Rerise(リライズ) の口コミ・評判

リカラ
トップ > Rerise(リライズ)

Rerise(リライズ) 花王

総合満足度
星星星星星3
  • 16位
    満足度
  • 12位
    染まり
  • 20位
    髪ツヤ
  • 13位
    持続
  • 35位
    コスパ
  • 43位
    香り
  • 20位
    色味
Rerise(リライズ)
  • Rerise(リライズ)
  • Rerise(リライズ)
梱包内容梱包内容
  • ・商品本体
  • ・ビニール手袋
ここがポイント!ここがポイント!
  • 天然染料のみを使用した髪に優しい処方
  • 髪の毛の量や好みに合わせて選べる新タイプ
  • たった5分の放置時間×3回使用でしっかり色づく

新発想の次世代型カラートリートメント

花王から2018年5月に発売された「リライズ」は、次世代型と銘打った新しいタイプのカラートリートメントです。

多くのカラートリートメントは、刺激が少ないように化学合成されたHC染料と塩基性染料が使用されていますが、リライズはジヒドロキシインドールというマメ科植物の成分から作られた天然染料のみで髪を染める商品です。
この成分は黒髪を作るメラニン色素の元となるもので、メラニン色素を失って白くなった髪に与えることで着色するという、新しい発想から生まれました。また、マメ科成分に麹の発酵技術を応用し、髪を傷つけることなく徐々に染めていきます。

カラーは「リ・ブラック」と「グレーアレンジ」の2色で、リ・ブラックは茶系で染めるごとに黒に近くなっていき、グレーアレンジは男性や白髪が多い方用で、白髪が落ち着いたグレーに染まります。

髪の毛をしっとりまとめるタイプとふんわり仕上げるタイプの2種類あり、髪の毛の量や好みに合わせて選べるのも、他商品にはない特徴です。

  • この商品を比較リストに追加する

商品情報

価格(税別) 送料 内容量
?

使用回数はセミロングの標準的な使用量30gを基準にし、クリームの伸び具合やテクスチャなども考慮し独自に算出しています。(シャンプータイプは一般的な使用量の8mlを目安にしています)

月間コスト
?

継続して使う場合の割引制度などを活用し、内容量や色持ちを考慮し算出した想定コスト。セミロングで計算しています。

色持ち
?

3回連続で使用後、何日間キープできるかを計測しています。(シャンプータイプは10日間使用後に測定)

商品発送
?

平日の午前中に注文し商品が発送されるまでの日数を計測しています。

2,700円 500円 155g
(約4回)
4,800円 5日間 1日後

カラー

グレーアレンジ

リ・ブラック

Rerise(リライズ) の項目別評価

評価項目 評価 内容
総合評価 星星星星星 3.0 16位 使いやすさと置き時間の短さは優秀だが、それ以外がもうひとつの印象
染まり具合 星星星星星 3.5 12位 髪の表面は1~2回の使用でカバー可。根元や襟足までしっかり仕上げるには3~4回は必要
髪のツヤ 星星星星星 3.5 20位 コーティング成分が含まれているので使用後はツヤが出るが、持続・修復効果は特になし
持続性 星星星星星 2.9 13位 連続使用のあと、3~4日目には白髪が目立ちます。持続力は悪め
コスパ 星星星星星 2.0 35位 ショートヘアで約4回分の内容量。色持ちが良くないのでコストは高めになります
匂い 星星星星星 1.4 43位 無香料だが、エタノールアミンなどのアルカリ成分が含まれるためアンモニア臭がします
色味 星星星星星 2.5 20位 ブラックとグレーの2色。ブラックは重すぎずナチュラルな色合い
ボリューム感 星星星星星 4.0 11位 ふんわり仕上げタイプは髪の立ち上がりが良くボリューム感が良く出ました
手軽さ 星星星星星 4.2 8位 ワンプッシュで使えるサーバータイプ。クリームもほど良く伸びて扱いやすい。置き時間5分なのも便利

Rerise(リライズ) の染まり具合

  • 使用前

    使用前

  • 1回使用

    1回使用

  • 3回使用

    3回使用

●白髪の多い人には不向き?

繰り返し使うことで徐々に髪色が暗くなっていくタイプで、白髪が多い人がしっかりと染めるには3~4回ほどの連続使用が必要です。
連続使用後は、1週間に一度で良いことになっていますが、実際にはそれほど色が持ちません。
また、染料は天然由来ですが、それ以外はほぼ化学成分で構成されており、アルカリ性も強めなので、髪や頭皮への刺激も注意が必要かも知れません。

Rerise(リライズ) の詳細レポート

●プッシュ式のエアゾールタイプで扱いやすいボトル

商品本体と説明書、ビニール手袋が同梱されていました。
本体のボトルは、クリームに近いエアゾールタイプで使いやすそうです。プッシュボタンを押すだけなので、簡単にクリームが出せて量の調節もしやすく、年配の方も扱いやすいと思います。
ノズルは詰め替え用を買えば取り付けて何度も使えるようです。

●染まる色よりかなり薄いキャラメル色のクリーム

ボトルからマヨネーズのように出てきたクリームは扱いやすい固さ。柔らかすぎて垂れてくることもなく、伸びが悪くべったり重くなることもなく、髪全体に塗り込みやすかったです。
流すときも結構あっさりと落とせるので楽に使えます。

●しっかり仕上げるには3~4回の使用が必要

  • 1回目

    1回目

  • 3回目

    3回目

使ったのはリ・ブラックのふんわり仕上げタイプ。1回の使用で外側で目立っていた白髪は色付きましたが、髪の内側や襟足部分はまだ気になる状態。
回数を重ねるとだんだん髪全体がしっかりとしたブラック系になり、3回目にはほとんど染め残しは無い状態となりました。ただし、よく見ると色付きが悪い箇所もあるので、しっかり仕上げるにはあと1回、計4回は必要みたいです。髪はややふんわりと仕上がりました。

●色落ちが激しく、7日後には元の状態に

  • 5日後

    5日後

  • 7日後

    7日後

繰り返し使ったあとの色付きは概ね良好だったのですが、色持ちは良いとは言えず、3〜4日後には染めたくなるほど白髪が目立ってきました。特に、染まりが悪かった襟足や内側部分は色落ちが早く、髪をアップするとかなり白髪が目立ちます。
全体的にも5日くらいが限度で7日後には元どおりになってしまいました。

●備忘録

・素手に付くとなかなか取れない
説明書に書いてある通り、手袋をせずに使うとすぐに染まりついてしまい、なかなか取れません。手袋は必ず使うことをオススメします。

・刺激が苦手な人は注意が必要
キューティクルを開かせるエタノールアミンが含まれているため、アンモニア臭がします。その他、旧表示指定成分の界面活性剤、ステアルトリモニウムクロリドなども含まれているため、頭皮への刺激が若干あります。染料以外はほぼ化学成分で構成されている商品なので、頭皮の刺激が気になる方は注意が必要です。

・トリートメントタイプより密着性に劣る
エアゾールタイプで窒素ガスが含まれる分、トリートメントタイプに比べ髪への密着性に劣ります。その為、根元や襟足などを染める力が弱くなり、量が必要となります。

●Bランク安全性は高いが、稀にアレルギー報告のある成分

●Cランク危険性は少ないもののなるべく使用は控えたい成分

●Dランク毒性や刺激が強く、なるべく使用したくない成分

- Attention -

安全性判定は各種文献を参考に当サイトの見識による独自の判定としております。特にアレルギーなどが心配な方は必ず医師に相談のもとご利用ください。

・含有量について
各成分の含有量は成分表示順に基づいて算出しておりますが、1%未満の成分については順不同にて掲載されており、どこからが1%未満なのかの明示はないため、成分表示順にて含有量を算出しております。

・色剤
着色料や染料は配合の量に関係なく、最後にまとめて表示するルールとなっているため実際の含有量はグラフよりも多くなっている可能性があります。(特にタール系色素が含まれている場合にはご注意ください)

・メイコンテイン表示
同一製品で色違いの商品など、色剤のみが異なる場合、(+/-)の表示の後に全色の含有成分をまとめて記載出来る制度のこと。当サイトでは記載された全成分を判定対象としています。

<参考文献>
自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典
化粧品成分用語事典
化粧品成分ガイド

利尻ヘアカラートリートメント

先月の売れ筋ランキング

おすすめのキャンペーン情報

注目の特集

話題のテーマ

比較リストで確認

比較リストに追加した商品は「比較表を見る」ボタンを押すと、まとめて比較することができます。
比較表を見る

比較リストで確認