【最新版】今使うべき女性用育毛剤はコレ!女性用育毛剤-人気ランキング2017-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 女性の薄毛 > 【最新版】今使うべき女性用育毛剤はコレ!女性用育毛剤-人気ランキング2017
2017
【最新版】今使うべき女性用育毛剤はコレ!女性用育毛剤-人気ランキング2017
  • facebook
  • twitter
  • LINE
最新の女性用育毛剤人気ランキングのご紹介

髪のトラブルを抱える女性が増えるにつれ、女性用育毛剤もどんどん新製品が出てきています。
手頃な価格な商品が多く、試してみたいと考えている女性も多いのでは?
しかし、現在60以上の女性用育毛剤が販売されており、ありすぎてどれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。

そこで、当サイトで人気の高い女性用育毛剤をピックアップしましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位グローイングショット カラートリートメントグローイングショットエイジングケアに力をいれた製品4.6星星星星星3.5星星星星星4.3星星星星星詳 細

女性用育毛剤が人気です

ninki

以前は、育毛剤といえば男性用でした。
確かに、男性の場合ハゲというかなり目立つ状態になってしまうため、商品開発もかなり進められていましたが、女性の薄毛に関してはそれほど注目されていませんでした。
しかし実際には多くの女性が髪のトラブルに悩んでいたのです。

女性用育毛剤はどれを使っても同じではない

男性と女性では髪の悩みもその原因も全く違いますが、実は女性同士でも人によって違います。
お肌のトラブルだって、20代と50代では全く違いますよね。
同じ乾燥でも肌の浸透力や維持力に大きな差があるため、年齢に合ったものを使用しなければ効果は望めないのです。

それは女性用育毛剤も同じです。
10代や20代の場合、髪や頭皮のトラブルの原因の多くは生活習慣の乱れによる乾燥や血行不良なので、育毛シャンプーやサプリを使用し生活習慣を改めるだけで改善する場合もあります。

しかし、30歳を過ぎると髪の健康を保つために重要な役割を果たす女性ホルモンの分泌量が減り始め、さらに加齢による細胞の老化も進んでいくため、それを補う成分が配合された育毛剤を使用しないとなかなか改善しないことが多いのです。

また、どれほど効果がある成分が配合されていても、肌に刺激を感じてしまう人もいます。
天然由来成分たっぷりで人気のある育毛剤でも、成分の中にアレルギーを起こすものが含まれているかもしれません。

そのため、本当に自分に合った女性用育毛剤を吟味する必要があるのです。

女性用育毛剤が多くの女性の支持を得ている理由

このように、どんな育毛剤でも良いということはありませんが、女性用育毛剤が多くの女性の支持を得ていることは60種類以上販売されていることからもわかりますね。
実際に使用しているのはどのくらいの割合なのでしょうか。

このところ様々な団体が女性の髪についてのアンケートを取っており、その一つであるサンケイリビングの2014年のアンケートでは、20歳~80歳の女性940人のうち、髪に悩んでいる女性が89.7%という高い結果が出ています。

実際のケアとして育毛剤を挙げている人は、薄毛の場合9.6%、ハリ・コシ減少の場合5.6%、抜け毛の場合7.3%とまだ決して高くないように思えますが、それでも約10人に一人は使用していることになります。

また、面白いアンケートとして「夫やカレ、父親の薄毛対策として何を勧めるか」という趣旨の質問に対し、47.1%の女性が「育毛剤を勧める」と回答しており、育毛剤に対してある程度信頼していることがわかります。

多分、「育毛剤=男性用」という考え方がまだ強く残っていて、自分が使用するのは躊躇してしまう、という女性が多いのでしょう。

しかし、女性用育毛剤を使用している人の多くは、最初は毎日のシャンプーを念入りにしたり、シャンプー剤を変えたり、マッサージをしたりしたものの、思ったような効果が出なかったために育毛剤に切り替えたのです。

また、食事に気をつける、ストレスを溜めないようにする、睡眠を十分に取るといった対処方法で成功している人もいますが、多忙でなかなか継続できないことも多いようです。

その点、育毛剤なら1日1~2回の使用で良いので、シャンプー時や朝の洗顔時に使用することを習慣づけてしまえば、とても簡単で手間いらずです。
さらに、女性用育毛剤は女性の薄毛の原因とその症状を研究し、様々な成分を配合しています。

植物由来であったり、最新技術で開発された高機能成分だったりと、各メーカーがしのぎを削っているので、高い効果が期待できるのです。

育毛剤は使用してすぐに効果が出るものではないため、ある程度の期間使用を続けなければなりません。
1ヶ月程度の使用であきらめてしまう人がまだ一定数いるのは残念ですが、当サイトおすすめのベルタ育毛剤やミューノアージュ、長春毛精、マイナチュレなどはどれも高い人気を誇り、リピーターも多い商品です。
リピーターの多さが育毛剤の効果を感じているということの証明ですね。

女性用育毛剤を使うべきなのはこんな人

tsukaubeki

正直にお話すると、薄毛や抜け毛など髪トラブルを感じたら必ず育毛剤を使用しなければ改善しない、という訳ではありません。
女性の髪トラブルには様々な原因がありますが、特に10代20代の髪トラブルは育毛剤よりシャンプーを変えたり、生活習慣を見直したりするほうが効果的なこともあります。

育毛剤を使用していただきたいのは、以下にあげるような人です。

以前より、目に見えて抜け毛が増えてきた

抜け毛の量が1日50~100本、秋口はその2~3倍程度であれば、特に問題はないとされています。
また、女性は女性ホルモンの作用によって、男性に比べると抜け毛が少ないという特徴があります。

しかし、それまでとは明らかに抜ける量が違うという場合、ヘアサイクルが乱れていることが考えられます。
シャンプー時の抜け毛がとても増えてきて、何か月も減る様子がないといった場合は、育毛剤を使用したほうが良いかもしれません。

女性の髪の寿命は4~6年とされ、その大半が成長期なのですが、ヘアサイクルが乱れると成長期が短縮され、そのまま退行期と休止期を経て数か月後に抜けてしまいます。
髪は1ヶ月で1~1.5センチ程度伸びますが、成長期が短くなると5~10センチ程度で抜けてしまうこともあります。

この原因として考えられるのが、女性ホルモンの減少と、それに伴う男性ホルモンの影響力の増加です。
女性にも男性ホルモンは分泌されていますが、通常であればそれほど髪に対する影響はありません。
しかし加齢や無理なダイエット、ストレスなどによって女性ホルモンが減少すると相対的に男性ホルモンの作用が強くなることがあり、その場合抜け毛が増えてしまうのです。

こんな場合は、女性ホルモンに似た作用をする成分や、女性ホルモンの分泌を促す作用がある成分、あるいは男性ホルモンの分泌を抑制する成分が多く含まれる女性用育毛剤を使用すると効果が出ます。

なお、男性ホルモンの影響が強くなったからといって、男性用育毛剤を使用するのはNGです。
女性の肌には刺激となる成分が配合されていることもあり、効果は出にくいとされているのです。

そのほか、ストレスによる抜け毛もあります。
ストレスを感じると血管が収縮してしまい、頭皮に十分な栄養が届かなくなります。
この状態が長く続くと髪は栄養不足になってしまい、成長期が止まって抜けてしまうのです。

髪の成長が止まってから実際に抜けるまでには3か月前後かかるため、抜け毛が増えたと感じたら数か月前に強いストレスがなかったか、考えてみましょう。
思い当たることがある場合、そのストレスがなくなっても約3か月後までは抜け毛は増えます。

育毛剤にはストレスを直接解消させる作用はないものの、ストレスは血行不良を引き起こすため、血行促進作用のある成分が配合されている女性用育毛剤を使用することで、効果が期待できるのです。

髪が細くなり全体的にボリュームが減ってきた

女性の薄毛や抜け毛の多くは、「びまん性脱毛症」と呼ばれる、髪が細くなりボリュームが減るタイプです。

びまん性脱毛症には明確な原因はなく、女性ホルモンの減少、ダイエットや偏食による栄養不足、運動不足、睡眠不足、老化、紫外線、ストレス、遺伝、間違ったヘアケアなどが重なって起こると考えられています。

早い時期であれば生活習慣を見直すだけで効果が出ることもありますが、30代後半~40代になると加齢による細胞の劣化と女性ホルモンの減少速度が早くなるため、セルフケアだけでは改善しにくくなってきます。

びまん性脱毛症の場合、頭皮が乾燥して紫外線の影響を受けやすくなっていたり、頭皮が硬くなって血行不良を引き起こしたりしていることが多いため、女性用育毛剤で保湿や血行促進を促してあげることが大切になってきます。

髪の毛のハリ、コシ、ツヤがなくなってきた

特にヘアケア方法を変えていないのにハリ、コシ、ツヤがなくなってきたという場合、髪に加齢の影響が出ている可能性があります。
花王株式会社 ヘアケア研究所によると、女性の髪のツヤは35歳前後から低下し、同様に太さもその頃から細くなっていきます。

これは女性ホルモンの減少によるところが大きいとされています。
さらに、加齢によって髪を作る毛母細胞が細胞分裂の際に微妙に変化を起こしやすくなることも、原因の一つと考えられています。

若い頃に比べて髪にクセやうねりが出てきたという場合、髪の成分が偏ってきていることが多く、うねることでツヤが出にくくなるのです。

髪にハリやコシ、ツヤがなくなる原因にはダイエットや偏食による栄養不足も考えられ、特にタンパク質、ビタミンあるいはミネラル不足によって髪の成分に問題が起こる場合もあります。
その場合は育毛剤よりまずは食生活の改善が第一です。

しかし、食事に問題がない場合は、加齢や女性ホルモンの減少による髪と頭皮の老化が考えられるので、女性用育毛剤でそれらの原因に対応した成分を補給することをおすすめします。

女性用育毛剤人気ランキング

2017

女性用育毛剤には、成分の種類が多く、様々な薄毛・抜け毛などの原因に対応しているオールラウンド型のものと、ある原因の改善をより強化してあるものがあります。
その中で、人気の高い女性用育毛剤をご紹介しましょう。

女性用育毛剤-人気ランキング2017!

①ベルタ育毛剤

オールラウンド型育毛剤の代表で大人気なのが「ベルタ育毛剤」です。
56種類もの有効成分と頭皮ケア成分が配合されていて、その濃度はなんと99.9%。
ほぼすべての成分が育毛・養毛のために選び抜かれた天然由来のものです。

血行促進、保湿成分はもちろん、フケやかゆみの予防、頭皮の引き締め、抗菌、悪臭カット、抗酸化、エイジングケア、ハリ・コシアップのための成分まで配合されています。
さらに、女性用育毛剤にはまだあまり含まれていない抗糖化成分や、女性ホルモンと似た働きをする天然成分も入っていて、まさに万能型の女性用育毛剤なのです。

しかも、これだけたっぷり成分が配合されているのに16種類の無添加で、肌にとてもやさしいのもメリットです。

②ミューノアージュ Wアプローチヘアプログラム

皮膚科形成外科医開発の2剤式育毛剤です。
これまでの診察経験から、浸透が良く効果がアップするとの判断であえて面倒な2剤式にしたあたりが、いかにも「ドクターズコスメ」ですね。

1剤には17種類、2剤には22種類の成分が配合されており、血行促進、保湿、抜け毛予防、頭皮の引き締め、悪臭カット、抗酸化、エイジングケア、育毛促進などに効果が期待できる成分が配合されています。
2剤にダイズエキスが含まれていますが、これは女性ホルモン様作用と保湿・細胞活性効果があります。

6種類の無添加で、ほかの女性育毛剤にない特徴として、アルコール(エタノール)フリーがあります。
アルコールは溶剤として必ずといって良いほど配合されるものですが、2剤式にしたことでアルコール不使用が実現でき、頭皮が敏感な女性でも安心して使用できることから人気があります。

③長春毛精

日本の老舗育毛サロンのバイオテックと、中国医学専門の長春中医薬大学(旧長春中医学院)が協力して作られたのが長春毛精です。
日本で医薬部外品に配合できる漢方生薬の中から12種類を厳選し、女性の育毛・養毛に効果を上げています。

血行促進、保湿、抜け毛予防、フケやかゆみの予防、頭皮の引き締め、抗菌、抗酸化、エイジングケア、ハリ・コシアップなどを促進する成分が配合されています。
女性ホルモン関連の成分は配合されていないのですが、中国で古くから婦人病の治療に用いられてきたトウキエキスが配合されていて、血行促進や保湿に高い効果が期待できます。

香料やシリコーンなどの添加物が多少配合されているので、肌が敏感な場合は注意が必要かもしれません。

④マイナチュレ

マイナチュレもベルタ育毛剤と同様、万能型の女性用育毛剤で高い人気を誇ります。
27種の天然成分と10種類のアミノ酸を含む51成分が配合されており、血行促進、保湿、抜け毛予防、フケやかゆみの予防、頭皮の引き締め、皮脂抑制、抗菌、悪臭カット、抗酸化、エイジングケア、ハリ・コシアップが期待できる成分が配合されています。

女性ホルモン様成分や髪の成長期を伸ばしてくれる成分も入っているので、短い抜け毛が増えた人に効果がありそうですね。

マイナチュレは11種類の無添加で、頭皮にとって余計なものは一切入れないというポリシーを持っています。
そのため、妊娠中や授乳中でも安心して使用できるのが嬉しいところですね。

⑤レフィーネ ナノビア

他商品に比べると成分が17種類と少なめで、どちらかというと40代以降向けです。
血行促進、保湿、フケやかゆみの予防、頭皮の引き締め、皮脂抑制、抗菌、エイジングケア、ハリ・コシアップに効果のある成分が配合されています。

育毛促進作用のある成分や女性ホルモン様成分、さらにストレスに対抗できる水溶性ビタミンも入っているので、特に40代以降で薄毛がかなり目立つようになった女性に使っていただきたい商品です。

また、公式サイトには5種類の無添加と書かれていますが、実際には①~④の製品より刺激のある添加物が少ないので、肌がかなり敏感な人でも使用できます。
ただ、悪臭を防ぐ成分は含まれていない上に無香料なので、加齢臭で悩んでいる場合はシャンプーなどで別のケアをしたほうが良いでしょう。

せっかく女性用育毛剤を使うなら

tsukau

いくら手軽といっても毎日1~2回塗布し続けるのですから、無駄にはしたくないもの。
毎日続ければいずれ効果が出てきますが、少しでも早い効果を期待するのであれば、以下のことを守りましょう。

パーマやヘアカラーはしばらくお休みしましょう

女性用育毛剤さえ塗っていれば、後は頭皮や髪を痛めつけても良いということではありません。
パーマやヘアカラーが髪の毛にダメージを与えることは知られていますが、頭皮に関しては案外無頓着になっていませんか?

髪の毛と頭皮は同じケラチンというタンパク質でできており、髪が傷めば頭皮にも同様のダメージが起きています。
パーマ液やカラー剤を塗っている時に、かゆみや熱を感じた経験を持つ人は多いと思いますが、それは薬剤によって頭皮が変質しているというサインなのです。

どれほど有効な育毛剤を使用しても、薬剤によって髪を作る毛母細胞が変質してしまったら意味がありません。
ダメージが深ければ毛母細胞のDNAが損傷され、二度と前と同じ髪を作ることができなくなってしまうのです。

髪の悩みを感じたらもうパーマやヘアカラーは卒業するのが一番なのですが、おしゃれや身だしなみとしてパーマやヘアカラー、白髪染めをしたいという女性は多いでしょう。
その場合は、せめて抜け毛や薄毛が改善されるまではお休みしましょう。

それも嫌な場合は、髪の毛が傷むことは必要悪として受け入れ、できるだけ根元から離れた部分からパーマをかけたり、傷みが目につきにくい奥の部分にハイライトを入れたりして対処しましょう。
技術のある美容師に相談すれば、極力ダメージの少ない方法で施術してくれます。
また、白髪はヘアカラートリートメントやヘアマニキュアで対処しましょう。

「育毛剤の後には頭皮マッサージ」を習慣に

shuukan

これまでに自己流のヘアケアをしてきて効果がなかったという場合、かなり頭皮環境が悪くなっている可能性があります。

頭皮に触って硬いと感じた場合、頭皮の柔軟性が失われて下の毛細血管が潰されています。
すると血行が悪くなり、十分な栄養が頭皮に届かなくなってしまうのです。
頭皮環境が悪くなると、せっかく育毛剤を塗布して浸透したように見えても、成分を頭皮にキープすることができません。

育毛剤を塗ってもあまり効果が出ないという場合は、頭皮マッサージを併せて行なうようにしてください。
マッサージを行なうことで頭皮が柔らかくなり血流が良くなると、新陳代謝が促されて頭皮が育毛剤を吸収する力がアップします。
それによって、育毛剤の効果がより早く出るようになるのです。

また、頭皮マッサージは頭がすっきりしますし、顔のリフトアップにも効果がありますから、育毛剤を塗る時だけでなく、思いついた時に数分で良いので行なうようにしましょう。

焦りは禁物!使い続けることが大事です

育毛剤を使用しても効果が出ないとあきらめてしまう人の多くは、1ヶ月程度で効果を実感できるものと考えています。
しかし、どれほど人気がある育毛剤を使用しても、その程度で改善を感じ取れる人はほとんどいません。

というのは、育毛剤を使用し始めた段階では頭皮環境はマイナスの状態で、それをプラス環境に持っていくには、頭皮の新陳代謝を待たねばならないからです。
肌の新陳代謝は約28日といわれますが、これは20代までのことで、30代以降はその1.5倍、50代になると2~3倍はかかるといわれていますから、1ヶ月で突然健康で太い髪が生えてくることはあり得ないのです。

また、生え始めの髪は柔らかく細い産毛状態で、ハリやコシ、ボリュームなどがアップしたと感じるのは数センチ伸びてからです。
髪は1ヶ月で1~1.5センチ程度しか伸びないので、実感できるまでには最低3ヶ月~半年はかかると考えましょう。

育毛剤の使用は勇気がいることかもしれません。
そんな場合は、まずは生活習慣を改め、栄養を考えた食事を摂るようにしてみてください。

それでも改善されないという場合には、このサイトで紹介した人気の女性用育毛剤を試してみてくださいね。
そして、始めたら焦らず、気長に取り組みましょう。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3クロエベールとにかく使いやすさが秀逸な商品

クロエベール
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,880円600円100g
(約4回)
5,220円5日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント