30代で生え始めた白髪には白髪染めよりカラートリートメントがお勧めな理由-美髪ラボ

リカラ
ホーム > 美髪ラボ > 白髪染め > 30代で生え始めた白髪には白髪染めよりカラートリートメントがお勧めな理由
riyuu
30代で生え始めた白髪には白髪染めよりカラートリートメントがお勧めな理由
  • facebook
  • twitter
  • LINE
白髪染めを使用するリスクについて解説!

白髪が生えてくるのは、女性の場合35歳前後が平均だといわれています。
しかしあくまで平均ですから、それ以前に白髪に気づく人は多いでしょう。

最初のうちは抜いてしまって終わり、ですが、段々それでは間に合わなくなってきます。
そこで染めることになるのですが、2剤式白髪染めやファッションカラーは髪と頭皮にダメージを与え、場合によってはさらに白髪が増える可能性があるのです。

なぜ白髪染めが良くないのか、カラートリートメントと比較しながら解説します。

遂に生えてしまった白髪・・・

haeru

白髪なんて、年を取ってから出るものでしょう?なんて考えているうちに、自分にも1本2本と生えてきます。

最初の頃は笑って抜いて終わりですが、あっちにもこっちにも…という状態になると、ものすごく落ち込みますよね。
しかし、30代になると女性の身体の変化からどうしても白髪が出始めてしまうのです。

30代は多くの女性が白髪が生え始める時期

30歳頃を境に、女性の身体は老化し始めます。
これは女性ホルモンの分泌量が25~30歳頃のピークが過ぎるとどんどん減ってしまうことから起こります。

女性ホルモンには髪の成長を助け、健康に保つ働きがあります。
その分泌量が減ってしまうことで髪の細胞レベルで老化が始まり、髪の色素を作るメラノサイト細胞が機能不全になるため白髪ができやすくなるのです。

また、よくお肌の曲がり角という言葉を聞くと思いますが、女性の肌は30代に入ると急速に衰えるといわれています。
肌のターンオーバー周期は20代前半では28日程度ですが、30歳頃には40日になるとされ、それだけ新陳代謝が遅くなってしまうのです。

頭皮もお肌の一部で、新陳代謝が遅くなるということは古い角質層が残りやすくなり、紫外線のダメージが蓄積しやすくなるということです。

紫外線はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった肌の弾力性や保湿性を保つ成分を破壊してしまうため、頭皮がどんどん硬くなってしまいます。
すると頭皮の下にある血管に栄養が十分届かなくなるため、ますます頭皮は劣化が進んでしまうのです。

現在のところ原因は解明されていませんが、髪を生み育てる毛母細胞より色素を作るメラノサイト細胞のほうが老化が早いため、髪は成長するものの色がつかなくなり、それが白髪となって生えてくるのです。

黒髪が白髪になってしまうメカニズム

私たちの髪は毛穴の奥にある毛根部で作られています。
毛細血管から送られてきた栄養を一旦毛乳頭が受け取り、それを毛母細胞とメラノサイトに供給します。

メラノサイトは毛乳頭からの栄養を元にメラニン色素を作り、それを随時毛母細胞に送ることで髪に色がつきます。
毛母細胞から生まれたばかりの髪は、誰でも白髪なのです。

メラニン色素を作るためには、チロシンという非必須アミノ酸とチロシナーゼという酵素が必要です。
チロシナーゼは体内に存在しますが、チロシンはフェニルアラニンという必須アミノ酸から作られ、食事から摂取しなければいけません。

そのため、チロシンまたはフェニルアラニンが不足すると、メラノサイトがメラニン色素を作ることができないため、白髪になってしまいます。

また、チロシンが供給されてもメラノサイトが正常に機能しなくなる場合も、やはりメラニン色素が作られなくなるため、髪は黒くなりません。
さらに、チロシンが供給されメラノサイトが正常でメラニン色素を作っても、毛母細胞がそれを受け取れないという機能不全になる場合もあると考えられています。

白髪が生える原因は遺伝や老化だけじゃない

白髪は遺伝や老化が原因と考えられがちですが、20~30代の場合はそれ以外の原因のほうが大きいとされています。
その原因には以下のことがあると考えられています。

・栄養不足

チロシンやフェニルアラニンが不足するとメラニン色素の原料がないため、髪に色がつかなくなります。
また、ビタミンB12はメラノサイトの機能に大きく関わっているといわれています。
そのほか葉酸や銅の不足も白髪を増やす原因となります。

・生活習慣の乱れ

最も影響を及ぼすと考えられているのが、睡眠不足や質の悪い睡眠です。
熟睡中には成長ホルモンが分泌され、細胞が新陳代謝するのを助けています。

しかし寝不足や質の悪い睡眠で熟睡時間が短いと成長ホルモンが十分分泌されないため、白髪の原因になると考えられています。
30代は仕事や家事、育児などで良い睡眠が取りにくい時期なので、注意が必要です。

・ストレス

ストレスによって1日で髪がすべて白髪になるというのは都市伝説ですが、ストレスが原因で発生した活性酸素がメラノサイトの働きを低下させるといわれています。
また、ストレスは血管を収縮させる作用があり、頭部に栄養が届きにくくなることからチロシン不足を引き起こすことも原因に挙げられています。

30代になって女性ホルモンのバランスが崩れやすくなると、自律神経が乱れてストレスが溜まりやすくなり、ストレスが溜まるとさらに女性ホルモンのバランスが崩れやすくなるという悪循環に陥り、白髪がどんどん増えてしまうのです。

白髪への正しい対処法は?

tadashii

白髪を見つけた時、ついつい抜いてしまっていませんか?
また、それでは追いつかなくなると2剤式のヘアカラーや白髪染めで染めていませんか?
どちらにもリスクがあるのです。

まだ少ないからと抜いてしまうのは危険な行為

白髪を抜こうとすると、結構抜けにくかったことはないでしょうか。
白髪はメラノサイトが髪の色素を毛母細胞に送れなかった状態の髪の毛ですが、色素欠乏以外は健康なことが多いのです。

資生堂と中里大学医学部が2004年に研究したところによると、黒髪に比べると白髪のほうが太く、伸びるのも早いという結果が出たそうです。

健康で成長途中の白髪を無理に抜くと、毛根部が引きちぎられ、周りの細胞にも悪影響を及ぼします。
健康な状態の場合、毛穴1つからは髪の毛が2~4本生えますが、1本を引き抜くことで他の髪の毛の毛根部の血管や細胞がダメージを受け、たとえ30代と若くても薄毛や抜け毛、白髪などの原因になってしまう可能性があるのです。

普通のヘアカラーで白髪を染めることはできる?

30代で白髪が少ないうちは、「白髪染め」を購入したり美容院で頼んだりするのは抵抗がありますよね。
そんな時にはアッシュ系やグレージュ系カラーにすれば、ふんわり柔らかい色合いになるので白髪がぼけ、目立たなくなります。

ただ、アッシュ系やグレージュ系の寒色系染料はその構造上流出しやすいため、色持ちが非常に悪いです。
早い人では1週間、長くても1ヶ月すると色が抜け、また白髪が目立つようになります。

さらに、アッシュ系やグレージュ系の色合いは地毛の色をある程度落としたほうが柔らかくきれいなので、多くの美容院ではブリーチを強めにかけますし、市販品にもブリーチ剤が多めに入っていることが多いです。

ブリーチ剤は髪のタンパク質を変質させてしまい、キューティクルが剥がれやすくなるため、中のタンパク質や脂質、水分などの成分がどんどん抜けてしまい、パサパサになってしまいます。

しかし、色落ちが早いからといって何度も染めると、髪がボロボロになって枝毛や切れ毛が増え、さらに薬剤で頭皮や細胞も変質してしまうので、白髪や薄毛の原因になってしまうのです。

市販の白髪染めを使って髪を染めることのリスク

2剤式のヘアカラーも白髪染めも成分は全く同じで、配合バランスが違うだけです。
ヘアカラーが地毛を脱色するブリーチ剤が多めで染料が少なめなのに対し、白髪染めは逆になります。

一般的な2剤式白髪染めの場合、まずアルカリ剤でキューティクルを開き、地毛を多少ブリーチすることによって白髪との色の差を少なくし、酸化染料で全体を染めます。

健康な髪は弱酸性ですが、染料をつけた髪はアルカリ性に傾いています。
髪はアルカリ性になると膨らみやすくなり、キューティクルが開いてタンパク質などの成分がどんどん逃げ出してしまいます。

ブリーチ剤によっても髪が変質しキューティクルが剥がれて成分が流出するので、ダブルダメージになってしまうのです。

また、ヘアカラーに比べると白髪染めは酸化染料が多く、特に白髪染めには必ずパラフェニレンジアミンという黒褐色に発色する染料が入っています。

パラフェニレンジアミンは刺激が強くアレルギーを引き起こす危険性が古くから知られており、旧表示指定成分になっていますし、現在も劇物指定されています。
また、EU諸国では発がん性があるとして使用禁止になっています。

白髪染めやヘアカラーにはこれらの危険な成分が使われるのですが、市販の商品は髪質や状態に関わらずきれいに染めるため、特に薬剤の濃度が濃くなっています。

また、美容院では頭皮につかないよう最大限の注意を払ってくれますが、自分で染める時にはそこまでできませんから、危険な成分が毛穴から入り込み、炎症やかぶれを引き起こすことがあります。
ひどい場合は吐き気や頭痛、呼吸困難を起こし、アナフィラキシーショックで死亡したケースもあります。

もちろん、誰もがそのようなことになるとは限りませんが、2剤式白髪染めで頭皮に何らかの刺激を感じたことがある場合は、いずれアレルギーを発症する危険性があります。

カラートリートメントがお勧めな理由

riyuu

ちょっと極端な例を挙げましたが、パラフェニレンジアミンのほかブリーチ剤(過酸化水素)も濃度6%を超えると劇物指定される成分で、明るめに染めるヘアカラーや白髪染めは6%ギリギリまで配合されているといわれています。
白髪染めは頻繁に使用するので、その分危険度が増すのです。

長く使い続けるものだから安全性を最優先に

カラートリートメントにはアルカリ剤、酸化染料、過酸化水素は配合されていません。

以前からヘアカラーや白髪染めの危険性は知られており、その代替品としてヘアマニキュア(酸性カラー)が開発されましたが、染料にタール色素を使用しており、その一部は発がん性やアレルギーの危険が指摘されていました。

カラートリートメントに使用されるHC染料や塩基性染料も絶対的に安全とは言い切れませんが、少なくとも酸化染料よりずっと安全性が高いといわれています。

HC染料は閉じたままのキューティクルの隙間から少しずつ浸透するため、酸化染料より時間がかかりますが、髪にダメージを与えません。
同様に塩基性染料も髪の表面にあるマイナスイオンと結合するだけなので、髪にも頭皮にも負担をかけないのです。

30代で生え始めた白髪はその後増える一方ですし、女性の多くはできるだけ長い間白髪が目立たないようにしたいと考えています。
数十年使用するものは、何より安全性を最優先にしたいですよね。

しかも、カラートリートメントは白髪を染めるだけでなく、ダメージヘアや加齢によるエイジングヘアを補修・保護してくれる成分がたくさん配合されています。
ハリやコシが出れば根元の白髪が目立たなくなり、見た目年齢も若返りますよ。

使い方は簡単!失敗する可能性も非常に低い

カラートリートメントは、乾いた髪に使用するものとシャンプー後の濡れた髪に使用するものがあります。
乾いた髪に使用する場合、2剤式白髪染めの方法プラス保温で30分程度、濡れた髪ならタオルドライした後で普通のトリートメントのように髪全体に塗って、5~10分放置するだけです。

最初のうちはしっかり染まらないこともありますが、3回程度乾いた髪に連続使用すれば自然な染め上がりになります。
一度染まってしまえば、週1~2回トリートメントとして使用するだけできれいな色を保てるので、とても手軽です。

また、2剤式白髪染めの場合、濃く染まり過ぎて不自然になってしまうことがありますが、カラートリートメントの場合そういったことはありません。
万が一自分の希望以上に濃い、あるいは暗い色だったとしても、1週間もすれば徐々に色落ちするので心配することはありません。

自分に合ったカラートリートメントを選びましょう

jibun-au

カラートリートメントは現在100種類前後販売されており、一体どれを選んだら良いか迷ってしまうと思います。
そこで、最低限押さえておきたいポイントを以下に挙げましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

カラートリートメント選びのポイントと注意点

・あまり安価なものは避ける

ドラッグストアでは、1,000円前後のカラートリートメントが販売されています。
白髪染めとあまり変わらない価格なので買いやすいのですが、カラートリートメントは安価なものほど刺激の強い成分が多く、しかも染まりにくいという傾向があります。
有名メーカーだからといって品質が良いとは限りません。

・初めての場合は、評判が良いものを選ぶ

カラートリートメントは非常に多くのメーカーが販売していますが、いつの間にか生産終了になっているものもたくさんあります。
どんなに色々試した上で選んだ商品でも、それが販売されなくなったら元も子もありません。

ロングセラーの商品は多くの愛用者がおり、彼らの意見を取り入れて成分や配合量などのマイナーチェンジを繰り返し、品質を高めているものが多いです。
同じような金額でも高品質なものが多いので、最初はロングセラー商品や累計販売数の多い商品から選ぶと良いでしょう。

・トリートメント成分が多いものを選ぶ

ほとんどのカラートリートメントは染料にはHC染料と塩基性染料を使用していますが、トリートメントや頭皮環境改善のための成分は各メーカーでかなり違います。
特にダメージヘアに悩んでいる場合、髪の補修・保護成分が配合されているかどうかしっかり確認しましょう。

・無添加や天然成分が多いものを選ぶ

肌が敏感な場合や髪のダメージがひどい場合、パラベンやシリコーン、鉱物油、合成香料などが配合されているとトラブルが起きやすくなります。
こういった成分が無添加なものを選ぶと安心です。

また、高品質なカラートリートメントには天然成分が多く配合されています。
刺激が出にくいものを組み合わせてあり、肌が弱い人でも安心して使用できるようになっています。
また、それらによってアレルギーが起こらないかどうか、パッチテストを行なっていると記載があるものならより安全です。

・使用方法で選ぶ

カラートリートメントの使用方法として、シャンプー後の濡れた髪、乾いた髪の2種類があります。
多くの商品はどちらにも使用できますが、中にはどちらか一方しか説明がないものもあります。
多忙であまり時間が取れない場合は入浴中に使用できるものを、じっくり染める時間がある人や髪が太くて多い場合は乾いた髪に使用できるものを選びましょう。

なお、説明書に書かれていない方法で染めている人も多くいますが、メーカーが染め方を指定する場合、それだけの理由があるはずです。
万が一のトラブルを考えたら、説明書通りに使用したほうが安心です。

不安な方は初回限定割引がある商品がオススメ

waribiki

カラートリートメントはメーカーによって同じ色名でもかなり差がありますし、髪の量や髪質、ダメージ具合などによっても染まり具合や色持ちが違ってきます。
他人が染めた色がきれいだったからといって、自分が染めた場合にも同じような色合いになるとは限りません。

実際にどのように染まるか不安な方は、初回限定割引がある商品、あるいは返金保証があるものがお勧めです。
利尻ヘアカラートリートメントラサーナDHC Q10は初回限定割引をよく行なっており、ルプルプは初回返金保証があります。

なお、その時によってキャンペーンのメーカーや内容が変わることがあるので、必ず最新情報を確認しましょう。

30代で白髪が生え始めると、ついヘアカラーや白髪染めを使いたくなってしまいます。
しかし、髪は一度ダメージを受けたら元通りになることはありませんし、頭皮から浸透した薬剤によってアレルギーを引き起こすこともわかっています。
いつまでも健康で美しい髪でいるために、カラートリートメントの使用をお勧めします。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
利尻ヘアカラートリートメント