ステアリルトリモニウムブロミドの成分解説と安全性、役割

リカラ
トップ > 白髪染め・カラートリートメントの成分一覧 > ステアリルトリモニウムブロミド

白髪染め・カラートリートメントの成分解説

ステアリルトリモニウムブロミド

学名 STEARTRIMONIUM BROMIDE
用途・効果 帯電防止
安全性 D (毒性や刺激が強く、なるべく使用したくない成分)
よく使われる商品例 パック、ピーリング、シャンプー、コンディショナー、トリートメント、カラートリートメント

ステアリルトリモニウムブロミドとは?

現在「ステアルトリモニウムブロミド」に改称されている成分で、第四級アンモニウム塩のカチオン(陽イオン)界面活性剤です。
カチオン界面活性剤の中で第四級は最も作用が強く、帯電防止剤やヘアコンディショニング剤として優れた働きをします。

カチオン系はプラスイオンの親水基を持ち、マイナスイオンに帯電したものに吸着する働きがあります。
普通静電気はプラスイオンが金属のマイナスイオンに触れることで起きますが、髪の場合、シャンプーに使用される界面活性剤の多くはアニオン(陰イオン)界面活性剤です。
そのためシャンプー後の髪はマイナスイオンを帯びてしまい、髪がキシキシしたりごわついたりしてしまいます。
カチオン界面活性剤はプラスイオンを帯びているので、コンディショナーやトリートメントに配合することによって、中和させる働きをします。

ステアリルトリモニウムブロミドの安全性は?

第四級カチオン界面活性剤は効果は高いのですが、その分肌への刺激も強くなります。
しかもカチオン系なので長時間吸着する働きがあり、髪への使用には適していますが、皮膚に直接触れるのは避けたほうが無難です。
トリートメント剤の多くにはこの成分をはじめ第四級カチオン界面活性剤が使用されていることが非常に多いため、使用時に地肌につけないよう気をつけましょう。

ステアリルトリモニウムブロミドの役割は?

シャンプーできしんだ髪に吸着することで指通りをよくし、しなやかさとツヤを与えます。
また、枝毛や切れ毛の予防にもなります。
しかし髪を奥から修復する働きはありません。

- Attention -

安全性判定は各種文献を参考に当サイトの見識による独自の判定としております。特にアレルギーなどが心配な方は必ず医師に相談のもとご利用ください。

・含有量について
各成分の含有量は成分表示順に基づいて算出しておりますが、1%未満の成分については順不同にて掲載されており、どこからが1%未満なのかの明示はないため、成分表示順にて含有量を算出しております。

・色剤
着色料や染料は配合の量に関係なく、最後にまとめて表示するルールとなっているため実際の含有量はグラフよりも多くなっている可能性があります。(特にタール系色素が含まれている場合にはご注意ください)

・メイコンテイン表示
同一製品で色違いの商品など、色剤のみが異なる場合、(+/-)の表示の後に全色の含有成分をまとめて記載出来る制度のこと。当サイトでは記載された全成分を判定対象としています。

<参考文献>
自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典
化粧品成分用語事典
化粧品成分ガイド

ルプルプ

注目の特集

先月の売れ筋ランキング

話題のテーマ

比較リストで確認

比較リストに追加した商品は「比較表を見る」ボタンを押すと、まとめて比較することができます。
比較表を見る

比較リストで確認