【女性必見】貧血を甘く見ていると大変なことに!?貧血が髪に与える影響とは?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪予防 > 【女性必見】貧血を甘く見ていると大変なことに!?貧血が髪に与える影響とは?
fukusayou
【女性必見】貧血を甘く見ていると大変なことに!?貧血が髪に与える影響とは?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
貧血に悩んでいる女性は必見です!!

貧血といえば女性の定番症状と考えられているフシがあって、本人はあまり気にしていないことが多いものです。
一応目安となる基準値はあるものの、医師まで「まあ、女性は生理がありますからね…」と、数値が多少悪くてもスルーされてしまうことも。

でも、そんなことで本当に良いのでしょうか?
実は、貧血を甘く見ていると後々大変な問題が出て来るかもしれません。
今回は、貧血の怖さについて、お話しましょう。

貧血の症状と原因

「貧血」は貧しい血と書きますが、何が貧しいのでしょうか。
量?栄養素?両方?実は、どちらでもないのです。

貧血ってどんな症状のこと?貧血になるとどうなる?

貧血とは、ヘモグロビンの量が少ない状態のことです。
ヘモグロビンとは血液中に存在する赤血球内にあるたんぱく質のことで、HEMO(血、赤色素)+globulin(たんぱく質)から来ており、血色素とも呼ばれます。
酸素と結合して全身に酸素を運搬する働きがあります。

血液内のヘモグロビンが少ないということは身体中の筋肉や臓器に酸素が不足するということで、いわば身体が酸欠状態になることを「貧血」というのです。

基準値はヘモグロビンの数値で表わされ、女性の場合12.0g/dl以下、男性は13.0g/dl以下だと貧血という診断になります。

主な症状には、以下のものがあります。
…めまい、立ちくらみ、失神
心臓…動悸、息切れ、胸痛
筋肉…肩こり、倦怠感、疲れやすい
皮膚…肌荒れ、口角が切れる
その他…白髪・抜け毛・枝毛、爪が割れる、反りかえる、舌の表面がつるつるになる

貧血の原因の90%以上は鉄分不足によるもの

貧血にはいくつかの種類があります。

・鉄欠乏性貧血

赤血球の原料である鉄が不足して起こる。成人女性の約10%が鉄欠乏性貧血で、潜在的な鉄欠乏状態の女性は約40%ともいわれる

・悪性貧血(葉酸・ビタミンB12欠乏性貧血)

ビタミンB12や葉酸が不足することで正常な血液が作れなくなる

・再生不良性貧血

骨髄が血液を作る機能が低下し、血液の成分全てが減少する病気

・溶血性貧血

赤血球が通常の10分の1程度の寿命しかなくなる病気

・続発性貧血

内臓の病気によって起こる貧血症状

・失血性貧血

大けがなどで大量出血した時に起こる貧血

この中で最も多いのが「鉄欠乏性貧血」で、全体の90%以上といわれています。
鉄はヘモグロビンを形成する成分の一つで、不足するとヘモグロビンを合成することができなくなります。

通常、鉄分は体外に排出されるのはほんの少しです。
ところが女性の場合毎月のように生理があり、毎回鉄分は20~30mg、1日平均5mg以上損失してしまいます。

鉄分は非常に吸収の悪い栄養素で、吸収率は平均約8%程度といわれます。
厚生労働省では女性の鉄の食事摂取推奨量を1日10.5mg(日本人の食事摂取量基準(2015年版))と定めているのですが、実際に吸収できるのは1mg以下です。

しかも実際の女性平均摂取量は、平成26年国民健康・栄養調査によるとどの年代でも非常に不足しています。

年齢 摂取推奨量 年齢 平均摂取量 不足量
18~29歳 10.5mg 20~29歳 7.2mg 3.3mg
30~49歳 10.5mg 30~39歳 6.9mg 3.6mg
40~49歳 7.0mg 3.5mg
50~69歳 10.5mg 50~59歳 7.4mg 3.1mg
60~69歳 7.8mg 2.7mg

「日本人の食事摂取量基準(2015年版)」「平成26年国民健康・栄養調査」より作成

生理で毎月鉄分が不足するにもかかわらず食生活の乱れやダイエットで摂取量が少ないため、女性は閉経まで慢性的に鉄欠乏性貧血になりやすいのです。

鉄欠乏性貧血に次いで多いのが、「悪性貧血(葉酸・ビタミンB12欠乏性貧血)」です。
ビタミンB12にはメラノサイトを活性化し、メラニン色素を増やす働きがあります。
また葉酸はビタミンB12とともに赤血球の形成を促進させる作用があるため、この2つの栄養素が不足するとメラノサイトの活動が抑制され、髪の色がつけられなくなります。

貧血が髪や頭皮に与える影響

貧血が身体によくないことはおわかりいただけたと思いますが、髪や頭皮にはどんな関係があるのでしょうか。

髪や頭皮は貧血の影響を受け易い位置にある

血液は骨髄で作られ、心臓の左心室から大動脈を通して全身に送り出されます。
その後古い血液が大静脈から心臓の右心室に戻され、さらに肺で古い血液の二酸化炭素を排出し、また酸素を取り込んで心臓の左心室に戻ります。

心臓がポンプの役割をして大動脈から血液を送り出しているのですが、髪や頭皮は心臓から遠く、しかも重力の抵抗があるため、全身で最も届きにくい場所です。
ただでさえ届きにくいのに、貧血で心臓のポンプ機能が正常に働かなくなると重力を跳ね返す力が弱くなるため、最初に影響を受けてしまうのです。

さらに、イラストでわかるように耳のあたりまでは太い動脈があるのですが、それより上には細い毛細血管になってしまいます。
毛細血管は赤血球より幅が細いのですが、元気な赤血球は非常に柔軟性があり、形を変えて入り込むことができます。

ところが貧血で赤血球が柔軟性を失ってしまうと、毛細血管に入り込めなくなるのです。
これもやはり白髪の誘因となります。

貧血によって酸素不足の状態になると・・・

細胞が正常に活動するためには酸素が必要ですが、鉄欠乏性貧血でヘモグロビンが減少すると酸素不足で、頭皮の毛母細胞や色素形成細胞メラノサイトの働きが衰えてしまいます。
そのため、白髪や抜け毛が誘発されやすくなります。

また、鉄不足で貧血になると栄養素や酸素が不足するため、臓器の働きを維持しようと血液が身体の中心部に集まります。
すると頭皮や髪などの末端にまで血液が回らなくなり、白髪ができてしまうのです。

貧血のチェック方法

check

会社で健康診断を受けられれば自分の血液の状態がわかりますが、その機会がない場合でも自分である程度貧血をチェックする方法があります。

貧血の兆候がないか自分でチェックしてみましょう

貧血で起こりやすい症状は色々ありますので、いくつもあるようなら一度検査してもらうことをお勧めします。

・疲れやすい
・朝なかなか起きられない
・顔色が悪い
・めまいや立ちくらみが頻繁にある
・肩こりや首こりがいつもある
・朝食は食べないことが多い
・店屋物・外食・コンビニ弁当などが多い
・ファーストフードやインスタント食品、冷凍食品をよく食べる
・ダイエットをしている
・口角炎がよくできる
・舌の表面がつるつるになり、しみる
・髪が抜けやすくなった
・階段や坂道ですぐ動悸・息切れがする
・爪が白っぽく、反り返る、あるいは割れやすい

運動をしている人は注意!「スポーツ性貧血」

スポーツをしている場合に気を付けてほしいのが「スポーツ性貧血」です。
汗によって鉄分が排出されやすくなり、また血流を良くするために一時的に赤血球や白血球などが減り、血漿(けっしょう)が増加するために起こる貧血です。

さらに足を地面に強く打ち付ける行為によって赤血球が壊れやすくなります。
これは体操競技や陸上長距離、バレーボールやバスケットボールのように足を地面に打ち付けるスポーツをよく行っている人に多い貧血です。

貧血と低血圧は症状が似ていても違う

ketsuatsu

ここで、一つ知っていただきたいことがあります。
「貧血」と「低血圧」は症状が似ているために同じものと考えられがちですが、実は全く違います。

低血圧の主な症状は以下のようなものです。

朝が弱く、頭がぼーっとしてなかなか起きられない
疲れやすく、とれにくい
頭痛や肩こりがある
立ち上がった時などにめまいや立ちくらみする

これだけ読むと、貧血とかなり似ていますね。
しかし、「低血圧」とは「血流が弱い」ことを指し、血液内の酸素量は関係ありません。
心臓から送り出された血液が血管を広げようとする力を「血圧」といい、血液の量、血管の柔軟性などによって圧力が変わってきます。

低血圧の場合、この圧力が弱いために全身に十分な血液が供給されにくく、細胞が栄養や酸素不足になるために諸症状が起こります。

自律神経も影響を受け、一瞬の動きに対応できなくなるため、立ち上がったり急に動作したりすると脳への血流が遅れて、めまいや立ちくらみがするのです。
朝なかなか起き上がれないのも、同様の現象が起きているからです。

ただ、原因は違うものの血流が悪くなることはやはり白髪の原因になります。
低血圧の多くは「本態性低血圧」という原因不明の症状なのですが、食生活の乱れ、ストレス、運動不足などが大きく関わっているとされていますから、生活習慣を見直すことが大切です。

貧血の改善に必須である鉄分を多く含む食品とは

貧血の改善には鉄分を摂ることが必要だということはご存知だと思いますが、鉄分には「ヘム鉄」「非ヘム鉄」の2種類あり、しかもどちらも吸収率が非常に低いことはあまり知られていません。
詳しくご説明しましょう。

①ヘム鉄

ヘム鉄は動物性食品に多い鉄分で、レバーや肉、魚貝類に多く含まれています。

reba

ヘム鉄の特徴は、鉄の周りをポルフィリン環が囲むような形で存在していることです。

ポルフィリン環は鉄が吸収される時に胃壁や腸管を荒らす作用を抑える働きがあり、さらにタンニンや食物繊維などで吸収が阻害されるのを防ぐ作用もあります。
しかしそれでも吸収率は低く、調査機関によって差があるものの、25%前後とされています。

②非ヘム鉄

非ヘム鉄は主に植物性食品の緑黄色野菜、海藻、大豆製品に多く、また例外として動物性食品の卵黄にも含まれています。
ヘム鉄と違いポルフィリン環が周りにないため、胃壁や腸管を荒らすことがあります。

また、消化吸収されにくい構造になっており、動物性たんぱく質やビタミンCなどを摂ってヘム鉄に変化してから吸収されます。
そのため吸収率は非常に低く、平均で5%前後とされています。

非ヘム鉄の吸収率を良くするためには、動物性たんぱく質やビタミンCを同時に摂るようにしましょう。
また、タンニンが吸収を阻害するため、食事で摂る際には緑茶やウーロン茶をあまり飲まないようにしてください。

ヘム鉄・非ヘム鉄の含有量が多い食材は以下のようになります。

ヘム鉄の食品 100g当たりの量 非ヘム鉄の食品 100g当たりの量
豚レバー 13.0mg ひじき(中国産) 61.5mg
鶏レバー 9.0mg  〃 (日本産) 6.2mg
あゆ(焼き) 5.5mg 切り干し大根(乾燥) 9.7mg
シジミ 5.3mg 卵黄 6.0mg
赤貝 5.0mg 油揚げ 4.2mg
いわし(丸干し) 4.4mg 納豆 2.6mg
牛レバー 4.0mg 枝豆 2.5mg
あさり 3.8mg 小松菜 2.1mg
コンビーフ(缶) 3.5mg レーズン 2.3mg
牛肉(ヒレ) 2.5mg 豆乳 1.2mg
かつお 1.9mg ほうれん草 0.9mg

プルーンが鉄分豊富といわれますが、実際には100g(約10個)当たり1.0mgと決して多くなく、下痢を起こすことが多いため、摂取には注意しましょう。

効率よく鉄分を摂るには動物性食品から、ということになりますが、残念ながら日本人はその85%を非ヘム鉄から摂取しているという結果が出ています。
魚貝類の摂取が減り、しかも普通食べる牛・豚・鶏肉はそれほど鉄分を含んでいないため、結果的に大豆製品などから非ヘム鉄を多く摂っていると考えられます。

できるだけ魚貝類を摂り、外食の際は和食系のお店やホルモン焼きのお店を選ぶなど、日頃から意識して鉄分を摂るようにしてください。

また健康のことを考えると、サプリメントも活用したほうが効率が良いでしょう。
特に白髪が気になる方は、十分な量を摂取することをお勧めします。

鉄分の過剰摂取による副作用には要注意!

fukusayou

いくら身体に良いからといって、何でも過剰摂取は危険です。
鉄分の場合、日本人の食事摂取量基準(2015年版)では15歳以上女性の1日の耐容上限量を40mg(男性は30~49歳が55mg、それ以外は50mg)と定めており、この量を上回ることはまずありません。

しかし、サプリメントや薬で長期間摂取すると肝臓が障害を受け、肝硬変や肝がんを引き起こすことがあります。
そこまで行かなくても便秘、下痢、嘔吐、腹痛、不整脈などの症状が出る場合がありますので、摂取量には注意しなければなりません。

特に摂取後6時間以内にこのような症状が出た場合は、過剰摂取の可能性があります。

なお、ヘム鉄は吸収率が良いのに過剰摂取の影響をあまり受けません。
これは、ヘム鉄にはヘムオキシゲナーゼという酵素が含まれており、過剰摂取した場合分解してくれる働きをするからです。
ですから、食事からもサプリメントからもヘム鉄を摂取したほうが安全です。

鉄分だけではダメ!食事はバランスが大切です

ヘモグロビンを合成するためには鉄分が必要ですが、それだけで赤血球ができる訳ではありません。

まず骨髄内で細胞が分化し、DNAを合成し、ヘモグロビンを合成するまでにビタミンA、ビタミンB12、葉酸、たんぱく質、鉄が必要です。
鉄を運び込むために銅が、銅の代謝のために亜鉛も必要です。
さらに赤血球になるまでにコレステロールやビタミンEも不可欠です。

ですからたんぱく質、ビタミン、ミネラルをしっかり摂らないと、貧血を根本的に解決することは難しいのです。
逆に言えば、貧血が治れば血液が正常になり、頭皮や髪にも良い影響を与えるということですね。

身体の緊張を解すには深呼吸やストレッチが効果的

shinkokyuu

貧血は体内に酸素が不足している状態ですから、できるだけ体内に酸素を取り入れるようにしなければいけません。

貧血の人は呼吸が浅い傾向がありますが、実はストレスを受けている時も呼吸が浅くなるのです。
呼吸が浅いと脳が指令を出して交感神経を優位にしてしまいます。
すると筋肉や血管が収縮されるため血流が悪くなり、さらに貧血を起こしやすくなります。

また、貧血を起こすと呼吸が荒くなることがありますが、これは身体が酸素を要求しているからです。
ところが酸素を取り込み過ぎると血中の二酸化炭素濃度が少なくなるため、めまいや動悸、胸痛、息苦しさなどを感じるようになります。

このような状況を避けるためにも、日頃から深呼吸をして副交感神経を活発化させるようにしましょう。
また、筋肉の緊張をほぐすためにストレッチやヨガを行うのも効果的です。
全身をゆっくり動かすことで血流がよくなりますし、呼吸も深くなるので一石二鳥ですね。

激しい運動は避けるべきですが、運動は心肺機能を高め、血流をよくするにはとても効果的ですし、新陳代謝が促進されることで赤血球の合成も活発になります。
散歩やウォーキング、サイクリングなども取り入れるようにしましょう。

成人女性の約半数が貧血か貧血予備軍だといわれます。
貧血の症状が出るのは身体が備蓄している鉄分をすべて使い切った時ですから、実はかなり深刻な状態なのです。

放置すると健康を損ね、白髪を増やす結果になりかねません。
毎日の食生活を見直し、和食中心に栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント