、トータルで20~40万円前後かかります。

女性の薄毛は治る可能性が高い

naoru

女性の薄毛は原因が複雑です。
加齢、遺伝、女性ホルモン、食生活、運動、睡眠、ストレスなどが複雑に絡み合っていて、どれか一つということはまずありません。

しかし、加齢はどうしようもありませんが、後の原因は改善が可能です。
そのため、時間はかかってもあきらめなければ治る可能性が高いのです。

放っておくのは危険!早めの対処が結果に繋がります

治る可能性が高いといっても、放置していてはどうにもなりません。
薄毛になる原因があるのですから、その原因に対処する必要があります。

髪にハリやコシがなくなって来た時点ですでに髪は栄養不足になっていて、髪を育てる毛母細胞が弱っていることが考えられます。
そのままにしておくと毛母細胞の働きはどんどん弱くなり、髪が抜けたり細くなったりしてしまいます。

また、最近フケが増えて来た、かゆみがあるといった場合も、頭皮環境が悪化している可能性があります。
頭皮の乾燥や皮脂過剰、炎症などはどれも毛母細胞にダメージを与え、髪を成長させる機能が低下してしまいます。

髪の毛を増やしたいと本気で願うなら、悩むよりまずはできることを実行しましょう。
そして、髪の毛の変化を実感できるまでには少なくとも3か月~半年かかるので、1ヶ月程度で結果が出なくてもあきらめないでくださいね。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3マイナチュレ カラートリートメント人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品

マイナチュレ カラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
3,240円0円200g
(約6回)
2,414円7日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント