1,3-ブチレングリコールの成分解説と安全性、役割

リカラ
トップ > 白髪染め・カラートリートメントの成分一覧 > 1,3-ブチレングリコール

白髪染め・カラートリートメントの成分解説

1,3-ブチレングリコール

学名
用途・効果
安全性 ()
よく使われる商品例 固形石鹸、洗顔フォーム、クレンジング、化粧水、乳液、美容液、保湿クリーム、パック、ピーリング、ボディケア、アイケア、ハンドケア、デオドラント・制汗剤、化粧下地、顔用・ボディ用日焼け止め、オールインワン、ファンデーション、パウダー、シャンプー、コンディショナー、トリートメント、頭皮ケア、ヘアカラー・白髪染め、ブリーチ剤

1,3-ブチレングリコールとは?

化粧品成分によく「BG」と書かれているのが、この1,3-ブチレングリコールです。
アセトアルデヒドから合成された二価アルコールで、水と良くなじみ、高い保湿性があります。
またアルコール成分なので抗菌性や抗酸化作用もあります。

1,3-ブチレングリコールは湿度によって吸湿性が変化するという特徴があり、湿度が低ければ吸湿性が高くなり、湿度が高ければ吸湿性が低くなります。
そのため水分量を一定に保つことができ、化粧品に配合するとモイスチャバランスを良くします。
同じアルコールの保湿成分にグリセリンがありますが、それより使用感がさっぱりしており、保存性もあります。

また、植物エキスを抽出する際には1,3-ブチレングリコールかエタノールが使用されることが多いのですが、エタノールは肌を乾燥させるため、最近は主に1,3-ブチレングリコールが使用されています。

1,3-ブチレングリコールの安全性は?

アセトアルデヒドはエタノールが酸化してできる物質で、体内ではアルコールを分解した時にできる成分です。
これは有害とされ、シックハウス症候群の原因となる物質の一つでもあります。
安全性は高いとされ多くの化粧品に配合されていますが、アレルギーがある場合や肌が敏感な人は一応パッチテストをしたほうが良いでしょう。

1,3-ブチレングリコールの役割は?

保湿性が高く肌の状態を安定させるため、多くの化粧品に配合されています。
またビタミンCの酸化を抑制する働きがあるので、ビタミンC配合の日焼け止めや化粧下地にもよく使用されます。

- Attention -

安全性判定は各種文献を参考に当サイトの見識による独自の判定としております。特にアレルギーなどが心配な方は必ず医師に相談のもとご利用ください。

・含有量について
各成分の含有量は成分表示順に基づいて算出しておりますが、1%未満の成分については順不同にて掲載されており、どこからが1%未満なのかの明示はないため、成分表示順にて含有量を算出しております。

・色剤
着色料や染料は配合の量に関係なく、最後にまとめて表示するルールとなっているため実際の含有量はグラフよりも多くなっている可能性があります。(特にタール系色素が含まれている場合にはご注意ください)

・メイコンテイン表示
同一製品で色違いの商品など、色剤のみが異なる場合、(+/-)の表示の後に全色の含有成分をまとめて記載出来る制度のこと。当サイトでは記載された全成分を判定対象としています。

<参考文献>
自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典
化粧品成分用語事典
化粧品成分ガイド

利尻ヘアカラートリートメント

先月の売れ筋ランキング

おすすめのキャンペーン情報

注目の特集

話題のテーマ

比較リストで確認

比較リストに追加した商品は「比較表を見る」ボタンを押すと、まとめて比較することができます。
比較表を見る

比較リストで確認