白髪染めに悩んでいる方必見!美容師がおすすめする白髪染めの方法とは?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染め > 白髪染めに悩んでいる方必見!美容師がおすすめする白髪染めの方法とは?
teigen
白髪染めに悩んでいる方必見!美容師がおすすめする白髪染めの方法とは?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
白髪染めに悩んでいる方は参考にして下さい!

30代後半からだんだん気になってくる白髪。
最初のうちは抜いたりさりげなく隠したりしていても、段々カバーしきれなくなってきますよね。
すると白髪を染めるということになりますが、間違った方法を取ると後々大変なことになる場合も。
白髪とうまく付き合う方法を解説します。

白髪染めに悩む人が増えている!?

全国理美容製造者協会が2014年に調査したところ、ヘアカラーをしている女性は10代~60代の全女性の約64.8%で、美容院で施術しているのは全女性の42.8%という結果が出ています。
年代別に分けると、このようになります。

年代 ヘアカラーしている割合 美容院で施術する割合
10代 40.2% 29.2%
20代 54.5% 46.7%
30代 58.7% 46.7%
40代 62.7% 42.2%
50代 77.5% 44.9%
60代 76.3% 40.3%

これだけでは正確な判断はできないものの、40代以降は白髪染めの割合がかなり増えていることが想像できます。
また、この調査の別の結果では、ヘアカラーしている女性のうち、美容院で施術している人の割合は平均で66.1%となっています。

自分に合った白髪染めの方法を理解していますか?

自宅で染めることを選んだ人も美容院で施術している人も、自分の髪にはどういった白髪染めの方法が良いのか、明確に理解している人はほとんどいません。

自宅で染めることを選んだ人の多くは、簡単さと安さを重視しています。
すでにできている1剤と2剤を混ぜて塗るだけですし、安いものはドラッグストアで500円以下で購入できます。

それに対し美容院の場合、平均で5,204円(リクルートBeauty総研2014年8月調べ)と10倍近くかかりますから、そうそう通えない気持ちもわかります。

また、それとは逆に「自宅用の白髪染めはものすごく髪が傷むけれど、美容院の白髪染めなら傷まない」と信じて、毎回高いお金を払って美容院に通う人も多くいます。

しかし、それが本当に自分に合った方法なのか、理解していますか?

原因は白髪染めの種類や方法の多様化と情報の氾濫

jouhou

今はネットで簡単に情報が入りますが、その分多すぎて混乱してしまいますよね。
たとえば白髪染めの場合、アルカリカラー(一般的な2剤式白髪染め)や酸性カラー(ヘアマニキュア)、カラートリートメント、ヘナカラーなどがありますし、白髪染めではなくファッションカラーでアッシュ系にする、あるいはメッシュやハイライトで目立たなくさせる方法もあります。

さらにネットで検索していくと、自宅染めは傷むとか、最近のものはかなり質が良くなっているから大丈夫とか、美容院で染めると傷まないとか、下手な美容師に当たると悲惨だとか…。

ここまで情報が氾濫してしまうと、どうしたら良いかわからなくなってしまいますよね。
そこで、価格や手軽さ、プロの技術といったわかりやすい判断材料で選んでしまうのだと思います。

白髪染め選びで大事なこと

白髪染めをする時、価格や手軽さも、プロの技術や美容院での優雅なひと時も一旦忘れてください。
あなたにとって白髪染め選びで本当に大切なことは、何でしょうか。

染める前に目的と優先順位を明確にしましょう

juni

なぜ白髪を染めようと思ったのでしょうか。
ほとんどの人が、白髪があると老けて見えるから、だらしなく見えるから、女を捨てているように見えるから…といったことですよね。
それを解消するためには、今やっている白髪染めは効果的だと思いますか?

例えば、白髪は染まったけれど、髪がパサパサになってきたとか、髪が痩せてきたとか、ハリやコシがなくなってきた、ということはありませんか?
いくら白髪を隠せても、それでは結局老けて見えるし、だらしなく見えるし、女を捨てているように見える…という気がしませんか?

それを、「年だから仕方ない」と思ったら間違いですし、美容師にそんなことを言われたらその美容師はノーテクのヘボです。

白髪を染める本当の理由に立ち戻り、そこから価格や手軽さ、技術などをプラスしたりマイナスしたりするようにしましょう。

自分で染めるか?美容院で染めるか?

biyoushi

自宅で染めている人も美容院で染めている人も、自宅用の商品のほうがレベルが低い、あるいは美容院のほうがきれいに染まって髪が傷まないと思っていますよね。
でも、そうとは限らないのです。

市販の白髪染めを使って自分で染めるメリット

安い
早い
片手間でできる

自宅染めのメリットで思い浮かぶのは、こんなところですよね。
美容院で染めると優雅な気持ちになれますが、数時間何もできないし、受付、シャンプー、カラー剤の塗布、塗布状態のチェック、シャンプー…とコロコロ人が変わるので落ち着かないという人もいます。
自宅ですれば30分程度だし、放置時間に家事もできます。

また、最近の商品は少し高めの製品を選べば美容院レベルに近いものがあるので、上手く塗れればかなりきれいに染まるんですよ。

市販の白髪染めを使って自分で染めるデメリット

色が少ない
色ムラが出やすい
髪が傷みやすい

出来合いのものですから、気に入った色がないことがあります。
色ムラが出やすいのは市販の商品かどうかというより、自分で塗るかどうか、塗るコツを知っているかどうかという点が大きいです。

自分で塗るとどうしても後頭部の髪は塗りにくいですから、しっかり塗布できず、よく染まらないことが多いのです。
また、頭皮に近い部分と毛先では髪の温度が違う上に、傷み具合も毛先のほうがひどくなりますから、それを考慮しながら塗らないとムラになってしまいます。

髪が傷みやすいのは、どんな人でも見本と同じような色になるよう、薬剤が強めのものが多いからです。
そういった製品を指示通りの時間以上に放置してしまうと、髪のダメージになるのです。

美容院で美容師に染めてもらうメリット

カラーチャートを見ながら自分の好みの色を決められる
髪の状態を見て薬剤の量を調節してくれるので傷みにくい
塗りムラが出にくい
座っているだけで良いので楽

市販の白髪染めでは出せない微妙な色も出せるのが、美容院カラーのメリットです。
なじみの担当さんなら、似合うか似合わないかも言ってくれるかもしれません。

また、髪の状態や量に合わせて薬剤を作り、パーツごとに分けて塗ってくれるのでムラが出ない上、ダメージが最小限に抑えられます。

さらに最後のシャンプーの前に薬剤を落としやすくする乳化という作業を行ない、それから弱酸性のシャンプーをするので薬剤が残りにくく、しかも頭皮にやさしいのです。

美容院で美容師に染めてもらうデメリット

高い
時間がかかる
施術者のレベルによってかなり差が出る

高くても時間がかかっても満足できる仕上がりなら納得できますが、残念ながらカラーが下手な美容師は結構います。

誰にでも出来そうに思えるかもしれませんが、カラーリングは非常に高度なテクニックが必要な施術です。
まず髪の毛の状態を正確に把握し、どの部分が傷んでいるか、どの部分が染まりやすく染まりにくいかといったことをチェックした上で薬剤を調合します。

その後塗っていくのですが、根元~白髪の部分、それ以降~中間部、中間部~毛先まで数回に分けて染めなくてはいけませんし、髪の毛の状態によっては調色にも差をつけて、最終的にすべて同じ色に染まるようにしなければいけません。

髪の状態や色味によって、最初は根元を空けて塗ったり、毛先に塗るカラー剤を暗めにしたり、トップから塗ったりネープ(襟足)から塗ったり、刷毛の角度を変えたりと、非常に細かいテクニックが必要です。
それがきちんとできない技術者が塗ると、ムラのある仕上がりになってしまうのです。

のろのろやっていたら染まり具合が均一にならないし、だからといって乱暴に塗ればムラが出てすぐ色落ちしてしまいます。
下手な人ほど顔に染料をつけるし、頭皮にもべっちゃりベタ塗りします。
そんな状態で数十分放置したら、いくら薬剤の調節をしていても皮膚に良いわけがありません。

さらに、テクニックがない人ほど出来上がりが悪いのに「以前自宅で白髪染めをしたから」「髪が傷んでいるから」「ケアを適切にしなかったから」などと言って自分のテクの無さを棚に上げるものです。

事実だとしても、そのデメリットを最小限に食い止めるのがプロですからね。
テクニックの有無をチェックするには、塗り終わった後の刷毛を見てみてください。
刷毛全体にカラー剤がついていたら、その技術者の腕はアヤシイですよ。

美容師からの提言

teigen

ここまで白髪染めのことを書いてきましたが、2剤式の白髪染めはプロがやろうが自宅でやろうが髪は傷みます。
それは、薬剤自体が髪を傷めるようにできているからです。
きれいに染めるより髪と頭皮の健康を大切にしたいなら、白髪染めは止めるべきです。

自分で染めるならカラートリートメントで!

あまりお金をかけず、髪と頭皮にダメージを与えないで白髪を染めたいのであれば、カラートリートメントが一番です。

2剤式白髪染めとカラートリートメントの違いは薬剤です。
白髪染めは髪を染めることを目的にしているので、きれいに染めるためには髪を傷めることも必要悪と考えています。
というか、傷めないとしっかり染まらないのです。

髪をしっかり染めるためには、薬剤で髪のキューティクルを開いて、中のコルテックスという部分にあるメラニン色素を破壊しその代わりに染料を入り込ませます。
無理に開いたキューティクルは薬剤を落とした後も開いたままで、コルテックス内にある水分、タンパク質、脂質がどんどん流出してしまいます。

また染料は酸化染料といって、アレルギーの原因になり、発がん性もあることが世界的に知られています。
特に市販の白髪染めに必ずといってよいほど使用されているパラフェニレンジアミンは、アナフィラキシーショックで死亡した人もいるほど危険な成分です。

しかしカラートリートメントにはそういった危険な成分は含まれていません。
キューティクルを開く薬剤がない上に染料も安全性の高いものを使うので、一度ではしっかり染まらないし色落ちもしやすいです。

でも、そのおかげで髪と頭皮を傷めないのだから良いと思いませんか?
一度傷んだ髪は二度と再生できないんです。

頭皮も、若いうちは新陳代謝が盛んなのでヘアカラーでダメージを受けても回復しますが、年を取ると新陳代謝が遅くなります。
若い頃の頭皮の新陳代謝周期は約1か月ですが、40~50代になるとその1.5~2倍かかりますから、次の白髪染めまでに回復できません。

そうして白髪や抜け毛、細毛などがどんどん増えてしまい、髪のハリやコシ、ツヤがなくなってしまうのです。

でも髪が伸びる限り、まだ細胞は死んでいません。
今生えている髪はもう元に戻らなくても、これから伸びる髪を健康にすることはできます。

髪を伸ばす細胞より髪の色素を作る細胞のほうが先に働かなくなるので、白髪をなくすことはできないかもしれません。
でもカラートリートメントを使っていれば、ボリュームのある元気な髪はきっと取り戻せますよ。

カラートリートメントを使用する際に注意すべきこと

chuui

カラートリートメントの良いところばかりをあげましたが、色落ちが早いので頻繁に染めなくてはいけないというデメリットもあります。
たまに美容院で2剤式の白髪染めをしてもらい、その合間にはカラートリートメントでリタッチというやり方をしている人もたくさんいます。

そこで注意してほしいのが、カラートリートメントと白髪染めの間は最低1週間、できれば2週間は空けないと問題が起こりやすいということです。
最近はほとんど聞きませんが、2~3年前は髪が緑色になると騒がれたことがあります。
一度変色してしまうと、元に戻すにはブリーチを繰り返さないといけないため、髪がボロボロになります。

しかし最近はそういった話も全く聞かなくなりましたから、カラートリートメントの成分が改良されたのでしょう。
ただし可能性が全くなくなった訳ではないので、必ず事前にメーカーや美容院に問い合わせてください。

まとめ

白髪染めをしようと思ったのは、いつまでも若く美しくありたい、という女性本来の願いから来ているものですよね。
その希望を叶えるためには、白髪を染める以上に大切なことがあるのです。

後悔先に立たず!白髪染め選びは慎重に

一生白髪染めをしても全く問題ない人もいますが、自分がそのラッキーなグループに入れるかどうかはわかりません。

2剤式の白髪染めを使い続けてある日突然顔が腫れ上がったり、口の中が炎症を起こして何も食べられなくなったり、呼吸困難になったりすることもあります。
カラー剤のにおいを嗅いだだけで息苦しくなるようになったら、日常生活もままなりませんよね。

そうなる前に、「転ばぬ先の杖」をお勧めします。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント