加水分解コラーゲンの成分解説と安全性、役割

リカラ
トップ > 白髪染め・カラートリートメントの成分一覧 > 加水分解コラーゲン

白髪染め・カラートリートメントの成分解説

加水分解コラーゲン

学名 Hydrolyzed Collagen
用途・効果
安全性 C (危険性は少ないもののなるべく使用は控えたい成分)
よく使われる商品例 固形石鹸、洗顔フォーム、クレンジング、化粧水、乳液、美容液、保湿クリーム、パック、ピーリング、ボディケア、化粧下地、顔用・ボディ用日焼け止め、ファンデーション、パウダー、チーク、口紅、リップグロス、アイブロウ、マスカラ、シャンプー、コンディショナー、トリートメント

加水分解コラーゲンとは?

加水分解コラーゲンとは、分子が大きいコラーゲンの浸透力を高めるために酸、アルカリ、酵素などで反応させて分子を小さくした成分のことです。
「コラーゲンペプチド」「ナノコラーゲン」とも呼ばれます。

コラーゲンは非常に分子が大きいため、そのままでは塗布しても効果が発揮できません。
しかしコラーゲンは細胞同士を結びつけ肌の弾力を作っている重要な成分なので、それをより浸透させるために作られたものです。

とはいえ、コラーゲンが存在しているのは肌の真皮層で、薬事法によって化粧品は真皮層までは届かないことになっています。
実際には石鹸に含まれる「加水分解コムギ」が皮膚から吸収され、小麦アレルギーを引き起こした事件がありましたから、加水分解して分子が非常に小さくなると吸収されることは可能性としては高いです。
しかし、薬事法のしばりがあることもあり、「真皮層まで届く」と謳う化粧品はなく、実際のところは判断できません。

加水分解コラーゲンの安全性は?

加水分解コムギがアレルギーを引き起こしたのは、小麦や加水分解そのものが悪いのではなく、その方法に問題があったからだとされています。
しかしコラーゲンは牛や豚、鮭、タラなどから抽出されたタンパク質なので、加水分解が十分でないとアレルギーを引き起こす危険性があります。

加水分解コラーゲンの役割は?

真皮層まで届くことは期待できませんが、肌の表面の角質層を保湿するだけでも弾力低下の予防になりますし、肌がしっとりしますから、非常に多くの化粧品に使用されています。
保護膜を作ることから、シャンプーやトリートメントに配合するとキューティクルが傷みにくくなり、髪にしなやかさを与えます。

- Attention -

安全性判定は各種文献を参考に当サイトの見識による独自の判定としております。特にアレルギーなどが心配な方は必ず医師に相談のもとご利用ください。

・含有量について
各成分の含有量は成分表示順に基づいて算出しておりますが、1%未満の成分については順不同にて掲載されており、どこからが1%未満なのかの明示はないため、成分表示順にて含有量を算出しております。

・色剤
着色料や染料は配合の量に関係なく、最後にまとめて表示するルールとなっているため実際の含有量はグラフよりも多くなっている可能性があります。(特にタール系色素が含まれている場合にはご注意ください)

・メイコンテイン表示
同一製品で色違いの商品など、色剤のみが異なる場合、(+/-)の表示の後に全色の含有成分をまとめて記載出来る制度のこと。当サイトでは記載された全成分を判定対象としています。

<参考文献>
自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典
化粧品成分用語事典
化粧品成分ガイド

ルプルプ

注目の特集

先月の売れ筋ランキング

話題のテーマ

比較リストで確認

比較リストに追加した商品は「比較表を見る」ボタンを押すと、まとめて比較することができます。
比較表を見る

比較リストで確認