白髪を染めると頭がかゆい!コレって白髪染めが悪いの?それとも他に原因が?-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染めとアレルギー > 白髪を染めると頭がかゆい!コレって白髪染めが悪いの?それとも他に原因が?
atama-kayui
白髪を染めると頭がかゆい!コレって白髪染めが悪いの?それとも他に原因が?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
白髪染めで頭がかゆくなる原因について解説!

かゆいけど、掻けない…白髪染めをしていると、そんな時ってありますよね。
あまりにかゆければさすがに途中でも染毛料を洗い流してしまいますが、そこまでの状態にはめったにならないので、何とか我慢してしまうのですが…。
でも、そのままガマンしていて良いのでしょうか。

白髪を染めると頭がかゆい?

atama-kayui

皮膚がかゆいと感じた時、体内では複雑な流れが一瞬にして起きています。
知覚神経C線維というかゆみのセンサーが反応し、脳と神経に伝達されて神経ペプチドという神経伝達物質を放出します。

するとこの物質がマスト細胞(肥満細胞)を刺激し、ヒスタミンというかゆみを引き起こす物質が発生することでかゆみが起こります。
掻けば掻くほどその刺激によってヒスタミンの放出量が増えるため、さらにかゆみが強くなってしまうのです。

それは頭皮が炎症を起こしている証拠です

肌の表面には水分と皮脂からできた皮膚バリアがあり、外からの刺激を受けにくくしています。
しかし、何らかの原因で皮膚バリアの機能が低下したり、皮膚バリアを突き破って侵入すると、肌が刺激を感じてヒスタミンを放出してかゆくなるのです。

その原因の一つに2剤式白髪染めがあります。
主成分のアルカリ剤や過酸化水素、酸化染料はどれも刺激物で、皮膚バリアを通り抜けて肌に刺激を与えるため、炎症を起こしてかゆくなるのです。

白髪染めで頭がかゆくなる原因は?

genin

2剤式白髪染めを使用すると頭がかゆいという現象の原因を、もう少し詳しくみていきましょう。
主な原因は以下の4つあります。

過酸化水素やアルカリ剤による刺激性接触皮膚炎

過酸化水素やアルカリ剤は、皮膚のタンパク質を刺激して変質させてしまう作用があります。
これは薬剤そのものが刺激物なので、それによって起こるかゆみや炎症を「刺激性接触皮膚炎」といいます。

過酸化水素は洗濯などで使用する酸素系漂白剤のことで、濃度が6%を超えると劇物に指定されます。
濃いめに溶いたものが指に触れると、何だかヌルヌルした経験はありませんか?
あれは薬品で火傷をした状態で、皮膚のタンパク質が溶けているのです。

肌が弱い人だとその部分が白くなり、1週間程度元に戻りません。
アルカリ剤も同様で、白髪染めに入っているアンモニア水は皮膚を溶かす作用があります。

これらの薬剤の作用によって肌がかぶれを起こし、かゆい、ヒリヒリするといった症状が出るのです。

パラフェニレンジアミンによるアレルギー性接触皮膚炎

アレルギー性皮膚炎は、何らかの原因物質(アレルゲン)によって起きるかぶれや炎症などのことで、刺激性接触皮膚炎と違い反応が出る人と出ない人がいます。
酸化染料のパラフェニレンジアミンは陽性率が高いことから、ジャパニーズスタンダードアレルゲン25種類の一つとなっています。

パラフェニレンジアミンはほとんどの白髪染めに配合されており、酸化染料の中で最も刺激が強いものです。

頭皮につくことでアレルゲンと認識されてしまうと、最初は頭皮がかゆい、痛いなど軽い症状が起こり、そのまま使用を続けていると顔や首、腕など薬剤が少しでもついた所に広がり、さらに全身にも症状が出ることがあります。

病気や体調不良、ホルモンバランスの乱れ

horumon-midare

人間には本来免疫力が備わっており、外敵の侵入を防いでいます。
しかし病気や体調不良になると免疫力の機能が低下してしまい、刺激に弱くなります。

また、生理前や生理中、閉経後もホルモンバランスが乱れるため、肌が弱くなります。
これは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスが崩れたり、分泌量が減ってしまったりすることで起こります。

エストロゲンには余分な皮脂の分泌を抑え、保湿成分のセラミドの生成を促進し美肌を保つ作用がありますが、生理前から生理中にかけて分泌量が減ります。
一方、プロゲステロンは生理前(黄体期)になると多く分泌されますが、皮脂を増やしたり免疫力を低下させる働きがあるため、肌が脂っぽくなったり荒れたりしがちなのです。

また、閉経後はエストロゲンもプロゲステロンも減ってしまい、水分を保つ作用も皮脂を分泌させる作用も衰えるため、皮膚バリアができにくくなってしまうのです。

生理前後、閉経後に白髪を染めたら頭がかゆい、痛いといった症状が起きた場合は、女性ホルモンの影響が大きな原因の一つとなっています。
肌が過敏になるため、刺激性接触皮膚炎やアレルギー性接触皮膚炎を起こしやすくなるのです。

乾燥、皮脂の過剰分泌、雑菌による頭皮環境の悪化

頭皮が乾燥するのは、ホルモンバランスの乱れのほか、皮脂を無理に取り去ってしまうことも原因となります。
多くの女性が毎日シャンプーしていますが、そのシャンプーのほとんどは高級アルコール系と呼ばれる洗浄力と脱脂力の強いものです。

男性や汗をよくかく人には向きますが、普通~乾燥肌の人が使用すると頭皮の皮脂を必要以上に取り去ってしまうため、皮膚バリアが失われてしまうのです。

また、皮膚は乾燥すると皮脂を分泌させるという作用があります。
皮脂が過剰分泌されて毛穴が詰まったり、皮脂が紫外線を浴びて過酸化脂質に変化したりすると、細胞に刺激を与えてかゆい、痛いといった症状が起こりやすくなります。

さらに、皮脂はマラセチア菌という頭皮の常在菌のエサで、脂肪酸という刺激物質を排出する作用があります。
そのため、皮脂過剰によってマラセチア菌が増えると頭がかゆくなったりフケが増えたりするのです。

しかし、マラセチア菌は通常の量であれば頭皮を弱酸性に保つ働きがあります。
上段で過酸化水素とアルカリ剤が皮膚を溶かすというお話をしましたが、2剤式白髪染めに配合されているこれらの薬剤によって、マラセチア菌が死滅してしまいます。

すると頭皮がアルカリ性に傾き、皮脂が分解されてしまうため乾燥し、さらに刺激に対して敏感になってしまうため、かゆい、痛い、腫れるといった症状が起きることもあります。

低刺激の白髪染めに変えましょう

teishigeki

これまで見てきた頭皮のかゆみの原因の多くは、白髪染めを低刺激のものに変えることで改善できます。
特にアレルギー性皮膚炎の場合、2剤式白髪染めを使い続けるとある日突然アレルギーを発症して頭皮や顔が腫れ上がったり、かゆみと痛みが全身に出たりすることがあります。
そんなことになる前に、対処することをお勧めします。

ヘアマニキュアによる白髪染めの特徴と注意点

2剤式白髪染めより手軽で、刺激が少ないといわれているのがヘアマニキュアです。
美容院では酸性カラーとして施術してくれますが、市販製品なら安い上にブラシで梳くだけなので簡単ですよね。
特徴と注意点は以下のようになります。

<特徴>

・髪を染料でコーティングするだけで、脱色はしない
・白髪には色が入るが、黒髪を明るくすることはできない
・髪質や状態によるが、大体2~3週間色が持つ
・頭皮につけると落ちにくいので、根元まで塗れない
・頭皮につけないので、パッチテスト不要

ヘアマニキュアに使用される染料は酸性のタール色素で、分子が大きいため髪に浸透せず、表面とその近くの部分を着色します。

また、ブリーチ成分が配合されていないので、地毛の色より濃く(暗く)することはできますが明るくはできません。
染料が髪をコーティングするので、髪のダメージを抑えてくれます。

<注意点>

市販品で簡単に染められ、色持ちも悪くありませんが、白髪が多い人には向きません。
根元部分まで染めないため、顔の回りや分け目の目立つ部分の白髪がすぐに目立ってしまうのです。
無理に根元まで染めようとして頭皮についてしまうと、なかなか落ちません。

また、2剤式白髪染めと違い、髪質や状態によって染まり具合が違ってきます。
細い、柔らかい、傷んでいる髪は希望以上に濃く染まり、太い、硬い、健康な髪は薄めに染まるため、髪に合った時間の調節が必要です。

さらに、コーティング力が強いため、ヘアマニキュアが残ったままの髪を2剤式白髪染めやヘアカラーで染めても、きれいに染まらないことがあります。
最低でも3週間は間を置くことが必要です。

同様に、ヘアマニキュアで染めた髪にパーマをかけると脱色してしまうため、パーマを先にかけるようにしましょう。

ヘナによる白髪染めの特徴と注意点

ヘナはインドで古くから使用されてきた植物染料で、ローソン(ローソニア)という色素によってきれいなオレンジ色に発色します。
時間をかけるほど濃く染まりますが、色を暗くするためにはインディゴを足したものを使用するか、あるいは最初にヘナで染め、その後インディゴで後染めします。

<特徴>

・髪を染料でコーティングするだけで、脱色はしない
・白髪には色が入るが、黒髪を明るくすることはできない
・最初は染まりにくく、続けて染めていくと3~4週間持つようになる
・高いトリートメント効果があるが、最初はダメージへアほどギシギシする
・頭皮の余分な皮脂を取り去るので、頭皮環境が良くなる
・最初のうちは色落ちが激しく、いくら洗っても色水が出たり、服が汚れたりする
・抹茶系の独特な草木のニオイがして、好き嫌いが分かれる
・特にインディゴにアレルギー反応を起こす場合があるので、パッチテストが必要

ヘナやインディゴは天然の植物で、これだけで髪を染めるには回数が必要です。
最初からしっかり染まる人は少なく、特にダメージへアほど色落ちがすごいのですが、3回目あたりから色落ちが少なくなることが多いようです。

<注意点>

ヘナは髪の状態が非常に明確に出る染料です。
ダメージへアほど染まりにくく、色落ちも激しい傾向がありますし、ギシギシになってブラシが通らないほどになってしまうこともあります。
この状態が改善するまでには数回かかります。

また、髪が太め、硬め、多めの人ほどべたついた仕上がりになりやすいため、別途シカカイというサポニンを含んだインドハーブなどの使用が必要です。
これは、こういった髪質の人は皮脂分泌量が多い傾向があり、ヘナの洗浄効果だけでは余分な皮脂が残ってしまうからではないか、と考えられています。

それだけでなく、ヘナは染まるまでに1~2時間はかかります。
しかも、ヘナだけではかなり明るいオレンジ色になるため、インディゴで後染めしなければいけません。
ヘナとインディゴが混ざっているものもありますが、インディゴは髪にではなくヘナに吸着する性質があるため、最初から混ざっているものだと染まり具合が安定しないことがよく起こります。

さらに、ヘナは酸性で、ヘナの使用によって健康になった髪は、使用を止めてもしばらくは酸性状態を保っています。
そのため、アルカリ性のパーマ液を使用すると中和してしまい、うまくパーマがかからず半年近くは希望通りの仕上がりにならないことが多いようです。

もう一つ、ヘナやインディゴで染めた後は、あまりシャンプーの使用は推奨されません。
これはヘナ自体に洗浄作用があるためで、シャンプーを使用すると必要な皮脂まで取り去られてしまうからです。

カラートリートメントによる白髪染めの特徴と注意点

カラートリートメントは、主にHC染料と塩基性染料を使用して髪の表面と少し奥を染め、さらにトリートメント効果を持たせた製品です。
ヘアマニキュアと違い髪を補修・保護する働きがあり、ヘナと違い使用1回目からトリートメント効果を発揮します。

<特徴>

・髪を染料でコーティングするだけで、脱色はしない
・白髪には色が入るが、黒髪を明るくすることはできない
・濡れた髪、乾いた髪どちらにも使用できるものが多い
・色持ちは髪質や状態、商品によってかなり差があり、3日~10日程度
・ヘナと違い、使うごとに染料の持ちが良くなることはない
・トリートメント効果が高く、髪がサラツヤになり、ボリュームアップする
・頭皮についても安全な成分で作られている
・香りは無臭、あるいは女性好みの良い香りのものが多い

カラートリートメントはヘアマニキュアともヘナとも違い、シャンプー後の濡れた髪に使用すると5~15分程度で染められるという特徴があります。
そのため、仕事や家事、育児に多忙な女性でも手軽に使用でき、しかもトリートメント効果が高いのでダメージへアがどんどん修復されて健康になるというメリットがあります。

最初の数回は乾いた髪に使用したほうがしっかり染まりますが、一度染まれば1週間に1~2回シャンプー後にリンスやコンディショナー代わりに使用するだけで、美しい髪をキープできるのです。

<注意点>

カラートリートメントを2剤式白髪染めと同様に考えて、思ったほどしっかり染まらないとがっかりする人がいますが、アルカリ剤でキューティクルを開いたり、過酸化水素でメラニン色素を脱色したりしないため、染まり具合は穏やかです。

しかし、これらの危険な薬剤を配合していないので、頭がかゆい、ヒリヒリ痛いといったことはほとんど起こりませんし、髪にもダメージを与えません。
また、パラフェニレンジアミンを配合していないので、アレルギーを引き起こす危険性も非常に少なくなっており、さらにアレルギー・パッチテストを行なっている商品ならより安心です。

ヘナのように回数を追うごとに持続性が高くなるといった作用はありませんが、その分パーマや2剤式白髪染めがしやすく、カラートリートメント使用前後1~2週間程度間をあければOKな商品がほとんどです。

白髪を染める前に

somerumae

これまで2剤式白髪染めをしてきた人は、自分流の染め方が身についていると思います。
しかし、ヘアマニキュアやヘナ、カラートリートメントをする時にはもう一度原点に戻って、基本中の基本を守るようにしましょう。

【大事な頭皮を守る為】パッチテストは忘れずに

2剤式白髪染めやヘアカラーを使用する前にパッチテストを行なっている人は、2~3割程度といわれています。
確かに、実際に使用する48時間前に腕に少量塗って、塗布後30分と48時間後の2回観察しなければいけないのは、とても面倒ですよね。

しかし、2剤式白髪染めには酸化染料などアレルギー陽性率の高い成分が配合されているため、必ず毎回パッチテストを行なうよう、説明書に書かれているのです。

パッチテストを行なわずに使用し続けると、ある日突然頭皮や顔が腫れ上がってかぶれを起こす危険性があり、ひどい場合はアナフィラキシーショックで死亡します。
実際、日本や英国などで2剤式ヘアカラーを使用して死亡した例があります。

では、ヘアマニキュアやヘナ、カラートリートメントはどうでしょうか。

・ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、パッチテストは行ないません。
頭皮につけないから危険性がない、ということもありますが、それより染料の定着率が高いため、48時間も塗布したままだとその部分が完全に染まって落ちなくなるからです。

ただし、染料のタール色素は決して安全性が高いとはいえないので、市販品を使用する場合は必ず毎回染めた後の頭皮の状況をチェックしましょう。

・ヘナ

ヘナに関しては、必ず行なうようにしましょう。
ヘナはアレルギーを起こしにくいといわれていますが、日本人で使用している人はまだ少ないため、正確な統計が取れている訳ではありません。

また、黒っぽく染めるためにインディゴも使用する場合は、マメ科なのでアレルギーを起こす場合があります。

さらに、ヘナは100%純正と謳っていても、実際にはヘナ以外の植物やパラフェニレンジアミンなどの染料が混ざっていることがあります。
特に、30分程度でしっかり染まる場合は、この染料入りの可能性が高いといわれています。
パラフェニレンジアミンはアレルギーを起こしやすく、しかも使用後24時間以上経ってからかゆい、ピリピリ痛い、腫れるといった症状が出ることが多いです。
そのため、ヘナは必ずパッチテストを行なうようにしましょう。

・カラートリートメント

カラートリートメントは安全性の高い成分中心に作られていますが、高品質なものほど天然由来成分を多く配合してあることが多く、それにアレルギー反応を起こす可能性があります。

また、HC染料や塩基性染料も化学合成の染料である以上、肌が敏感な人やその状態の場合アレルゲンとなる場合があります。
日本ではまだほとんど報告がないものの、欧米では数十年の使用年数があり、アレルギーを起こした例があるようです。

女性の場合、ホルモンバランスが乱れて肌が過敏になることがあるため、やはりパッチテストは必要です。

頭皮がかゆい、ヒリヒリするからといって、白髪を放置しておくと「老けた」とか「だらしない」といった印象を与えてしまいます。
2剤式白髪染めではなく、かゆみやかぶれの起こりにくい安全性の高い製品で、健康な髪と頭皮を取り戻しましょう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント