【妊娠と抜け毛】妊娠中に抜け毛が増える理由と妊婦さんが取るべき抜け毛対策-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 女性の薄毛 > 【妊娠と抜け毛】妊娠中に抜け毛が増える理由と妊婦さんが取るべき抜け毛対策
ninshin
【妊娠と抜け毛】妊娠中に抜け毛が増える理由と妊婦さんが取るべき抜け毛対策
  • facebook
  • twitter
  • LINE
妊娠中に抜け毛が増える理由と対策法とは!?

妊娠中は抜け毛が減るというのが一般的ですが、中には増えてしまう妊婦さんも。
「今から抜けちゃうの?これじゃ、出産後も抜けたらハゲちゃうんじゃないの!?」とすごく心配になりますよね。
一体なぜ妊娠中に抜け毛が増えるのか、その対策はあるのか、詳しく解説します。

妊娠中に抜け毛が増える人は多い!?

ninshin

出産後に抜け毛が増える女性は約7割といわれていますが、ベビー用品メーカーのピジョンのQ&Aコーナーを見ると、妊娠中に抜け毛が増える人も決して少なくないようです。
中には「掃除機が壊れるくらい抜けるので、毎日まずコロコロで床の抜け毛を取ってから掃除機をかけていたが、夜にはまた大量に抜ける」という妊婦さんまでいます。

妊娠中は髪の毛が抜け難いんじゃないの?

妊娠中は髪が抜けにくくなるというのは事実です。
これは、髪の成長や寿命にかかわる女性ホルモンのエストロゲンが、妊娠中に増えるからです。
妊娠後期には血中濃度が妊娠前の100倍以上になるといわれており、その時期は髪の寿命が伸びるのです。
女性の髪の寿命は4~6年といわれますが、妊娠中数か月分延長されているのです。

しかし、エストロゲンは出産後急激に減るので、延長されていた髪が一気に寿命を迎えます。
髪は抜ける準備に入ってから実際に抜けるまでに3か月前後かかるので、出産後3か月頃から大量に抜け始めるのです。

とすると、妊娠中に髪の毛が抜けるのはおかしなことになりますね。
これは、もう一種類の女性ホルモンであるプロゲステロンや、妊娠中の生活リズムの変化と大きな関係があるのです。

妊娠中に抜け毛が増える理由

riyuu

妊娠中に抜け毛が増える原因は、大きく分けて4つあります。
すべての妊婦さんに起こる可能性のあることですので、チェックしてみてください。

抜け毛が増える=ヘアサイクルが乱れている

妊娠初期に抜け毛が増えた場合は、女性ホルモンが影響している可能性があります。
女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあり、プロゲステロンは妊娠を維持するために働くホルモンです。

そのため、妊娠後しばらくは流産を防ぐために、エストロゲンよりプロゲステロンのほうが急速に増えます。

妊娠から4か月頃まではエストロゲンのほうが少ないため、髪の寿命を伸ばす作用が抑えられてしまいます。
そんな時期につわりなどであまり栄養を取れないと、髪への栄養が不足してしまい、ヘアサイクルが乱れて本来の寿命より早く成長が止まって抜けてしまうのです。

また、プロゲステロンには子宮内膜などへの血流を高める働きがあるため、髪の毛に栄養が届きにくくなり、抜け毛が増えます。
さらに、プロゲステロンには皮脂を分泌させる作用があるため、頭皮の毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、それが紫外線に当たることで酸化し、毛根部がダメージを受けて抜けやすくなることも考えられます。

「ストレス」「栄養不足」「ケア不足」が抜け毛を助長

・ストレス

プロゲステロンが多い時期というのは生理前を思い浮かべるとわかるように、とても精神が不安定になっています。
さらに、つわりや妊娠・出産に対する不安、周囲の干渉などが妊婦さんの大きなストレスになると、それに対処しようと全身に力が入り、交感神経が活発になります。

交感神経には血管を収縮する作用があるため、末端の頭皮まで十分な血液が回されなくなってしまい、抜け毛を引き起こすのです。

・栄養不足

栄養不足によって、妊婦さんの髪が正常に成長できないまま抜けてしまうこともあります。
髪の成分はタンパク質ですが、つわりによってタンパク質が食べられなくなることは多いですし、ほとんど何も受け付けなくなってしまったり、好みが変わって栄養が偏ってしまったりすることもあります。

そんな中でも胎児は母体から貪欲に栄養を取るので、胎児は順調に成長するものの、母体が栄養不足になってしまい、髪の毛がタンパク質不足から抜けやすくなってしまうのです。

同様に、髪を作るにはビタミンやミネラルも必要ですが、ビタミンB群・C、葉酸、亜鉛、鉄などは妊娠中胎児の発育に最も必要な成分でもあります。
そのため、これらも赤ちゃんのほうに行ってしまい、髪の成長を妨げてしまうのです。

・ケア不足

段々お腹が大きくなると、時間をかけてシャンプーするのがきつくなってきます。
シャワーで顔を上げながら洗うとバランスが崩れやすくなるため、下を向いて上からシャワーを当てたりお湯をかけたりすることが多くなります。

しかし、この洗い方だと髪の毛が邪魔をして顔回りがしっかりすすげず、シャンプー剤が残ってしまうことがよくあります。
それによって炎症を起こしたり、シャンプー剤が毛穴に入って毛根部にダメージを与えたりすることが起こるのです。

また、妊娠中は肌質が変化することがよくあります。
するとそれまで使用していたシャンプーの洗浄力や脱脂力が強すぎ、染みたり乾性フケが出たり、肌荒れを起こして髪が抜けやすくなることもあります。

その逆に、プロゲステロンの影響で皮脂分泌が過剰になり、脂性フケが出やすくなってそれが毛穴に詰まったり、皮脂が紫外線によって酸化して髪を作る毛母細胞を劣化させてしまったりすることもあります。

妊婦さんは肌が非常に敏感になるので、これまでと同様のケアでは頭皮環境が悪くなり、脱毛しやすくなるのです。

妊婦さんが取るべき抜け毛対策

taisaku

妊娠中は身体も精神も不安定になり、それが抜け毛につながってしまいます。
そのままにしておくより、積極的に抜け毛対策を取りましょう。

自分なりのストレス解消法を見つけましょう

妊娠中の抜け毛の最も大きな原因はストレスです。
つわりや出産に対する不安だけでも大きいのに、回りから色々言われたり夫が非協力的だったりすると、ますますストレスが溜まってしまいます。

また、お腹が大きくなると行動が制限され、自分の世界が狭まった気がしてしまう人も多いようです。
そんな状態から抜け出すために、自分に合ったストレス対策を取りましょう。

気の合う先輩ママに話を聞いてもらったり、リラックス効果のあるアロマを焚いて昼寝をしたり、マタニティヨガなどに通って妊婦友達を作ったり。
たまにであれば、ランチバイキングやケーキバイキングで思い切り好きなものを食べるという手もあります。

DVDでお腹の底から笑ったり泣いたり、カラオケで大声で歌ったり、ジグソーパズルに集中したりするのも、気分転換になります。

内にこもるより、行動を起こして発散しましょう。

食事は栄養のバランスと摂取量の両方が大事です

daiji

妊娠初期はつわりのために栄養バランスが崩れがちになりがちですが、この時期は無理に食べようとしても吐いたりしやすく、逆に身体に負担がかかってしまいます。
つわりの時期は無理をせず、食べられるものを少しずつでも摂るようにしましょう。

果物が食べられるようなら、タンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富で栄養価の高いバナナがお勧めです。
ビタミンB群・C・E、亜鉛、カルシウム、マグネシウムなど、妊婦さんの身体にも髪の毛の成長のためにもとても良い成分がたっぷりです。

また、髪の毛のケラチンタンパク質はアミノ酸18種類で構成されていますが、バナナにはそのうち17種類が含まれており、あとの1種類も体内で作ることができるため、健康な髪の毛が作られやすくなるのです。

食欲が出て来たら、しっかり栄養のバランスを考えて食事をしましょう。
炭水化物や脂質は控えめに、タンパク質、ビタミン、ミネラルはしっかり摂るようにしてください。
卵や大豆製品、牛乳、チーズ、ヨーグルトなど、安価で手軽に摂れるものを常備しておきましょう。

また、葉酸や鉄分、亜鉛は、赤ちゃんのためにも髪の毛のためにも必要な成分です。
レバーなどに多く含まれていますが、苦手な場合はサプリメントで摂ることも良い対策です。

生活リズムを崩さず規則正しい生活を送りましょう

妊婦さんはつわりや体調不良などが起こりやすく、それまでとは違った生活リズムになってしまいがちです。
しかし、生活リズムが狂うと体内時計がうまく作動しなくなります。

体内時計は朝日とともにリセットされ、交感神経が活発化し、夕方になると副交感神経と入れ替わり、徐々に睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されて夜眠くなる、というサイクルを作っています。

しかし生活のリズムがくずれると体内時計も狂ってしまい、常に交感神経が優位になってイライラや不安感が増してストレスが溜まりやすくなり、血行が悪くなってしまいます。
また、メラトニンが分泌されないのでなかなか寝付けなくなり、さらに生活のリズムが崩れてしまいます。

また、日本大学薬学部研究室で行なった動物実験によると、睡眠不足などの原因で体内時計が狂うと活性酸素が体内に溜まりやすくなり、それが細胞にダメージを与えて細胞を老化させる可能性が高いことがわかりました。
それが頭皮の毛母細胞に起こると、細胞分裂機能が低下し、髪の毛の成長に悪影響を及ぼしてしまいます。

こういったことからも、妊娠中はできるだけ生活リズムを崩さず、規則正しい生活を送るようにしましょう。

ちなみに、アメリカの赤ちゃんを持つ両親のためのサイト「ペアレンティングサイエンス」によると、赤ちゃんは胎児の時から母親の生活リズムを胎盤を通じて感じていて、赤ちゃんの体内時計の基礎となるそうです。

そのため、妊娠中に生活リズムを崩さず早寝早起きをすると、生後数か月で赤ちゃんも夜ぐっすり寝てくれるようになるそうですよ。

就寝前のテレビ、PC、スマホは止めましょう

妊娠前の習慣から、つい寝る直前までテレビやPC、スマホを見てしまうことは多いと思います。
しかし、胎児の成長のためにも妊婦さんは充分睡眠を取ることが大切ですから、できるだけその習慣は止めましょう。

テレビやPC、スマホなどの液晶パネルから発せられる光の中にブルーライトと呼ばれる可視光線があります。

これは青空の光と同じ性質があるため、脳が昼間だと勘違いしてしまい、交感神経を活性化させてしまいます。
するとベッドに入ってもなかなか寝付けなくなり、眠りも浅くなってしまいます。

睡眠には「レム睡眠」と呼ばれる浅い眠りと「ノンレム睡眠」と呼ばれる深い眠りがあり、この2つが交互に現れます。

ノンレム睡眠の時に成長ホルモンが多く分泌され、皮膚や細胞の修復や新陳代謝を助ける働きをします。
しかし交感神経が活発なまま寝るとノンレム睡眠がなかなか訪れないため、成長ホルモンも分泌されず、頭皮や毛母細胞が劣化しやすくなるのです。

対策としては、テレビやPC、スマホは就寝の2~3時間前には切り上げることです。
そして入浴やマッサージで全身をリラックスさせてあげましょう。

髪の毛や頭皮のケアを怠らないようにしましょう

これまで使用してきたシャンプーで刺激を感じたり抜け毛が増えたりした場合は、もっとやさしい成分のものに切り替えましょう。

一般的に売られているシャンプーは高級アルコール系と呼ばれ、洗浄成分に使用されている界面活性剤の刺激がとても強いものです。
さらに香料や防腐剤、酸化防止剤などが配合されているため、これまで何でもなかったとしても、妊婦さんになると頭皮が反応してしまうことがあります。

そのまま使い続けると抜け毛が悪化してしまうことがありますので、アミノ酸系やベビーシャンプーなど、洗浄力が穏やかなものに切り替える対策を取りましょう。

また、抜け毛を改善するには頭皮マッサージもとても効果があります。
頭部は心臓から離れているため元々血行が悪くなりがちなのですが、妊娠中は血液が子宮に集まりやすいため、さらに血行が悪くなっています。

マッサージで頭皮を柔らかくし、その下にある毛細血管の血流を良くしてあげることで頭部にも十分栄養が行き渡り、抜け毛改善をサポートしてくれるのです。

頭皮マッサージをする時には、化粧水や育毛剤を併せて使いましょう。
特に女性用の育毛剤は、女性ホルモンやストレスなどからくる抜け毛や薄毛対策にぴったりの成分がたっぷり配合されています。

「ベルタ育毛剤」「マイナチュレ」「エンジェルリリアンプラス」は妊婦さんや授乳中の女性でも使えるよう無添加・天然成分配合ですから、安心ですよ。

思い切ってショートヘアにするという手も

妊娠中はシャンプーやドライヤーかけが大変になりますし、どうしても傷みやすくなる時期です。
いくらケアをしっかりしているつもりでも、パサついてツヤがなくなったりしてしまうことはよくあります。

そんな時には、思い切ってショートヘアにするというのも一つの対策方法です。
多くのママが、出産後のことを考えて妊婦時からショートカットにしています。

ただ、妊娠後期はお腹がかなり大きくなるので、長時間美容院の椅子に座っているのは大変になってきます。
かといって、あまり早めにカットすると出産時には伸びてしまいます。

また、出産後のお宮参りで着物を着る予定の場合、ある程度の長さがあったほうが良いかもしれません。
何より、これまで大切に伸ばしてきた髪を切るのはつらい…と感じるかもしれません。

カットするかどうか迷ったら、先輩ママや美容師に相談してみるといいですね。
また、最近は託児所付きの美容院も増えているので、住んでいる近くにあるかどうかチェックしてみてはどうでしょうか。
いつでもカットできると思うと、かなり気が楽になりますよ。

油断は禁物です!

kinmotsu

妊娠中の抜け毛はストレスや初期のホルモンバランスによることが大きく、妊婦さんなら誰にでも起こり得ることです。

妊娠中の抜け毛で実際にハゲることはありませんから、あまり心配する必要はありません。
とはいえ、油断は禁物です。

出産後の抜け毛にも備えておくことが大事

7割以上の女性が、出産後に抜け毛を経験しています。
これは、最初に書いたように女性ホルモンが出産後一気に減少するためで、本来妊娠中に抜けるべき寿命の髪の毛が抜けるだけのことです。

妊娠中にヘアサイクルが乱れて寿命が短くなって抜けた髪とは違いますから、多くの場合はそのままにしていてもいずれ抜け毛は止まり、新しい髪が生えてきます。

しかし、妊娠中に小さなことでも神経質になり抜け毛になった人の場合、出産後もそれが続く傾向があり、それが抜け毛を長引かせてしまうことがあります。
良いママにならなくては、しっかり育てなくてはと頑張るあまりストレスが溜まり、血行を悪くして髪に栄養が届かなくなってしまうことがあるのです。

また、出産後は24時間が赤ちゃんのために使われ、一時的にではありますが食事や睡眠を十分取ることが難しくなり、それが抜け毛を引き起こすこともあります。

妊娠中や出産後の抜け毛は誰にでも起こることですから、それに対してストレスを溜めないようにしましょう。
そして、栄養や運動、睡眠、ストレス解消などできる対策を取りましょう。

また、頭皮マッサージや育毛剤は妊娠中や出産後の抜け毛にとても効果がありますので、ずっと続けてくださいね。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント