エチルヘキシルグリセリンの成分解説と安全性、役割

リカラ
トップ > 白髪染め・カラートリートメントの成分一覧 > エチルヘキシルグリセリン

白髪染め・カラートリートメントの成分解説

エチルヘキシルグリセリン

学名 ETHYLHEXYLGLYCERIN
用途・効果 湿潤作用、保湿、消臭、抗菌効果
安全性 A (安全性に信頼が持てる成分)
よく使われる商品例 スキンケア化粧品、ヘアケア商品、メイクアップ化粧品

エチルヘキシルグリセリンとは?

以前はオクトキシグリセリンと呼ばれていた成分で、グリセリンと高級アルコールの2-エチルヘキシルアルコールからなる多価アルコールの一種です。
別名として、グリセリンエチルヘキシルエーテル、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテルと記されることもあります。
無色透明な液体で消臭作用があり、防腐剤の使用を軽減する目的でも使用されるケースがあるなど、商品の品質の安定化にも役立てられています。
グリセリンの中でも安全性の高い皮膚コンディショニング剤として、基礎化粧品やメイクアップ化粧品、ヘアケア製品など様々な美容製品に配合され、柔軟剤、保湿剤、殺菌作用などの役割を果たしています。

エチルヘキシルグリセリンの安全性は?

毒性はないとされており、通常の配合量で使用する上では、安全性に問題はない成分と言えます。
保湿性に優れ、殺菌や消臭目的で用いられますが、効果に刺激を受けアレルギーを感じた場合には使用を中止しましょう。

エチルヘキシルグリセリンの役割は?

湿潤性と保湿性に優れることから、洗顔料、化粧水、乳液、保湿液、美容液、クリームなどのスキンケア製品や基礎化粧品などで幅広く用いられ、乾燥肌向けにも活用できる成分として採用されています。
ファンデーションやBBクリームといったベースメイク、チークや口紅などのメイクアップ製品の成分としても目にする機会のある素材です。
また、保湿性以外にも消臭作用や抗菌作用が高いことから、シャンプーやリンス、トリートメントのほか育毛シャンプーなどの育毛ケア商品や白髪染めにも用いられています。
防腐剤の利用を軽減する目的でも使用され、商品の安定性にも役立てられることから、製品メーカー側にとっても利便性の良い素材と言えます。
通常の配合量であれば使用に問題はないとされていますが、極稀に刺激を感じる方もいるようですので、アレルギー反応などには注意しましょう。

- Attention -

安全性判定は各種文献を参考に当サイトの見識による独自の判定としております。特にアレルギーなどが心配な方は必ず医師に相談のもとご利用ください。

・含有量について
各成分の含有量は成分表示順に基づいて算出しておりますが、1%未満の成分については順不同にて掲載されており、どこからが1%未満なのかの明示はないため、成分表示順にて含有量を算出しております。

・色剤
着色料や染料は配合の量に関係なく、最後にまとめて表示するルールとなっているため実際の含有量はグラフよりも多くなっている可能性があります。(特にタール系色素が含まれている場合にはご注意ください)

・メイコンテイン表示
同一製品で色違いの商品など、色剤のみが異なる場合、(+/-)の表示の後に全色の含有成分をまとめて記載出来る制度のこと。当サイトでは記載された全成分を判定対象としています。

<参考文献>
自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典
化粧品成分用語事典
化粧品成分ガイド

利尻ヘアカラートリートメント

先月の売れ筋ランキング

注目の特集

話題のテーマ