使用者が急増中の女性用育毛剤~人気の育毛剤は何?実際に使用した人の口コミは?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 女性の薄毛 > 使用者が急増中の女性用育毛剤~人気の育毛剤は何?実際に使用した人の口コミは?
kuchikomi
使用者が急増中の女性用育毛剤~人気の育毛剤は何?実際に使用した人の口コミは?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
人気の女性用育毛剤と育毛剤選びの注意点を解説!

多くの女性が悩んでいる薄毛。
最近は若年層にも増え、10代で薄毛になってしまう人も増加しているといわれます。
しかしほとんどの場合は病気によるものではないため、皮膚科で治療してもらうこともできません。

そこでよく使用されるようになったのが女性用育毛剤です。
しかし、口コミを読むと効果が出たという人もいれば、全くダメだったとがっかりしている人もいて、判断が難しいですよね。

そこで様々な角度から女性用育毛剤を研究しましたので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

薄毛が心配だけど・・・

shinpai

薄毛が心配な女性は多く、若い人ほど必死に対策を考えているようです。
口コミなどで見ると、最初はシャンプーを変えることから始まり、食生活や生活習慣を見直したりしても思うような効果が上がらないと、次は育毛剤を…となるようです。

どの育毛剤を使うべきか悩んでいませんか?

ネットで女性用育毛剤を検索すると、そのメーカーと種類の多さにびっくりするかもしれません。
当サイトでざっと調べただけでも60種類以上あり、この中からたった一つを見つけ出すのは至難の業です。

しかし、悩んでいるうちに薄毛がじわじわ進行してしまい、どれを使用しても効果が出なくなってしまうかもしれません。
ウィッグはちょっと…という方は、そろそろ育毛剤に真剣に向き合いましょう。

育毛剤を購入する前に

kounyuu

育毛剤は化粧品と同じで、使い始めたら長期間続けるものですから、購入前に少しでも知識をつけておいたほうが、使い始めてから「こんなはずじゃなかった」ということが起こりません。
以下のことをしっかり確認しておきましょう。

自分の症状や悩みをしっかりと理解しましょう

髪や頭皮は、自分のものでありながら案外誤解していることが多いものです。
髪の毛が少なくなったと思っていたら、減ったのではなく細くなっていると美容師に指摘されたとか、フケが増えたのでさっぱり系のシャンプーに変えたらもっと増えたとか、ありますよね。

お肌と違って頭皮は観察する機会がほとんどないため、結構誤解したまま間違ったケアをしていることが多いのです。

薄毛になったと感じたら、こんなことを観察しましょう。

①抜けた髪が以前と比べて細いか、根元の形はどうか
②抜け毛はずっと増えているか、一時的なものか
③頭皮の色は何色か
④最近月経の状態はどうか、毎月きちんとあるか
⑤健康診断で貧血と診断されていないか
⑥基礎体温は36.5℃前後あるか
⑦お肌が荒れやすくなっていないか
⑧爪の形が悪くなったり割れやすくなったりしていないか
⑨最近目がとても疲れないか
⑩おでこにシワが増えていないか

簡単に、一つずつ解説していきましょう。

①抜けた髪が以前と比べて細いか、根元の形はどうか

抜け毛が細くなったり、根元がマッチ棒のようなふくらみがない、あるいはひげのようなものが生えていたり歪んでいたりした場合、薄毛が始まっています。
髪に十分な栄養が届いていないため、髪が成長途中で抜けてしまうとこのような形状になってしまうのです。

②抜け毛はずっと増えているか、一時的なものか

抜け毛は1日50~100本抜けるのが普通ですが、秋口に増える傾向があります。
多い人では3倍近く抜けることもあるので、1~2ヶ月たって元の本数に戻るようなら心配ありません。
減らない場合、夏に紫外線などで髪を傷め、そのダメージが毛根部まで届いてしまっている可能性があります。

③頭皮の色は何色か

健康で血液が十分に届いている頭皮は青白いです。
赤い、あるいは茶色っぽい場合は日焼けや何らかの炎症、黄色の場合毛穴に皮脂が詰まって不健康な状態になっている可能性が高いです。

④最近月経の状態はどうか、毎月きちんとあるか

生理が毎月来ない、来ても出血が多いまたは少ない、PMS(月経前症候群)がひどいなどの場合、女性ホルモンのバランスが崩れている可能性が高いです。
女性ホルモンには髪を健康に保ち寿命を長くする働きがあるため、バランスが崩れて分泌量が減ると抜け毛や薄毛を引き起こします。

⑤健康診断で貧血と診断されていないか

女性の多くは鉄欠乏性貧血になっています。
鉄は酸素を全身に運ぶために必要不可欠な成分で、不足すると酸欠状態になり、細胞が新陳代謝できなくなり、髪の成長も止まってしまいます。

⑥基礎体温は36.5℃前後あるか

50年前は日本人の平均体温は36.8℃だったといわれていますが、最近は36.5℃以下の人が多く、中には35℃台の女性もいます。
すると体内が冷え血管が収縮してしまうため、頭部に栄養が届かなくなってしまいます。

⑦お肌が荒れやすくなっていないか

肌荒れの大きな原因は乾燥です。
いくら基礎化粧品でケアしても、紫外線や空調など外的刺激によって肌はとても乾燥しやすくなっています。

肌に起こることは確実に頭皮にも起こっています。
それどころか、頭皮は顔ほどケアされていないため、全身で最も乾燥がひどい場所です。
頭皮が乾燥すると硬くなり、その下にある毛細血管を圧迫して血流を悪くしてしまいます。

⑧爪の形が悪くなったり割れやすくなったりしていないか

髪と爪は同じ末端組織です。
身体にとってはどちらも生命維持に関係ないものですから、栄養を送ってもらえるのは最後です。

しかも、髪と爪は同じケラチンというタンパク質からできているため、爪に異常が出た場合は必ず髪や頭皮にも問題が起きています。
タンパク質(アミノ酸)不足が原因の一つと考えられます。

⑨最近目がとても疲れないか

眼精疲労は顔の回りの生え際を薄くする大きな原因となります。
パソコンやスマホを長時間見ていると、目の回りの筋肉が緊張して硬くなります。
するとその部分に血液が回らなくなり、頭皮に栄養が回らなくなるのです。

特に耳の上からは動脈が分岐して髪の毛の10分の1程度の太さしかない毛細血管のみになるため、血液が送られなくなった血管は消滅してしまうこともあります。

⑩おでこにシワが増えていないか

おでこは元来皮脂が多く、シワになりにくい部分です。
しかし表情が乏しくなるとどんどん筋肉を使わなくなり、硬くなって柔軟性がなくなってしまいます。
するとシワができると同時に下にある毛細血管も硬くなり、血液が届かなくなります。

おでこと頭皮は前頭筋という筋肉でつながっているので、前頭部も血行不良になり、前髪が少なくなったり分け目が広くなり地肌がはっきり見えたりしてしまうのです。

いかがでしょうか。
頭皮チェックができなくても、他の部分で頭皮の状態を判断することはできます。
思い当たる点があれば現在問題がなくてもすでに薄毛予備軍ということになりますから、今のうちにケアを始めることをお勧めします。

女性用育毛剤の役割と、期待できる効果

女性の薄毛は男性と原因が違います。
男性のほとんどは男性ホルモンによるもので、改善は困難といわれています。
しかし女性の場合、女性ホルモンのバランスの乱れのほか栄養不足、運動不足、睡眠不足、ストレス、紫外線、間違ったヘアケアなど多くの原因があり、努力すれば予防や改善が可能なのです。

そして、その努力を助けてくれるのが女性用育毛剤です。
食事や生活習慣など、仕事や家事、育児に多忙な女性はすぐに変えられない場合が多いですよね。
そんな時、できることは自分でやり、無理なことは育毛剤にお任せすれば良いのです。

女性用育毛剤が得意とするところは、頭皮にうるおいを取り戻し、血行を促進させることです。
女性の薄毛の原因には様々なものがありますが、それによって起こることは「乾燥」と「血行不良」がほとんどです。
そのため、どの女性用育毛剤もこの2点を改善させる成分をたっぷり配合してあります。

製品によって天然由来成分だったり化学合成成分だったりといった差はありますが、十分な効果が期待できるのです。
そのほか、ほとんどの製品に抗炎症や殺菌成分も配合されており、頭皮の状態をより良くする助けとなります。

さらに、製品によっては女性ホルモンの分泌を助ける成分や女性ホルモン様成分、頭皮の皮脂抑制成分、毛穴の酸化防止成分などが配合されているものもあり、頭皮の状態に合わせて選ぶことができます。

人気の女性用育毛剤と口コミ

kuchikomi

ここでは、多くのネット通販や口コミで人気の高い女性用育毛剤をご紹介します。
傾向として、多くの効果・効能が期待できる成分たっぷり系が人気があるようです。
自分の頭皮状態がよくわからないということに加え、どうせお金を払うなら色々入っていたほうがお得…という女性心理によるものかもしれません。

でも、それは大正解です。
女性の薄毛には様々な原因が絡んでいるため、何かに特化しているより多くの効能・効果がある成分が配合されているもののほうが、効果が出やすいのですね。

【厳選】薄毛に悩む女性に人気の女性用育毛剤

・ベルタ育毛剤

現在最も売れていて口コミ評価も高い女性用育毛剤の一つです。
女性にありがちなダイエット、出産、睡眠不足、ストレスなどから来る頭皮や髪のサイクルの乱れに注目し、それを改善するために56種類もの育毛・頭皮ケア成分を配合し、その濃度なんと99.9%です。

しかも32成分をナノ化し、毛穴の奥にある毛母細胞にしっかり届くようにしているので、効果がより確実に早く出るのです。

成分には血行促進、保湿のほか抗炎症、栄養補給、細胞活性、皮脂分泌調節の作用があるものが配合され、女性ホルモンが不足気味な女性のために女性ホルモン様成分まで入っていますから、ほとんどどんな原因の薄毛にも有効です。

また、業界最高レベルの16種無添加なので、頭皮にも髪にも安全です。

・ミューノアージュ

皮膚科形成外科の医師が開発したということで、信頼度が非常に高い育毛剤です。
薄毛に悩む多くの女性を治療してきた経験から、薬剤をより浸透させ効果をアップするには、2剤に分けて使用したほうが良いという経験論を持っています。

1剤でまず頭皮をケアし、2剤で有効成分をしっかり浸透させることで、少量でも無駄なく効果を出すことができるのです。

成分には保湿、血行促進、細胞活性、抗炎症、殺菌、皮脂分泌調節成分が配合されており、厚生労働省から育毛作用があると認められた成分も5種類入っているので、様々なタイプの薄毛に作用します。

・長春毛精

女性用育毛剤では珍しい漢方系で、ハゲや薄毛治療に高い実績のある1950年創立の中国・長春の中医学院(2006年長春中医薬大学に改名)が開発に参加しています。
日本側は日本で初めて育毛サロンを開設したバイオテックで、伝統と最新技術がコラボした唯一無二の女性用育毛剤です。

女性ホルモンのバランスの乱れからくる薄毛の原因を改善する和漢12種類の生薬を厳選し、血行促進、保湿、抗炎症、細胞活性、抗菌、栄養補給の作用があります。

また、紫外線などで発生しやすい活性酸素を除去する抗酸化成分も入っているので、頭皮の老化防止効果も期待できます。
さらにこれらの成分をナノ化しているので、浸透性がとても良くなっています。

紹介している他の育毛剤と違い、添加物が若干配合されているのが残念ですが、肌が敏感でなければ問題ないレベルです。

・マイナチュレ

女性用育毛剤の草分け的存在で、今も高い人気を誇ります。
女性の薄毛・抜け毛の原因をホルモンバランスの乱れと紫外線やシャンプーなどによる頭皮ダメージにあると考え、ケアする成分をたっぷり配合してあります。
10種類のアミノ酸で髪に栄養を与え、27種類の天然由来成分が頭皮環境を改善してくれます。

血行促進、保湿、抗炎症、抗酸化、殺菌、細胞活性、皮脂分泌調節作用のある成分に加え、女性ホルモン様作用のある成分も配合されています。
また、男性ホルモン抑制作用のある成分も入っているので、前頭部や頭頂部が薄くなる男性型脱毛症を発症してしまった女性にも効果が期待できます。

無添加にこだわり、妊娠中や授乳中でも使用できる安全性の高さも人気の秘密です。

実際に育毛剤を使用した人の口コミは・・・

正直に言ってどんな育毛剤も賛否両論で、口コミ全てが諸手を挙げてほめちぎっている製品はありません。
同じ製品なのかと思うくらい正反対の評価をしているものもよく見受けられます。

・ベルタ育毛剤

1ヶ月で抜け毛がずい分減った
使用後すぐ頭皮が炎症を起こした
とろみがありすぎてオイリー、髪がべたべたになる
サラサラした使い心地でとても使いやすい

・ミューノアージュ

1週間で抜け毛が減って来た
1年使い、髪がものすごく増えた
1ヶ月使用したが効果が出ない
最初は抜け毛が止まったが、その後増える兆しがない
液にとろみがなく垂れてくる

・長春毛精

3か月でハリとコシが出た
刺激性がなく浸透性も良い
漢方系のニオイがして気になる
容器が使いづらく、予定より早くなくなってしまう

・マイナチュレ

2週間程度で分け目の髪が増えてきて、友人に驚かれた
半年で生え際が元通りになった
3か月使用したが、かえって抜け毛が増えた気がする
初回から頭皮に刺激を感じ、使えなかった
頭皮に吹き出物ができるようになった

このように使用者の評価はバラバラなので、口コミは参考程度にとどめておいて、お試しサイズのものや初回割引、返金保証のある製品などで実際に利用することが一番確実ですね。

育毛剤を選ぶ際の注意点

chuui

化粧品でさえ人によって差が出るのですから、医薬部外品(薬用化粧品)の育毛剤の場合さらに効果に個人差が出てしまいます。
使ってみないとわからないことはたくさんありますが、少しでも情報を集めて判断材料の一つにしましょう。

自分の症状や目的に合った育毛剤を選ぶこと

できれば、美容師に自分の頭皮状態を指摘してもらいましょう。
薄毛治療専門クリニックの無料カウンセリングを受けられれば一番です。
それができない場合は、上に書いた10の症状に当てはめてみてください。

例えば、産後や更年期など女性ホルモンの分泌量が減って起こる抜け毛の場合は、女性ホルモン様成分や分泌を促進させる成分が入っているものをお勧めします。

逆に、30代前半までは女性ホルモン以外の原因のほうが多いので、ダイエット中など栄養不足気味だと感じたらアミノ酸など栄養補給作用のあるもの、貧血気味の場合は血行促進作用、肌の乾燥が気になる場合は保湿作用をイチオシにしている製品を選びましょう。
各メーカーの公式サイトを見ると、その商品が最も力を入れていることがわかりますよ。

敏感肌の人は無添加等、安全性を最優先に

saiyuusen

どれほど有効な成分が配合されていても、肌が受け付けなければ仕方ありませんよね。
敏感肌の人は特に「無添加」「天然由来成分」「アレルギーテスト済」と明記してあるものを選びましょう。

併せて、自分でも各メーカーサイトで製品の成分を確認しましょう。
面倒だと思いますが、ある成分名がアレルゲンの植物の成分の場合もあり、何らかの反応が出ないとは限らないのです。

たとえば、多くの育毛剤に配合されている有効成分の一つに「グリチルリチン酸2K(ジカリウム)」がありますが、これはカンゾウ(甘草)の成分です。
マメ科なので大豆にアレルギーがある場合、カンゾウでも発症する場合があります。

心配な場合はメーカーに問い合わせ、製品を使用する前に必ずパッチテストを行なうようにしましょう。

不安が解消できない人は返金保証付きの育毛剤を

初めての経験には勇気が要りますし、万が一にも肌に合わなかったりアレルギーを起こしたりしたら大変です。
不安が残る場合、育毛剤をあきらめる前に返金保証付きの製品を試しましょう。
返金保証がある女性用育毛剤には以下のものがあります。

ベルタ育毛剤/マイナチュレ/薬用ナノインパクト100レディ/花蘭咲/エンジェルリリアンプラス/イクオス/ハリモア/リリイジュ/ヴェフラ(vefla)/黄金樹 など

ただ、商品によっては外箱やチラシまで返品しなければならなかったり、定期購入のみ返金可だったりと、細かい規定があります。
返金保証付きの育毛剤を購入する場合は、返金に応じてもらえる条件をしっかり把握しておきましょう。

効果が実感できるまでには時間が掛かります

口コミで低い評価をつけている人の多くは、1~3ヶ月の使用者です。
しかし、傷んだ頭皮環境を改善したり、栄養を十分摂取して細胞を新陳代謝させたり、血行を促進させるためには時間がかかります。
薄毛治療専門クリニックでさえ、「治療には6か月~12か月かかる」と明記してあるところもあるのです。

クリニックが使用しているのは主に医薬品で、医薬部外品の育毛剤に比べると効果は強力です。
それでも半年以上かかるのですから、医薬品のような副作用がない代わり作用も穏やかな育毛剤を1~3ヶ月使用した程度では、効果を実感するのは難しいのです。

薄毛は短期間で治ることはありません。
特に30代後半になると、髪と頭皮の健康を維持する女性ホルモンの分泌量が減り、さらに加齢やストレスなども加わりますから、薄毛改善にますます時間がかかるようになってしまいます。

気づいた時にすぐ育毛剤で対策を取ることが、いつまでもボリュームのある美髪をキープするためにとても大切なんですよ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント