前頭部の白髪が急に増えたんだけど・・コレって何か老化以外に原因があるの?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪の場所と原因 > 前頭部の白髪が急に増えたんだけど・・コレって何か老化以外に原因があるの?
zentoubu
前頭部の白髪が急に増えたんだけど・・コレって何か老化以外に原因があるの?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
前頭部にだけ増える白髪の問題点とは?

前頭部とはおでこの生え際あたりのこと。
いつも前髪を下ろしているとなかなか気づきませんが、いざ見つけると自分で確認できる場所だけに、とても気になってしまいます。
つい、抜いてしまう人も多いのではないでしょうか。

でも、そうしているうちにどんどん増えてしまうことも。
ほかの部分にはそれほどないのに前頭部だけが増える場合、何か問題があるのでしょうか。

原因によって白髪の生え方は変わる

白髪が生える原因の多くは、血行不良によって栄養が髪の色を作る色素形成細胞メラノサイトに栄養が届かなかったり、色素の素となるアミノ酸が不足していたりすることによります。
しかし、それ以外にも原因があると考えられています。

加齢による白髪は全体的に生えることが多い

加齢の場合、ある部分だけが衰えるということは考えられません。
全身の細胞全体が老化してくるのが普通ですから、顔はシミシワが全くないベビースキンなのに、髪の毛は真っ白ということはありません。
つまり、加齢による白髪は全体的に生えることが多いのです。

心臓から送られてきた血液は、首を通って頭頂部まで送られます。
耳のあたりからは太い動脈が分かれて毛細血管になるため、上に行くほど血液が送られにくくなり、量も減ります。

ですから、上のほうが白髪が多いというのはよくあることです。
しかし、左右のどちらかだけとか、こめかみあたり、前頭部だけというようにある部分だけが増えるようになるのは、何か問題があることが多いのです。

急に狭い範囲に集中して生える白髪には要注意

これまで西洋医学では白髪はどこに生えても「白髪」の一括りでしたが、最近は血管や神経、筋肉と白髪の関係が研究されるようになりました。
例えば、目を酷使していると目の回りの筋肉が硬直することで血管が収縮して血流が悪くなるので、こめかみあたりに白髪ができやすい、という「存在するものから割り出した原因」があります。

また、それとは別に東洋医学では生える部位によって原因が違うと考えます。
これは目に見えない「経絡」から割り出した考え方です。
ここでは、東洋医学に基づく原因とその対処法をご説明しましょう。

前頭部に生える白髪の原因とは

zentoubu

東洋医学では、前頭部は脾、側頭部は肝、後頭部は腎と関係があると考えられています。
「脾」とは西洋医学でいう脾臓のこととは少し違います。
以下に詳しく解説します。

胃や肛門の不調や病気の可能性が考えられます

東洋医学でいう「脾」とは、胃腸の働きのほか、消化・吸収によってエネルギー(気)や血液に変化させ、心臓や肺に送るという働きがあります。

私たちが口から摂取したものは、そのままの形では吸収できません。
そのため、まず胃液と胃の収縮運動によって食物を溶かします。
その後、蠕動運動をして十二指腸に送り込むと、十二指腸や小腸で分泌された消化酵素によって食物はさらに分解されます。

そうして、ようやく小腸から栄養分が吸収されるようになるのです。
ですから、この機能がうまく働かないといわゆる消化不良を起こし体内で腐敗し、便秘や口臭、嘔吐などを引き起こすと考えられています。

また、脾には血管から血液を漏らさないように管理する働きがあり、これを「統血作用」と呼んでいます。
統血作用が狂うと、血便など肛門の不調症状が起こるとされています。

つまり「脾」が不調になると、胃腸や肛門に影響が出てくるのです。
次に、これらと白髪の関係についてお話しましょう。

胃の不調や病気と白髪の関係性と改善策

itsuu

では、胃(脾)の不調と白髪はどのような関係があるのでしょうか。

胃の不調や病気で前頭部の白髪が増える理由と改善策

東洋医学では、全身は何本もの「経絡」が走っており、それぞれが臓器と関係があると考えられています。
前頭部にあるのは「足陽明胃経」という経絡で、足の指先から頭部にまでつながる長い経絡です。
頭部にあるツボを頭維(ずい)といい、前頭部生え際の角にあり、頭痛やめまい、顔面神経痛、脱毛、白髪などの症状に関係があるとされています。

また、胃腸の部分には不容(ふよう)や承満(しょうまん)、梁門(りょうもん)など12個ものツボがあります。
そのため胃腸に不調が起こると、同じ経絡状にある前頭部の白髪が増えることがあるのです。

「胃腸の不調は誰にでもあること」と考えるのは危険です。
というのは、東洋医学では足陽明胃経が損傷すると、ひどい場合「高所に登り歌ったり、服を脱いで走り回りたくなったりする」という症状が出ることがある、とされているのです。

そこまでいかなくても、悪寒やあくび、音に敏感になり怖がる、精神が不安定になる、引きこもりがちになる、などの症状がよく出ると考えられています。
白髪どころか、精神に異常をきたす可能性もあるのです。

ツボを押すことで一時的には調子が良くなりますが、胃腸の消化・吸収能力自体を高めなければ白髪はどんどん増えてしまいます。
また西洋医学的に考えても、胃腸の調子が悪ければ食物が栄養にならず排出されてしまいますから、全身が衰弱してしまいます。

少ない栄養は心臓をはじめとする生命維持の臓器に送られてしまいますから、当然末端組織である髪の元には栄養は届きませんから、白髪の原因となります。

これを改善するには、以下の方法があります。

①よく噛んで食べる

噛んでいる時点で、唾液からは消化酵素が分泌されています。
そのため、噛めば噛むほど胃に届くまでに食べた物が消化されやすくなり、胃腸の負担が軽減されるのです。

②あまり柔らかいものばかり食べない

胃腸が不調だとつい柔らかいものを食べたくなりますが、柔らかいとあまり噛まないまま飲み込んでしまうため、かえって消化不良を引き起こしやすくなるといわれています。
本当に胃腸が疲れている時には流動食も必要ですが、それ以外の時はむしろ硬めの食材を時間をかけて噛んでたべるほうが良いのです。

③味付けは薄めに

ajitsuke

味付けが濃いとご飯やお茶の摂取量が増え、タンパク質やビタミン、ミネラルをたっぷり摂ることが難しくなります。
水分は味噌汁とお茶1杯程度で済むような薄めの味付けのほうが、効率よく栄養を摂ることができます。

④リラックスして食べる

胃腸は副交感神経が活発な時によく働くといわれます。
寝起きの胃腸はまだ本調子ではない上に朝バタバタしている時に食べると、胃腸がうまく働きません。
早めに起きてゆったりした気分で食事を摂りましょう。

夜も、TVやスマホなどを使用しながら食べると噛むことがおろそかになりがちですから、ながら食事は避けましょう。

⑤冷たいものは避ける

胃腸は冷たいものが苦手です。
大体体温と同じか少し高い位だとよく消化するといわれますので、たとえ夏でも冷たいものを飲食するのはできるだけ控えてください。
野菜も、サラダより消化のよい温野菜にして食べましょう。

⑥睡眠を重視する

suimin

疲れて夜遅く帰宅した時は、思い切って夕食を抜くのも手です。
食べてから2~3時間は起きていられる場合には夕食を食べ、それが無理なら食べないほうが良いのです。
睡眠中も胃腸が働いていると胃腸が休む時間が短くなるので、どんどん胃腸に疲労が溜まってしまいます。

また、寝不足も同様に胃腸が休む時間が短くなるため、胃を荒らす原因となります。
胃腸は非常に繊細な臓器で、ストレスによっても働きを止めてしまいますから、できるだけゆったりした気持ちで睡眠できるようにしましょう。

肛門の不調によって発生する病気と予防改善策

「肛門の不調」というのは、肛門という臓器に問題がある場合もありますが、主に便秘や下痢など、主に便に原因がある症状のことです。

便秘や痔の「種類」「症状」「原因」一覧

便秘・痔と一言でいっても、その症状には色々あります。
一覧表にしましたので、当てはまるものがどれか調べてみてください。

便秘の種類 症 状 原 因
機能性便秘 弛緩(しかん)性便秘 便が黒く硬い
膨満感がある
肌荒れ
大腸の筋力低下
内臓下垂
ダイエット
水分不足
痙攣(けいれん)性便秘 下痢と便秘が交互に起こる
下腹部の痛み
便が硬く小さい
ストレスによる自律神経の乱れ
腸の蠕動運動過剰
直腸性便秘 便意を感じない 便意を我慢することが続き、感覚が鈍くなる
器質性便秘 腹痛
吐き気・嘔吐
発熱
胃腸、肛門自体の不調
痔の種類 症 状 原 因
痔核(いぼ痔) 内痔核 痛みはほとんどなし
排便時に出血
肛門から飛び出ることがある
排便時のいきみ
長時間同じ姿勢を取る
外痔核 腫れて痛む
出血はほとんどなし
冷え
ストレス
アルコール過剰摂取
裂肛(切れ痔) 排便時非常に痛む
出血がある
硬い便を押し出そうとして切れる
下痢の炎症
痔瘻(あな痔) 膿が溜まり、出口まで貫通する 大腸菌などの感染による炎症

機能性便秘というのは、生活習慣や食生活など日常的な行為が原因となる便秘のことです。
対して、器質性便秘というのは、内臓や器官に問題があり、それが原因で起きる便秘のことをいいます。
器質性便秘から疑われる病気には腸閉塞や卵巣腫瘍、甲状腺機能低下症、大腸・直腸ガンなどがあります。

弛緩性便秘を予防改善するには

弛緩性便秘というのは女性がなりやすい便秘で、大腸を支える筋力の低下や腹筋力が弱い場合に起こることが多いものです。

便は、腸が蠕動運動することによって少しずつ肛門のほうに落ちていき、最後に押し出されます。

蠕動運動は腸自身が動くのではなく、平滑筋という大腸の回りにある筋肉によって起こりますから、筋肉や筋力が不足していると蠕動運動があまり起こらなくなります。
また便を押し出すには腹筋が必要ですから、腹筋が弱いことでも便秘になりやすくなるのです。

大腸内に留まった便からは、水分が体内に吸収されることでどんどん硬くなっていきます。
すると押し出すためにはさらに筋力が必要になるので、平滑筋や腹筋の力が弱いと便秘が慢性化しやすいのです。

弛緩性便秘を予防・改善するには、何より運動をすることです。
お腹付近の運動というと腹筋運動が思い浮かびますが、上体を上げ下げする方法だと案外お腹の下のほうは力が入っていません。

そのため、上体ではなく足を上げ下げする運動が良いといわれます。
腹筋が弱い場合は、最初は脚を曲げて行なうと無理なく腹筋を使うことができます。

あるいは、足を心持ち高く上げての散歩や強歩でも十分効果があります。
脚を使うことで振動が胃腸に伝わり、蠕動運動と同じような効果を生むのです。

さらに食物繊維が多い根菜をたくさん食べ、水分を少し多めに飲んでみるなどの方法も試してください。

痙攣性便秘を予防改善するには

痙攣性便秘は、ストレスや疲れによって自律神経が乱れることで、下痢と便秘を繰り返すタイプの便秘のことです。
腸の蠕動運動が非常に活発になると水分がうまく吸収されず、便と一緒に出てしまうことで下痢になります。

逆に腸の蠕動運動がなくなると、便が排出されずに便秘になります。

腸の働きがスムーズになるのは、自律神経のうち副交感神経が活発な時です。
そのため、ストレスで常に交感神経が活発になっていると腸の蠕動運動が起こりません。
本来人間は夕方になると交感神経と副交感神経が入れ替わり、朝までは副交感神経のほうが活発になり、その日食べた物を消化吸収するために働きます。

ところが、ストレスや疲れで精神が興奮状態にあるといつまでも副交感神経が優位にならないため、腸が動かず便秘を引き起こします。

そして、しばらくこういった状態が続くと自律神経はコントロールを失い、時間に関係なく副交感神経が活動を始め、激しく蠕動運動をするようになり、下痢になってしまうのです。
この便秘と下痢を繰り返すのが、痙攣性便秘です。

元々腸は神経細胞が多く、脳の影響を受けやすい臓器です。
そのため、脳がストレスを感じると腸の働きが鈍くなり、さらに胃の動きもストップしてしまうのです。

こういった場合は、とにかくストレスを少しでも解消しなくてはいけません。
週末を利用して好きなお稽古ごとをする、スポーツクラブで全身を思い切り動かすなどの方法や、毎晩アロマを焚いたりバスタイムを長めに取ったりしてリラックスすることを心がけましょう。

また、生活習慣を改善することも重要です。
人間は朝日を浴びることで体内時計が切り替わり、自律神経も同様に副交感神経から交感神経に切り替わるようになっています。

その作用がスムーズに行われるよう、夜型の生活を改め、できる限り毎日同じリズムで生活できるように努力しましょう。
そうすることで便秘や下痢が解消されるだけでなく、自律神経の働きが正常になることで血行が正常になり、白髪の改善にもつながります。

直腸性便秘を予防改善するには

直腸性便秘は女性に多い便秘で、便意があっても我慢しているうちに便意を感じなくなってしまうタイプの便秘です。

通常、便は直腸まで降りてくると便意が起こるものですが、その時にトイレに行けない状態で我慢することを繰り返していると、だんだん直腸の感覚が鈍くなり、脳にサインを送らなくなってしまい、便が直腸に溜まってしまうのです。

しかも直腸は大腸より管が太いため、溜まる量も多くなり、排出がますます困難になります。
時々激しい腹痛を起こしますが便意はなく、トイレに行っても排便できません。
直腸型便秘は量が多く、しかも長期間体内に滞留するので便が発酵して有害物質を発生させ、大腸ガンなどを発症する原因となります。

直腸性便秘の予防改善は、とにかく決まった時間にトイレタイムを設けることです。
家族がいる場合なかなか難しい場合もありますが、便意を感じるようになれば、例え30分後にトイレに行っても排便できるようになってきます。
それと同時に、根菜など食物繊維をできるだけ多く摂り、水分補給も欠かさずしましょう。

なお、どの便秘の場合もできるだけ下剤は避けましょう。
身体が下剤に慣れてしまうと自力で蠕動運動をしなくなってしまうため、下剤なしでは排便できなくなってしまいます。

しかも直腸の感覚がどんどん鈍るため下剤の効果も次第に薄れてしまい、次々に強力な下剤を使用しなくてはならなくなります。

また、腸内環境を良くするために、発酵食品を積極的に摂りましょう。
味噌や醤油、納豆、ヨーグルトなどが代表的ですが、ヨーグルトの場合使用されている菌によってはあまり効果がない場合があります。
人によって合う菌が違うため、色々試して自分に合うヨーグルトを見つけましょう。

各種の痔を予防改善するには

痔核(いぼ痔)や裂肛(切れ痔)は、便秘で無理にいきむことが原因です。
いきむことでうっ血や出血したり、切れたりしてしまうのです。
痔瘻(じろう)の場合は、下痢が主な原因です。
便の中の大腸菌などの細菌が入り込み、化膿して膿が出たり出血したりしてしまいます。

もし既に痔になっている場合は、病院に行くことをお勧めします。
最近はほとんどが保存療法で、軟膏や座薬で治療することができ、手術になることはほとんどありません。
また手術になっても15分ほどで、手術後の痛みもかなり改善されています。

予防するには、便秘や下痢にならないよう日頃から注意することが一番です。
また、痔の場合は決まった時間をトイレタイムにするのはあまりよくありません。
便意をもよおしていないのに無理に出そうとすると、肛門にかかる力が非常に強くなるため、痔になりやすくなるのです。

日頃からしっかり栄養バランスの取れた食事をし、食物繊維の多い和食を中心にした献立を考えましょう。
また、できるだけ運動して平滑筋を鍛えたり、歩いて腸を動かしたりしましょう。
それに加えて、特に便が詰まりやすいといわれるS字結腸のある左の下腹あたりをマッサージしたり押したりすると、便が出やすくなります。

男性より女性の方が胃や肛門の不調や病気になり易い!?

danjo

胃や肛門の不調は特に女性のほうが多いとされていますが、その原因とされているものは3つあります。

その理由は「ホルモンバランス」「筋力」「妊娠」の3つ

女性ホルモンのプロゲステロンは生理前になると多く分泌されるホルモンです。
このホルモンには胃腸の働きを鈍くする働きがあります。
これは、プロゲステロンが元々妊娠状態を継続させるために分泌されるホルモンで、腸内の水分を羊水として使用したり、胎児へ送るために水分を吸収したりする働きがあるからです。

それによって胎児が流産せずに母体に留まることができるのですが、水分を吸収してしまうため、便が硬くなってしまうのです。
特に妊娠中はあまり踏ん張ることができないので、さらに便秘が悪化しやすくなります。

また、性ホルモンと自律神経をコントロールする脳の部位は同じです。
そのため、生理前でイライラすると自律神経に影響しますし、ストレスが溜まると女性ホルモンの分泌に影響する、という悪影響をお互いに及ぼします。

もう一つ、女性は男性に比べて筋肉が付きにくくなっています。
これは女性ホルモンのエストロゲンの作用の一つで、男性ホルモンが筋肉をつけやすいホルモンなのに対し、エストロゲンは脂肪を蓄えやすいのです。

運動などによって男性ホルモンに似たIGF-1という因子が分泌されることがわかっていますが、普通の生活をしている場合この因子は出ません。
また、筋力も鍛えれば一般の男性並みの強さにはなるといわれていますが、筋トレでもしない限り女性は腹筋や平滑筋が弱く、また衰えやすいのです。

このような原因で便秘になりやすくなれば、当然肛門の不調にもつながってきます。
水分を失ったカチカチの便を無理に押し出すため、特に女性は裂肛(切れ痔)になりやすいとされています。

便秘や下痢、痔などが前頭部の白髪につながるというのは、西洋医学的に証明されていることではありません。

しかし、栄養が体内の隅々まで届かなくなるのですから、白髪が増える原因となることは間違いありません。
これらの症状を一日も早く改善することが、白髪の改善にもつながります。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント