酵素が白髪予防に効果的って本当!?知られざる酵素のパワーと生野菜のススメ-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 髪に良い食べ物と栄養 > 酵素が白髪予防に効果的って本当!?知られざる酵素のパワーと生野菜のススメ
juuyousei
酵素が白髪予防に効果的って本当!?知られざる酵素のパワーと生野菜のススメ
  • facebook
  • twitter
  • LINE
加齢以外に酵素不足を招く要因について解説!

「酵素」という言葉はよく目にしますし、身体に良いということも何となく知っていますよね。
しかし、実際にはどういうものなのか、そして摂取するとどんな効果があるのか、よくわからないという人は少なくありません。
今回は酵素のパワーと白髪予防の関連性、そして生野菜と酵素の関係について詳しく解説します。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位グローイングショット カラートリートメントグローイングショットエイジングケアに力をいれた製品4.6星星星星星3.5星星星星星4.3星星星星星詳 細

酵素の働きや重要性を知っていますか?

juuyousei

酵素とは、ミネラルを核として回りをタンパク質が巻き付いたものをいい、巻き方によって種類が分かれます。
材料となるのはアミノ酸です。

酵素には体内に存在する「消化酵素」と「代謝酵素」、食物に含まれる「食物酵素」があります。
現在のところ体内には3000種類前後の消化酵素と代謝酵素が発見されていて、それぞれが違う効能・効果を持っています。

消化酵素

食べた物の消化や分解を助け、吸収しやすくする効果を持つ酵素のことで、炭水化物分解酵素、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素の3つに分かれます。

・炭水化物分解酵素…プチアリン・アミラーゼ(唾液)、アミロプシン・アミラーゼ(膵液)、ラクターゼ、サッカラーゼ、マルターゼ(腸液) など
・タンパク質分解酵素…ペプシン(胃液)、トリプシン、エラスターゼ、カルボキシペプチターゼ(膵液)、アミノペプチターゼ(腸液) など
・脂肪分解酵素…リパーゼ(胃液・膵液) など

代謝酵素

吸収された栄養素を細胞に届けたり、免疫力を高めたり、身体を動かしたり、老廃物や有害物質を排出させたりと、消化酵素によって吸収された栄養素を生命維持のために使う働きがあります。
代表的なものがSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)酵素で、活性酸素を分解・除去する効果があります。

それぞれの酵素は一つの機能しか持っておらず、他の酵素の助けをすることができません。
また、酵素の量は決まっていて、消化酵素と代謝酵素どちらかの酵素を使い過ぎると、もう片方が減るという特徴もあります。
両方の酵素の効果を得るためには、できるだけ多くの酵素を体内に維持させることが大切です。

しかし、体内で作られる消化酵素と代謝酵素は無尽ではなく、年とともに減っていくことがわかりました。
アミノ酸が材料であるため、以前はタンパク質を摂っていればいくらでも酵素は作られると考えられていましたが、そうではないことがアメリカでの研究で発見されたのです。

さらに、この酵素が体内で一生のうちに作られる量は、遺伝子によって生まれた時にすでに決まっている、ということもわかりました。
これを「潜在酵素」といいます。

潜在酵素は、20代を100%とすると40代で半分、60代になると約3割しか作れなくなるといわれています。
酵素は生命維持に不可欠なものなので、潜在酵素がなくなる前に生野菜などの食べ物で食物酵素を摂取することが大切なのです。

酵素が不足すると髪の毛が白髪になる!?

shiraga

酵素と髪には大きな関連性があります。

まず、髪の毛の主成分はタンパク質ですが、これは食べたタンパク質がそのまま髪になっているのではありません。
一度アミノ酸に分解され、その後髪に必要な18種類のアミノ酸が再結合し、ケラチンというタンパク質に作り替えられます。

食べたタンパク質を分解・吸収するには消化酵素が、アミノ酸がケラチンタンパク質になるには代謝酵素が必要なのです。

さらに、髪は毛母細胞が細胞分裂したものが集まってできていますから、細胞の形成を担う代謝酵素が不足すると髪の成長が遅くなったり抜けやすくなったりします。
色素形成細胞メラノサイトに異常が起きれば、白髪が増えてしまうのです。

また、健康な髪を作るには、頭皮にうるおいが必要です。
頭皮が乾燥していると弾力性や柔軟性がなくなり硬くなります。
すると頭皮の真皮層にある毛細血管が圧迫されて、血液を充分に頭皮に送ることができなくなってしまい、白髪や抜け毛の原因になるのです。

そこで必要とされるのが酵素です。
頭皮の乾燥を防ぐ効果のある成分に天然保湿因子NMFがありますが、この材料の多くはアミノ酸からできた成分です。

つまり、タンパク質をアミノ酸に分解する消化酵素と、天然保湿因子に変化させる代謝酵素両方がしっかり働くことで、髪の健康は守られているのです。

そして、髪を黒く保つために最も大切なのが「チロシナーゼ酵素」です。
この酵素はチロシンというアミノ酸と結合することでメラニン色素を作り出す働きがあり、チロシナーゼがなければどんなに栄養を摂っても髪は黒くならず、白髪で生えてきてしまいます。

多分、メラニン色素と聞いてすぐに思い浮かぶのが、色素沈着を引き起こしてシミの原因になるということですよね。

しかし、メラニン色素は紫外線が肌の奥まで浸透して細胞を老化・変質させるのを防ぐ、とても大切なものでもあります。
そのため、チロシナーゼ酵素は一日中肌を守るために使われてしまい、髪の毛の色素を作るという作業まで手が回らなくなることがあり、その場合に白髪が生えてきてしまうのです。

加齢だけじゃない!酵素不足を招く要因とは

酵素の絶対数は決まっており、加齢とともに減っていくと説明しましたが、それ以外にも酵素が不足する要因はたくさんあります。

酵素不足の原因①片方の酵素を使い過ぎると、もう片方が不足する

上にも書いたように、酵素は絶対数が決まっています。
さらに、体内で1日に作られる量もほぼ決まっており、それを消化酵素と代謝酵素で分け合う形になっています。

そのため、どちらか一方を使い過ぎるともう片方が不足してしまい、消化・吸収→代謝のサイクルが狂ってしまうのです。

酵素不足の原因②多くの食品添加物で消化酵素が消費されてしまう

①に関連しますが、最近は市販のお弁当や総菜だけでなく調味料にも多くの添加物や残留農薬が含まれています。
これらは消化できないものですが、消化酵素には判断できないため、必死に消化しようとします。
そのため酵素が消化のために必要以上に使われてしまい、代謝酵素が不足してしまうのです。

代謝酵素が不足すれば、せっかく分解された栄養素を全身に運ぶことができなくなってしまうため、様々な身体トラブルが起こります。

酵素不足の原因③腸内環境が悪くなると、消化酵素が不足する

腸内環境を悪くする原因には、食事のほか運動不足や生活習慣の乱れ、ストレスなどがあります。
腸内環境が悪くなると悪玉菌が増え、代謝酵素の働きを阻害しようとします。
するとそれに対抗するために代謝酵素が多く消費され、消化酵素に回る分が少なくなってしまうのです。

消化酵素が不足すれば、どれだけ栄養バランスの取れた食事を摂っても充分に消化吸収されないまま腸内に送られてしまいます。
すると、それをエサにする悪玉菌が増えるため、腸内環境が悪くなり代謝酵素が消費され…といった悪循環を引き起こすのです。

酵素不足の原因④酵素抑制物質によって酵素が働かなくなる

genmai

玄米や大豆、小豆、ナッツ類、豆類などの種子系食物には酵素抑制物質が含まれています。
芽を出すのに適した季節になるまで、種子の成長を止めてしまうためといわれています。

この物質は水に浸したり加熱したりすることで消滅しますが、時間をかけないと残留しやすいと考えられており、アメリカでは半日~1日水に浸すことを推奨しています。
それほど放置しないで調理してしまうと、酵素が減ってしまう可能性があるのです。

また、玄米や豆類はよく圧力鍋で調理しますが、圧力によって発がん性物質のアクリルアミドが発生するという報告もあります。

酵素不足の原因⑤食物酵素は熱で破壊される

不足しがちな酵素は食物で補給しなければいけません。
しかし、酵素の材料の一部はタンパク質で、タンパク質は熱に弱いという特徴があります。

タンパク質が完全に変性するのは100℃ですが、60℃以上になると徐々に変化してしまい、元には戻りません。
それが酵素の形になるとさらにその温度が下がり、種類によっては42℃前後から、比較的熱に強い酵素でも70℃前後で破壊されてしまいます。

そのため、肉類や魚介類、野菜などすべての食品に酵素は含まれているものの、熱を加えると死滅してしまい、効果がなくなってしまうのです。

酵素不足の原因⑥自律神経の乱れが酵素を消費する

ストレスや生活習慣などによって自律神経が乱れると、代謝機能や免疫機能が低下します。
するとそれに対処するために代謝酵素が大量に使われてしまい、消化酵素として使える量が減ってしまいます。

栄養を消化吸収できなくなり、それがさらに内臓機能や免疫機能を低下させるため、酵素はどんどん失われてしまうのです。
何となく頭が重い、原因がないのにイライラする、疲れが取れないなどの不定愁訴は、酵素不足が原因の一つだといわれています。

また、自律神経が乱れると酵素の生成量自体が減ることがわかっており、現代人は非常に酵素不足になりやすいのです。
この状態が長く続くと髪に悪影響を及ぼし、白髪や抜け毛が増加してしまいます。

酵素を効率よく摂取するキーワードは【生】

keyword

ここまで読んで、「酵素を摂らなきゃ!」と感じた人は多いのではないでしょうか。
しかし、効果が出るように摂取するにはコツが必要です。

一番簡単で効果的な方法は、食べ物を生で食べることです。
酵素はすべての食べ物に含まれており、熱を加えない、あるいは40℃以下で食べることで酵素を無駄なく摂取することができます。

お勧めなのが、生野菜と果物です。
どちらも熱を加えずに食べることができるので、含んでいる酵素を丸ごと吸収することができ、白髪や抜け毛の予防に効果的なのです。

ただし、生野菜や果物はそれぞれ多い酵素のタイプが違っています。

・タンパク質分解酵素が多いもの…玉ねぎ、ゴーヤ、パイナップル、パパイヤ、キウイ、りんご、プルーン など
・デンプン(炭水化物)分解酵素が多いもの…大根、カブ、山芋、キャベツ、ショウガ、バナナ、キウイ など
・脂肪分解酵素が多いもの…大根、ニンジン、ほうれん草、トマト、アボカド、オレンジ、イチゴ、グレープフルーツ など

この中で生野菜の状態で食べられる玉ねぎや大根、トマト、ニンジンなどを中心にサラダを作ったり、パイナップルやリンゴ、バナナなどにヨーグルトをかけてデザートにしたりすると良いでしょう。

なお、生野菜や果物は胃腸を冷やして消化作用を低下させるものが多いので、しっかり噛んで食べるようにしましょう。
噛むと唾液からアミラーゼという消化酵素が分泌され、さらに生野菜自身が持つ消化酵素によって効果的に吸収できるといわれています。

また、手軽に摂れると人気の生野菜と果物のスムージーですが、あまりお勧めしません。
噛まないことで、脳の働きを低下させてしまうのです。

噛むという行為は脳に刺激を与え、脳内の運動、感覚、学習、記憶などの領域を活性化することがわかっています。
さらに、ストレスを回避し生活習慣病予防効果もありますから、噛まない食べ物は本当に胃腸が弱っている時だけにしましょう。

生野菜以外に酵素を摂れる食べ物はある?

生野菜が苦手な人もいますし、一説では生野菜を食べても食物酵素は消化酵素によって壊されてしまうので効果が少ない、という意見もあります。

そこでもう一つお勧めなのが、発酵食品です。

発酵とは食物と微生物が酵素によって起こる反応のことで、発酵食品を摂ることで酵素を摂ったことになります。
しかも消化酵素によって消化されることなく腸内まで届くので、酵素をより効果的に摂ることができるのです。

発酵食品は普段知らずに摂っているものが結構あります。
利用しやすいものを以下にリストアップしました。

・調味料…味噌、醤油、魚醤、塩こうじ、米酢、黒酢、果実酢、みりん、タバスコ など
・漬物…ぬか漬け、麹漬け、奈良漬け、わさび漬け、野沢菜漬け、高菜漬け、キムチ、メンマ、ザーサイ、ピクルス、ザワークラウト など
・肉・魚類…塩辛、かつおぶし、生ハム、サラミ、アンチョビ など
・乳製品…チーズ、ヨーグルト、サワークリーム など
・アルコール…日本酒、焼酎、甘酒、泡盛、ビール、ワイン など
・お茶…紅茶、ウーロン茶、プーアール茶 など
・その他…納豆、鮒寿司、パン、ナタデココ など

知らなかった、というものもかなりあるのではないでしょうか。
生野菜を使用した漬物を箸休めにする、あるいはウーロン茶や紅茶を毎日の飲み物にするだけでも、酵素を取り入れることができますよ。

まとめ~健康的な生活を心掛けましょう

kenkouteki

酵素を売り物にしたサプリメントはたくさんあります。
しかし、サプリメントは補助で摂るには悪くありませんが「噛まない物」ですから、基本は食事から摂りたいものです。

そして、体内の酵素や食物酵素を無駄にしないよう、健康的な生活を心がけることも大切です。
具体的には、以下のことをできるだけ守りましょう。

・食事はよく噛んで唾液を出す
・消化酵素を消費しすぎないよう、腹八分目に食べる
・ジャンクフードや加工食品、食品添加物の多い出来合いのものは控える
・生野菜、果物、発酵食品を積極的に食べる
・自分なりのストレス解消法を見つける
・適度な運動で内臓を強化する
・酵素が合成されるのは睡眠中なので、寝不足にならないようにする

酵素が充分活躍すれば、白髪や抜け毛の予防改善に効果が期待できます。
そのためには、食事はもちろん生活習慣も少しずつ変えていきましょう。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3クロエベールとにかく使いやすさが秀逸な商品

クロエベール
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,880円600円100g
(約4回)
5,220円5日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント