アモジメチコンの成分解説と安全性、役割

リカラ
トップ > 白髪染め・カラートリートメントの成分一覧 > アモジメチコン

白髪染め・カラートリートメントの成分解説

アモジメチコン

学名 AMODIMETHICONE
用途・効果 髪のコーティング
安全性 C (危険性は少ないもののなるべく使用は控えたい成分)
よく使われる商品例 乳液、美容液、パック、顔用日焼け止め、ファンデーション、パウダー、チーク、アイライナーシャンプー、コンディショナー、トリートメント、カラートリートメント、ヘアスタイリング

アモジメチコンとは?

アモジメチコンは、ジメチコンの末端にアミノ基がついたアミノ変性シリコーンです。
ジメチコンとは最もよく使用されているシリコーンオイルで、べたつきが少なく薄く伸びて、なめらかな感触を与える成分です。
網状の形状をしているため皮膚全体に密着することはありません。
また、シリコーンは人工の油で自然由来の油のように酸化することがないため、肌や髪へのダメージはむしろ低いとされています。

アモジメチコンはジメチコンにアミノ基がついているため陽イオン(カチオン)性を持ち、肌や髪への吸着力が高くなった成分です。

アモジメチコンの安全性は?

シリコーンといっても肌全体に密着するものではないので、それほど心配する必要はありません。
しかしアモジメチコンはジメチコンより吸着力が強いため、洗浄力の弱い洗浄剤では完全に落とせない場合があります。
吸着力が強いということは皮脂やほこりも付着させてしまうため、それがかゆみや炎症の原因になることは考えられます。
またかなり傷んだ髪に使用すると、シャンプー時にキューティクルごと剥がれてしまう危険性もあるといわれます。

アモジメチコンの役割は?

傷んだ髪の部分に吸着することで保護し、広がりを抑えてくれます。
ジメチコンよりしっとり感があり、柔軟性やツヤを演出する働きもあります。
また薄い皮膜を作り水分を逃がさないため、基礎化粧品や日焼け止めに配合されます。
さらに皮膜によって化粧崩れが抑えられるため、メイクアップ化粧品に使われることもあります。

- Attention -

安全性判定は各種文献を参考に当サイトの見識による独自の判定としております。特にアレルギーなどが心配な方は必ず医師に相談のもとご利用ください。

・含有量について
各成分の含有量は成分表示順に基づいて算出しておりますが、1%未満の成分については順不同にて掲載されており、どこからが1%未満なのかの明示はないため、成分表示順にて含有量を算出しております。

・色剤
着色料や染料は配合の量に関係なく、最後にまとめて表示するルールとなっているため実際の含有量はグラフよりも多くなっている可能性があります。(特にタール系色素が含まれている場合にはご注意ください)

・メイコンテイン表示
同一製品で色違いの商品など、色剤のみが異なる場合、(+/-)の表示の後に全色の含有成分をまとめて記載出来る制度のこと。当サイトでは記載された全成分を判定対象としています。

<参考文献>
自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典
化粧品成分用語事典
化粧品成分ガイド

ルプルプ

注目の特集

先月の売れ筋ランキング

話題のテーマ

比較リストで確認

比較リストに追加した商品は「比較表を見る」ボタンを押すと、まとめて比較することができます。
比較表を見る

比較リストで確認