美容師がおすすめする白髪染めとは?市販のセルフヘアカラーが人気だけど・・・-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染め > 美容師がおすすめする白髪染めとは?市販のセルフヘアカラーが人気だけど・・・
teigen
美容師がおすすめする白髪染めとは?市販のセルフヘアカラーが人気だけど・・・
  • facebook
  • twitter
  • LINE
白髪染めに悩んでいる方は参考にして下さい!

30代後半からだんだん気になってくる白髪。
最初のうちは抜いたりさりげなく隠したりしていても、段々カバーしきれなくなってきますよね。
白髪が増えると髪色全体がくすんで見えるし、年齢以上に老けている、ヘアケアを怠っているといった印象を与えてしまいます。

それを回避させるために、多くの女性が白髪カラーリングを始めます。
しかし、白髪用のカラー剤は選び方を間違えると後々髪のダメージに泣くことになってしまうかも。
実際、ハリやコシがなくなった、髪の毛が少なく細くなった、手触りが悪くゴワゴワになったという女性は非常に多いのです。

そこで、今回は白髪用カラーリング剤とうまく付き合う方法を解説します。

白髪染めに悩んでいる方必見!美容師がおすすめする白髪染めの方法とは?

厳選! 髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメント
人気のカラートリートメント染まり持続コスパ詳細
1位利尻ヘアカラートリートメント利尻ヘアカラー迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品5.0星星星星星5.0星星星星星5.0星星星星星詳 細
2位ルプルプ ヘアカラートリートメントルプルプバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品4.9星星星星星4.0星星星星星4.4星星星星星詳 細
3位マイナチュレ カラートリートメントマイナチュレ人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品4.8星星星星星3.6星星星星星3.3星星星星星詳 細

白髪染めに悩む人が増えている!?

全国理美容製造者協会が2014年に調査したところ、ヘアカラーをしている女性は10代~60代の全女性の約64.8%で、そのうち美容院で施術しているのは全女性の42.8%という結果が出ています。
年代別に分けると、このようになります。

年代 ヘアカラーしている割合 美容院で施術する割合
10代 40.2% 29.2%
20代 54.5% 46.7%
30代 58.7% 46.7%
40代 62.7% 42.2%
50代 77.5% 44.9%
60代 76.3% 40.3%

これだけでは正確な判断はできないものの、40代以降は白髪染めの割合がかなり増えていることが想像できます。
また、金銭的に余裕がない10代はセルフヘアカラーが圧倒的ですが、20代以降は約4割が美容院という結果が出ています。

その反面、ヘアカラー剤で髪がゴワゴワになってきた、ハリやツヤ、コシがなくなって、せっかく白髪を染めたのに老けて見える、と感じる人も増えています。

さらに、毛染めによるトラブルも増えており、消費者庁の事故情報データバンクにはかゆみや炎症、かぶれなどによる皮膚障害の報告が掲載されています。
過去5年で約1,000件の事故報告がなされており、アレルギーを発症する人も増加しているのです。

安さや長持ち度だけで選んでない?

上記の結果から、多くの女性が毛染めに2剤式の白髪カラーリングを市販品または美容院で行なっていることがわかります。
しかし、自宅で染めることを選んだ人も美容院で施術している人も、自分の髪にはどういった白髪染めの方法が良いのか、明確に理解している人はほとんどいません。

自宅で染めることを選んだ人の多くは、簡単さと安さを重視しています。
すでにできている1剤と2剤を混ぜて塗るだけですし、いちいち混ぜなくてもワンプッシュで内部でミックスされるものもあります。
また、安いものはドラッグストアで500円以下で購入できますから、白髪が増えてくる40代以降にはありがたいですよね。

それに対し美容院の場合、平均で5,204円(リクルートBeauty総研2014年8月調べ)と5~10倍近くかかります。
しかし、上記のように美容院派も4割います。
「美容院で染めたほうが、ずっと長持ちする」「美容院の白髪染めはプロがやってくれるから傷みにくい」「自分で染めるのは面倒」「サロンの優雅な雰囲気が好き」といった理由からで、高いお金を払っただけのことはある、と感じているようです。

しかし、これらには安さや便利さ、長持ちなどといったメリットしかないのでしょうか。

口コミ多すぎ!?情報の氾濫で自分に合った白髪染めがわからない

jouhou

今はネットで簡単に情報が入りますが、その分多すぎて混乱してしまいますよね。
たとえば白髪染めの場合、アルカリカラー(一般的な2剤式白髪染め)や酸性カラー(ヘアマニキュア)、カラートリートメント、ヘナカラーなどのタイプがあります。
また、白髪染めではなくファッションカラーでアッシュ系の色味にする、あるいはメッシュやハイライトで目立たなくさせる方法もあります。

さらにネットで検索していくと、ホームカラータイプは傷むとか、最近のものはかなり質が良くなっているから大丈夫とか、美容院で染めると傷まないとか、下手な美容師に当たると悲惨など、様々な口コミが出てきます。
美容師に「セルフヘアカラーはしっかり染まらないし色持ちも良くないですよ」と言われた、という女性もいるでしょう。

ここまで情報が氾濫してしまうと、どうしたら良いかわからなくなってしまいますよね。
そこで、価格や手軽さ、プロの技術といったわかりやすいポイントで選んでしまうのです。

しかし、それで本当に白髪カラーリングがうまくいっていますか?

他人の意見は忘れて!白髪染め選びで大事なこととは

白髪染めをする時、価格や手軽さ、プロの技術や美容院での優雅なひと時といった口コミや情報は一旦忘れてください。
あなたにとって白髪染め選びで本当に大切なポイントは、何でしょうか。

長持ち?ヘアケア?染める前に目的と優先順位を明確にしましょう

juni

白髪カラーリングに求めているのは、どんなことでしょうか。
まずは、以下のように自分の希望や目的を明確にし、それから商品を選択しましょう。

・髪が多少傷んでも良いから、根元からしっかり染めたい
・染める間隔を開けたいから、色持ちが良いものを使いたい
・髪色を楽しみたいから、色味が豊富なヘアカラータイプが良い
・髪のダメージがひどいので、補修してくれるものが欲しい
・染めるだけでなく、白髪ケアをして若々しさを保ちたい

希望や目的をはっきりさせ、その上で価格や手軽さ、技術などを考慮したり、口コミや情報を参考にしたりすると、自分に合ったヘアカラータイプや商品が見つけやすくなりますよ。

セルフヘアカラー?美容院で染める?

biyoushi

セルフヘアカラーしている人も美容院で染めている人も、ホームカラー商品のほうがレベルが低い、あるいは美容院のほうがきれいに染まって髪が傷まないと思っていますよね。
でも、そうとは限らないのです。
ここでは、それぞれのメリットとデメリットを解説します。

市販のセルフヘアカラーを使うメリット

・500円~1500円程度で、美容院より安価
・思い立った時にすぐ使うことができる
・美容室だと1時間くらいかかるが、セルフなら30分程度で済む
・家事をしながら白髪カラーリングができる

美容院で染めると優雅な気持ちになれますが、数時間何もできないし、受付、シャンプー、カラー剤の塗布、塗布状態のチェック、シャンプー…とコロコロ人が変わるので落ち着かないという人もいます。
自宅ですれば30分程度だし、放置時間に家事もできます。

また、最近の商品は少し高めの製品を選べば美容院レベルに近いものがあるので、上手く塗れればかなりきれいに染まるんですよ。
乳液タイプやクリームタイプ、泡タイプなど様々な種類があり、自分が使いやすいものを選択できるので、ますます手軽になっています。

市販のセルフヘアカラーのデメリット

・色が少なく、自分で調整することもできない
・自分で塗ると、均一に塗るのが難しい
・顔の周りやおでこの生え際など、毛が細い部分が染まりにくい
・髪が傷みやすい

出来合いのものですから、なかなか希望通りの色には染まりません。
また、後頭部など手が届きにくい部分は、どうしてもムラになりやすくなります。
さらに、頭皮に近い部分と毛先では髪の温度が違う上に、毛先に近いほど髪がダメージを受けているので、塗った直後は毛先が最も濃くなるものの、数回のシャンプーで急激に色落ちしてしまいます。

また、2剤式のヘアカラータイプは髪にダメージを与えるアルカリ剤や過酸化水素、酸化染毛剤が配合されているため、ホームカラーでも美容院でも髪は傷みますが、ダメージの大きさが違います。
ホームカラーはどんな人でも見本と同じような色になるよう、薬剤の濃度を濃くしてあるため、髪の傷みが激しいのです。

美容院で美容師に染めてもらうメリット

・カラーチャートを見たり美容師と相談しながら自分の好みの色を決められる
・髪の状態を見て薬剤の量を調節してくれるので傷みにくい
・塗りムラが出にくく、きれいな仕上がりになる
・色持ちが良い
・座っているだけで良いので楽

市販の白髪染めでは出せない微妙な色も出せるのが、美容院カラーのメリットです。
カラーの種類が豊富で、いくつかの色を独自に調合できるので、その人だけの色を作り出すことができるのです。

また、髪の状態や量に合わせて何種類か薬剤を作り、パーツごとに分けて塗ってくれるのでムラが出ない上、ダメージが最小限に抑えられます。

さらに最後のシャンプーの前に薬剤を落としやすくする乳化という作業を行ない、それから弱酸性のシャンプーをするので薬剤が残りにくく、しかも頭皮にやさしいのです。

美容院で美容師に染めてもらうデメリット

・ホームカラーに比べて数倍高い
・時間がかかる
・施術者のレベルによってかなり差が出る

高くても時間がかかっても満足できる仕上がりなら納得できますが、カラーリングは非常に高度なテクニックが必要な施術なので、未熟な美容師に染められると染まりが悪かったりムラになったりと、がっかりな結果になります。

美容師は、顧客の髪の毛の状態を正確に把握し、どの部分が傷んでいるか、どの部分が染まりやすく染まりにくいかといったことをチェックした上で、薬剤を調合しなければいけません。

カラーリングする時は、根元~白髪の部分、それ以降~中間部、中間部~毛先まで数回に分けて染めなくてはいけませんし、髪の毛の状態によって調色にも差をつけて、最終的にすべて同じ色に染まるようにするのです。
髪の状態や色味によって、最初は根元を空けて塗ったり、毛先に塗るカラー剤を暗めにしたり、トップから塗ったりネープ(襟足)から塗ったり、刷毛の角度を変えたりと、非常に細かいテクニックが必要です。
それがきちんとできない技術者が塗ると、ムラのある仕上がりになってしまうのです。

また、技術のある美容師は根元ギリギリまで塗りますが、頭皮にはつけません。
しかし未熟な技術者の場合、頭皮にも染料をつけてしまいます。
そんな状態で数十分放置したら、いくら薬剤の調節をしていても頭皮がかぶれたり、毛穴の奥が炎症を起こして健康な髪が生まれなくなったりしてしまうのです。

美容師が提言!おすすめできるカラー剤は

teigen

ここまで白髪染めのことを書いてきましたが、2剤式の白髪染めはプロがやろうが自宅でやろうが髪は傷みます。
それは、配合されている薬剤が髪と頭皮を傷める性質があるからです。

最初のうちはホームヘアカラーと美容院での染毛でダメージの度合いがかなり違うかもしれません。
しかし、濃度は多少違えど同じ薬剤を使用しているのですから、結局は美容院で染めても髪がパサパサになり、ハリやコシ、ツヤがなくなっていくのです。

きれいに染まることは白髪ケアにはとても大切なことですが、その染まった髪が枝毛や切れ毛だったらあなたの魅力は半減してしまいます。
白髪を染めるだけでなく美髪を目指す女性は、2剤式の白髪染めは止めるべきです。

色の長持ちより美髪のほうが大切な女性にはカラートリートメントがおすすめ

あまりお金をかけず、髪と頭皮にダメージを与えないで白髪を染めたい女性に人気なのが、カラートリートメントです。

2剤式白髪染めとカラートリートメントの違いは薬剤です。
白髪染めは髪を染めることを目的にしているので、きれいに染めるためには髪を傷めることも必要悪と考えています。
というか、傷めないとしっかり染まらないのです。

髪をしっかり染めるためには、アルカリ剤で髪のキューティクルを開いて、中のコルテックスという部分にあるメラニン色素を破壊し、その代わりに染料を入り込ませます。
アルカリ剤は髪に浸透すると簡単には抜け出ないため、キューティクルが開いたままになり、コルテックス内にある水分、タンパク質、脂質がどんどん流出してしまうのです。

また染料は酸化染毛剤といって、アレルギーの原因になり、発がん性もあることが世界的に知られています。
特に市販の白髪染めに必ずといってよいほど使用されているパラフェニレンジアミンは、アナフィラキシーショックで死亡した人もいるほど危険な成分なのです。

しかしカラートリートメントには、そういった危険な成分は含まれていません。
キューティクルを開く薬剤がない上に髪の表面と少し内部を染めるだけなので、一度ではしっかり染まらないし色落ちもしやすいです。
しかし、その分髪内部を破壊しないので、髪へのダメージが抑えられるのです。

また、刺激が強い成分を極力避けて製造されているので、頭皮を傷つけることもほとんどありません。

さらに、カラートリートメントには髪や頭皮に良い成分がたっぷり配合されているので、ハリやコシ、ツヤを取り戻したい女性にはぴったりなのです。

カラートリートメントを使用する際に注意すべきこと

chuui

カラートリートメントは髪と頭皮のケアには最適ですが、色落ちが早いので頻繁に染めなくてはいけないというデメリットもあります。
そのため、カラートリートメントはリタッチ用と考え、全体染めは美容院やセルフヘアカラーで染めるという人は多いようです。

そこで注意してほしいのが、カラートリートメントと白髪染めの間は最低1週間、できれば2週間は空けたほうが良いということです。
髪の状態によって色味に変化が出てしまうことが確認されており、利尻ヘアカラートリートメントやルプルプなどカラートリートメントメーカーの公式サイトにもその旨が書かれています。
これはパーマでも起こるので、事前にメーカーのHPを確認したり、美容院に問い合わせたりするようにしましょう。

ダメージを少なくして長持ちさせたい人は美容院の酸性カラーも

ダメージは嫌だけれど色持ちが悪いのは困る、多少髪が傷んでも色が長持ちするものが良い、というのであれば、美容院で酸性カラー(ヘアマニキュア)してもらうのが良いでしょう。

酸性カラーは髪の表面に色を吸着させるだけなので、髪の内部が傷みにくくなっています。
しかもタール色素をカラー剤に使用しており、色落ちしにくいのです。

なお、ヘアマニキュアの名称で市販もされていますが、色持ちを良くしたい人にはおすすめしません。
タール色素は頭皮につくと落ちにくいという欠点があるため、市販品は根元5ミリ程度につかないよう特殊なクシを使用して塗布します。
そのため、白髪がすぐに目立ってきてしまうのです。

その点、美容師は根元ギリギリまで塗るテクニックを持っているので、より長持ちします。
全体染めは2剤式で、リタッチは酸性カラーにすれば、髪のダメージが抑えられますよ。

ただ、酸性カラーは髪への吸着力が強めなので、一度染まってしまうとカラーチェンジしにくいというデメリットもあります。
さらに、吸着力が強いため、色落ちの際にキューティクルも剥がしてしまうことがあります。
すると髪の成分が流出してしまうため、徐々にゴワゴワになってしまうのです。

まとめ

白髪染めをしようと思ったのは、いつまでも若く美しくありたい、という女性本来の願いから来ているものですよね。
その希望を叶えるためには、白髪を染める以上に大切なことがあるのです。

後悔先に立たず!回りの情報や口コミに惑わされず、白髪染め選びは慎重に

有名女優がCMで宣伝している、雑誌で人気商品だと勧めている、友達が使っている、といった理由だけで白髪染めを選ぶのは止めましょう。

セルフヘアカラーにせよ美容院での施術にせよ、長年染め続けていると髪に枝毛や切れ毛などのトラブルが起きてきます。
髪は再生能力がないため、二度と健康な状態に戻ることはありません。

また、特にセルフヘアカラーの場合、髪だけでなく頭皮にも悪影響が出やすく、白髪や薄毛、かぶれやアレルギー発症の原因になります。
2剤式の白髪染めを使い続けてある日突然顔が腫れ上がったり、口の中が炎症を起こして何も食べられなくなったり、呼吸困難になったりすることもあるのです。

何か異変を感じたら、すぐに使用を中止して様子を見ましょう。
そして、アレルギーを発症してしまう前に、美髪成分がたっぷりで髪と頭皮にやさしいカラートリートメントに切り替えることをおすすめします。

カラートリートメントって染まりにくい? 人気商品を比較

カラートリートメントは、髪や頭皮にやさしい染料を使いますが、この染料の粒度がとても重要で、粒度が荒すぎるとキューティクルの隙間に入れませんし、逆に細かすぎると髪の隙間に定着できずに流れ落ちてしまいます。最近では定着力や染まりを高めるための技術も上がってきており満足度の高い商品も増えています。

1利尻ヘアカラートリートメント迷ったらコレ。ブランドシェア1位の人気商品

利尻ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
2,000円500円200g
(約7回)
1,100円10日間

2ルプルプ ヘアカラートリートメントバイオテクノロジーを駆使した高品質な商品

ルプルプ ヘアカラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
1,833円500円200g
(約6回)
1,680円8日間

3マイナチュレ カラートリートメント人気女性用育毛剤ブランドによる渾身の製品

マイナチュレ カラートリートメント
価格(税別)送料内容量月間コスト色持ち
3,000円0円200g
(約6回)
2,414円7日間

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント