白髪染めを止めたい方へ~素敵なグレイヘア(かっこいい白髪)に上手に移行する方法-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪の雑学 > 白髪染めを止めたい方へ~素敵なグレイヘア(かっこいい白髪)に上手に移行する方法
stop
白髪染めを止めたい方へ~素敵なグレイヘア(かっこいい白髪)に上手に移行する方法
  • facebook
  • twitter
  • LINE
素敵なグレイヘアと単なる老け白髪との違いとは?

白髪染めって本当に面倒ですよね。
時間はかかるし、独特なニオイが部屋に充満するし、髪は傷むし…。
だからといって、止めるのはかなり勇気がいるのも事実。

しかし、最近染めるのを止め、時間をかけてグレイへア(かっこいい白髪)に移行する女性が増えてきています。
グレイへアの魅力と、どうやったらうまく移行できるのか解説します。

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位マイナチュレ カラートリートメントマイナチュレ人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品4.8星星星星星3.6星星星星星3.3星星星星星詳 細

白髪染めがストレスになっていませんか?

sutoresu

白髪染めをストレスと感じている人は少なくありません。

「もうそろそろ染めなきゃ」
「この前染めたばかりなのに、もう白髪が目立ってきてる」
「こんな髪で外出するの、イヤだな」
「染めないと老けて見えそう」
「だらしなく思われる」
「染めないとみっともない、と言われた」…。

女性の白髪は、男性のそれに比べて世間の目がキツイです。
中には、「白髪のままで人に会うのは、その人に対して失礼だ」「マナー違反だ」とまで言われた女性もいます。

別に汚い訳じゃない、シャンプーしてるしそれなりにスタイリングにも気を使ってるし…と思っても、なかなか相手に言い返せないですよね。
自分の中にも「白髪は見せてはいけないもの」という気持ちがあるので、さらにストレスが強くなってしまうのです。

しかし、最近はそんな自分と対峙し、「白髪育て」をする女性が増えています。
白髪は隠すもの、という自分と周囲の「常識」に疑問を感じ、少しずつグレイへアに移行し、かっこいい白髪を目指して頑張っているのです。

これが人気の理由~グレイヘアにするメリット

meritto

白髪がない人や男性から見れば、何を深刻がっているのか、と思うかもしれません。
染めてしまえば簡単でしょ?何が問題なの?という意見も耳にします。
白髪育てをしている女性自らも、グレイへアになった自分はみすぼらしいんじゃないか、どんな服も似合わなくなってしまうんじゃないか、とびくびくしながら移行の時期を過ごしています。

しかし、実際にグレイへアになってみると、思いのほかメリットが多いことに気づくのです。

・黒髪の時より、顔が明るく見えるようになる
・顔と髪のバランスが良くなって、より自然に見える
・以前より明るく華やかな色が着こなせるようになる
・髪が傷まなくなり、ヘアケアがとても楽になる

黒髪というのは思いのほか強い色合いで、肌や服のトーンをダウンさせて全体的に暗いくすんだイメージを与えてしまいます。
また、真っ白というのも顔が大きく見えたり、服の明暗のバランスを崩してしまったりして、服だけが強調されてしまいかねません。

しかし、グレイへアならとても上品で、きつい色の服でもマイルドに落ち着かせることができ、顔もほどよく明るくなります。

また、染める必要がなくなるので髪が健康になり、同じ髪量でもボリュームアップして見えるなど、メリットがたくさんあります。

そんなメリットがNHKや雑誌などで紹介され、かっこいい白髪を目指す女性が少しずつ増えているのです。

素敵なグレイヘアと単なる老け白髪との違い

chigai

ただし、グレイへアをかっこいい白髪に見せるには、ちょっとしたテクニックが要ります。
グレイへアというのはほとんどの場合、白黒混じりです。

これは日本人の髪の特徴で、完全に白くなるのはほんのわずかで、ほとんどの人はゴマ塩髪にしかなりません。
そのため、一歩間違えるとみすぼらしく、貧弱に見えて老け感が強く出てしまうのです。

では、ゴマ塩髪を「素敵なグレイへア」と「老け白髪」に分けるのは、どんなことでしょうか。
一つは、グレイへアを自ら選択し、肯定的に捉えているかどうか、ということです。

もう年だから仕方がない、染めるのが面倒、という気持ちでいれば、それは単なる老け白髪です。
しかし、「白髪は自然なもの。それを否定するのではなく、生かして楽しもう」という考えであれば、それはかっこいい白髪、グレイへアなのです。

もう一つが、白髪を生かすための努力をしているかどうか、です。
白髪が出るということは、若白髪でない限り肌がくすんだりたるんだりしている年代です。
ゴマ塩髪に年齢肌、ではどうしても老け感が強くなってしまうのです。

かっこいい白髪という印象を与えている人は、誰もとてもお化粧やファッションに気を使い、楽しんでいます。

・少し明るめのファンデーションを使用し、眉をきちんと描き、上品な色のアイシャドーやアイラインを入れ、浮かない程度に華やかな色の口紅を選ぶ。
・若い頃には着られなかったような明るい色や大胆な柄の服をシンプルに着こなす。
・手持ちの服にスカーフやアクセサリーをプラスして、流行をさりげなく取り入れる。

などなど、自分なりにおしゃれを楽しもうという意欲があるかないか、がグレイへアをかっこいい白髪に見せるか、単なる老け白髪になるかの分かれ目なのです。

白髪染めを止め、グレイヘアに移行するには

stop

とはいえ、白髪染めを止めようと決心しても、全体がグレイへアになるまでの移行期間をどう乗り越えるか、が問題になります。

これは、髪そのものに対してはもちろん、精神的な葛藤に対しても、です。
白髪が目立つようになると、「染めないの?」「だらしないなあ」などと周りから心無い声が飛んでくることもありますし、自分でも鏡を見て「何だか老けて見える」「女を捨てたみたいに思われそう」など、黒髪に戻りたくなるような誘惑がたくさん出てきます。

そこで、お勧めしたい方法があります。

まずは前髪だけグレイへアに移行させる

ライターの朝倉真弓さんが取ったという方法です。
自分に合うのか、どんなイメージになるのか確かめるために、まずは前髪だけ染めるのを止めたのです。

前髪は顔の印象を決める最も重要なパートですから、その部分がグレイへアになるだけでも印象の変化が大体わかります。
それでやっぱり嫌だとグレイへアを断念したとしても、それはそれで現実を見て判断したことですから、自分で納得できますよね。

二剤式白髪染めからカラートリートメントやヘアマニキュアに変える

もう一つの方法が、一度染めたら元の色に戻らない二剤式白髪染めではなく、カラートリートメントやヘアマニキュアを使用することです。

二剤式白髪染めはアルカリ剤でキューティクルをこじ開け、過酸化水素でメラニン色素を漂白し、酸化染料で染めるという方法です。

過酸化水素は黒髪を白髪に近づけ、酸化染料で染めた時にムラが出にくくなるようにするために配合されています。
その後酸化染料が発色し、メラニン色素の代わりとなって、髪色を変化させるのです。

一度髪の中に入り込んだ酸化染料は結合して分子が大きくなり、キューティクルの隙間から出られなくなります。
そのため、一度染めたところは多少褪色することはあっても、元の白髪に戻ることはありません。

それに対して、カラートリートメントやヘアマニキュアは髪の表面と少し内部に染毛料を乗せてコーティングしたもので、髪の内部はそのままです。
コーティングする力もそれほど強くないので、カラートリートメントなら1週間前後、ヘアマニキュアでも2~3週間で色落ちしてしまいます。

この、カラートリートメントやヘアマニキュアの色落ちを利用し、グレイへアへの移行期間をうまくやり過ごすのです。

やり方は、二剤式白髪染めを止めて、カラートリートメントやヘアマニキュアで染めるようにするだけです。

そして、ある程度まで髪が伸びたら二剤式白髪染めで染めた部分をカットしてしまい、カラーリング自体を止めます。
すると数週間で染毛料が色落ちし、本来のグレイへアに移行できるのです。

これは、前述の方法で前髪以外をカラーリングする際にも使える方法です。
前髪以外はカラートリートメントやヘアマニキュアで染めるようにして、このまま行こう、と思ったらカラーリング自体を止めれば、数週間で全体がグレイへアになります。

一部だけ美容院で黒染めするという方法も

自分で染めるのはカラートリートメントやヘアマニキュアでも面倒、という方にお勧めなのが、美容院で一部だけメッシュを入れてもらい、それ以外の部分は染めずに伸ばす方法です。

一部がきれいに染まっていることで、手抜きで染めないのではなく、ファッションでやっているというイメージになります。
また、染める量を少なめにすれば髪の傷みも目立ちませんし、次回染める時には違う位置にメッシュを入れるなど工夫すれば、ダメージが最低限に抑えられます。

なお、自宅でメッシュを入れることも不可能ではありませんが、染める位置や量の配分が結構難しいので、美容院で相談しながら染めてもらうほうが良いですね。

絶対NGなのが、ブリーチで黒髪を白くすること

もう染めるのはイヤ!一気に白くしてしまいたい!と考える人もいますが、髪をブリーチするのは絶対NGです。

髪色を決めるメラニン色素にはユウメラニンという黒褐色と、フェオメラニンという橙系の2種類があり、日本人はユウメラニンの含有量が多くなっています。

脱色の際、ユウメラニンは比較的早く色が抜けるのですが、フェオメラニンは何度ブリーチしても黄味が残ります。
そのため、できるだけ白っぽくしようとすると、何度もブリーチを繰り返さなければいけません。

この回数ですが、通常は4回程度、多い人では6回以上しなくてはいけないので、髪がボロボロになってしまいます。
髪の主成分であるタンパク質がブリーチ剤でほとんど溶けてしまうため、ちょっと触っただけでも髪が切れてしまったり、チリチリになったりしてしまうのです。

白髪年代になるとただでさえ髪が細く少なくなってくるのに、ブリーチのし過ぎでさらに髪が減ってしまっては、本末転倒ですよね。

グレイヘアにするからといって手抜きは禁物

kinmotsu

前述しましたが、グレイへアをかっこいい白髪に見せるためには、本人の前向きな姿勢が大切です。
お化粧しかり、ファッションしかり、どちらも手を抜かないことが秘訣です。

さらに、髪そのもののケアも手抜き厳禁です。
女性の場合、加齢とともに髪が細くなる傾向がありますが、もう一つ、うねりが出やすくなります。

原因には、加齢とともに髪内部の2種類のタンパク質の分布が変化すること、毛穴が歪んでいることなどが考えられます。

髪のタンパク質は、繊維が平行に並んでいるものとねじれて並んでいるものの2種類あり、加齢とともにこの分布が偏るようになるため、うねりが目立つようになります。

また、加齢によって頭皮が柔軟性を失い、毛穴部分がたるんだまま固まってしまうと、それに沿って生えてくる髪の毛がうねってしまうのです。

全体にクセが出るならまだしも、頭頂部や白髪がうねるとかなり目立ちます。
髪のタンパク質の分布の変化はどうにもならないとしても、頭皮と毛穴のたるみだけでも改善しませんか?
以下に、簡単にできる頭皮たるみ改善法を紹介します。

女性用育毛剤の使用

女性用育毛剤には、頭皮細胞が老化して肌理が粗くなるのを改善する保湿成分や、頭皮にしっかり栄養を届けるための血行促進成分が配合されています。
これらの使用によって肌の生まれ変わりが促進され、柔軟性のある細胞が蘇るサポートをしてくれます。

皮膚に柔軟性が戻れば毛穴も引き締まり、髪の毛をしっかり支えることができるので、うねり毛の改善が期待できるのです。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージも、毛穴を引き締めるのにとても効果的です。
マッサージによって頭皮の血行が促進され、柔軟性もアップするので、頭皮も毛穴も引き締まり、うねりが落ち着いてくるのです。

さらに、頭皮マッサージの際に育毛剤も使用すると浸透力がアップするので、うねり毛や細毛を効率的にケアしてくれます。

シャンプーの見直し

加齢とともに皮脂分泌量が減ってくるため、これまでのシャンプーでは洗浄力と脱脂力が強力すぎて、頭皮が乾燥して硬くなってしまいます。
すると毛穴もいびつな形で硬くなり、生えてくる髪がうねりやすくなります。
しかも、頭皮の奥にある毛細血管も硬くなるので血流が悪くなり、髪が細くなる原因にもなるのです。

頭皮にうるおいを残すためには、アミノ酸系のやさしい洗浄力のシャンプーを使用することをお勧めします。

また、できればノンシリコーンが良いでしょう。
シリコーンは毛穴に入り込むことがあり、吸着力が強いのでそのまま残留してしまうことがあります。
するとその隙間をぬって髪が生えてくるので、うねりが出やすくなるといわれています。

上手にグレイへアに移行し、美しくキープするのは結構大変かもしれません。
しかし、考えようによっては年齢に関わらず女性として輝き続けるために、これほど挑戦しがいのあるものもありません。

かっこいい白髪になるために、カラートリートメントやヘアマニキュアを上手く使ったり染め方を工夫したりしましょう。
それと並行してケアも行ない、上手に移行してスタイリッシュなマダムを目指してくださいね。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3マイナチュレ カラートリートメント人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品

マイナチュレ カラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
3,240円0円200g
(約6回)
2,414円7日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント